観光とやまねっとブログ

富山市観光協会より、タウン情報を発信! 【ホームページ】 http://www.toyamashi-kankoukyoukai.jp/

おすすめスポット!

新☆富山県美術館

3月25日に富山県美術館が一部オープンしました〜
新しい美術館は環水公園の傍に出来ましたよ〜
Page0003

P1060643














2階のホワイエからはこんな景色が見られます〜この日はちょっと立山が霞んでましたが、冬はキレイに立山が見えると思いますよ〜
P1060630













2階に上がると美術品の展示室に続く中央廊下は氷見産の立山杉が使用されています。杉が音を吸収し展示室に入る前に静かな空間を演出し心を静めて作品に集中して頂くという意図があるそうです
P1060623













木は一本一本高岡の職人さんにより丁寧に加工され、とってもスムーズになっています。まだ新しいので木の香りがリラックス効果がありました
P1060629













壁や階段、手すりは富山の企業の立山三協アルミさんのものでアルミが壁に含まれています。
朝日や夕日を反射して館内の雰囲気が変わるように設計されていんですって
P1060617













展示室は今は何もありませんが、天井にレールがありどの様にも区切れるようになってます。実際にオープンしたらどんな風な展示室にアレンジされるのでしょうか〜
P1060624













3階には「日本橋たいめいけん 富山店」がはいっています。
こちらはオムライスが有名です!
P1060634













巨大タッチパネルもあり、体験できる美術館となっていますよ〜
P1060635













全館オープンは8月26日(土)です
今からとっても楽しみですね〜
Page0001


















Page0002

















富山市観光協会公式HPはこちらか 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook 
富山市観光協会Twitterはこちらからら  富山市観光協会Twitter   

観光列車・アルプスエキスプレス〜☆

もうそろそろ春休みですね〜
こんな列車で富山観光してみてはいかがでしょうか〜

富山地方鉄道アルプスエキスプレス
DSC02904













この列車の特徴は2号車
DSC02907













全席指定となります

こんな席だとわくわくしますね〜

DSC02911
DSC02912

























中に売店もあります〜
DSC02908













電鉄富山駅では昔の列車の看板が展示されていますよ〜
旅に出てきた〜って感じがしますね〜
DSC02897













富山の春の景色を見に来てください〜

富山市観光協会公式HPはこちらか 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook 
富山市観光協会Twitterはこちらからら  富山市観光協会Twitter   

売薬さんからのガラス?!街なか美術館

今回は、「ガラスの街とやま」をご紹介します〜。
富山と言えば、「売薬さん」ですね〜。売薬さんの薬を詰めるビンを造っていたことから富山ではガラス工業も発展したんですよ〜

そんな「ガラスの街とやま」を 散歩しながらでも感じられるストリートミュージアムをご紹介します

 まず、富山駅を降りてすぐ駅の中に「フロアシャンデリア」が皆様をストリートミュージアムにお出迎えします
DSC02856













そして市内歩いても行けるあちこちにガラス作家さん達の作品が飾られています

DSC02857













岸 厚男 「宙(月光)'96−掘

DSC02867













左より
小林 貢 「熔」・「二つの力」・「青のコンポジション」

DSC02877













大村 俊二 「風洞」

DSC02858













リノ・タリアビエトラ 「無題」

作品は入れ替えられることがありますが、市役所前、県民会館前、城址公園前などに合わせて15個の展示ケースがあります

ガラスの街とやま  マップもご参照ください

富山の街を散策するときに是非ガラス作品も一緒にご覧になってみてください〜 

富山市観光協会公式HPはこちらか 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook 
富山市観光協会Twitterはこちらからら  富山市観光協会Twitter   

100万人突破〜!TOYAMAキラリ☆

TOYAMAキラリがオープンして約1年半程経ちますが、なんと入館者数が100万人を突破しました〜
1年半で100万人の方に来て頂いたってスゴイことですね〜
と言うことで、改めてTOYAMAキラリをご紹介したいと思います

路面電車の「西町」下車でこの建物が見えます。
1485840425052























とてもユニークな外観ですね〜
建築家 隈研吾さんの作品です隈研吾さんは2020年東京オリンピックの新国立競技場もデザインしてらっしゃいます


中は木をふんだんに使った癒し空間が広がります図書館にもなっていますのでご旅行の方も、美術館としてだけでなく、ちょっとした情報収集の為にもお使いいただけますよ〜

1485840472452

1485932699137





























ガラス美術館はアメリカの現代ガラス作家デイル・チフーリさんによる「富山ならでは」の作品が展示されています。富山で受けたインスピイレーションがどのように表現されているのかを考えながら見るのも楽しいですね〜

ここに作品をご紹介できないのがホントに残念ですが、まだ行かれたことがない方は、ガラスの美しさ、表現の豊かさを是非ご自身の目でお確かめください〜

ますます目が離せないTOYAMAキラリご旅行の方も、富山の方も訪れてみてはいかがでしょうか〜

富山市観光協会公式HPはこちらか 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook 
富山市観光協会Twitterはこちらからら  富山市観光協会Twitter 




 

日本刀好き集まれ〜☆

今日本刀が若い女性の間で秘かなブームとなっているのはご存知でしょうか
そんな刀剣女子も必見の美術館が富山市にあります。

森記念秋水(しゅうすい)美術館です 
富山市千石町1丁目3番6号
環状線セントラムで乗車約10分「大手モール」下車徒歩5分
DSC02478













「秋水」とは「曇りのない研ぎ澄まされた刀」を意味する言葉で、長い間大切に扱われてきたからこそ、約900年も前からの刀が今でも曇りなく光っているのですね。

鑑賞するうえで刀の豆知識〜

1尺(30.3cm)未満を短刀と呼び、2尺(60.6cm)を超えるものを太刀(たち)、刀と呼びます。

では、太刀と刀ってどう違うの
DSC02451













太刀は平安時代から使われていたもので、反りが大きく、長いものが多いのが特徴。戦国時代、馬に乗って使いやすいように刃を下にしてぶら下げて使っていたんですって

一方刀は、鉄砲の伝来により徒歩で戦うように戦い方が変わり、刃の部分を上にして固定されるように腰に差して使われるようになったそうです

DSC02452













森記念秋水美術館では分かりやすくする為、太刀は刃を下に、刀は刃を上にして展示してあります。
DSC02453













その他刃紋や小道具にも色々種類があって、じっくり見ていると刀の世界に吸い込まれそうになります

森記念秋水美術館では毎月第2日曜日にギャラリートークを開いているので、学芸員さんの説明を聞くことができますよ

団体の方は予約をすれば、随時説明会を行っているそうです

美術品としても価値が高い日本刀を是非富山市でご覧ください〜
DSC02474













森記念秋水美術館ホームページ