観光とやまねっとブログ

富山市観光協会より、タウン情報を発信! 【ホームページ】 http://www.toyamashi-kankoukyoukai.jp/

2014年12月

映画『アオハライド』のロケ地めぐり♪ in 富山市内 (後編)


前回 に引き続き、今回は、「映画『アオハライド』のロケ地めぐり♪ in 富山市内 (後編)」と題して、ロケ地となった「富山駅北口周辺」と「富岩運河環水公園」をご紹介します↓ (左クリックで拡大)
Page0006 - コピー - コピー




















まずは、「富山駅北口周辺」から

「富山駅北口周辺」は、双葉(本田翼)が洸(東出昌大)の気持ちを問いただす場面や、双葉が洸の長崎時代の同級生・成海唯(藤本泉)を呼び出す場面で登場しています↓


Page0004











JR富山駅北口から、「富岩運河環水公園」までは、フランスの「ブールバール」のような、歩道を含む幅60mの大通りが約1kmに渡って、続いています

JR富山駅北口にある地下道入り口付近には、小川のような水路が涼しげに流れています↓
IMG_1427















けやき並木や花壇で彩られた大通りの両サイドには、オフィスビルやホテルが立ち並びます
そして、大通りには、富山駅北口と古き良き港町・岩瀬浜を結ぶ市内電車「ポートラム」が駆け抜けます↓
IMG_3183















富山駅北口は、上から見るとこんな感じです↓
写真は、「富山市芸術文化ホール・オーバードホール」に隣接するビル「アーバンプレイス」14階の展望エレベーターフロアから
気象条件の良い、晴れた日には立山連峰も望むことができます
IMG_7530















「ブールバール」の歩道から見る、JR富山駅北口方面↓
大通りの両サイドに並ぶビル群が、都会的な洗練された雰囲気を醸し出しています
IMG_7396















劇中、洸を頼って家出をしてきて、学園祭の後、警察に保護された長崎時代の同級生・成海唯(藤本泉)を洸が追いかけ、双葉が洸を、冬馬が双葉を追い、双葉が洸に気持ちを問う、それぞれの気持ちが交錯するシーンで、富山駅北口周辺の交差点が使われています


JR富山駅北口周辺の交差点は、いくらかあるので、皆さんも映画の中で出てきた交差点を探してみては

写真は、牛島町の交差点から↓
左手に見える高い建物は「タワー111」、右手に見える四角い建物は「北陸電力」です
IMG_7401
















牛島町の交差点を過ぎて、「ブールバール」をさらにまっすぐ進むと、見えてくるのは、「いたち川」にかかる「太平橋」↓
「太平橋」の上には、花壇やベンチが設けられ、気象条件の良い晴れた日には、立山連峰を望むベストスポットにもなっています
太平橋













ロケ地となった「富山駅北口周辺」の「ブールバール」は、通勤や通学に、朝夕、多くの人が行き交います
「太平橋」を渡り、さらにまっすぐ歩いていくと…↓
IMG_7398
















なにやら銀色に輝く、球体の物体を発見
「親水広場」と呼ばれるこのエリアには、「名水響」が設置されています
IMG_3250
















「名水響」から色とりどりに伸びるパイプに耳を傾けてみると…水の流れる音が
聞こえてくる水音は、地下50mから汲み上げられている富山の地下水だそう
「名水響」は、庭園などで見かける「水琴窟」と同じ仕組みで作られています

IMG_3252
















「名水響」のある「親水広場」を左側に進んでいくと、見えてくるのは「富岩運河環水公園」↓
写真右に見えるのは「とやま自遊館」、左に見えるのは「富山市総合体育館」です  「快適ウェルネスホテル とやま自遊館」では、世界料理オリンピック代表シェフによる、本格フレンチが楽しめる「レストラン シャトー」や大浴場付きのフィットネスジムを完備しています
IMG_3254














ここでちょっと、寄り道〜 
先ほどの「親水広場」をさらにまっすぐ進んで、奥田新町の交差点を右手に数分進んでいくと…突如現れるのは、木々に囲まれた、白い外観がまぶしい一軒家 実はこれ、美術館なんです

その名は「樂翠亭美術館」↓
museum_img01











「樂翠亭美術館」は、1950年代に建てられた木造の邸宅を改修し、美術館として平成23年にオープン
屋久杉の一枚板による天井や松の床、名工・南部白雲氏による井波彫刻の欄間など、日本建築の髄を感じられる和風邸宅や古い土蔵造りの蔵を改装した展示空間での企画展、ミュージアムショップやギャラリー&カフェ Rakusui のある洋館など、一歩足を踏み入れると、和風モダンなアート空間が広がっています 



また、「樂翠」(緑を楽しむの意)の名の通り、広さ4,000屬良瀉脇發砲蓮池や東屋を配した回廊式の日本庭園もあり、四季折々の自然美を楽しむことをできます↓
C_facf86f1c9df6f0a44412f1df6bb1108












「樂翠亭美術館」
住所/富山市奥田新町2-27
開館時間/10:00〜17:00、休館日 水曜日、年末年始、展示入替期間
入館料/企画展により異なる ※ミュージアムショップは無料
お問い合わせ/076-439-2200
「樂翠亭美術館」の詳細については、「樂翠亭美術館」のHPをご覧ください




続いて、ご紹介するのは、同じく「富山駅北口周辺」にある「牛島公園」 


「牛島公園」は、双葉が洸の長崎時代の同級生・成海唯を呼び出し、成海が洸への気持ちを告白する場面で、使われています



「牛島公園」は、JR富山駅北口すぐ前の交差点を、左にまっすぐ5分ほど進んだところにあります↓(左クリックで拡大)
「牛島公園」の向かいには、富山駅北郵便局があります
IMG_841










牛島公園の全体図↓(左クリックで拡大)

ゲートボール場や水飲み場のほか、子供たちが遊べるコンビネーション遊具や砂場もある、芝生の広がる緑豊かな公園です
IMG_7766




















また公園の入口には、シンボルツリーとして、富山市の港町・岩瀬の諏訪神社境内から移植された、樹齢推定180年の「タブノキ」が植えられています↓
無題1












「牛島公園」は、JR富山駅のすぐそばに面しており、公園内からは、金沢方面を行き来する、様々な電車を望むことができます↓
IMG_7795












公園内にあるコンビネーション遊具とベンチ↓
公園内には、いたるところにベンチがあります
IMG_7786














ゲートボール場の周りにもベンチが
雪が降ると、雪だるまも出現 辺りは一面の銀世界に変わります

IMG_7502














このたくさんあるベンチのうちの1つで、唯が双葉に洸への気持ちを打ち明け、双葉の気持ちを尋ねるシーンが撮影されています

劇中では、白い柱が映っていたので、このベンチと思うのですが、皆さんも公園で、実際に確かめてみてください

IMG_7779













最後に、ご紹介するのは「富岩運河環水公園」 


「富岩運河環水公園」は、洸の過去の秘密を知り、「中央通り」付近 から洸を探し見つけた双葉が、過去の自分を責める洸を励ますシーンや、双葉が洸に告白するも、気持ちがすれ違う切ないシーンで登場しています

