2006年10月29日

甘やかし

[毎日新聞] <履修不足>政府の救済措置検討、難しい対応迫られる

 政府が28日、高校の履修不足問題で救済措置の検討に入ったのは、文部行政のルールを重視する文部科学省に対し、自民党などが「このままでは国民の教育への信頼を損なう」と柔軟対応を求める圧力を強めたためだ。文科省には「安易な措置は学ぶ内容を定めた学習指導要領の形がい化につながりかねない」との懸念も根強くあり、難しい対応を迫られそうだ。
 救済措置については、履修不足問題の広がりとともに、与党幹部らが次々に言及。文部行政に強い影響力を持つ森喜朗元首相は27日、名古屋市内での講演で「追試や授業の必要はない。世界史の本を読んで論文でも出してもらえばよい」と、あからさまに特例措置を要求した。
 同日、初会合を開いた与党教育再生協議会でも、公明党の北側一雄幹事長が(1)生徒の負担軽減(2)原因究明(3)学習指導要領の見直し――の3点を検討課題に挙げ、「一刻も早い是正措置が必要」との認識で一致。協議会の実務を仕切る大島理森元文相は「子どもは受験を控えており至急対応すべきだ。その上で冷静になって本質を議論すればいい」と文科省に例外を認めるよう促した。
 もともと文科省は「履修不足は数十コマ」との想定で、卒業期限の来年3月末までに補習を実施すれば指導要領通りの卒業は可能とみていた。ところが27日、岩手県で350コマに及ぶ履修不足が発覚。消化は到底不可能で「卒業式を調整するとか、知恵を出してほしい」(伊吹文明文科相)との指示も吹き飛んだ。

さすが森。この人俺より頭悪いんじゃないか?
ちゃんと規定単位を履修し続けてきた生徒(他校など)がいるのにも関らず、阿呆な生徒には無理させるなとのお達しです(笑)。これはワザとやっていた教員も、それに気づかない生徒にも責任があると思いますが。ですから生徒の「受験を控えているので困る」なんて言葉はちゃんちゃらおかしいし、このまま優遇することはしっかり履修していた生徒(他校など)との公平性を著しく損ないます。

追記;

どうやら日本の教育には、公正・公平な視点からモノを見ることを教える必要がありそうです。自己救済に終始する他方への公正・公平(あるいは平等)意識の欠落がこれらの救済支援要請(というわがまま)につながっているように思われます。

toyoashihara_mizuho at 05:55│Comments(3)TrackBack(3) ニュース | 教育

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 正直者がバカを見る  [ 思うて学ばざれば則ち殆し ]   2006年10月29日 09:10
必修漏れ、41都道府県の404校に 政府は救済策検討(asahi.com)
2. 真の教育改革は  [ 新・平成徒然草 ]   2006年10月29日 12:12
最近拙ブログで教育問題がメインになっていまして、「教育ブログ」に変身しつつありますが、この記事をアップしなければいけないほど教育問題は深刻です。私たちが義務教育を受けていた時代はまだ良かったと思いますが、什
3. 嗚呼!大いなる勘違い  [ 釣りキチおやじの言いたい放題 ]   2006年11月01日 10:55
今や全国的大問題へと発展した観がある「必修科目の履修漏れ問題」。 しかしながら、報道により目に飛び込み、耳に入ってくる意見には首を傾げざるを得ない。 「子供たちのため」、「子供たちが可哀そうだ」、だから「何と??

この記事へのコメント

1. Posted by かついち   2006年10月29日 14:17
「このままでは国民の教育に対する信頼を失う」ってもうとっくに失ってるでしょう、と言わせていただきます。こんな教育で子供がよくなるわけがない。このままでは本当に子供の将来や国の将来を心配します。この件についての特例措置が必要と思うかも知れませんが、一番大事な時間を教師達は意図的に奪ったといわれても仕方ないです。今までいかに教師の仕事が怠慢だったのか、もっと自覚してもらいたい。そして国の教育行政に携わる官庁の監督責任も自覚していただきたいものです。
2. Posted by カァ   2006年10月29日 17:27
5 突然の不躾なTBに対し、コメントまで付けて返して頂き、ありがとうございました。
マスコミに煽られ、政府が救済に乗り出すなんて、とんでもない視野狭窄ですよね。折角伊吹文科大臣が「他の生徒との公平性」と言ってたのに…。
先日の補選でも投票率が50%に満たなかったそうですでど、国民ももっと真剣に考えて、マスコミに流されることのない、できるだけ広い視野を持った政治家を選びたいですね。
それには国民も、マスコミに流されないようにしないといけませんが…、そこが難しい。
3. Posted by とよあしはら   2006年10月30日 23:56
山形大学医学部は提出された調査書に虚偽記載があった場合は、推薦入学の合格を取り消すと発表しました。当然のことだと思いますが、他の大学から発表がないのには?です。
既に合格した生徒にとって合格取り消しは相当な「痛み」となりますが、これくらいやらないと教育委員会をはじめ恥さらしな監督者は自覚しないでしょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