富山大学TCG研究会

富山大学の非公認サークル「TCG研究会」です。 普段は遊戯王やZ/Xについて身内で大会したり動画を作ったりしています。 頑張れデュエルチェイサー227!! 興味のある方はご連絡を!!→ toyamatcg227@gmail.com 可能な限り画像復旧します

富山大学に合格したみなさん。おめでとうございます!

「まだこれからだよ・・・」という方、あと一息です!頑張ってください!


富山大学TCG研究会は遊戯王とZ/Xについてで活動している富山大学生の非公認サークルです。

一緒にワイワイとカードゲームを楽しめる仲間を年中募集しています。

環境考察もよし、華麗なコンボを狙うもよし。身内で大会をしたり大会に行ったり動画を作ったり。そんな「カードゲームをガチでエンジョイすること」を目的としたサークルです。

兼部もオッケー!

もし興味を持たれましたら、メールでもTwitterでも構いません。

お気軽にご連絡下さい。

toyamatcg227@gmail.com ←ココ




当サークルに興味があるけど迷っている方へ。

まず、家からカードを持ってきてください。(昨年の多くの新入生がデッキを忘れたことを後悔していました。)

富山は、カードが、できます!!


次に「ガチ勢ばかりだったら怖い」という方、「マッチ戦なんてしたことがない」という方へ。

安心してください。環境しか考えていないなんてことはありません。それに書いてる人間も大学に入るまでマッチ戦はしたことがありませんでした。こういうのは慣れです。カットビングしよう!


動画を作るなんてできるの?という方へ。

大丈夫。この記事を作成している段階で動画活動は半年も経っていません。誰でもできますし、結構楽しいです。

最後となりますが、カードゲームは結構お金がかかります。環境でもファンでもです。そのためのアルバイトも無理のない範囲にしましょう。


追記:当サークルは非公認サークルですので入学式の時に呼び込みができません。学内やカードショップさんにチラシはお願いしますが基本的にこちらから勧誘ができません。

また、「ブログに連絡」と書いてしまいましたが、ブログでは個人情報が入ってしまうためTwitterのDMもしくはメールに連絡いただけるとありがたいです。





お久しぶりです。

先日サークル内のデュエルマスターズ身内大会を行い、
今回はその決勝戦の対戦動画を投稿いたしました。


プレイミスなど至らない点もありますがどうぞよろしくお願いします。


以下今回の決勝動画で使用したデッキレシピになります。


「ジョーカーズ」
Image_7d90089


「モルトNEXT」
(2段目中央付近の反射部分は”漢の2号 ボスカツ剣”です。)
Image_9fec55e



はじめまして。富大TCGのtoragosoです。

先日公式から2018年4月からの禁止制限が発表されました。
今回はこの禁止制限によって規制、緩和されたデッキや
新環境ではどのようなデッキが流行するかを予想していきたいと思います。



