2011年04月

2011年04月22日

中村司の新刊本

こんにちは。 難病請負人 中村司です。

時々お問い合わせいただくのですが、、、
本の出版が、かなり遅れています。
お待ちいただいている皆さんには、大変申し訳ありません。。。

438b53aa.jpg


完成度を上げるためとのことでしたが、編集者側から
時折、かなり詳しい説明を求められ、苦しんでいます。 (苦笑)

というのも、私が患者さんと接して感じた事実を
今までだれも医学的に説明してくれた人がいないためで、、
中村としては「宇宙の神秘を解き明かす」くらいの気持ちで
深めていかなければならないというハードなチャレンジがありました。

「ここをつつくと医学界から猛反発が予想される」という不当な
理由によって、出版計画が挫折した苦い経験がありますが、
今回は「読者本位のまっとうな理由」で遅れていますので
ご安心いただければ幸いです。

ここで原稿を見せられないのが残念なくらい (笑)
とにかく、内容は興味深く、面白いと思います。

なぜリウマチ家系に色白の美人が多いのか?
病気が遺伝しているわけではない。
丸顔の人の秘密、なぜ丸顔になるのか?
なぜ、色白になるのか?     など・・・

今まで、医学の世界で全く語られていない独自の切り口で
説明しています。


なかなか販売にこぎつけず、申し訳ないのですが、、、
どうぞお楽しみに♪

        (そろそろ編集長の最終OKがほしいこの頃です。。。涙)



2011年04月20日

テラヘルツ鉱石  (温浴用 ブレスレット ネックレス) 

テラヘルツ関連商品は非常に高価とされます。

ブレスレットの一般販売価格が約15万〜20万、
ネックレスは高いと80万円もするという話を耳にしますが、、
それは適切な販売価格とはいえないと思います。

日本東洋医学財団は研究用として、温浴できるテラヘルツ鉱石など
ストックを余分にもっています。
   (多結晶でなく、単結晶で最高純度まで上げた鉱石。
    一般販売価格でおそらく100万円を超える量をキロ単位で保有)

またテラヘルツ玉を、 ネックレスとして首に30〜50個つけている人もいますし
ブレスレットでも常時の使用は強すぎますし、安全に利用するための知識が必要です。
一般の人は3個くらいまでが適切であると考えています。

テラヘルツ鉱石を最初に見たときの感想としては、
「何て変わったエネルギーを持った石なんだろう!」
中村は石の固まりを見ているだけで、頭の奥にズーンとくる感じがしました。

「疲れを感じなくなる」「パワーアップしたように感じる」「気が上がる」
「お湯の体感温度が3−5度変わる」「湯冷めしない」「氷を急速に溶かす」など
面白い特性もいろいろあるので、高値で取引されているのも理解できるのですが
モルヒネと同じように取扱い知識を必要とするものだと感じます。

極端な表現ではありますが、、、
「モルヒネは善か悪か」と言われれば、善でも悪でもありません。
それは、使い方に左右されます。

痛みが強くてコントロールできない場合は、モルヒネが必要なのは事実でしょう。
でも、他のものでコントロールできるのであれば、リスクの少ないモルヒネ以外のものを
使用したほうが良いというのが「医学の良心」に基づく考え方だと思います。
運転の上手くない人にスーパーカーを与えてはいけないのは当然でしょうから。

積極的にではありませんが、、、、
「できるだけ安全な利用法で」、「適切に近い価格で」
近いうちに読者の方だけにお分けすることを約束しますので、
少しだけお待ちいただければ幸いです。

本当は、いろいろ開発や実験しているものがあり、、、

頭にかぶると熟睡できる炭素素材の安眠頭巾(ずきん)や、
有害電磁波を有益電磁波に変えてしまう器具は
かなり成績が良く面白いので、近々ご紹介できると思います。

   (たとえば、優秀な炭素素材で覆うと携帯電話はつながらなくなります。
    アメリカのステルス戦闘機の表面は炭素素材で覆われていて、
    レーダーで感知されません)


もちろん失敗もあり、
歩行困難な人が「寝るだけで歩行できるようになる布団」の開発は見事に中止に追い込まれました。。。

10万円くらいの値段になってしまうけど、間違いなく患者さんの役にたてるし、
理論上いけるかなと思ったのですが、、効果がないようで、とても残念でした。  涙


人生いろいろチャレンジですね。 
お役立ちグッズとしてお分けできるまで、もう少し頑張ります♪

                                     中村 司





toyoigaku at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!



著作権について