2006年04月06日

凡例 (まだ書きかけ)

なんか、ブログが長くなったので、
初めていらっしゃった人に最低限、知って欲しいことを、まとめてみました。

・このブログは、漏れの練習日記ですよ〜ん。
だから、超下手な演奏だってつっこみは、なしですよ〜ん。
うまかったら、練習日記にならんでしょ!

・多少は「コードで弾く初級ハープ講座」略して「初級ハープシコード講座」ってことを
意識して書いてますよ〜ん。
だから、初心者がこのブログを見たら、少しは役に立つことが書いてあるかもしれません。

・初級講座ということと、漏れも初心者ということで、コードは必要最低限に簡略化してますよ〜ん。
漏れのハープは3オクターブで、伴奏領域に1オクターブしか取れないので、
分数コード(例えばC/Gは、最低音がGのCのコード)とかは無視してますよ。
分子のCで弾いてます。
また、伴奏領域に1オクターブしか取れないのでコードの転回形を多用してますよ〜ん。

・大体出てくるコードは、メジャーマイナーの各12種類。
sus4(メジャーの第3音を半音上げる) sus2(マイナーの第3音を半音下げる)
dim(マイナーの第5音を半音下げる)
augまたは+(メジャーの第5音を半音上げる)くらいです。

・6、7、maj7、9とかの4和音以上は全部無視ですよ〜ん。
(例えばC6、C7、Cmaj7、C9 などは、全部単にCの3和音で弾いてます。)

・楽譜は漏れが他の楽器と合奏したり、歌の伴奏したりしようと思ってるのを除き、
基本的にシャープやフラット1個までにおさえてますよ〜ん。
  

Posted by toyharp at 02:49Comments(0)TrackBack(0)