  1. 規制されたデッキ

  2. 今回の改定で規制を受けたデッキは


    植物リンク、魔術師(純、EM、覇王)、BF
    あたりでしょうか。

    植物リンクはリペアが難しいため環境からは退くと思います。

    魔術師に関しては虹彩と覇王型ではヴルムが制限になりましたが
    虹彩はアドベントや慧眼などでサーチが効くためEM型をまだ環境に残ると推測されます。

    覇王型は現環境のムーブを行うことがヴルムの規制により難しくなったため
    純魔術師やEM型に構築をシフトするのではないかと思います。



  3. 緩和されたデッキ

  4. 今回の改定で緩和を受けたデッキは


    インフェルノイド、帝王、真竜、etc...
    といった感じでしょうか。

    列挙してみると9期のテーマが目立っています。

    また今回の改定ではシャドールや召喚獣、魔道などは
    「一つのカードを緩和する代わりに別のカードを規制する」
    という手法が多かったように思われます。




次に新環境でどのようなデッキが流行するかについて考えていきたいと思います。


まず考えられるのが緩和組の帝王やインフェルノイドなどです。

帝王は汎神が返ってきたことにより規制前のパワーに戻ったため
再び環境に返り咲く可能性は十分にあると思います。

インフェルノイドは元々のデッキの爆発力に加え
モンゲが解除されたことやシャドウディストピアとのシナジーもあり
今後数を増やすのではないかと考えられます。

また今回の改定でノータッチだったデッキ(セフィラ、オルターガイスト、トリックスター、彼岸etc)も新環境のメタゲームに絡んでくると考えられます。

更に先日発売したデッキビルドパックで登場した閃刀姫も大会で成績を残しているので、
新環境でも結果を残すポテンシャルはあると思います。

新環境からはうららの採用枚数が2枚になりますが
この枚数変化によってソリティア系のデッキに変化が起こるのか気になるところです。


最後に個人的な意見になりますが今回の改定では前の環境と同様に
1つのデッキが突出せず、様々なデッキが環境に入り乱れる形になると筆者は思います。


では、この辺で失礼します。






はじめまして、富大TCGのたかぽんです。


実は、以前投稿した、超重武者VS魔界劇団の対戦で、権現坂さんの役をしていた者です。
(今見返すと、かなり早口でしたごめんなさい。)




いつの話だよって話ですが、なんと、投稿されたのが2016年12月23日!(誰も覚えてない)


今思えば、懐かしいですね。当時はマスタールール3で、灰流うららなんて未発売でした。


今となっては、マスタールール4になり、エクストラモンスターは一体しか出せず、リンクモンスターを出せば、タマーCの効果が発動できないという歯がゆさ。おまけに、最近出た雪花の光という超重武者新規で、一筋の光が見えたのも束の間、それ以外の魔法が無効化されるため、シャインクロー、ダブルホーン、チュウサイ等を装備して展開できないという悲しい現実。


早急な超重武者リンクモンスターのOCG化を切に願いながら、このブログを書いています。(花札衛リンクも頼む)





さて、本題に入ります。実は私、遊戯王を始めて4年くらいですが、先日、初めて店舗代表選に出場しました。


スリーブは全て統一。対戦中の飲食は禁止。非常食、自爆スイッチ、レインボーライフ、神秘の中華鍋、三位一択が追加禁止。(じゃあ最初から禁止カードにしろよ)など、普段の非公認の大会とは違い、緊張感につつまれた大会でした。


そしてなんと、











優勝して、店舗代表とれました!うれしい!              (タイトルばれしとるがな)






というところで、デッキ紹介をいたします。

では簡単に各カードの解説をしていきます。まずはメインデッキから。


EMペンデュラム・マジシャン×3
主に、自分フィールドの虹彩、紫毒を壊して、アドを稼ぐ。P召喚でなくとも、特殊召喚で反応するので、クロノグラフとの相性も抜群。なんで制限解除したし。


虹彩の魔術師×3
デッキから2種類のグラフをサーチするアド稼ぎマン。P効果はバトルフェイズのない先行1ターン目には使えないので注意。ルール上ペンデュラム・ドラゴンなので、アドベントでサーチ可能。ターン1制限つけ忘れ1人目。


慧眼の魔術師×3
スケールの足りない方をサーチでき、極めて優秀。魔術師ではなくて、EMが相方でも発動するのも強み。ターン1制限つけ忘れ2人目。


調弦の魔術師×3
手札からのペンデュラム召喚時、デッキから魔術師を出せる展開カード。融合、シンクロ、エクシーズには魔術師Pだけで行わなければならないが、リンク召喚には規制が無く、ハリファイバーがすぐ出せる。P効果のパンプも、後半に重宝する。


