2017年06月01日

映画『マトリックス』の世界観と意味・解説 「わくわく創造研究部」おすすめ情報 の一部


   <映画 『マトリックス』の世界観と意味・解説>


映画『マトリックス(The Matrix/3部作)

1.DVD 『マトリックス』(1999年9月)
2.DVD 『マトリックス リローテッド』(2003年6月)
3.DVD 『マトリックス レボリューションズ』(2003年11月)

4.DVD 『アニマトリックス』(アニメーション版・あまり期待しない方が良いかも)


<「マトリックス」の意味・解説 中村司の私見>

中村司が最も重要視している内容にちかく、一番先にお勧めしたい映画です。
監督2人はアメリカ人ですが、宇宙の構造、深遠な東洋思想をも表現しています。

この考え方がわかれば、世界の真相に迫ることができ、真偽の判断、また病気・痛みの問題からも解放されやすいのではないでしょうか。
一度見て意味がわからない方にとっても、かなり丁寧に説明してくれているので、以下のあらすじ・解説を読むと良いかもしれません。

映画『マトリックス』が意味わからなかった人向け解説!

映画『マトリックス』が本当に伝えたいこと

【宇宙自体が仮想現実 】 #シミュレーション仮説



<映画『マトリックス』を見てほしい人>

「私たちが暮らしているこの世界は、本当に、絶対的に実在しているのだろうか?」
「ひょっとしたら、脳が見せている『イリュージョン/幻影』かもしれない。」
 そんな不思議な感覚がフッと浮かんでくる人が見ると衝撃を受けるかも!

見ても、全然わからない人も当然いることでしょう。
でも、数年後にもう一度見た時に、いきなり腑に落ちるかもしれない。

解説のリンクも載せておいたので、ぜひ併せて読んでみてください。
ヴァーチャルリアリティがここまで発展した今、その根幹に触れるためにも何度も見ておきたい作品。

  (”物理的実在論”⇔ ”仮想現実論/量子的実在論 
          仏教的には広義の「縁起」の意味を含む)




<関連キーワード> (※検索して、ウィキペディアなど調べてください)

「水槽の中の脳」

「洞窟の比喩」

「シミュレーテッドリアリティ」

「観察者効果」

「仮想現実」

「シミュレーション仮説」

「縁起/縁起と空」




<関連DVD>

映画『クラウドアトラス』 同じ監督が制作

・備考/物語の意味は。/クラウドアトラス ウォシャウスキー姉弟

映画『バーチュオシティ



※これらDVDは、TSUTAYAなど大手レンタルDVD屋さんでレンタルできますので、ぜひご覧いただきたいと思います。

※この記事は、「わくわく創造研究部」おすすめ情報 の一環として作成されました。



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