「生活習慣病予防検診って定期健康診断のかわりにしてもいいの?」

最近何件かこんなご質問をお受けましたので、「大丈夫ですよ」とお答えしました。
今回は生活習慣病予防健診の内容を簡単に確認してみましょう。

 生活習慣病予防検診は35~74歳の健康保険の被保険者を対象としており、協会けんぽから補助があるため最大7,038円の費用負担で受診することができる健診です。毎年春(3月末ごろ)事業所あてに協会けんぽから案内が届くため、希望者は会社を通じて申込書を提出することで受診できます。
その内容は、労働安全衛生法に基づく定期健康診断の内容に加えて便潜血反応検査、胃部レントゲン検査等が含まれています。
受診費用は医療機関により若干異なりますが、定期健康診断の費用と比較しても、検査項目を考えても、定期健康診断の代替として考えるのはお得な方法かもしれません。

また、生活習慣病予防健診では、健診の結果生活習慣病のリスクがあると判定された場合は無料の健康サポート(特定保健指導)を受けることができる仕組みもありますので、従業員さんの生活習慣改善に有用ではないでしょうか。


※定期健康診断の項目(一部年齢による省略可能項目あり)
 1 既往歴及び業務歴の調査
 2 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
 3 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
 4 胸部エックス線検査 及び喀痰検査
 5 血圧の測定
 6 貧血検査(血色素量及び赤血球数)
 7 肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)
 8 血中脂質検査(LDLコレステロール,HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
 9 血糖検査
10 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)
11 心電図検査