Page0007











青空をバックに、橋の上で佇む2人が印象的なワンシーン↑に登場するこの橋は、「富岩運河環水公園」内のスターバックスコーヒ付近にある桟橋です↓ (左クリックで拡大)
100027_03













双葉が、唯のことで複雑な心境にある洸に、告白する場面に登場するこの橋の上からは、左手に世界一美しいストアと称される「スターバックスコーヒー富山環水公園店」、右手に「天門橋」が望めます↓

IMG_1386IMG_1387










冬のこの時期、雪が降ると、公園内も雪化粧↓
水辺には、多くの水鳥が集います
IMG_7437IMG_7434











「富岩運河環水公園」のシンボル塔「天門橋」の展望塔の最上階(3F)デッキから見る、桟橋付近↓
IMG_1303















高さ20.4mの「天門橋」の最上階は、気象条件の良い、晴れた日に立山連峰が望める、絶景ポイントにもなっています↓ また、夜にはこのように、橋の南北にまばゆいばかりの夜景が広がります
IMG_7444













2人の想いがすれ違い、洸にふられた双葉が泣きながら、公園内の遊歩道を歩いていきます↓
整備された園内の遊歩道には、花壇が並び、朝夕や休日に、犬の散歩やジョギングなど、思い思いの時間を過ごす人々の姿があります

IMG_3192














公園内では、先ほどご紹介した「天門橋」のほか、こちらの遊歩道からも富山駅北口方向に、立山連峰の麗姿を見ることができます↓

IMG_7477











「富岩運河環水公園」の詳細については、「富岩運河環水公園」 のHPや、『 富山駅北のオアシス☆富岩運河環水公園 Part1Part2 』をご覧ください


前回に引き続き、2回に渡ってご紹介した、映画『アオハライド』の富山市版ロケ地めぐり、いかがでしたでしょうか〜

映画『アオハライド』の監督・三木孝浩さんのインタビューによると、「登場人物に寄り添う形のカメラワークで撮影したことにより、観客が登場人物と同じ場所にいるかのような感覚を味わうことができる」のだとか

そのため、映画を見た後に、ロケ地となった場所に立って見ると、映画の登場人物と同じ視点に立つことができ、「日常と非日常が交わる瞬間を体験できる」のだそう

あなたも、青春に一生懸命乗っていく、双葉や洸とその仲間たちとともに、映画に登場する富山市内の風景を、実際に体感してみませんか 気づけば、アオハル(青春)にライド(ride)していること、間違いなしです 


映画『アオハライド』の富山版ロケ地マップは、こちら 
映画『アオハライド』のロケ地めぐり♪ in 高岡市内(前編) (中編) (後編  (後編◆も合わせてどうぞ

富山市観光協会公式HPはこちらから 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook  

映画『アオハライド』のロケ地めぐり♪ in 富山市内 (前編)


今年も残すところ、あと1週間
年の瀬も押し迫る今日この頃、お正月に向けて華やかなムードが漂う富山市内です


年末年始、皆さんはいかがお過ごしになられますか
まだ未定の方は、お正月休みにのんびり映画鑑賞なんていかがでしょ〜


ところで現在、公開中の映画『アオハライド』(12月13日公開)は、富山県内各所が主なロケ地となっているのを、皆さんはご存じでしょうか 

映画『アオハライド』は、別冊マーガレットで連載され、大人気となった、咲坂伊緒さん原作の同名コミックを映画化した、青春ラブ・ストーリー↓

中学1年生の時に、互いに淡い恋心を抱きながら、離れ離れになった吉岡双葉(本田翼)と馬淵洸(東出昌大)
高校2年生の春に再会するも、どこか変わってしまった姿に戸惑いながら、以前の優しさが見え隠れする洸に、再び双葉が惹かれていく様が、高校生の仲間たちとの友情とともに、切なくも爽やかに描かれています
Page0002




























富山県内の高岡市・富山市、県西部にある4つの高校を中心に、今年の4月から約1ヵ月に渡って、撮影が行われたのだとか

富山県内の主なロケ地(左クリックで拡大)↓
高岡市内では、「クルン高岡(JR高岡駅)、「高岡関野神社」、「金屋緑地公園」、「千保川の桜並木」、「二上まなび交流館」がロケ地に選ばれています
Page0002













富山市内では、「富岩運河環水公園」、「富山駅北口周辺」、「富山市中心市街地(総曲輪通り・中央通り・西町周辺)」、「丘の夢牧場」がロケ地となっています↑ 
地図はこちら↓(左クリックで拡大)
Page0006 - コピー



















というわけで、今回は、「映画『アオハライド』のロケ地めぐり♪ in 富山市内」と題して、前編・後編の2回に分けて、富山市内のロケ地をご紹介します〜



まずは、「丘の夢牧場」から


富山市婦中町千里にある「丘の夢牧場」は、映画の始めの方のシーンで、学校行事を1年間取り仕切っていく、各クラスの代表が参加する合同リーダーズ研修会の場面に出てきます↓

Page0001











合同リーダーズ研修会のバーベキューの場面で使われた、バーベキューコーナー↓
このバーベキューコーナーでは、実際にバーベキューもできます
開業期間/9:00〜16:00(冬期間を除く)
※1日1組限定、燃料・鉄板・材料などは持ち込み制、要事前申込み
お問い合わせ/富山県農林水産総合技術センター畜産研究所 
TEL 076-469-5921
IMG_5101














合同リーダーズ研修会で、学校行事の意義について、徹夜で考えた後に、2年2組の5人(吉岡双葉(本田翼)、馬淵洸(東出昌大)、村尾修子(新川優愛)、小湊亜耶(古沢亮)、槙田悠里(藤本泉)で朝日を見るシーンで使われた「木かげのテラス」↓  バーベキューコーナーの左上にあります↑(写真左)
『私、この朝日を見たのを絶対に忘れない』 
『これぞアオハルだよ、アオハル』  『一緒に青春に乗っちゃおーぜ』 
5人の絆が深まるワンシーンです
IMG_5080













ロケ地となったこの「丘の夢牧場」は、晴れた日には富山平野が、気象条件の良い日には、立山連峰も望むことのできる展望スポットでもあります

 「丘の夢牧場」の詳細については、「富山平野を一望!丘の夢牧場♪」 のページをご覧ください



続いて、ご紹介するのは「富山市中心市街地(総曲輪通り、中央通り、西町周辺)」

富山市中心市街地の「中央通り」にあるパン屋「ジャーマンベーカリー」では、双葉と悠里、修子がそれぞれに秘めた想いを互いに告白するシーンや、洸と双葉、菊池冬馬(千葉雄大)と双葉が話すシーンが撮影されています↓

Page0003
















「富山市中心市街地(総曲輪通り、中央通り、西町周辺)」へは、富山駅前発の市内電車(環状線「セントラム」、または「南富山駅前行」)で行くことができます↓ (左クリックで拡大)
また、富山駅からは徒歩で約20分の距離です
map_shiden




















