名医の評判 看護婦さんの噂話

2014年06月01日

薬・ワクチンが病気を作る  内海聡医師のこと


フェイスブックユーザーが今、最も注目している、炎の医者
内海聡(うつみさとる)医師と名古屋で講演対談しました。

110人会場がいっぱいになった様子は壮観ですね!
遠くからも多くの来場者にお越しいただき、盛大な会になりました。

タイトル「薬が病気を作る」の意味は
「薬剤は対症療法であり、抑えるだけ。
根本的な治療効果はない。薬害ばかりが大きい」
「全てのワクチンは猛毒」ということ。

内海先生と。10447643_562338170552900_6454891176066134330_n









今回は、中村なりの切り口で、社会の闇に光を当ててみました。
たとえば「ガンの特効薬を作った人は、ノーベル賞を取れるか?」
という質問は、わかっている人なら、つい吹き出してしまう質問でしょう。

「虎の尾を踏んでしまった科学者の末路」は推して知るべし、といえます。
誠実で研究熱心な科学者に降りかかる災難は、もちろん不幸なことですが、、、
人類全体の利益から見て、こんなに悲しいことがあるでしょうか!


その翌日は、東京・八王子でNPO法人の基調講演をしたのですが、
内海聡対談のテンションが維持されていたため、
「なぜ、日本人の受験英語では英語が話せないのか」
「なぜ、給食で牛乳とパンを強制されるのか」
「学校・近代教育の目的は優秀な奴隷の生産。モデルは軍隊と刑務所」
「なぜ、病人がどんどん増えるのか」
「無駄遣いの予算はどんどん膨らみ、財政はどんどん悪化していく」
「真実の情報は与えられない。情報操作のため、都合の良いものだけ」
「世界で危険視され、処分に困ったワクチン。日本は最終処分場になっている」

など社会構造に切り込む内容となりました。

もちろん、すべてに「黒い理由」があることはわかるでしょう。

チャゲアスのASKAの薬物や、ノバルティス社「ディオバン」の研究不正事件も
腐敗の氷山の一角。
きっと100倍、1000倍の裏があるわけで、、、、トカゲの尻尾切り。


ノバルティス元社員を逮捕 降圧剤問題 論文データ改ざん容疑
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014061102000231.html


芸能界、製薬業界、政界・官界などあらゆる業界が、どれだけ腐りきっているのか、庶民には予測もつかないほど。
 ※ASKAの薬物背景は「パソナ 南部 仁風林」で検索! おっさんたち、ほんと気持ち悪いわ。
まんなか上が、ASKAと一緒に逮捕された、とちない容疑者。
パソナ







          【 要点 】
この社会には、支配層と奴隷階級が存在する。
歴然とした階級社会が存在し、庶民の命は『殺さず、治さず』。
「どうせ救えないし、産業の役に立てば、それで良い」


真実から目を背けてはいけない!
我々が「奴隷階級」「家畜と同じ」とみなされているなんて、信じたくないが、少なくとも搾取側の支配層はそう考えている。
彼らの目的はマネーだけでなく、混乱・分断政策による黄色人種(イエローモンキー)や下層階級といった「劣等種の間引き」にある。 ※ 背景に「優生学」。 白人による世界の支配。



           【 対策 】

支配層が恐れるのは、我々が真実を知り、一致団結すること。
権力を握るといえ、しょせんごく少数でしかない。
圧倒的な数の前に、彼らもなすすべを失う事態となる。

また、犬猫をはじめとする「小さな命」を大切にすること。
ペット産業振興のために「小さな命」をガス室に送らない決意をすること。

「小さな命」への虐待を我々が見過ごし、無関心であるならば、支配層は我々に付け込んでくる。
団結し、基準を上げて「虐待は絶対に許されない」と大きな声を上げれば、世界から虐待が遠のく。
犬猫の命を大切にするかどうかは、優しい社会、成熟度のバロメータ。
意外に感じるかもしれないが、社会のレベルを上げることに直結することを明言したい。
小さな命を守る優しい社会は、もっとも繊細な遺伝子をも守ることになる。


