十勝岳

2014年07月13日

十勝岳縦走(望岳台~十勝岳~上ホロカメットク山~上富良野岳~十勝岳温泉)

20140713map今日は、十勝岳から上富良野岳まで縦走だ。
美瑛・富良野に来た時には噴煙を上げている十勝岳を眺めるだけだったが、今日はその山を初めて登ることができるので楽しみなのだ。
天気も良さそうだし・・・。

登山口のある望岳台駐車場(標高930m)に着いたのは朝の06:15頃。
準備運動とトイレを済ませて出発。06:40
20140713_00520140713_007
十勝岳避難小屋までの登山道は比較的緩やかだが、ゴツゴツした溶岩台地の上を歩くのでつまづかないように注意が必要だ。
今日もゆっくりしたペースの登山だ。


20140713_00820140713_011
標高1,320mの十勝岳避難小屋についたのは07:58

10分程休憩したあと再び出発。
ここからの登りは今までと違ってかなり急傾斜だ。


20140713_01720140713_02520140713_029振り返ると先ほど出発した望岳台の休憩舎が遠くに見えた。

この左の火口は大正火口かな。
みんなが歩いている向こうの火口は昭和火口らしいが20140713_036ガスで見えない。

馬の背のような登山道を進みながら振り返ると、大正火口から上がる噴煙が見えた。



20140713_04220140713_045前方にこれから向かう登山道が見え、その左方向にかすかに十勝岳山頂が見えていたのでパチリ。
ここは、標高1850m辺り。
両側が崖のような登山道を山頂に続く尾根の右側まで上り、その尾根を左に向かうと十勝岳山頂のようだ。

20140713_05120140713_04920140713_05210:44 ようやく尾根を登りきったところで小休止。
今も噴煙を上げる火口が見える。


うっすらと見える山頂を目指して、20140713_057もう一息だ。
最後の急登を登りきると山頂だった。

バンザーイ! 11:05 無事、山頂(標高 2,077m)に立つことができた。
望岳台から山頂まで約4時間25分だった。
約15分ほど小休止を兼ねてみんなで記念撮影。

20140713_07820140713_082今度は上ホロカメットク山に向かって縦走開始。
上ホロカメットク山までは約2.2kmだが、ほとんどが尾根歩きなので特に問題はないはずだ。
この下の方は安政火口で、2010年9月の一人旅をした時に、沢を遡って火口の近くまできたことがある場所だ。

20140713_09120140713_08812:42 上ホロカメットク避難小屋に到着。
トイレがあるので小休止。
と思ったら雨がパラパラきたので小屋に入ってレインウェアを着用。

小屋の中で面白い張り紙を見つけたのでパチリ。
この小屋の周りもお花畑だった。
20140713_09220140713_09820140713_099咲き誇る花々を見ながら緩やかな登山道を登ったところが山頂だった。
13:29  標高1,920m
もちろん、記念撮影だ。


20140713_10620140713_11020140713_114あとは、上富良野岳を経由して十勝温泉に下るだけだ。

右手は、荒涼とした崖だが、左手はやはりお花畑だった。
20140713_12120140713_11914:00 富良野岳との分岐点に到着。
上富良野岳山頂は、この分岐から50mほど先にあったので、もちろん記念撮影のため立ち寄った。
標高1,893m

先ほどの分岐地点まで戻り、一路、十勝岳温泉に向かって下るのみ。
20140713_13220140713_12520140713_131ここからの下りは意外と厳しかった。
何しろ木道階段が延々と続いたのだ。
そして、時には岩のゴロゴロした水の枯れた小さな沢の中を歩くのだ。
20140713_14120140713_137
15:55 安政火口から流れ出る沢を横断。
ここを過ぎたあとは、岩がゴロゴロした平坦な道を歩くだけだ。

16:32 無事、十勝岳温泉に到着。
望岳台を出発してから約10時間の長旅だった。
大きな天気の崩れもなく、初めての十勝岳も十分満喫できた登山だった。
今日は昨夜と同じ十勝岳温泉に泊まり、明日の午後の便で新千歳空港から羽田に戻る予定だ。

toyamanotora at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)