富山市の中心部、環状線タイプの市内電車「セントラム」停留所「中町(西町北)」前にある「ジャーマンベーカリー中央通り店」↓
中央通り商店街「さんぽ〜ろ」の入口角に立つお店の隣には、 「富山交通株式会社」のタクシー乗り場が隣接しています
IMG_7592













「ジャーマンベーカリー中央通り店」の入口窓ガラスには、映画『アオハライド』のポスターが↓
IMG_7597















店内に足を踏み入れると、多種多様なパンがズラリ
美味しそうなパンの匂いが辺りに漂います↓
IMG_7641













店内中央には、映画『アオハライド』で登場するパンのコーナーも出現↓
双葉役の本田翼さんのサイン色紙も飾ってありました「明太フランス」(175円)を召し上がったよう
映画冒頭の、双葉をはじめとした高校生が、購買でパンを買うシーンに出てくるパンは全てジャーマンベーカリーのものなんだそう
チョココルネ、コロッケコッペ、カレーパン、ウィンナーロールなどいろいろなパンが使われています
IMG_7600















1Fでお買い求めたパンは、2Fのカフェスペースで、ドリンクと一緒に味わうこともできます↓
2Fへの階段の壁には、劇中のロケシーンの写真が展示されていました
IMG_7633IMG_7624













2Fのカフェスペースでは、60席以上が用意されており、広々とした空間で、焼き立てのパンが楽しめます↓
IMG_7619IMG_7620










双葉と洸、双葉と冬馬が立ち代わり、話すシーンでは、2F窓側席が実際に使われており、テーブルには、原作コミックの挿絵と座席の位置を示した紹介パネルが置いてあります
IMG_7615















双葉役の本田翼さんの座った席で、劇中に登場した「ウィンナーロール」(185円)と「カルビパン」(302円)を頂いてみました↓
IMG_7603















双葉と洸が学校の廊下でぶつかり、思いがけない再会を果たすシーンに登場するのが「カルビパン」
この「カルビパン」は、原作コミックに登場するパンを、映画上で再現するために作られたのだそう↓
気になるそのお味はというと…ジューシーな牛カルビとフカフカな食感のパンがベストマッチ 思わずリピートしたくなるお惣菜パンです
IMG_7638















「ジャーマンベーカリー中央通り店」は、市内電車通り沿いに面しているので、この2F窓側席からは、行き交う人々のほか、窓ガラスいっぱいに大迫力で、走り去る市内電車を眺めることができます↓
IMG_7614
















また、同2F店内では、双葉、悠里、修子の3人がそれぞれの想いを互いに告白するシーンで使われた座席もあり、原作コミックの挿絵付きで紹介されています↓
IMG_7626
















双葉と悠里が思い切って、洸への想いを互いに打ち明けるも、変わらない友情を3人が確かめ合う感動の場面がよみがえります↓
『私の立ち位置はずっと中立だから…ふたりともがんばれ』 by 修子
IMG_7628













「ジャーマンベーカリー中央通り店」

住所/富山市中央通り1-1-20
営業時間/7:30〜20:00

電話/076-420-5427

商品などの詳細については、「金沢ジャーマンベーカリー」のHPをご覧ください




横断歩道を挟んで、「ジャーマンベーカリー中央通り店」の向かいに見えるのは、「総曲輪通り」のゲート↓
長崎時代の同級生・成海唯(高畑充希)からの電話で店を後にし、その後、店に戻ろうとした洸が店の向かいの道路から、双葉と冬馬が店内で話すのを目にするシーンで使われていますIMG_7698
















「総曲輪通り」からは、先ほど紹介した「ジャーマンベーカリー中央通り店」の2F窓側席の様子が、映画同様、実際に目に入ります↓
IMG_7727




















「総曲輪通り」の入口一角にあるのは、全国チェーンのドラッグストア「ダイコクドラッグ」↓
洸が「総曲輪通り」に歩き消え去る場面で、「ダイコクドラッグ」のお店が映っています
「総曲輪通り」は、大和富山店をはじめ、様々なお店で構成される複合商業施設『総曲輪フェリオ』のある「総曲輪グランドプラザ」に通じています
IMG_7648




















「ジャーマンベーカリー中央通り店」のある「中央通り」のアーケード↓
洸の過去の秘密を知った双葉が、洸を全力疾走で探すシーンなどで使われています
IMG_7650















「中央通り」商店街には、「ジャーマンベーカリー中央通り店」を始め、アーケードの左右に様々なお店が立ち並んでいます↓(左クリックで拡大)
IMG_7654




















劇中、洸を探す双葉が「中央通り」を駆け抜けていくシーンでは、「てるてる亭」の看板が映っています↓
IMG_7695




















「中央通り」にある「てるてる亭」は、富山出身の落語家・立川志の輔さんがプロデュースした街中の演芸ホール↓
『てるてる亭』の名前は、立川志の輔さんの本名「照雄」に由来するのだとか
平成20年のオープンより、県内外からの多くの観客で賑わっています
IMG_7665












「てるてる亭」では、「志の輔のこころみ」として、立川志の輔さんの定期公演が開催されており、富山弁を使った志の輔落語を観覧することができます
また、「てるてる亭」のある「ほくほく通り」の1Fでは、「志の輔のこころみ」のビデオ上映や、茶屋風の休憩スペース、グッズ・お土産コーナーの「楽市楽座」など、街中で気軽に落語を楽しむことのできる空間となっています

「ほくほくスペース てるてる亭」
住所/富山市中央通り1-6-8 セプラビル3F
公演日特電/076-421-3130(公演当日のみ)
お問い合わせ/株式会社 オフィスてるてる 富山市五福末広町834-34
TEL 076-433-0041(平日10:00〜18:00)
公演日時など、詳細については、「ほくほくスペース てるてる亭」のHPをご覧ください




ここでちょっと寄り道コーナー
「てるてる亭」からさらに、「中央通り」をまっすぐ進んでいくと見えてくるのは、富山の老舗和菓子屋「竹林堂本店」↓  北陸銀行本店の隣に、お店を構えています
IMG_7673















創業240年の歴史を誇る「竹林堂本店」の銘菓といえば、竹の絵柄の入った「甘酒まんじゅう」↓
前田藩の御用製菓としても愛され、寛政2年(1790年)には、藩主前田利謙公より、「竹林堂」の称号と褒美が授けられています
無題











そのまま食べても、電子レンジで温めても、オーブントースターで焼いても美味しい、ほのかに甘酒が香る、素朴で味わい深いお饅頭です
また、「てるてる亭」では、月に1度、落語家・立川志の輔さんの焼印の入った「志の輔バージョン」の甘酒まんじゅうの販売も行っています

「竹林堂本店」
住所/富山市中央通り1-5-2
営業時間/9:00〜19:00、定休日 水曜日(祝日営業)
電話/076-423-8424

商品などの詳細については、「甘酒まんじゅう本舗 竹林堂本店」のHPをご覧ください



「竹林堂本店」から、「中央通り」をさらに進んでいくと、次に見えてくるのは、まちなか美術館の『ギャルリ・ミレー』↓
IMG_7683












『ギャルリ・ミレー』では、19世紀のフランス絵画の巨匠・ジャン・フランソワ=ミレーをはじめとする、フランス郊外のバルビゾン村を活動拠点に、農村風景や農民の風俗を描いた「バルビゾン派」の画家たちの作品53点を収蔵↓
現在は、常設展「あるがままの人生を愛して〜ミレーとその仲間たち展〜」にて、ミレー作「丘の上の羊飼い、夕方の効果」など、うち24点の作品が展示されてます
IMG_7686














