2009年08月08日

子宮頸癌 難病請負人 中村司の最も早い治療法

完治療法に関する動画:
子宮頸癌 難病請負人 中村司の最も早い治療法」をご覧ください。





子宮頸癌の方の超こだわりホットパックを使った治療について説明します。
子宮頸癌というのは子宮頸部に癌細胞ができているということです。

癌細胞は43℃以上の熱の中では死滅するというデータがありますので、まずはできるだけ体温を高めるように心がけてください。
体温を高めるためには半身浴や足湯をされたり、冷たいものをとらないようにされると良いでしょう。
そして超こだわりホットパックで子宮のあたりをよく温めることが必要です。

癌の原因は3つあります。
第一は文明型の栄養失調、第二は胃腸の消化吸収力の低下、第三は現代人のライフスタイルです。

この3つの問題を改善しながら活性免疫温熱療法をされることをお勧めします。
活性免疫温熱療法とは超こだわりホットパックを使い右のわき腹の肝臓を温め、そしてウエストの左右の腎臓を温めるという治療法です。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