2015年08月19日

最高級「南高梅」の非加熱エキス 梅の響(ひびき)


健康維持のため、いつでもどこでも、
醗酵熟成した梅のアルカリパワーを!
  
 
    「飲む和食」 梅の響(ひびき)  【非加熱】

     紀州・山森農園産の完熟・自然落下した
      最高級「南高梅」の非加熱エキス


梅 1本


『梅は三毒を断ち、その日の難を逃れる』と昔から言われています。
日本の国民食「梅干し」。おにぎりやお弁当に入れると、強い殺菌作用があり、ご飯が傷みにくくなり、家庭では風邪の予防や解熱にも広く利用されています。

醗酵熟成梅エキスは、梅干しのもつチカラを、いつでもどこでも利用できるように開発された液体製品です。さらに、豊富にふくまれる各種ビタミンや酵素を最大限に守るため、非加熱にこだわりました。

梅が絶つ「三毒」は、食べ物の毒、水の毒、血液の毒とされます。
「食毒」は、食生活の乱れ、「水毒」は体内の水分の汚れ、停滞、「血毒」は血液の酸性化、ドロドロ血、血行不良とされますが、平安時代中期に都で疫病が流行した時、当時の村上天皇は、梅によって人々を救い、御自身も梅干しと昆布入りのお茶を飲んで病気を治されたという文献があります。

奈良時代に伝来した梅は、天皇・貴族など上流階級が薬とし、遠距離を移動して激しい合戦をする武士たちの疲労回復源としても重要視され、江戸時代に、一般庶民の家庭常備薬として広く普及しました。


体調がすぐれないときの「万能薬」といわれる、アルカリ性食品「梅干し」の効果とされる一覧

血液を「弱アルカリ性」に保ち、血行促進、血液をサラサラに。クエン酸によるカルシウムの吸収促進、疲労物質の乳酸を分解、胃・小腸・大腸の活性化、腹痛・下痢・便秘など整腸作用、腸内抗菌効果、新陳代謝促進による老化予防、血管保護、美容効果、皮膚のハリやツヤの維持、紫外線予防、殺菌効果、腐敗防止、食中毒予防、鎮痛作用。

※ 梅干し、梅エキスは薬剤ではありません。健康のためには、栄養バランスのとれた食事が前提となります。

やまぶき色の実 3つ

安全確認のため、梅の皮をむいてかじりつきました。葉っぱもかんでみました。
梅の実の皮をむいて



       「飲む和食」 梅の響のヒミツ 

     やまぶき色に完熟し、自然落下した南高梅 
     梅にこだわる人が絶賛する「山森農園産」
 
 

梅にこだわる人が絶賛する和歌山県の山森農園は、環境が良く、野生のキジが寄ってくるほど。
人間の都合でなく、植物・梅の好む環境とタイミングで生産しています。

「人間をだませても、植物はだませない」という山森さんの格言どおり、ミネラルを重視する土壌改良から始め、樹がしっかり根を張り、水を吸い、栄養が行き渡るように育て、完熟して自然落下した梅を、ネットで収穫するのが特徴です。
梅の実や葉をかじっても、他の農園とは香り、味に差があり、大切に育てられたことがよくわかります。

今の農業には、農薬、保存料、偽装、後継者不足、自給率など、多くの問題が山積しています。
子どもたちが大人になるまでに、次世代のために少しでも解決する必要があるのではないでしょうか。
山森さんは祖父から続く3代目、植物と真剣に対話する「熱い農家」であり、日本東洋医学財団では、「日本農業を復興するプロジェクト」として山森農園さんの活動を応援しています。    中村司 拝

      山森農園は葉っぱがイキイキしており、すがすがしい暖かさです
農園いい感じ

農園いい感じ 採用してね



  山森農園の南高梅 大きな違い


実に含まれる栄養成分が大きく違う
クエン酸に加え、リンゴ酸まで検出された。ふつう無いとされる、他の栄養素も存在すると推定される
産毛 拡大
「伝説」とされる、産毛に包まれた梅の実が山森農園でなった!(写真)