『ギャルリ・ミレー』
住所/富山市中央通り2丁目1番20号 
開館時間/10:00〜17:00、休館日 月曜日(祝日を除く)、祝日
入館料/一般 200円、高校生 100円、小中学生 無料
電話/076-423-7220
『ギャルリ・ミレー』の詳細については、『HOKUGIN GALERIE MILLET』のHPをご覧ください



最後にご紹介するのは、「西町」周辺↓


「西町」周辺へは、富山駅前発の市内電車「南富山駅前行」の「西町」電停下車、または環状線タイプの市内電車「セントラム」の「中町(西町北)」電停下車、徒歩1分で行くことができます↓

劇中の街中のシーンでは、西町交差点に面する商店通りの文字看板「Nishicho M」と、街中を走る市内電車が映っています


「西町」周辺を走る、環状線タイプの市内電車「セントラム」(写真右)の背後に映るのは、現在、建設中の「富山市ガラス美術館(仮称)」です
「富山市ガラス美術館(仮称)」は、現在、松川べりにある「富山市立図書館」の移転先であるほか、カフェや銀行の入った複合施設となる予定で、来年2015年8月22日のオープンを目指しています
ガラスの街・富山市を象徴する建物となりそうですネ
IMG_7717













映画『アオハライド』の富山市内版ロケ地めぐり(前編)、いかがでしたでしょうか〜 
次回は、ロケ地めぐり(後編)と題して、「富山駅北口周辺」、「富岩運河環水公園」に双葉と洸の足跡をたどります

映画『アオハライド』の富山版ロケ地マップは、こちら 
映画『アオハライド』のロケ地めぐり♪ in 高岡市内(前編) (中編) (後編  (後編◆も合わせてどうぞ


富山市観光協会公式HPはこちらから 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook  

良薬は口に美味し!?薬ぜんカレー★


今年も早いもので、残すところあと10日余り   
寒さ厳しい師走のこの時期、皆さんはいかがお過ごしですか

寒く風邪もひきやすい、この季節に食べたくなるものといえばッ……やっぱりカレー
というわけで、富山駅前にて、寒さを吹き飛ばす身体にやさしい「薬ぜんカレー」を食してみました



まずはじめに、ご紹介するのは〜


「和食飲楽DAIKOKU-YA」の『氷見牛やくぜんカレーうどん』 920円

「和食飲楽DAIKOKU-YA 」は、富山駅前、市内電車乗り場向かいにある、ファッションビル・マリエとやま6Fレストラン街にある和食処↓
富山の旬の食材や富山の名物を使った、季節の和食膳を楽しむことができるお店です
だいこくや マリエ店 4














ここで、食べられるのが「富山やくぜん」認定の『氷見牛やくぜんカレーうどん』↓
だいこくや マリエ店 2














とここで、「富山やくぜん」とは一体全体なんぞやと思われた方もおられることでしょ〜

「富山やくぜん」は、栄養や安心・安全面に配慮した食材や調理法を採用し、富山の新鮮な食材と、古くから健康面で効果があるとされる食材を使用し、作る人が食べる人に対して、食材に関する情報提供ができることを定義としています

「富山やくぜん」の認定基準には、以下の6つの基準があります
|六挫肋辰篏椹砂楙辰貿枸犬靴辛抻海凌材を1品目以上使用している。
古くから健康面で効果があるとされる食材を1品目以上使用している。
0多粥Π汰缶未貿枸犬靴真材の使用や調理法を採用している。
せ藩僂靴真材について、食べる人に情報が提供できる。
ァ嵒抻海笋ぜん」に関する研修会に参加している。
Ρ浜椒丱薀鵐垢筝た目がよく、独創性に富み、食べて美味しいなど「富山やくぜん」として相応しい。

「富山やくぜん」には、平成26年2月現在、56品目(45事業者)が認定されています 「富山やくぜん」の認定店・料理等については、「富山やくぜん」のHPをご覧ください


この「富山やくぜん」認定の、「和食飲楽DAIKOKU-YA マリエ店」で食べられる『氷見牛やくぜんカレーうどん』では、地元富山の食材として「氷見牛」が、また、健康面で効果があるとされる食材として「ウコン、生姜、松の実、唐辛子、長ネギ」が用いられています↓
だいこくや マリエ店 1













そのお味はというと…氷見牛の風味がしっかりと出たカレースープと絡まるうどんが 付け合わせの生姜、長ネギを加えると、爽やかな風味が口の中を駆け抜けます
小ライスもついているので、最後は、カレー雑炊としても楽しむことができ、食べ終えた頃には、 汗が噴き出すほどに、身体が温まるのを実感

「和食飲楽DAIKOKU-YA マリエ店」
住所/富山市桜町1-1-61 マリエとやま 6F
営業時間/11:00〜22:00、定休日/マリエとやま定休日に同じ
電話/076-444-5060




次にご紹介するのは「癒楽甘 春々堂」の『薬膳カレー』

「癒楽甘 春々堂」は、創業140年の歴史を誇る富山の薬メーカー「廣貫堂」がプロデュースする薬膳カフェ↓
富山駅前CiCビル5Fにある「癒楽甘 春々堂」は、誰でも気軽に立ち寄れる、開放的な雰囲気のお店です
癒楽甘 春々堂 3













この落ち着いた風合いの、お洒落な店内で味わえるのが、「富山やくぜん」認定の季節の野菜を使った『薬膳カレー』↓
富山米「てんたかく」と国産の「15穀米」、「紅花」を入れて炊きあげたご飯に、古来より和漢薬として使用されてきた「ウコン」、「ウイキョウ」、「しょうが」などが入った独自のカレースパイス、「クコ」、「なつめ」、「松の実」のトッピングと、健康によいとされる食材がもりだくさん
冬のこの時期は、里芋やレンコン、にんじん、じゃがいもが季節の野菜として用いられています
癒楽甘 春々堂 1













単品では「ジャスミン茶」がついて756円、セットでは「カメゼリー」と「ジャスミン茶」がついて972円
女性サイズの分量なので、たくさん食べたい方は、ライスの大盛り(+210円)をどうぞ

気になるそのお味はというと…、辛すぎず、マイルドな風合いのカレーで、口に入れると、上述の様々な食材の風味が、一斉に花開きます スパイスが別途でついているので、お好みで辛さも調整可能です
食べながら、これは何の食材だろう〜と思いをめぐらしながら、味わう楽しさがありました

そして、セットメニューでついてくるデザートは、なんと香港名物『カメゼリー』
美肌、整腸作用、夏バテ、解熱、痔、デトックスなど、健康効果はさまざま
「コーヒーゼリー」のような食感の『カメゼリー』に、ほんのり甘い黒蜜とホイップクリームのトッピングがベストマッチ 思わず癖になる、不思議な美味しさです




