この度、『きのこ旅』という本を出版させていただくことになりました。きのこに会いに行く旅、きのこを要にした観光スタイル、名づけて「きのこツーリズム」をオススメする本です。グッズ、博物館、おいしいお店、きのこ狩り、美術館、きのこ公園、名産地、工場見学などなど、全国各地にあるきのこスポットを紹介しています。きのこ旅のモデルコースやきのこ狩り初心者さん向けの情報、お土産やかわいいお菓子なども紹介していますので、ガッツリきのこに浸っていただくも良し、お手軽に楽しむのも良し、お好みのきのこ旅スタイルを見つけてもらえたらいいなと思います。
掲載したきのこスポットは、私がこれまでに行った所を中心に改めて取材したりしました。今回掲載できなかった場所の他、全国にはまだまだ素敵なきのこスポットがあると思います。そんな素敵なきのこスポットを見つけたら、ぜひ私にも教えてくださいね^^
「きのこツーリズム」への思いは、書籍内の最後「おわりに」に書きましたので、お読みいただけましたら嬉しいです。

カバー

【CONTENTS】
◎introduction きのこツーリズムのススメ
◎1章 モデルプラン(きのこ王国プラン長野/大自然プラン北海道/コンパクトプラン鳥取/大都会プラン東京/幻想プラン八丈島/アカデミックプラン石川&和歌山/スピリチュアルスポット/特選スポット/レジェンド探訪)
◎2章 いざきのこ狩りへ(きのこの森を歩く/見つけ方/採り方/食べ方/保存の仕方/山の植生を調べる/きのこの高級住宅地・落ち葉広葉樹林/初級・公園のきのこ/中級・里山のきのこ/上級・深山のきのこ)
◎雑貨・アート・スイーツ(カエル工房/古今東西雑貨店イリアス/ウサギノネドコ/リズム&ブックス/アーダ/カファレル/フラウピルツ/京華堂利保/西光亭/北澤美術館/竹久夢二美術館/南方熊楠顕彰館/茨城県自然博物館 

↓モデルコース
52-53

↓きのこ狩りへ行ってみよう
70-71

↓お土産やお菓子、ミュージアムショップなど
114-115
124-125

【謝辞】
この本を出版するにあたり、たくさんの菌友のみなさんにご協力いただきました。きのこ狩り取材のセッティングをしてくださったべにてんぐの会さん、すてきな挿絵と漫画を描いてくださった山田雨月先生、都会のきのこ写真をご提供くださった三橋憲行さん、都会のきのこについて監修してくださった国立科学博物館・保坂健太郎先生、魅力的な阿寒湖周辺コースを執筆してくださった新井文彦さん、きのこ標本の作り方を教えていただいた子羊舎・まちだまことさん、巻末特別付録ポストカードで作品を使わせていただいたヒグチユウコさん、お守りを買ってきてくださったしじみ先生(誰w)、写真をご提供いただいた露木啓さん・入佐城司さん、デザインのあしらいとしてイラストをご提供くださったShima.shimaさん、本当にありがとうございました!
また、ブックデザインは私の強い希望でサイフォングラフィカ・宮下ヨシヲさんにお願いしました。とてもすてきなデザインにしていただいてすごくうれしい!宮下さんは私の地元でもある浜松市を拠点に活動されており、最初はTwitterで繋がったのですが現在は私の母校で講師をされていたりとご縁を感じます。そして、この企画を通してご尽力くださったグラフィック社の山本さん、ライターの金田さん・中居さんにもとても助けていただきました。本当に本当にありがとうございました。関わってくださった全ての皆様に感謝を。
あと夫、運転手いつもありがとう。