2009年11月04日

ラーメンはアトピーになぜ悪い?


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「ラーメンはアトピーになぜ悪い?」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎を発症されている方にとって、ラーメンを食べる事は負担になります。
私の知り合いで、アトピー性皮膚炎を発症している方は、ラーメンを食べると、毎回、下痢になると言います。

ラーメンの中に入っている「かんすい」というものが、腸壁に糊のように貼り付き、悪影響を与えます。
あるいは、甘い物を食べるとアトピー性皮膚炎がひどくなる場合もあります。

私が食生活を改善するように勧めても、実行されない方もいらっしゃいます。
そのような方は、薬を塗っても、運動をしても治るはずがありません。
身の周りの環境を良くしない限り、アトピー性皮膚炎は治りません。

例えば、湖に汚いゴミを放り込んでいたら、その湖が綺麗になる事はありません。
住民の方々が、湖のゴミを取り出し、掃除をしない限り問題は解決しません。

ラーメンや甘い物を食べる事が、自分の体に大きな負担をかけるという事を考えていただければ、食べ物や外的環境との関係が、よくお分かりになると思います。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