そして、富山のB級グルメといえば富山ブラック
ですが、こちらはラーメンではなく、カレーです
「癒楽甘 春々堂」の人気メニューの1つ、『黒豆とイカスミのブラックカレー』
『薬膳カレー』同様、単品では「ジャスミン茶」がついて756円、セットでは「カメゼリー」と「ジャスミン茶」がついて972円
癒楽甘 春々堂 2















真っ黒なその見た目に驚きながら、口に入れてみると、そのお味は、やっぱりカレー
「赤ワイン」のコクと黒胡椒のパンチが効いた適度な辛みに、自然とスプーンがドンドン進みます 食べ終えた頃には、身体がポッカポカになりました



「癒楽甘 春々堂」では、カレーのほかに、お店一押しホワイトソースの代わりに豆乳と生クリームを使った『紅花ドリア』や、ロングセラーメニューの、お米と雑穀を中華スープで炊いて、豆乳で仕上げた『豆乳中華薬膳粥』(単品756円・セット972円)、10種類の中国茶やオリジナルの『やくぜん茶』(健康茶・痩身茶)(各391円〜)など、オリジナルの薬膳メニューが満載↓
癒楽甘 春々堂 12





















また、人気デザートのコラーゲンたっぷり『カメゼリー』 (432円)と、「カメゼリー」に「薬膳アイス」やフルーツをトッピングした『やくぜんパフェ』(540円)は、「富山ガラス工房」所属作家・高橋さんのオリジナルグラスを使用しており、見て、食べて美しいデザートです↓
IMG_6466




















このほか、店内では、あいうえお順に症状と対策漢方を記載した、漢方辞典も置いてあり、薬膳メニューをゆっくり楽しみながら、漢方を使った健康生活へのヒントも得られます↓
癒楽甘 春々堂 14













そして「癒楽甘 春々堂」には、薬都・富山のお土産も各種勢揃い↓
癒楽甘 春々堂 13
















富山を代表する製薬会社「廣貫堂」の直営店だけあって、反魂丹や赤玉はら薬、熊膽圓など、富山の代表的な配置薬の販売コーナーも充実
レトロパッケージがかわいい「とやまのくすり」 各種324円↓
IMG_6484




















薬のアドバイザーとして、登録販売者が常駐しているので、相談しながら、症状にあった富山の伝統和漢薬をお選びいただけます↓
IMG_6509














旅のお供とお土産を兼ねて、「廣貫堂」製造の富山の薬はいかが
もしもの時の「常備薬セット」 972円↓
「常備薬セット」には、下痢食当たりに効く「赤玉はら薬S」、胸やけ・飲み過ぎに効く「熊胆円S」、ずつう・歯痛・神経痛に効く「広貫堂」が入っています
「トラベル」セット 1,782円↓
風邪の初期症状に効く「ネオ真治ゴールド錠(9錠)」、胸やけ・飲み過ぎに効く「熊胆円S」、傷の手当てに「デルカットバンA」が入った、旅に安心のセットです
癒楽甘 春々堂 11
















御薬入れもお求めできます 昔懐かしの赤い箱のデザインがカワイイ
「廣貫堂」のマーク入り「くすり小箱」 864円 ↓
※「癒楽甘 春々堂」の店内商品をお買い上げの方は540円
癒楽甘 春々堂 16












更に、こちらも旅のお供やお土産におススメ
「やくぜん健康飴セット」 1,620円↓
ブルーベリー、アイブライト、メグスリの木を含んだ「千里眼」、コラーゲン、シトラス、ハイビスカス入りの「美人飴」、キンギンカ、バンランコン、カリン入りの「のど飴」の3種の「やくぜん飴」に、レトロなミニ配置薬の飾りの付いた「ストラップ」と売薬さんの置き土産「紙風船」のついた、お洒落でお得なセットです
癒楽甘 春々堂 15


















そして、先ほど「癒楽甘 春々堂」でご紹介した『薬膳カレー』が、お気に召した方に朗報です
「癒楽甘 春々堂」では、27種類のスパイスに、6種類の厳選された和漢素材をブレンドした、「廣貫堂」オリジナルのレトルトタイプの「やくぜんカレー」も販売しています
「やくぜんカレービーフ」、「やくぜんカレーポーク」 各618円↓
癒楽甘 春々堂 5癒楽甘 春々堂 6














また、同じくご紹介した、黒豆とイカスミを使った「富山ブラックカレー」432円や人気デザートの「亀ゼリー」486円も、お持ち帰りでお楽しみいただけます↓
癒楽甘 春々堂 8癒楽甘 春々堂 4
















「癒楽甘 春々堂」
住所/富山市新富町1-2-3 富山駅前CiCビル5F
営業時間 10:00〜19:00、定休/CiCビル休館日に同じ
電話番号/076-444-7198





ここでちょっと、耳寄りお立ち寄り情報
「癒楽甘 春々堂」のお隣(同富山駅前CiCビル5F いきいきKANフロア内)には、「くすりミュージアム」なるミニ博物館があるんです
くすりミュージアム 1













入館無料の「くすりミュージアム」では、こじんまりとした空間に、配置薬の多種多様なパッケージや売薬版画、製薬加工に使用された道具などが、ぎっしりと展示されています↓
くすりミュージアム 3













解説パネルと映像により、富山の売薬の歴史に理解を深めることができるほか、薬の原料となる生薬とその香りを嗅ぐことのできるコーナーもあり、見どころ満載↓
くすりミュージアム 2










「くすりミュージアム」
住所/富山市新富町1-2-3 富山駅前CiCビル5F
営業時間 10:00〜20:00、定休/CiCビル休館日に同じ
電話番号/(一財)とやま観光物産センター事務局(同フロア内)
TEL  076-444-7120



そして、薬膳ワールドはまだまだ続きます
この「癒楽甘 春々堂」の向かい(同富山駅前CiCビル5F いきいきKANフロア内)では、なんと薬膳カレー粉の製作体験ができるんです↓
カレー粉制作 1













ハーブ体験コーナーの棚には、各種カレースパイスの原料がズラリ
カレー粉制作 9















「癒楽甘 春々堂」のお店の方の手ほどきを受けながら、いよいよ「薬膳カレー粉」製作に挑戦

「薬膳カレー粉」製作体験では、カレースパイスの主原料の1つ「ターメリック」を石臼でひきます
体験時間は約25分、体験料は材料費込で400円です

ちなみに、「ターメリック」に含まれるクルクミンは、茶色いカレーの主要色素であり、動脈硬化予防や肝機能強化といった効果があるのだそうです


まずは、お店の方が「ターメリック」40gを用意(写真左)↓
次に、大小2つずつある、4つの石臼から、好きな石臼を1つチョイス 
今回は小さいタイプの石臼にしました
石臼の上に「ターメリック」を載せます(写真右)
カレー粉制作 2 - コピーカレー粉制作 3










