2006年12月29日

スペクトラムアナライザー

スペクトラムアナライザー

ライアーを弾かれているdrei_sonnenさんのページ
スペクトラムアナライザーという、楽器の周波数分析ができる面白いアプリケーション見つけたので、
おもちゃのハープでやってみました。

ケイトリンの最低弦であるオクターブ下のド(C3)から、2オクターブの音階と、下のオクターブでの分散和音です。

さすが、安物のハープだけあって、波形が単純だなあ。
倍音が出てないということですね。(高級ハープほど、倍音が豊からしい)
お世辞で言えば、素朴な音のする民族楽器かも知れんけどね。
でも、多彩な倍音の出てない分、和音が聞き取りやすいとも言えそうだから、
コードの勉強にはいい楽器かもね。  

Posted by toyharp at 02:43Comments(1)TrackBack(0)

2006年12月25日

汽車ポッポ

汽車ポッポ

で、トップバッターは、なんだ坂こんな坂の汽車ポッポです。
今日教会の帰りに地下鉄の駅の広告に、
駅で、こども110番はじめましたってポスターが貼ってあって、
機関車トーマス君のイラストあって、この曲思い出しました。

でも拾ってきたmidi、猛スピードで演奏してるな。まるで新幹線じゃ〜。
この曲レーザーカラオケで持ってるんだけど、それも猛スピード。
歌のおねいさん、よく舌が回ると感心!

オリジナル曲にテンポ指定あるのか知らんけど、
恐らく、汽車しかなかった時代の曲だから、
作曲者の意図は、今一般に歌われてる曲のテンポの、半分くらいだったんじゃなかろうか。

作品コード 024-0042-1 汽車ポッポ
1 本居 長世 作詞 消滅
2 本居 長世 作曲 消滅

汽車ポッポ  
Posted by toyharp at 01:16Comments(0)TrackBack(0)

サブタイトル変えました

サブタイトルを
「今日脳内に浮かんだ曲を、あらゆる困難を乗り越えて楽譜探し出して、演奏をうpするブログ」
に変えました。
気まぐれで、またすぐ戻すかも知れないけど・・・
なんか心理テストに応用できそうなサブタイだな〜w

ところで、今日のクリスマス祝会のハープは、さんざんでしたorz
頼りのウクレレさんは、出張疲れでお休みだったし。
でも、熟練リードボーカルさんのおかげで、歌は無事進行。
というか、お客様が30人も歌うと、小さいハープ1台の音なんて全然聞こえなかったみたい。

でも大体暗譜してたつもりなんだけれど、あがって頭真っ白になると、全然だめだね。
やっぱり、楽譜みて弾くほうが安心かも・・・
ということは、指見て弾けないから、ブラインドタッチしなくてはならんから、
クロスストラングってやつは、弦配列2段だから、非常にブラインドタッチ難しいから
これはこれで、問題多いけど・・・

  
Posted by toyharp at 00:29Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月23日

すずらん 2日目

すずらん 2日目

別なところから拾ってきて、ちょっとコード変えてみました。
こちらのほうがよくはもっていいみたいですね。
ちょっと難しくなってしまったけど・・・
すずらん2

-○○
○●○●○

Am

-○○
○●○●○

-○○
○○○○●

Bm

-○○
●○○○●

-○○
○●●○○

-○○
●○○●○

Dm

-○○
●○○●○

Dsus4

-○○
●○●●○

-●○
○●○○●

Em

-○○
○●●○●

Edim

-○●
○●●○○

-○○
○○○●○

F#m7/E

-○○
○●○●○

-○○
●○●○●
  
Posted by toyharp at 17:48Comments(0)TrackBack(0)

すずらん

すずらん

ロシア民謡のランディシュ♪ ランディシュ♪ のすすらんです。

作品コード 043-2885-0 すずらん
1 ダークダックス 訳詞 全信託 JASRAC
2 ロシア民謡 作詞 消滅
3 ロシア民謡 作曲 消滅
4 エーディープロダクション 出版者 全信託 JASRAC

なんか、楽譜見るまで、夢にも気がつかなかったけど、
最初はC-G-Cで始まってるハ長調なんだけど、
終わりはDm-E-Amのイ短調になってる。
不思議な曲だなあ。
1段目の終わりの、メロディがファ#ソ#のところ、イ短調の道音だから、
もうここから短調の芽が出てる。

midi拾ってきたんだけど、コード合ってるんだろうか。
別のとこからも拾ってきて、検討する必要があるね。

すずらん  
Posted by toyharp at 03:49Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月21日

