富山大学TCG研究会

富山大学の非公認サークル「TCG研究会」です。 普段は遊戯王やZ/Xについて身内で大会したり動画を作ったりしています。 頑張れデュエルチェイサー227!! 興味のある方はご連絡を!!→ toyamatcg227@gmail.com 可能な限り画像復旧します

カテゴリ:Z/X > デッキレシピ晒し

ヴェルテ_デッキ

深夜のZ/X会で使用したXlフラッグス ヴェルテのデッキレシピです。

卓球ソリトゥス(キューダ効果でソリトゥスを出して5以下のゼクスを回収するコンボ)を利用してXlフラッグス ヴェルテを狙っていきます。


Xlフラッグス ヴェルテついて

すごく狙い辛そうだなと見ていて思いました。やはりルートヴィヒが最優先除去対象であること、そして他のXlフラッグス の性能が今一つなことが要因かと思います。

ヴェルテ自体は回収容易なコスト帯であることが評価点かなと思いました。4コストなのでアッハーズに対応しており、Xlフラッグスさえ並べられれば相手にとっては厄介この上ないカードになるかなと思います。


卓球ソリトゥスという動きについて

非常に強力なコンボだと思います。残ったソリトゥスが倒されなければディンギルのコストにもでるのがポイント。何を回収するのかで非常に応用性が高いと思います。

飛鳥強化は白黒つけようやから着々と続いていますが本当に器用になりましたね。新スターターのフィエリテはんも強いですし!!


フィエリテスターターのルルがは5コスト以下蘇生効果を持っています。これからは花ミケや卓球を使いこなせば低いコストでXlフラッグスの展開により繋げやすくなるかなと思います。

ユグドラシル_

深夜のZ/X会で使用したIntention of Yggdrasilのデッキです。

コンセプトはYggdrasilのダメージをホーリースカイで消す「ユグドラホーリースカイ」をやってやろう!です。


Intention of Yggdrasilについて

思っていたよりもずっと強かったです。「どうせ1点取られるならば」と早打ちすることでPSのエトナなどの相手にとって厄介なゼクスを残して制圧に充てることができるのがポイント。

また、エトナらの構えるゼクスと共に使うことで「二重の構え」が用意できるのも強かったです。上手く使えれば鉄壁!!

ただし、「2枚目以降が腐ること」や「フィーユを積まなければならないこと」などから構築段階から制約が生まれてしまうのが難しいところでした。「フィーユはいつも元気だぞ!」は強力ですがデッキのイベント数を増やしてしまい序盤の安定性を欠いてしまう、5コストフィーユ的には強力な7コストカードを積みたい等などいくつかかみ合わないなぁと思う点がありました。

動画ではフィーユを10枚入れていますが8枚以上ならば普通に発動できるかなと思います。


ホーリースカイについて

はっきり言います。全国のうなぎファンのみなさんごめんなさい。弱かったです。

上記の通り、使用が中々厳しいユグドラシルを使わなければほとんど効果がない-2000査定カードというのは色々厳しかったです。

そうまでして得られるのが往復1ターンの間に1体をノーコスト除去するだけというのはやっぱり見返りがあるとは思えませんでした。(フィーユ勘兵衛って本当に強い構えだったんだなぁ・・・)


Intention of Yggdrasil を使用する場合、個人的にはホーリースカイを使用せず「序盤の守りをしっかりしてライフ(ユグドラシルの弾)を守り切ったうえで中盤に攻めつ守りつ戦う形」がおそらく最も強いと思います。

現状、そういった戦い方は色やカード的にも難しいかなとも思うのが悩みどころです。

色的にエレシュキガルやニヌルタが強化になると思いますので16弾以降のフィーユ(か相馬)の強化に期待ですね。

フリージア

深夜のゼクス会で使用したフリージアのデッキです。

このデッキはぼくの作ったものではないため、対戦してみて思ったことを書いていこうかなと思います。


デッキのポイント

リーファーが遅めのデッキのため、青を追加して有利なリソ帯まで引き伸ばすのがポイントだと思いました。

モーエガネットは攻防一体で利用でき、少ない枚数でもルーで揃えられるため非常に相性がいいと思います。

ターンの終わりに消えてしまうゼクスをガネットやグラで利用しようという意図も見えていますね。


フリージアバジル動きについて

フリージアからバジルを出すことでターンの終わりに消えない2体のゼクスを出せますが、この時にルーやバーネットを絡めることでリソースを増やすことができるのは強いですね。

