2013年05月

2013年05月31日

統合医療の加藤直哉医師×リウマチ感謝!さんの対談セミナー



リウマチ感謝!さんと統合医療の加藤直哉医師の対談セミナーが
東京で開催されるので、お知らせしたいと思います。

なかなか聞けない面白いセミナーになりそうで、もちろん中村も
参加させてもらう予定です。

どんな病気の方でも応用がきく内容なので、リウマチ以外の病気の方、
治療家やセラピスト・医療関係者の皆さんも、参加いただけたらと願っています。
                              中村 司



   ++  以下、リウマチ感謝! 渡邊千春さんより  ++  


  『統合医療医と難病カウンセラーが語る "自然療法”成功の秘訣』 

6月16日(日)東京では、自然療法に大変お詳しい加藤直哉医師をお招きして、
リウマチ感謝との対談セミナーを行います。

加藤先生は、西洋医学のお医者さんなのですが、子供のころに野球で痛めて
病院では治らなかった肘を東洋医学で治してもらったことから、

"最初から東洋医学の道に進むつもりで、西洋医学のお医者さんになった”

という、ちょっと変わった経歴を持ったお医者さんなのです♪

そして、いろんな導きがあり、小児科などで勤務されたあと、宮崎の
山元病院にて「山元式新頭針療法」を創始者の山元先生から直接学ばれ、

現在は、東京都内の統合医療専門病院で、山元式新頭針療法をはじめとする
様々な自然療法や東洋医学、食事指導・生活指導を行いながら、
多くの難病患者さんを改善に導いていらっしゃいます。

お会いされたことのある方は、ご存知かと思いますが、
本当に愛情に満ちた素晴らしい先生で、治療に対する姿勢や
考え方など学ぶべきことがたくさんあります。

今回のセミナーでは、その加藤先生から、特に自然療法の観点から、
食事のこと、減薬・断薬のこと、痛みの対処法、
どうやって治していけばよいのかといったことを教えて頂きます。

山元式のハリ治療の実演もありますので、
ぜひぜひご参加くださいませ!

東京 『統合医療医と難病カウンセラーが語る "自然療法”成功の秘訣』


*************************************************

大阪 6月8日(土)
『右脳&直観を最高に発揮して 楽しくリウマチを治しちゃおう♪』



2013年05月03日

松田医院 和漢堂 松田史彦先生のこと。 熊本市

松田先生 ★メガネなし先日、素敵な先生とお会いしました。
熊本県熊本市の「松田医院 和漢堂」松田史彦医師です。

私がお勧めしている温熱機器に興味をもたれてご連絡を頂いたことがきっかけで、初めてお会いした時に「薬やめる科の松田です」と名乗られましたので、「薬やめる科」の松田史彦先生と呼ぶこととします。

最近では毎年、免疫学の権威とされる新潟大学 安保徹(あぼとおる)教授と一緒に共同講演会をされているのですが、多彩な病気の治し方だけでなく、穏やかで誠実なお人柄にとても惹かれました。

松田医院は普通の病院とかなり違い、多彩な代替療法を取り入れた病院なのですが、そのきっかけは、お母様のがん治療の際のいろいろな勉強、もともと麻酔科の医師として、多くの手術を客観的に観察するうちに、この方法がベストなのかと自問自答され、東洋医学など代替療法の治療法を模索されたように感じました。

ご連絡いただいた時のお手紙も感動したのですが、お会いしたところ、ユニークで人格的に素晴らしい先生なので、その場で惚れてしまい、日本東洋医学財団の役員就任をお願いしました。
すぐに快諾いただき、とても嬉しかったです。

ちょうど「家庭画報」5月号に、松田史彦先生が登場されています。
よろしければそちらもご覧ください。

九州にお住まいの方は、機会あればお会いになってみてくださいね。

                                   中村 司


松田医院 和漢堂 松田史彦先生について

日本初(おそらく?)の「薬やめる科(減薬・断薬サポート)」 を開設


「薬やめる科」とはなにか?
 → 過剰な薬の減薬、断薬をサポートし、世界から薬害をなくすこと。

 例えば、がん治療では?
 → 安保徹教授の理論に基づき食養、温熱療法、自然療法、機能性食品など
   安全で効果的ながん治療を行なう。

 その他の難病では?
 → 薬やめる科で減薬しながら漢方、食養、ビタミンサプリ、気功などで
   精神を回復させる。


家庭画報、新潟大学 安保徹教授との講演会

「家庭画報」5月号 P192〜の特集
       タイトルなど見出しのみ抜粋します。

「薬やめる科」を開設。薬をやめたら元気になっていく
「元気なときに来院してください。
そして本当に健康になるためのアドバイスをしたいのです」
医師にできるのは健康のスイッチを入れること
薬では根本治癒にならない
多彩な代替療法で、とにかく治癒を目指す



松田先生は、安保徹教授が九州に来られた時、
温泉とお部屋をご一緒されたそうです。
どんな会話があったのか、個人的にとても興味をそそられました。笑

安保徹教授 講演会 7/21(日)東京・八王子  日本東洋医学財団 協賛




toyoigaku at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月02日

ひわさゆうじ先生 岐阜・治療会


 【今回、中村がお知らせした方 限定】  不定期開催

22世紀からやってきた、ドラ●もんの有効活用

 親友で、中村の「MY ドラ●もん」こと
 最高峰セラピストの、ひわさゆうじ先生を
 岐阜にお迎えし、中村と違う視点から
 「根治」に向けてアプローチしてもらいます。

 中村は、よく「ドラ●もん」と表現しますが、
 体型が「ドラ●もん」というわけではありません。
 どちらかというと、トトロに近いです、笑。

 伝えたいのは「4次元ポケットを持つ、不思議な先生」
 という意味です。
 しかも、性格がめっちゃ優しくて
 こんな人は日本中探してもいないのです。

 内緒にしておくのは、もったいないし、
 日本のためにならないので、ぜひ活用してください。
  (のびた君っぽい中村も唯一、彼だけに治療してもらい
  のびた役の中村がドラ●もんの修理もします。互いに)

【得意なこと】
腰・肩・背中の痛みをとる
肩が上がるようにする
歩きにくい人を歩けるようにする
歩く姿勢を安定させる
リウマチの変形をなくす
交通事故の後遺症をなくす
顔を若返らせる
長年の便秘を解消
トラウマ・悪夢の解消など、、、な・ん・で・も 


ひわささんは
ドラ●もんの4次元ポケットを持つ
とんでもない人なので、、、

心身のトラブルで一番困っていること
「こんなこといいな、できたらいいな♪」を
まず、とりあえず、相談してみてください。
できるか、できないかは、相談の後です!

「こんな大きい問題は、どうせ無理だろう」と
小さい望みから頼んではいけません!
受験と一緒で、大物を狙って、無理な時は
スベリ止めに移行すればいいのです。

みんな、みんな、みんなかなえてくれる。
不思議なポッケでかなえてく〜れ〜る、
ことを期待しましょう。
そのかわり、あなたも本気で。


日時: 2013年8月1日(木) 午前 〜 夕方のうち

施術時間: お一人 30分ほど


※ 中村の担当する患者さんのみ
  告知し、施術していただいています。


【参考】

   ひわさゆうじ先生プロフィール
    http://walking-therapy.net/
      中村による紹介記事
http://blog.livedoor.jp/toyoigaku/archives/52920812.html
http://blog.livedoor.jp/toyoigaku/archives/52176512.html


toyoigaku at 11:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!



著作権について