そして、「ターメリック」が粉末になるよう、片手で抑えながら、石臼をゆっくりと回していきます(写真左)↓
グルグル〜ゴロゴロ〜と回る石臼の豪快な音につられて、スタッフ0さん(その2)も飛び入り参加で、石臼引きにチャレンジ
15分ほど回していくと、石臼の上にあった「ターメリック」が、下の方に粉末状になって出現(写真右)
カレー粉制作 4カレー粉制作 12








お店の方のお話によると、昔の売薬さんも、製薬の過程で、原料の生薬を粉末にする際に、石臼を使用したのだそう
石臼引きは思いの外、全身運動引き終わる頃には、薄ら額に汗が
1つ1つ手作りしていた、かつての売薬さんの手仕事ぶりを体感したような気分になりました


石臼を持ち上げて見ると・・・ジャジャーン見事、粉状になったターメリックの姿が(写真左)↓
ちなみに、粗びきや細びきのある「胡椒」のように、大きな石臼を使った場合は、溝が浅いため、目の粗い粉ができるのだそう(写真右)
カレー粉制作 5カレー粉制作 6










粉になった「ターメリック」を、ハケで丁寧に、紙皿に移していきます(写真左)↓
最後に、粉末の「ターメリック」(40g)に、クミン(28g)、チリパウダー(6g)、コリアンダー(26g)を加えると、カレースパイス(100g)が見事完成です(写真右)
カレー粉制作 7カレー粉制作 8







お店の方のお話によると、ターメリックが色づけ、クミンとコリアンダーが香りづけ、チリパウダーが辛みづけの役割を果たし、それぞれのスパイスの特性が組み合わさることで、基本的なカレースパイスが出来上がるのだそう
また持ち帰った際に、2〜3分ほど炒って、暗所で3週間ほど寝かせると、スパイス同士が馴染んで、味に一体感が出てくるのだとか

いつものカレーにひと匙加えて、味の決め手にしてもよし カレーチャーハン・ピラフの味付けや魚をフライにする際、小麦粉に混ぜてカレー風味の衣にしたり、ポテトサラダに加えたり、カレーコロッケにしてもよし 様々な料理のスパイスとして活用が可能なのだそうです
石臼を引いてドキドキ、持ち帰ってワクワクの「薬膳カレー粉」製作体験でした〜


なお、ハーブ体験コーナーでは、「薬膳カレー粉」製作体験のほか、「薬研(やげん)」を使った「ハーブ入浴剤」製作体験もできます↓(体験時間/約10分、体験料/材料費込で300円)
カレー粉制作 10














「薬膳カレー粉」・「ハーブ入浴剤」製作体験

日時/毎日10:00〜16:00
場所/富山駅前CiCビル5F いきいきKANフロア内、「癒楽甘 春々堂」の向かいの「ハーブ体験工房」
体験料・所要時間/薬膳カレー粉:400円、約25分 ハーブ入浴剤:300円、約10分
※1名様から体験可能、10名以上は前日まで要予約
お問い合わせ/(一財)とやま観光物産センター事務局(同フロア内)
TEL  076-444-7120


寒さ厳しいこの季節、薬都とやまのくすり文化に触れながら、「やくぜん」のパワーを使って、寒さや風邪を吹き飛ばしませんか 
食せば、きっと身体の芯から、ポカポカ温まるのを実感できるはず
身体にやさしい、食べて美味しい、作って楽しいの3拍子揃った「薬ぜんカレー」 皆さまも、ぜひ1度お試しくださいませ


富山市観光協会公式HPはこちらから 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook 

富山市内のイルミネーションスポット☆(富山駅北編)


前回のJR富山駅南編に引き続き、今回はJR富山駅北口周辺のイルミネーションスポットをご紹介します



駅北ルミエ イルミネーションフェスタ↓
JR富山駅北口に降り立つと、目に飛び込んでくるのは光のプロムナード
「きらめく想い、つなごう。」のキャッチフレーズの通り、JR富山駅北口から「とやま自遊館」に至る、約400mの歩道「ブールバール」の街路樹が、青や金色の約7万2000球のLEDイルミネーションライトで彩られています
駅北ルミエ 1















駅北ルミエ イルミネーションの光の中を走り抜けるのは、市内電車「ポートラム」↓
路面電車の「ポートラム」は、富山駅北口〜古き良き港街・岩瀬浜を結んでいます
11月29日に行われたイルミネーション点灯式では、イルミネーション特別貸切列車の運行とホットレモネードの振舞いが行われました
駅北ルミエ 4














駅北ルミエのイルミネーションでは、キラキラ点滅する雪の結晶や星のオーナメント、街路に並ぶミニツリーが、行き交う人々の目を楽しませてくれます
駅北ルミエ 6












JR富山駅北口から、5分ほど歩いたところにある「太平橋」も、光輝く橋に変身
いたち川の上にかかる「太平橋」は、立山連峰の眺望スポットの1つになっており、気象条件の良い、晴れた日には、橋の向こうに立山連峰の麗姿が現れます
駅北ルミエ 3










駅北ルミエ イルミネーションフェスタ

点灯期間/2014年11月29日(土)〜2015年3月31日(火)
点灯時間/日没〜23:00

「駅北ルミエ イルミネーションフェスタ」では、1月30日(金)に「手嶌葵 駅北ルミエ スペシャルライブ」(事前申込制)や創作ペットボトルランタン展示(富山駅北アーバンプレイス1F)、バレンタイン前夜の2月13日(金)に映画「ロシュフォールの恋人たち」の上映会、3月6日(金)に坂井宏行シェフ監修のフレンチ・レストラン「キュイジーヌ フランセーズ ラ・シャンス」での駅北ルミエ プラネタリウム「メガスター」上映ディナーなど、冬の駅北を明るく盛り上げる、多種多様なイベントが開催 
また、駅北ルミエの期間中、駅北のお店ではワンコインメニューを実施 

各種イベント、ワンコインメニュー参加店の詳細については、「駅北ルミエ イルミネーションフェスタ」 のサイトをご覧ください
 





続いてご紹介するのは、環水公園スイートイルミネーション2014


駅北ルミエの光が灯る「太平橋」を渡り、「富山市総合体育館」・「とやま自遊館」の方向に、さらに5分ほど進むと…、見えてくるのは「富岩運河環水公園」

水辺の憩いスポット「富岩運河環水公園」では、公園内の「泉と滝の広場」と「天門橋」を2万5000球のLEDイルミネーションライトで色鮮やかに彩る「環水公園スイートイルミネーション2014」が開催中↓



10月25日に行われた点灯式では、「環水公園アマノガワ2014」と題して、2万2000球の青色LEDボール「いのり星(R)」が参加者により、富岩運河に願いを込めて放流されました↓
image









「環水公園」のエントランス付近に位置する「泉と滝の広場」には、巨大なイルミネーションツリーが出現
 昨年より更に大きさを増した、高さ11mのイルミネーションツリーは、公園内のいたる所から観覧でき、「環水公園スイートイルミネーション2014」のシンボル的存在です
環水公園 1
















「泉と滝の広場」では、「環水公園ライトアップファンタジー」により、季節毎に幻想的なイルミネーションが展開されています↓
冬のこの時期には、雪とオーロラをイメージした神秘的な雰囲気に
IMG_7244