威風堂々

威風堂々

これじゃあんまり後味悪いから、下の愛の挨拶のエルガーの威風堂々。
ほとんど初見状態なんだけど、うーん、これは簡単だ♪

作品コード 0O5-3105-9 MARCHES POMP AND CIRCUMSTANCE OP 39 /ORIGINAL
1 ELGAR EDWARD (NON PROTECTED SHARES) 作曲 消滅 演録:PD

威風堂々


-○○
○●●○○

Cmaj7

-○○
○●◎○●

C7

-○●
○●◎○○

-○○
○○○●○

-○○
●○●○●

G7

-○○
●○◎○●

-○○
●○○●○

Am

-○○
○●○●○

Dm

-○○
●○○●○

Em

-○○
○●●○●
  
Posted by toyharp at 03:11Comments(0)TrackBack(0)

ああベツレヘムよ 1日目

ああベツレヘムよ 1日目

昨日は楽譜だけだったので、今日は1日目。
やっぱりヘ長調に戻して、コードできる限り簡略化したんだけど、
う〜ん。むずい!!

作品コード 001-1176-7 ああベツレヘムよ
1 讃美歌編集委員会 訳詞 無信託
2 BROOKS PHILLIPS 作詞 消滅 演録:PD
3 REDNER LEWIS H 作曲 消滅 演録:PD

ああベツレヘムよ 簡略コード  
Posted by toyharp at 02:01Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月20日

ディミニッシュとオーグメントコード

ほとんどのコードは、簡略化するとメジャーかマイナーになるんですが、
下の「ああベツレヘムよ」にdimとか+のコードが出てきます。
dim(正確にはdim7らしい)はディミニッシュコード、
+(私の楽譜ソフトは+なんだけど、普通はaugと書くみたい)はオーグメントコードといいます。
平均律だと、dimは半音3つ違いで、比が一定、+は半音4つ違いで、比が一定です。
古典調律のベルクマイスターやミーントトーンだと、各音の比がばらばらなので、よくはもらないです。
昔は古典調律だったので、dimやaugは、不協和音とみなされて、
こんなコードはなかったので、平均律用のコードと言えるでしょう。
ポップスやジャズでよく使われますね。
「ああベツレヘムよ」も古典調律より平均律で弾いたほうがいいでしょうね。

転回形は同じものとみなすと、ディミニッシュコードは下の3種類、
オーグメントコードは4種類しかありません。
弾きやすい転回形を使うのがベターかと。

C、Eb、F#、Adim

-○○
○○○●○

C#、E、G、Bbdim

-○●
○●●○○

D、F、G#、Bdim

-●○
●○○○●

C、E、G#+

-●○
○●○○○

C#、F、A+

-○○
○○○●○

D、F#、Bb+

-○●
●○○○○

Eb、G、B+

-○○
○○●○●
  
Posted by toyharp at 13:25Comments(1)TrackBack(0)

ああベツレヘムよ

いよいよ、クリスマスソングの難曲中の難曲、ああベツレヘムよ です。
教会のオルガン奉仕者たちも、この曲だけには当たりたくないと思ってるとか (笑)
とりあえず今日は、ハ調に直して、コード振っただけ。
このままでも、音域的には弾けるんだけど、ヘ調に戻すか思案中。
楽譜作るだけで、嫌気さしたので、このまま放置するかも・・・
弾けたとしても、確実に、クリスマス過ぎてしまうし・・・
なんかコード覚えるより、楽譜丸ごと暗記したほうが、早いような気もするけど。

ああベツレヘムよ

  
Posted by toyharp at 01:34Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月19日

もみの木(O Tannenbaum)

もみの木(O Tannenbaum)

もみの木よ もみの木よ クリスマスの夜は・・・
って覚えてるけど、いまいち歌詞不確か。
ドイツ民謡らしい。

これかなあ
作品コード 0O4-7787-9 O TANNENBAUM /ORIGINAL/
1 TRADITIONAL 作曲 消滅 演録:PD
  
Posted by toyharp at 02:49Comments(0)TrackBack(0)