2016年07月27日

蚊・虫除け対策になる天然スプレーで、夏を快適に!  虫の苦手なハッカ油(ミント)

蚊・虫除け対策になる天然スプレーで、夏を快適に!
    虫の苦手なハッカ油(ミント)



夏の風物詩ともいえますが、虫刺されは結構つらいものですね。
体質によっては、蚊に刺されるとかゆいだけではなく、アレルギーで顔が腫れ上がるなど深刻なケースもあります。

私の家の庭にも虫が多くいて、ほんの少し外に出るだけで、2〜3ヶ所、蚊に刺されるため、かなりストレスになっていました。
ただ化学的な薬剤を使うと、気分が悪くなってしまう敏感体質なので、なかなか有効な対策がとれずにいたのです。

Facebookで、ハッカ油(ミントの香り)の効果で、蚊が寄ってこない方法、さらには、虫刺されを楽にする方法が話題になっていたので、私なりにアレンジして、対策スプレーを作ってみました。
蚊よけ、虫刺されに良いだけでなく、花粉症にも効果が期待される、とのこと。
天然、自然の物なので、もしよければ、参考にしていただけたらと思います。



【材料】

ハッカ油 2ml。
無水エタノール 8ml。
精製水などきれいな水 約90ml。
遮光スプレー 100ml容器



【作り方 使い方】

遮光スプレーの中に、ハッカ油、無水エタノール、水の順に入れ、よく振る。→ 完成

網戸、蚊が寄ってきそうな所にスプレーで噴霧します。

外出時には洋服につけると蚊が寄りにくくなり、蚊に刺された後も、腫れてかゆい皮膚に噴霧するとつらさが軽くなります。




【ミントと薄荷/ハッカの違い】

普通に「ミント」というと、薄荷/ハッカの総称といえるようです。

いわゆるミントの香りがします。



【中村司が今回使用した材料 参考までに】  費用対効果のバランスを重視!



1.ハッカ油 2ml。

選考基準として「和種」のハッカに限定。
とはいえ、調べると国産/北海道産/北見産のハッカはほとんど入手できないみたい。
よく見ると「原産地 インド」と書いてあり、北見ハッカというブランドでも、北見産のハッカとは書いていないことに注目。

また皮膚に付けることから、「食品添加物」レベルの表示のある製品に限定しました。

→→ 食品添加物 ハッカ油 20mL 大洋製薬


材料のハッカ油「2ml」を計るのは案外むつかしいかもしれません。
ポトポト落ちてくる大洋製薬のハッカ油だと、30滴ほどと推定しました。



2、無水エタノール 8ml。

消毒用エタノールの方が安いけれど、濃度が低くなってしまうため、無水エタノールを使用。

→→ 無水エタノール480ml 【アルコール99.5%以上】



3、精製水などきれいな水 約90ml。
できるだけ長く利用したいので、傷みにくい水が良いと考えるため。



4、遮光スプレー 100ml容器
百均でも大丈夫。
精油などの変質を防ぐため、白透明でなく、紫などの、遮光瓶を使用。
変質に強いガラス瓶がベストだけれども、高いので、プラスチックボトルとしました。



【スプレーしても虫刺されが減りにくいケースでは】

風上など風の方向、肌の露出が多かったり、体温が高い人など、いろんな状況が考えられると思います。

服を羽織るなど肌の露出を抑えるのももちろんですが、スプレーの噴霧する部位を多くして、全身用カバーすること、ハッカの濃度を濃くすること等の対策が考えられます。

以下サイトも参考にしてみてください。

蚊に刺されてかゆい時には、ハッカだけでなく、肌を水で洗ってから、薬師堂の馬油(バーユ/ソンバーユ)も使ってみてほしいです。かゆいのが和らぐかと思います。



【参考になるサイト】

蚊に刺されないための7つの対策と、かゆみを抑える9つの方法

【夏に大活躍!】ひんやり・虫よけ・いい香り…ハッカ油が万能すぎる

虫除けスプレーの作り方


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