青や紫に加えて、赤や黄色、緑など様々に色を変える水のカーテンは、まさに変幻するオーロラのよう

IMG_7208
















「環水公園」の中央に立つ「天門橋」も、「泉と滝の広場」と同様に、季節に応じた「ライトアップファンタジー」で彩られます↓
12月1日からは、クリスマスをイメージした赤と緑色の温かみのあるライトアップになっています

環水公園 2
















高さ20.4mの「天門橋」の展望塔の最上階(3F)のデッキに出ると、キラキラ輝く星型のイルミネーションを発見

気象条件の良い、晴れた日に立山連峰を望める「天門橋」では、夜には、運河南北の辺り一面に、まばゆいばかりの夜景が広がります
環水公園 4
















天門橋の両塔の間には、実際に設置されている、長さ58mの「赤い糸電話」を模して、1年を通じて、赤色のイルミネーションラインが繋がれています↓
環水公園 5















「環水公園スイートイルミネーション2014」の散策途中に、コーヒーブレイクはいかが
公園内の「天門橋」付近には、「スターバックス富山環水公園店」が立地しています↓ 
富岩運河を見渡すことのできる、ガラス張りの店舗は『世界一美しいストア』として知られ、連日、多くの人々で賑わっています

環水公園 8











スターバックスコーヒー富山環水公園店
営業時間/8:00〜22:30、定休日/不定休
電話/076-439-2630

環水公園スイートイルミネーション2014
点灯期間/2014年10月25日(土)〜2015年3月1日(日)
点灯時間/日没〜22:00

環水公園ライトアップファンタジー
作動時間/通年、日没〜22:00の間の毎時00分・20分・40分
※5分間の光の演出→15分間通常照明の繰り返し



なお、今週末の12月20日(土)には、「環水公園スイートクリスマス2014」が開催 ↓
「クリスマス特別ステージ」に、富山県内各地を舞台とした「とやまde踊ってみた」の動画が人気の「ぶらっくすわん&楓」が登場(17:00〜17:15、17:35〜17:45、18:25〜18:40)
また18:00〜18:15には、クリスマスソングに合わせた「クリスマスファンタジア花火」の打ち上げやロコモコ、ラーメン、クレープなどの移動販売を行う「環水マルシェファンタジア」など、お楽しみ満載
イベントの詳細については、「富岩運河環水公園」の新着情報一覧をご覧ください

お問い合わせ/環水公園等富山駅北地区賑わいづくり実行委員会事務局  
TEL 076-444-4116(富山県観光課(平日8:30〜17:15のみ)
※雨天決行、当日開催有無案内番号 TEL 0180-99-3329

Page0001




























JR富山駅北口周辺のイルミネーションスポット、いかがでしたでしょうか〜
富山駅北口の、水辺で奏でる光のファンタジーは、南口周辺のイルミネーションとは、また一味違った雰囲気を醸し出しています

JR富山駅南口・北口ともに、イルミネーションスポットは徒歩5〜20分の距離にあるので、街に灯る色とりどりのイルミネーションを眺めながら、冬夜の市内散策はいかが〜

また、富山駅の南口・北口では、市内電車が走っているので電車の車窓から、加えてバス・タクシーの車窓から、ドライブしながら街路のイルミネーションを眺めるのもGoodです

冬夜の富山の街に煌く光の数々が、きっとあなたの心にも、温かな光を灯してくれることでしょ〜

IMG_1459




























富山市観光協会公式HPはこちらから 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook 

富山市内のイルミネーションスポット☆(富山駅南編)


富山の冬の風物詩といえば、皆さんは何を思い浮かべますか

毎年、この時期の富山駅周辺では、各所で、冬の街路を華やかに色彩るイルミネーションが光輝き、街ゆく人々の目を楽しませてくれます

そんなわけで、今回は、JR富山駅周辺のイルミネーションスポットを駅南編、駅北編の2回に分けて、ご紹介します



まずは、JR富山駅南口周辺から


とやまスノーピアード2015 ホワイトイルミネーションとやま ↓
JR富山駅南口から富山城址公園に至る、全長約1kmの「城址大通り」では、立ち並ぶ街路樹が、約14万球に及ぶ、青や白、金色のLEDイルミネーションライトで彩られています
富山駅南口から富山城址公園までは、徒歩約10分の距離です
ホワイトイルミとやま 3














ガラスの街・富山市を象徴し、「城址大通り」には、富山市所蔵の、国内外で活躍するガラス作家の作品が展示されています↓
富山市では、街中の公園や建物にガラス作品を展示し、街全体をガラスのミュージアムと見立てる「ストリートミュージアム・プロジェクト」を進めています
 ホワイトイルミとやま 4













富山市中心市街地の屋内外に設置された、25基のガラス作品は、年に2回入れ替えられ、行き交う人々が気軽に、ガラス作品を楽しめる工夫がなされています
街路樹を彩るイルミネーションとガラス作品が、夜の市内をより一層、きらびやかな雰囲気にしています



先日、12月1日には、とやまスノーピアード2015 オープニングセレモニーの中で、「ホワイトイルミネーションとやま」の点灯式が、富山国際会議場 1階ロビーにて行われました↓
イルミネーションの点灯式に先立ち、学校法人アームストロング青葉幼稚園の皆さんにより、『おほしがひかる』の合唱が披露されました
イルミネーション点灯式














「ホワイトイルミネーションとやま」では、「城址大通り」を彩る樹木イルミネーションのほか、富山城址公園南側広場に、光のオブジェが設置されています↓
立山をイメージしたオブジェ 背後に見えるのは、「富山城」です
ホワイトイルミとやま 6
















「富山城」は、日没〜22:00まで、ライトアップされています↓
通常のライトアップのほか、イベント時などには、青色や赤色のライトアップも出現
闇夜に、青白く浮かび上がる「富山城」は、なんとも幻想的です
富山城















光のオブジェには、光のトンネルもあります↓
ホワイトイルミとやま 5












光のトンネルのイルミネーションゲートをくぐると、目に入るのはハッピーベル
階段を上って、ベルを鳴らすと、幸せの音色が辺りに響き渡ります
イルミネーションゲートをバックに、記念撮影する人々の姿もありました
ホワイトイルミとやま 7

















「ホワイトイルミネーションとやま」の光の数々は、各種団体や企業、関係機関、市民一人ひとりによる、「ひとり一灯運動」により灯されています↓
募金にご協力いただいた方々のお名前を掲載した看板は、富山城址公園前(松川遊覧船乗り場前)に設置されています
ホワイトイルミとやま 8









とやまスノーピアード2015 ホワイトイルミネーションとやま
点灯期間/2014年12月1日(月)〜2015年2月15日(日)
点灯時間/12月・1月は、17:00〜22:30、2月は、17:30〜22:30

なお、とやまスノーピアード2015では、12月31日(水)の23:30〜0:30(予定)に、富山城址公園南側広場にて「カウントダウンイベント2015」、1月17日(土)に、城址大通り沿い広場(松川茶屋周辺)にて「とやま左義長まつり」(受付9:00〜、式典11:00〜11:30)のイベント開催も行われます