紫毒の魔術師×3
破壊されるだけで、フィールドの表側カードを壊す掃除屋。P効果のパンプは強力で、ダイレクトアタック時にも使える。ターン1制限つけ忘れ3人目。


クロノグラフ・マジシャン×3
このデッキの核その1。レベル6なので、ノリトになれる。


時読みの魔術師×1
正直言って弱い。しかし、クロノグラフのため、入れざるをえない。


アストログラフ・マジシャン×3
このデッキの核その2。破壊された同名をサーチできるので、アドを失わないのが強い。(相手モンスターでも可)ただし、破壊されたモンスターは、その墓地やペンデュラムゾーンにいる限り、破壊されたという扱いになり、その場を離れると、破壊されたという記憶がなくなる点には注意。


星読みの魔術師×1
これも時読み同様ペンデュラム初期故の弱さ。アストログラフのために投入。オルターガイスト戦で、シルキタスにバウンスされた際、手札から帰ってきたときには、相手にテキストを2度見されたのはいい思い出。


EMダグ・ダガーマン×2
Pマジ、ジョーカーからサーチするスケール2の方。エクシーズ素材や、P召喚をカウンターされた際に、墓地から回収できるのが強み。2枚入れているのは、破壊した際、アストロでサーチできるようにするため。モンキーボードカエッテコナイカナー


EMリザードロー×2
2積みしている理由はダグと同じ。こちらは、スケールが6で、ドロー効果もあり、採用。モンスター効果も悪くなく、味方が相手のうさぎによって破壊されると、最低でも1ドローでき、アドを失いにくい。


灰流うらら×3 幽鬼うさぎ×2 増殖するG×3
手札誘発3姉妹。うさぎが2枚なのは、デッキ枚数を少しでも40に近づけるため。しかし、ハリファイバーから出すし、サイキック族なのでヘビメタとリンク召喚をし、サモソーにもなれるので、3積みでも可。増G準制限に改訂した奴は絶対に許さない。


時空のペンデュラムグラフ×1 星霜のペンデュラムグラフ×1
虹彩からサーチできる2種。星霜は、魔術師のサーチができ、時空は、相手の展開を阻害できる優秀カード。複数枚積みたい気持ちはあるが、名称ターン1なこともあり、ピン挿し。


デュエリスト・アドベント×2
このデッキでは、虹彩、Pマジ、星霜、時空をサーチでき、汎用性に優れる。名称ターン1なので、入れすぎず、2枚。


EMドクロバット・ジョーカー(制限)
召喚時、EM、魔術師、オッドアイズをサーチできる最強道化師。入れない理由無し。


無限泡影×3
先行でも、後攻でも腐らない優秀トラップ。デッキを40ピッタシにしたい人は、ここを削って、どうぞ。






続きましてエクストラデッキ。


ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム×3
魔術師が環境に帰ってきた元凶。デッキ→EXデッキ→手札と、見事にうららを回避する優秀サーチマン。③のドロー効果以外ターン1つけ忘れ問題。


水晶機巧ーハリファイバー×1
リンク・ヴレインズ・パックから彗星のごとく参上したインチキカード。デッキからうさぎを配置し、クオンダムを出して、相手ターンクリアウイングを行う。


水晶機巧クオンダム×1
基本的にレベル4闇Pとシンクロし、クリアウイングを相手ターンに展開する。フォーミュラを入れたいのも山々なのだが、ハリファイバー1積みから、採用を見送った。(ワンマジは、当時レアコレが発売しておらず、持っていなかったため採用できなかったというのもある。)


覇王眷竜クリアウイング×1
表側サンダーボルトはやはり強烈。字レアのスペックでは無い。


爆竜剣士イグニスターP×1
対象を取らないデッキバウンス。弱いわけがない。


サモン・ソーサレス×1
種族が統一されているテーマなら、とりあえず入れておくだけで活躍してしまう姉ちゃん。デッキからリクルートは、あらゆる不可能を可能にする。


風紀宮司ノリト×1
先行で蓋をする係。羽箒許さない。ブラホ絶対に許さない。拮抗死んでも許さない。


No39希望皇ホープ×1 SNo希望皇ホープ・ザ・ライトニング×1
困ったときに役立つ。彼岸のリクルートや、オルガのサーチもさせない頼れる男。


No41泥睡魔獣バグースカ×1 深淵に潜む者×1
展開の最中、相手が増Gを投げてきたとき、被害を最小限におさえるため、これにエクシーズし、時間を稼ぐ。相手にささる方をどうぞ。