ここでバジルをグラやガネットで割ればフリージアのチャージからリソースに置く効果で再びリソースに戻すことも可能です。


他のフリージアデッキ比較して

単色のものと比べるとアタッカーとなるアルクスや高い防御力をもつルートヴィヒ、ダムスタ、そして除去能力の高いズィーガーを採用しているため、完成度は高いと思います。

また、複雑な動きも可能なため使用していて飽きが来ないものになったのではないかと思いました。

20586

ゼクス会で使用したキラーマシンデッキのレシピです。

動画内で軽い解説を行ってますが、こちらでも解説をさせていただきます。


コンセプト

ギャザリングをたくさん使いたいand増えたチャージを有効活用したいというのがコンセプトでした。

チャージを使用してギャザリングを回収できるレルムレイザーをマスプロの代わりのP指定ゼクスとして投入しました。


ディアついて

2コストの軽いキラーマシンが欲しかったこと、条件付きでさらに軽くなることから投入しました。(ありがとうのキセキは若干ネタですが、攻撃後のセルフバウンスにも使えるので専用に組むならワンチャン?)

ディアを入れたことでコスト3以下のキラーマシンが増えたのでIG枠に黒の強いIGゼクスを投入できました。

4以上のバトルドレスはIG率を高めてくれるType.Ⅲと防衛力を備えたⅥやベラトリクスを使用しています。Ⅶもいれてよかったかもしれません。


結果として

かなりトリッキーな動きをするデッキになりました。デッキ全体で割とバランスが取れたかなと思っています。

ただし、面を埋められるとギャザリングどころじゃなくなるので、面を埋められる前に攻め切れる構築にもっと寄せた方がよかったかなと思います。


あばよ、マスプロトロン

サムサーラフラッシャー

深夜のZ/X会#18で使用した「悠久の輪廻ウロボロス」のデッキです。

僕のデッキではないため対戦した感想を交えながら書いていこうと思います。


デッキコンセプト

高いイラストアドを誇る悠久の輪廻ウロボロスとサムサーラフラッシャーを使用することを考えたデッキです。

施しのドナーがサムサーラを回収し、施しのドナーがウロボロスでトップに戻され、グラなどでウロボロスを回収するという輪廻を仕込んでおります。

サムサーラフラッシャーがウロボロス要求なので引く、回収することを重視しています。

また、ウロボロスで強力なズィーガーをIGできるように仕込めるのもポイントですね。


悠久の輪廻ウロボロスについて

個人的な話なのですが、ウロボロスはディンギルとの相性がいいなと思いました。

ウロボロスは4コスト以下のカードしか戻せませんがディンギルなら下級ゼクスで上級ゼクスを出せますし、必要な2体のゼクスもイグニッションを仕込めるので用意しやすいなと。

また、3コスト以下のゼクスもズィーガーをはじめP指定の強力なゼクスが登場予定ですのでこちらも強化点になるかなと思います。


終わりを齎す者ズィーガー

対戦していて書かなければならないなと思ったのがこのズィーガーです。ズィーガーはこいつだけでも十分強かったです。

対戦相手はガルマータだったのですが、1体くらい残るかなと思っていたゼクスが次のターンまで全然残りませんでした。場合によっては構えている起動効果持ちゼクスをそのまま食われるので非常に厄介です。


対戦してみて

非常に戦いにくかったです。

何度か対戦したのですがズィーガーをはじめとした除去能力とツインピークらの防御能力が絶妙でした。

サムサーラは「起動効果タイミングのデッキボトム送り」の優秀さを再認識させられました。(ぼくのガルマータをアサルトコープスで回収させて下さい引けないんです) しかし、やはり重たいですね。2コストはイベントとしても構えにくいのに追加で手札公開も必要なのでもう少し使いやすくてもよかったと思います。

↑このページのトップヘ