  




続いて、ご紹介するのは、「富山市役所展望塔」↓
富山駅南口から徒歩5分、「ホワイトイルミネーションとやま」のイルミネーションで彩られた「城址大通り」沿いに、「富山市役所展望塔」はあります
ホワイトイルミとやま 1




















「富山市役所展望塔」では、地上70mの高さから、富山市街を360度の大パノラマで見渡すことができます
気象条件の良い、日中には立山連峰を望むこともできます
そして夜には、その風景が一転眼下には、まばゆいばかりの、富山の街の灯りが広がります
富山市市役所展望塔 5














展望塔から望む、富山駅南口方向の夜景↓
「城址大通り」に並ぶ、樹木イルミネーションの輝きが見てとれます
富山市市役所展望塔 4














こちらは、富山城址公園方向の夜景↓
上空からみる「ホワイトイルミネーションとやま」も素適です 
富山市市役所展望塔 7












「富山市役所展望塔」
開館時間/平日9:00〜21:00(4〜10月)、9:00〜18:00(11月〜3月)、
土日祝 10:00〜21:00(4〜10月)、10:00〜18:00(11月〜3月)
※12月24、25、26日は、〜21:00まで、1月1日は、6:00〜9:00まで、
「ホワイトイルミネーションとやま」開催期間中(12月1日〜2月15日)の金曜・土曜日は、〜21:00まで
休館日/12月27日〜1月4日、観覧料/無料
お問い合わせ/富山市管財課 TEL 076-443-2023 





富山城址公園前から「富山国際会議場」方向に、進むこと数分…、突如、現れたのは光の宮殿 
この光の宮殿の正体はというと、富山市民プラザです↓
富山市民プラザでは、「冬のファンタジックフェスタ2014 to 2015」が11月29日より開催されています
今年のイルミネーションのテーマである「プリンセス」をイメージし、約3万球のLEDイルミネーションライトにより、プラザ全体が光のカーテンに包まれています
市民プラザ 4














屋根の一角には、さりげなく、雪の結晶をイメージした飾りも↓
市民プラザ 1













館内に入ると、「冬のファンタジックフェスタ2014 to 2015」のサブタイトル「女の子はいつもプリンセスに憧れて」の通り、「おひめさまコスプレ」のコーナーがお出迎え↓
これで貴方もお姫様気分プリンセスドレスやサンタ、トナカイの衣装が貸出されています
開催期間/12月の土、日曜日(27、28日除く)、10:00〜16:00
市民プラザ 3















このほか、「冬のファンタジックフェスタ2014 to 2015」では、12月20日(土)に、ゴスペルとクリスマスソングを奏でる「X’ MAS SPECIAL LIVE」が行われるほか、クリスマスツリー型のストラップやブレスレット・チョーカー・クラウン&ティアラなどのアクセサリーを制作するワークショップなど、クリスマスシーズンにピッタリなイベントが盛りだくさん↓
各種イベントの詳細については、「富山市民プラザ」HP内「冬のファンタジックフェスタ2014 to 2015」ページをご覧ください 
市民プラザ 2












「冬のファンタジックフェスタ2014 to 2015」

点灯期間/2014年11月29日(土)〜2015年3月3日(火)
点灯時間/17:00〜23:00
※クリスマスやお正月、バレンタインデー、ひな祭りなどに合わせた、館内ディスプレイの模様替えの予定あり





最後にご紹介するのは、「総曲輪グランドプラザ」の「グランドプラザイルミネーション」
樹木イルミネーションの輝く、「城址大通り」の交差点を更に10分ほど、まっすぐ歩いていくと、「総曲輪グランドプラザ」に到着
「総曲輪グランドプラザ」には、富山駅前市電乗り場から、環状線タイプの市内電車「セントラム」に乗車10分、「グランドプラザ前」下車で行くこともできます↓
IMG_7078















「総曲輪グランドプラザ」は、大和富山店をはじめ、様々なお店で構成される複合商業施設『総曲輪フェリオ』に隣接した、全面ガラス張りの広場です
4898b4de-s













「総曲輪グランドプラザ」では、「エコリンク(ECORINK)」が12月13日よりオープン
「エコリンク」の上には、クリスマスツリーを形どった「グランドプラザイルミネーション」が輝いています↓
約2万球のLEDイルミネーションライトを使用した、高さ15m、底面直径8mのツリー型イルミネーションは日本最大級
今年は、水の雫が落ちてくるようなドロップライトが加わり、より一段とファンタジックな雰囲気に
100076_03














製氷装置の電気を使用せず、特殊な樹脂パネル80枚を使った、約300屬隆超に優しい「エコリンク」では、子供から大人まで多くの人で賑わい、思い思いにスケートを楽しんでいました↓
IMG_7096




















スケート靴の貸出付き(入場料込)なので、誰でも気軽に来てスケートができます↓
希望者には、ヘルメット、レッグガードの貸出も行っています
IMG_7129














エコリンク(ECORINK)
開催期間/2014年12月13日(土)〜2015年1月12日(月)
営業時間/平日 13:00〜19:00(12/15〜19、22、24、1/8〜9)
土日祝・冬休み期間 10:00〜19:00(12/13〜14、20〜21、23、25〜30、1/2〜7、10〜12)
※ただし12/31、1/1は10:00〜18:00 
入場料/大人500円、学生(中高生)300円、子供(小学生以下)100円
お問い合わせ/株式会社まちづくりとやま TEL  076-495-5900

また「エコリンク」では、孫(ひ孫)と、一緒にご来場された祖父母が入場無料になる「孫とおでかけ」や学生無料タイム(中学生以上、毎週木曜17:00〜19:00)、エコリンククーポン券の発行などの各種サービスも行っています
「エコリンク(ECORINK)」の詳細については、「株式会社まちづくりとやま」HP内「エコリンク」のページをご覧ください



スケートで一汗かいた後、また温まりたい時には、喫茶店で一休みはいかが
「総曲輪グランドプラザ」内にある「喫茶 チェリオ」は、昭和10年創業のレトロな雰囲気漂う老舗喫茶店↓
IMG_7103















「喫茶 チェリオ」では、冬季メニューに、北海道産大納言小豆を使用した、自家製ぜんざいが登場↓
粟きび善哉(780円)、白角餅のぜんざい(680円)、白玉ぜんざい(630円)の3種から選べます
IMG_7122

















また「喫茶 チェリオ」では、ぜんざいのほか、パフェやあんみつなどのお店自慢の甘味メニューや、パスタ、ピラフ、サンドイッチなどの軽食メニューも充実しています
メニューの詳細については、「喫茶 チェリオ」のHPをご覧ください

喫茶チェリオ
住所/富山市総曲輪3-6-15-18-1
営業時間/10:00〜18:00、定休日/水曜日
TEL/076-425-3404


JR富山駅南口周辺のイルミネーションスポット、いかがでしたでしょうか〜
富山の冬夜は、まだまだ煌めき溢れます
次回は、JR富山駅北口周辺のイルミネーションスポットをご紹介します〜 



富山市観光協会公式HPはこちらから 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook