こんにちは!ナゴヤです。

前回記事ですこしお話をしました「全日本大会」の店舗予選に参加してきました!!

実際、ぼくは最近Z/Xに触る時間は徐々に減っており、CS等の大きな大会も「興味はあるけど出られない」状況になってきております。

そんな中での店舗予選!富山では唯一のものです!久々に気合を入れて参加してきました!!(結構長い記事になると思います)


使用デッキ

レベビコン
デッキ名 よくあるレベビコン

(赤が足りな過ぎたので最終調整後はエミクス4、ロケッタ3のスパングルド1、ダムスタが緊那羅とプレナイトクレインに変更されています)

まぁ、本気を見せるならこの手のデッキだよね!!

というわけで、レベル系デッキを作成しました。

このデッキの強みは圧倒的な瞬間火力と継続力にあります。エイクスニールとシジールマを用いた踏み倒し大量展開、エミクスによるVBケア及び防御力、アメノウズメとグラーネの火力に加え、それらを補佐する卓球リンクのインチキ加減は言うことありません!

レベルアップカードを引けない、卓球が揃わない事故がない限りは大概の相手に有利に戦えてしまいます。

富山は環境がレベルビートと他デッキが1:1くらいのため、様々なデッキをみつつレベビ、レベコンにも勝てるこのデッキを選択しました。


という風にわせるため上記デッキ一週間公認大会などで使用しました。


あやめ
上が実際に使用したデッキです。

天籟御前コントロールのトリプルリソリン版です。

先ほど紹介した通り、富山のレベビとそれ以外の比率は1:1くらいでした。特にバキエルデーヴァなどのシステム系デッキも多く、それらに対抗するためにセリウムプロングホーン(以下レンジリンク)を採用しました。オーラクラーケンはレベルビート及び猫デッキがいた場合のメタとして有効だと考え採用しました。気休め程度ですがエミクスも採用できるのも強みですね。

ピンのアブブ・カブラは菖蒲のみで防衛するのが難しいこと、1枚見えれば相手に警戒をさせることができることから採用しました。


さて、なぜこんなデッキを隠すことをしようと思ったかといいますと、今回のデッキはメタられたり理論を組まれたら一気に勝てなくなるデッキだと思ったからです。ピンのアブブ・カブラなんてバレてたらなんの意味もなしません(笑)

何故レベビコンを使用しなかったのかといいますと、正直ぼくが飽きてしまっていたからです。レベルビート系デッキ自体はコンボ性が高く各カードのシナジーが美しいデッキではありますが、どうも使用していて面白いと思わなくなっていったことが原因です。

天籟御前コントロールも最速パピヨンイシュタルなど鬼の動きもありますが、踏み倒しやPSへのバーンにより突破されやすいですし、さらに回収やリンクカードの選択、攻撃に転じるタイミングなど使用していて面白いと思ったのでこちらを使用することにしました。

ここまでは完壁です!完璧すぎます!!さすが俺!!!

まぁ、実際一週間違うデッキ使ったところで周りから何の反応ももらえませんでしたし知ってる方々大抵デッキ変わってましたし大文字で書くほどのことかというとなんともかんとも・・・・


大会レポート

気を取り直して書いていきます。当日はプレイヤーネーム「堀北真希」で出場しました。相手に動揺を与えるためです。こういったところで勝負を仕掛けていくのが上級者です。

一回戦 リルンバレットレベビ 〇

最速パピヨンイシュタルを決めて際どいながらもコントロールして勝ち。アブブ、カッカプを3回うちLRも出て勝ちだったのでかなり運が良かったです。デッキの最大値の動きをしてコレなので厳しさを感じました。

対戦前に「アサコ御前か」と人が一週間隠し続けたトップシークレットを一瞬で見破られました。悔しいですねぇ。(なおスリーブ)

二回戦 天籟御前コントロール クワトロリソリン ×

は?

アサコクロウ、レンジリンク、イカ、デュエル花蘇芳を使用した4種リソリンでありながらこちらよりもデッキが回転しておりました。

カッカプを先に撃たれ、なおかつ花蘇芳でこちらより上のリソに到達されたので非常に苦しかったです。対戦相手はかなり終盤まで菖蒲を引けずに苦しそうでした。ぼくの方は途中で相手のマルドゥクを用いた-2000を読み切れなかった部分があったので精進が必要ですね。

ところで対戦相手の方、先週レベビ使ってた気が・・・・

三回戦 卓球レベコン ×

ダームスタチウムの採用されたタイプのデッキでした。エミクスを常に上手く使用して攻められました。僕の方はやたらデッキを掘り進んだもののリソリンがアサコクロウ1セットしか揃わずデッキ切れで自殺状態となり敗北しました。無念。

四回戦 LastDance採用型レベビ ×

ガントです。前の試合でエミクスをライフから3回出されたとか、その前の試合ではVBを踏んで三点貫通して負けたとか、聞くも無残な話をしてたら負けてました。

面白かったから別にいいです。


と、結果は1-3でした。

クソ雑魚じゃねぇかああああああああああ

こんなに長い記事をわざわざ読んでもらっておいてなんだこの結果は(呆れ)

というわけでいくつかこのデッキの弱点なり対策、使用感でもおまけとして書いていこうと思います。

おまけ

このデッキは最速パピヨンイシュタルを決めてようやくそこそこのラインに立てます。そのため青のスタートカードを速めに攻撃してしまうのがおすすめです。最近は1ターン目に攻撃しないのが流行りのようですが、このデッキは枠がないので基本的に1ターン目に攻撃しても迎撃できません。レベル上げてもべつになーって感じです。アブブ増やしたいです。

次にパピヨンイシュタルより速いシステムゼクスが苦手です。ファオルペルツです。このデッキはバーンやマイナスを入れれないためヤツの処理が厳しく、最速でパピヨンイシュタルできてもペルツが処理できないこともあり非常に厄介でした。

強力なレベルゼクスの枠がリソースリンクに代わっているのも問題だと思いました。リソースはあるのですが、出てくるカードの質に差を感じました。

といったところでしょうか。このデッキタイプはCSのチーム戦などでは見かける可能性があると思いますので参考になればうれしいです。


今回は無駄に長い記事になってしまいました。本当にしょーもない結果に終わってしまいましたがここまで読んでいただきありがとうございました。

次回は富山を名古屋に変えてみせます。