LANフォリンクス×1
上の2体を出すと、必然的にエクストラモンスターゾーンが埋まってしまうので、頃合いを見て、フォリンクスを出し、展開する。店舗予選でも、ヘビメタがさくらに2回除外されたとき、非常に重宝した。


覇王眷竜スターヴ・ヴェノム×1
小回りが利く融合モンスター。主に、4枚目のヘビメタとして活躍する。相手のスケゴを貫通で踏みつぶしていくのは、非常に爽快。






最後にサイドデッキをどうぞ。


ソウルドレイン×3
彼岸、海皇マーメイルには大打撃。オルガ、植物リンクの歯車を狂わせられるカード。地味にハリファイバーの効果は、コストで除外されるので、封じることができる。


揺れる眼差し×3
ペンデュラムをメタるペンデュラムサポートカード。セフィラや魔術師に投げつけたい。


ハーピィの羽箒(制限)
後攻なら強い。先攻なら弱い。


レッド・リブート×3
後攻で相手の罠を止められるカード。サイクロン系統と違い、魔封じ、次元障壁、醒めない悪夢などを全て止められる点を評価。


墓穴の指名者×2
先攻展開に邪魔な手札誘発を許さない。店舗予選で、墓地のヘビメタを除外され、フィールドのヘビメタの効果を無効化されたのは、嫌な思い出。


神の忠告×3
これに一番疑問を感じた人が多いのではなかろうか。なぜ宣告、警告、通告ではないのだと。
理由は2つ。1つ目、忠告は、全てをとめることができ、ソウルドレインがささらない相手に重宝するから。
2つ目、魔術師の先攻展開では、Pゾーンを開けることが望ましい。そして、場には星霜と時空があるため、残るゾーンは1つ。つまり、1枚しか伏せられないので、忠告のデメリットがあってないような状態になるから。





以上です。これが少しでも、読者の皆さんのプラスになれば幸いです。質問等はコメントまでよろしくお願いします。5月のブロック代表戦頑張るぞー


お久しぶりです、ガントです。メンバーのモチベーションと多忙で動画の更新ができておらず申し訳ありません。さて、少し遅れましたが今回は先日行われたチーム戦のCSである第1回イシュタル杯のレポートを書いていきたいと思います。18弾が発売し、環境が変わってしまいましたが楽しんで読んでいただければと思います。

まずは、チームメンバーと選択したデッキの紹介から、


チーム名:ナイツ・オブ・ナイト

先鋒:ガント   デッキ:ティアマトレンジ

DSC_0529

チームメイトのデッキとの兼ね合いで娑伽羅を2枚しか採用することができなかったので、従来のティアマトレンジよりも防御力を高めた構築にしました。グローツラング+双炎業塵砲でリソースが起きていない状況でも娑伽羅を守ることができ、かつ相手トラッシュのグラを除外できるため、トップメタである黒単t緑に対してかなり有利に立ち回ることができました。プレナイトクレインは、娑伽羅やカノープスの効果でPSに立ったパワー10000以上の強力なシステムゼクスをクレインのバーン効果+ティアマトで処理できたり、ライフから登場したボーンドルフィンを蒸発させて1点奪えるなどの有効な場面が多々見受けられたので採用しました。



中堅:よっつぁん  デッキ:青緑リトガ連パンデッキ

IMG_20161026_000911


序盤はイシュタルや娑伽羅でリソースを確保し、リトルガーディアン、真実を求めてでリソースを起こしながら、ドリリング、カーラで連続攻撃を仕掛けるデッキ。タングステン杯が終わってからよっつぁんさんがずっと愛用されていたものなので錬度はかなり高かったと思います。



