2017年04月

2017年04月10日

バードウォッチング(3)

今日は、昨日と同じ野幌森林公園で再度バードウォッチングに挑戦だ。
天気は、少し風が吹いているが気持ちの良い快晴。
map 空気が冷たいので探鳥よりもウォーキングのつもりで歩くことにしよう。

今日のコースは、昨日と同じ大沢コースを歩いた後に、桂コース、中央線、瑞穂連絡線、瑞穂線で北海道開拓村へ、そして北海道博物館、百年記念塔、ふれあいコースを使って大沢口に戻ってくる予定だ。
ただ、今日は月曜日なので施設は全て休館日。よって施設の見学は無し。

20170410-00620170410-014先ずは、昨日と同じ大沢コースだ。
歩き出したのは8時45分。
昨日と違って空が青いので中々気持ちがいい。

残雪に足を取られながら歩いていると、木の枝の上をチョコチョコ動いているコゲラを見つけたのでパチリ。

20170410-02320170410-031目の前を横切って木に止った鳥がいた。
よく見ると、先ほどのコゲラよりも一回り大きい。
アカゲラだ。ただ赤い帽子をかぶっていないのでメスのようだ。

この鳥は?、ゴジュウカラ??

20170410-032
約45分で「駐蹕の碑」の標識のあるところにやってきた。
昨日は素通りしたが、今日はこの脇道を進んでみた。
5分ほどで駐蹕の碑に到着。
「駐蹕の碑(チュウヒツノヒ)」とは、
S11年(1936)10月に北海道林業試験場(野幌)に昭和天皇の行幸と秩父宮雍仁親王と三笠宮崇仁親王の台臨があった。そのおり、大沢まで足をのばされた陛下と両殿下は、20170410-034この碑のところに建てられた丸太作りのあづまやで楽しく昼食をとられ、そのあとお揃いで乗馬を召され、現在の大沢線を経て、中央線をトド山口まで散策された。この碑は、これを記念して建てられたものである。」と記載されていた。

この脇道を入った辺りに、フクロウが居るかもという情報があったのだ。
今の時期は殆んど人が通らないようで、かすかな足跡しか残っておらず、また写真を撮っていた人も居なかったため、見つからず。
20170410-040
そこを抜けると再び元の道に合流し、少し進むと大沢園地分岐点に到着。
出発してから約1時間。
ここには休憩用のベンチや東屋、そしてトイレが設置されていたが、冬場ということで閉鎖されていた。

我輩は、小休憩のあと、桂コースを通り大沢口に向かって歩いた。
20170410-04320170410-047
見慣れない蝶がヒラヒラと舞い降りたのを見つけてパチリ。
(Webで調べると、”目玉模様がクジャクの飾り羽根の模様と似ているため、クジャクチョウという”と記してあった)


20170410-05020170410-053雪道に足を取られながら先に進むと、何やらコツコツという音が聞こえてきた。キツツキが木をつついている音だ。
その方向を見ると、赤い帽子をかぶっているアカゲラのオスが居た。もちろんパチリ。

大沢園地を出発して約1時間で大沢口にもどってきた。

20170410-05620170410-057小休止のあと、今度は中央線を歩いたのだが、ここも雪道。

道に沿った小川に水芭蕉が咲き始めていた。

前を歩いていた3人のご婦人方が引き返してきた。
雪が深くなってきたので先に進むのを諦めたようだ。
20170410-06220170410-064我輩はもう少し先にある瑞穂連絡線との分岐点まで行くことにした。
分岐点から瑞穂連絡線の方を眺めてみると、手前は雪道だが、遠くは土が出ているようなので先に進んでみることにした。

小さな動物の足跡があったが、何者かは素人には分から20170410-066ない。
20170410-069
瑞穂連絡線の道標に従って瑞穂の池に向かう。

途中に立てられた解説案内などを眺めながら・・・。


20170410-07420170410-076
約50分で瑞穂の池に到着。
我輩と同様にカメラを持った先客がいた。
やはり鳥を狙ってきたようだが、中々出合っていないと言っていた。
我輩は東屋のベンチで昼食タイム。
そして写真を撮りながら休憩。
時折、小鳥のなき声は聞こえるが20170410-097名前もわからない。