糖度が11.2までアップした!  (スイカの糖度と同じレベル) 
自然の力で糖度アップしているので、なめらかな味で、あと味がスッキリする。塩のえぐみが消える
通常の南高梅は糖度8.5〜9.0なので、味覚も大きく違うことがわかる。

   写真左9.1が山森農園の以前の南高梅。右11.2が現在の南高梅(写真)
糖度の比較



完熟して自然落下した梅の実だけを収穫
傷防止のネットを張り、自然落下した梅の実だけを収穫する。集めている横からポトポト落ちてくる(写真)
落下収穫の様子



      梅の響 お申込みはこちら


【 視察した山森農園の様子 】

1. 昔ながらのふかふかの土
    土がふかふか。 やわらかく、転んでも怪我をしない。
    一般の畑と、踏み心地が全然ちがう

2. 根がしっかりしていて、とても丈夫
    土がやわらかく、根が丈夫なので、草取りが半分の時間で済む

3. 葉っぱの葉脈がしっかりしている
    人間の毛細血管と同じで、樹全体に栄養が行き渡る。
     他の農園は途切れている葉脈も多い

山森農園の葉っぱ。葉脈がしっかりしている
葉脈 山森


ご近所の農園の葉っぱ。
葉脈 ご近所の農園


ご近所の農園/拡大写真で葉脈のとぎれがよくわかる
葉脈 とぎれている



4.  必要最低限の減農薬
    有用ミネラルを一緒に混ぜているので、除毒効果もある

5.   周りの農園にくらべ収穫が2週間ほど早く、キジなど野生動物が訪れる

6.  木製の重し板は、祖父の時代から使用。醗酵に必要な有用菌が多種
    梅干しの材料となる天然塩も、こだわって実験中


       右から中村司、山森氏、加工会社の社長
山森さん、マナ社長と



「飲む和食」 梅の響(ひびき) 利用例

梅の持つ強いチカラを、いつでもどこでも手軽に活用してください

スポイトタイプ点眼容器に移して、外出時に持ち歩くと、とても便利。

【 摂取方法 】 

水、ぬるま湯に入れて飲むと、身体をアルカリ性に導く
ジュース、お酒、味噌汁に数滴入れて飲むと、深い味わいになる
コーヒー、紅茶に2滴ほど入れるとマイルドになる
塩蔵醗酵エキスなので、野菜にかけるだけで即席の漬物になる(大根、白菜、なす、人参、きゅうり等)
卵かけご飯に数滴かける
ご飯を炊くときに入れる、おにぎりを握る時の手水として使用する
うどん、パスタに数滴で、サッパリとした味になる
ソースのかわりに、やきそばにかけると梅塩やきそばになる
オニオンスライスに少しかけると梅塩ドレッシングになる
冷奴、納豆、アボガト&ブラックペッパーに少しかける
オリーブオイルと混ぜて、サラダドレッシングにする
調味料として塩を使うような料理の代わりに使う
マヨネーズと混ぜると、梅マヨになる。
醤油と混ぜると梅ポン、または醤油のかわりに使う
外食時、お店の水に数滴たらす
のどの痛い時に、お湯にいれて、うがいで殺菌する
刺身にも、焼き魚にも、煮魚にも万能調味液として使う
鶏肉に漬け込んで焼けば柔らかくなって梅塩焼き鳥になる

蚊など虫刺されに良い。炎症が抑えられる (しみるので少しうすめて)

【 考え方 】
ビタミン、酵素を最大限に生かすには、できるだけ加熱しない方が良いでしょう。
温度でいうと40度台後半から、各種ビタミンや酵素の働きが停止していきます。


梅の響 お申込みは → こちら 【2本セットならお得】


梅の響 体験談 / 堤貴志 先生







toyoigaku at 23:51│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