大将:響  デッキ:黒単t緑

IMG_20161026_000913

もはや説明不要の17弾環境を象徴する最強のデッキ。殆どのチームがこのデッキを最初に選択したでしょう。私たちのチームでは、最初オイゲンの枠をゾルダートで回していましたが、3分の1の確立でほぼ必ずミラーになることを考えるとライフレースに弱くなるゾルダートよりもオイゲンの方が適しているという結論に至りました。


環境の読みですが、先ほども言った通り、黒単t緑はチームに必ずいる(採用しない理由がない)ということを念頭に置き、次いで青緑が多いと予想していました。この二つのデッキとパーツが被らずに構築できる強力なデッキは、ティアマトレンジ、ブルーバレット、白単、リーファー、レベルビートに限られており、白単とレベルビートはほぼないと考えていました。白単は娑伽羅に分が悪すぎるのとレンジにも弱く、レベルビートを握るならブルーバレットを握った方が良いからです。



対戦レポート


一回戦 VS ガチャを回しますか▷はい 勝ち

対戦相手のデッキは黒単t緑。先1マエロルスタートされてライフを1まで削られましたが、娑伽羅をグローツラング+双炎で守り相手の攻め手が緩んだところにエイクスニール+グレイヴバイトで4点ぶち込みました。黒単VSティアマトの試合ではよくある勝ちパターンです。


二回戦 VS 東海クロエ三人衆 勝ち

対戦相手のデッキはブルーバレット。リソリンが揃ってレベルが上がりきると対処しきれないので序盤からイグニッションを積極的に行いビートダウン。幸い相手のライフはそんなに強くなかったのでこちらのリソースリンクが機能しはじめたあたりで勝負が決着。


三回戦 VS 10月はシメジ狩り 勝ち

対戦相手のデッキはカノープス。序盤の手札がかなり悪くtypeⅢをスピニングブラッシュで返したりとかなりグダついてしまいましたが、ティアマト、リゲルで落ち着いて盤面を処理しながらPSに圧力をかけて押し切りました。カノープスは打ち続けるとデッキの中身がどんどん弱くなるので終盤の動きにやや陰りが見えますね。


四回戦 VS ハサミ連合 勝ち

対戦相手のデッキはダンサーレベルビート。想定していないデッキとマッチングしかなり焦りました。守りに入ったら負けると感じたのでビートダウンのコースを選択。こちらのライフから生き物が出なければ勝ちという状況にまで持っていかれましたが、生き物が出てくれてなんとか耐えて勝利。


五回戦 VS やめちまった反省会 勝ち

対戦相手のデッキはブルーバレット。想定していたデッキだったので先ほどとは打って変わって落ち着いて戦えました。ヴォイドとライフをそれぞれ一回ずつ踏みましたが、それが問題にならないくらいこちらのムーブが強かったです。


というわけで予選は個人、チーム5-0で1位通過。隣で見てたけど何回かよっつぁんさんのライフが反則クラスの試合がありました(その運分けてくれ笑)。そろそろ優勝したいとかそういう話をしながら本戦へ。


本戦一回戦 VS 一緒に組んで友達に噂されると恥ずかしいし 負け

対戦相手のデッキは黒単t緑。序盤はライフを守ることができましたが途中のiGヒットでライフが1点まで削られた状態で娑伽羅を守り切ることに成功。しかし、相手の熟考もありライフ1対4でエクストラターン突入。生き物が出なければ勝ちでしたがグレイヴバイトやダームスタチウムを引き込むことができず連続攻撃に失敗。


ここでチームが敗退しベスト8という結果に終わりました。悔しいの一言に尽きますね。次は最低でもベスト4にくい込めるように頑張りたいです。今回も共に戦ってくれたよっつぁんさん、響さんに感謝したいです。


↑このページのトップヘ