約40分ほど休憩したあと、北海道・開拓の村に向かう。

約20分で到着。
「北海道開拓の村」
明治・大正時代につくられた建築物を復元・再現した野外博物館。
20170410-10120170410-104残念ながら今日は月曜日なので休館日。

写真を撮ってから舗装された道路を北海道博物館に向かう。約10分強で到着。
「北海道博物館」
北海道における開拓の歴史や、アイヌ民族の文化・歴史、北海道の自然について紹介する総合博物館。
20170410-10820170410-115常設展示・特別展示のほか、体験学習室があり、各種の講座が開かれている。
ここも月曜日は休館日。
来たという証拠に写真をパチリ。
そして、その裏手にある百年記念塔へ。

「百年記念塔」(北海道庁ホームページより引用)
20170410-121北海道の開拓につくした先人の苦労への感謝と、未来を創造する道民の決意を示すためにつくられ、1970年(昭和45年)9月に完成。
  塔の形は、平面的には雪の結晶の原型である「六角形」を、立体的には未来への発展を象する「相対する二次曲線」をあらわしています。高さは北海道百年にちなんで100mあり、8階(高さ23.5m)に展望室が設置されています。
20170410-12220170410-123※現在、危険防止のため百年記念塔及びその周辺への立入を禁止しています。

百年記念塔の裏から始まるふれあいコースを歩き出し、坂を下るとまた雪道になっていた。
この近くにはバス停もあるので、一瞬ここでやめようと思ったのだが、時間はまだたっぷりあるし、空は青いし、20170410-12920170410-126この先に楽しみがあるかも知れないと思い、先に進むことにした。

しばらく雪道は続いていたが、周りは雪解けが進んでおり、この辺りの春もすぐそこまでやってきているようだ。
木立を抜けると日差しをいっぱい浴びている場所にやってきた。雪は全くなかった。
20170410-13020170410-13120170410-132案内標識に従って、ふれあい交流館へと向かう。

君達は誰かな?
(急いで撮ったのでピンボケ)

20170410-13420170410-140
百年記念塔から約40分で交流館に到着。(14時15分)

近くにヤマガラがいたのでパチリ。



青空の下、バードウォッチングしながら約9kmを約5時間半かけて歩いてきた。
中々、気持ちが良かった。
ただ、無闇に歩いても鳥は見つからないというバードウォッチングの難しさを知ったような気がする。
そして、姿、鳴き声で野鳥の名前が分かればより一層楽しめることに気付いた。

サァー、次は何処に行こうかな。


toyamanotora at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 北海道 | バードウォッチング

2017年04月09日

バードウォッチング(2)

午前中の探鳥会ではクマゲラに出会えなかったので、次の候補地である野幌森林公園に地下鉄と路線バスでに移動。
”この公園は、1968年(昭和43年)に北海道百年を記念して道立自然公園に指定されました。面積は2,053ha、札幌市・江別市・北広島市の3市にまたがる野幌丘陵に位置しています。
  大都市近郊ながら、まとまった面積の森林が残され、さまざまな動植物を観察することができます。
  公園内は、大部分を国有林が占め、昭和の森自然休養林や鳥獣保護区に指定されています。北西部に道立の施設が設置されている記念施設地区があるほか、5箇所の入り口からはりめぐらされた遊歩道を使って自然を楽しむことができます。(北海道庁ホームページの記載文章を引用)

map 我輩は、大沢口から入り、大沢コース、四季美コース、志文別線の一部、エゾユズリハコースを通って大沢口に戻ってきた。
(地図の赤線部分)




20170409-06520170409-068 入口にあった案内図でこれから回るコースの位置関係を確認し、歩き出す。

道の分起点には案内標識があったので迷うことはなさそうだ。


20170409-069 入口には殆ど雪が無かったのだが、、進むにつれて残雪が多くなってきた。
この先の道の状態はどんなだろうと少々不安もあったが、我輩の前に人が歩いていたのと、雪が深くなれば引き返せばいいや、ということで先に進むことにした。

足が雪の中に埋もれても膝あたりまで。
道端の雪が解けている所もあったので、歩くには特に問題はなかった。

20170409-07120170409-073
日当たりのいい場所にはフキノトウが顔を出していた。





20170409-07620170409-07830分ほど進んだところで、頭上に小鳥を見つけた。
(少々ピンボケ)
名前は???。
道の所々に、休憩用のベンチも設置されているので森の散策には良い場所だ。


20170409-08020170409-082
君は誰かな? ハシブトガラ君かな。

君はコゲラだよね。



20170409-097
「駐蹕の碑」という看板の横に脇道があったのだが、明日通ってみることにして、今日は素通りした。




20170409-099歩き出して約1時間、ようやく大沢園地という分岐点にでた。
ベンチに探鳥者らしき人がいたので少し鳥のことを訪ねてみたが、風が冷たいので鳥の声は殆んど聞こえないとか。
また、この辺りにいるらしいフクロウのこともそれとなく聞いてみたが、撮影者が増え環境が悪くなってきたとかで今はいなくなってしまったようだ。


20170409-10720170409-104ここから我輩は四季美コースへと入る。

しばらくは残雪に足を取られながら歩いたが、大沢の池に近づくにつれ雪は無くなってきた。

また、雪の解けた道端には鮮やかな黄色をしたフクジュソウが我輩を迎えてくれた。
20170409-11020170409-115
ここで四季美コースは終わりだ。
大沢園地から約35分。
ここから志文別線を使ってエゾユズリハコースの始点を目指す。


20170409-11720170409-125約12分でエゾユズリハコースの始点に到着。

殆ど小鳥の声は聞こえず。

約30分でエゾユズリハコースの終点に到着。
森は静まり返り、鳥の声も聞こえない。

これでは、バードウォッチングと言うよりウオーキングだ。
ここを出発して約2時間10分で回ってきたことになる。
距離にして約5.8kmだ。
ここでも、期待のクマゲラに出会うことができなかった。

出合った鳥の数も少なかったのは、空気がまだまだ冷たく、活動が鈍かったのかもしれない。
明日は、別のコースを回ってみるつもりだ。

toyamanotora at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 北海道 | バードウォッチング

2017年04月08日

バードウォッチング(1)

ようやく春らしい天候になってきたので、カメラを持ってよく散歩する機会が増えてきた。
散歩の途中、小鳥の囀りが聞こえると立ち止って耳を傾けるのだが、中々見つけることが難しい。
家から自転車で行ける範囲に水元公園(東京都葛飾区)という大きな公園があり、ここには「カワセミの里」という施設がある。当然、カワセミがよく現れるのでこの名前が付いているのだが、我輩も時々散歩がてらに行き写真を撮ったりしている。
野鳥図鑑などを眺めているうちに”ヤマセミ”、”クマゲラ”に会ってみたいという気持ちが強くなり、クマゲラがよく現れる場所をネットで調べると、北海道の円山公園や野幌森林公園でよく見かけるという情報を得た。
ただ、素人が無闇に探しても難しいので、日本野鳥の会・札幌支部主催の探鳥会に参加してみることにした。

20170409-002朝9時に円山公園南大通り入口に集合。
会員の方や我輩のような一般参加の人、約70~80人ほどが集まったようで、3班に分かれて行動することになった。
公園内の道には雪はないのだが、道から外れるとまだ結構な雪が残っていた。



20170409-00420170409-005解説員が見つけた鳥の名前や特長などを説明しながら園内を移動する。
先ず見つけたのが”アカゲラ”で、雄は頭に赤い帽子をかぶっているのが特徴だ。

我輩が初めて見たこの鳥は”マヒワ”というらしい。
(右写真)
20170409-01120170409-014
この水鳥は”マガモ”

右写真は、”オシドリ”のカップルだ。
色の綺麗な方がオス。
本当に図鑑でみるような綺麗な色をしていた。

20170409-02620170409-036こちらはシジュウカラ。
ちょうどネクタイをしているような模様が特徴。

右写真は、”ヤマガラ”。初めてみた鳥だ。



20170409-04620170409-052
この鳥は”ハシブトガラ”。

右写真は、”コゲラ”。
やはりキツツキの仲間だ。


20170409-060エゾリスを見かけたのでパチリ。
冬になる前に埋めた餌を掘り出しているのだろうか、
必死に雪をかき分けていた。




今回の探鳥会では、カラスも含めて20種の鳥と出合ったが、残念ながらクマゲラに出会うことはできなかった。
他のグープで見つけたが、我輩グループでは見つけられなかった鳥もいたようだ。
しかし、全国どこに行ってもカラスが多いが、ここも例外ではなかった。

toyamanotora at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 北海道 | バードウォッチング