内海先生とピカイチで










ワクチンは、すべて毒♡
支配層の脅しに屈して、毒を体内に入れたい奴隷さんは自己責任で♪

これ、最重要。 カルシウム・パラドックス理論
「悪魔の勲章」ノーベル賞より立派かも♡



---------- リウマチ卒業生 ふみさんより。 ---------- 


【特に】子を持つ親、病気になりたくない方へ✿

内海聡先生を知らない方、Googleで検索go!!!!!
医者でありながら現在の医療に殴り込み!
black talkを聞けば聞くほど引きずり込まれる(笑)

子供の予防接種、有害なんです。
牛乳は骨を弱くするんです。
子供に小児科受診はNG
子供にフッ素投与はNG
アレルギーなんて病気はない!

少しでも気になる人 cheeeeeck!!

夜は内海聡先生、難病治療師 中村司先生、リウマチ感謝さん、馬・人の整体師 ひわささん達と懇親会 in ピカイチ✿
今週も講演会に出させてもらい、色んな患者さん、先生達と仲良くなれて楽しい時間でした♡
私のpowerも出会えた人の原動力になりますように!


                    【 血統書の参考資料 】 

庶民がふつうに結婚して、こんな家系図に参入できるか? よく考えてみよう。

家系図



toyoigaku at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月31日

統合医療の加藤直哉医師×リウマチ感謝!さんの対談セミナー



リウマチ感謝!さんと統合医療の加藤直哉医師の対談セミナーが
東京で開催されるので、お知らせしたいと思います。

なかなか聞けない面白いセミナーになりそうで、もちろん中村も
参加させてもらう予定です。

どんな病気の方でも応用がきく内容なので、リウマチ以外の病気の方、
治療家やセラピスト・医療関係者の皆さんも、参加いただけたらと願っています。
                              中村 司



   ++  以下、リウマチ感謝! 渡邊千春さんより  ++  


  『統合医療医と難病カウンセラーが語る "自然療法”成功の秘訣』 

6月16日(日)東京では、自然療法に大変お詳しい加藤直哉医師をお招きして、
リウマチ感謝との対談セミナーを行います。

加藤先生は、西洋医学のお医者さんなのですが、子供のころに野球で痛めて
病院では治らなかった肘を東洋医学で治してもらったことから、

"最初から東洋医学の道に進むつもりで、西洋医学のお医者さんになった”

という、ちょっと変わった経歴を持ったお医者さんなのです♪

そして、いろんな導きがあり、小児科などで勤務されたあと、宮崎の
山元病院にて「山元式新頭針療法」を創始者の山元先生から直接学ばれ、

現在は、東京都内の統合医療専門病院で、山元式新頭針療法をはじめとする
様々な自然療法や東洋医学、食事指導・生活指導を行いながら、
多くの難病患者さんを改善に導いていらっしゃいます。

お会いされたことのある方は、ご存知かと思いますが、
本当に愛情に満ちた素晴らしい先生で、治療に対する姿勢や
考え方など学ぶべきことがたくさんあります。

今回のセミナーでは、その加藤先生から、特に自然療法の観点から、
食事のこと、減薬・断薬のこと、痛みの対処法、
どうやって治していけばよいのかといったことを教えて頂きます。

山元式のハリ治療の実演もありますので、
ぜひぜひご参加くださいませ!

東京 『統合医療医と難病カウンセラーが語る "自然療法”成功の秘訣』


*************************************************

大阪 6月8日(土)
『右脳&直観を最高に発揮して 楽しくリウマチを治しちゃおう♪』



toyoigaku at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年04月10日

玉川温泉・北投石 バドガシュタイン鉱石について

                ※この記事はラジウム鉱石など天然鉱石について書かれたものであり、
                 原子力発電に関係する人工的な「放射能」とは関係ありません。

こんにちは。 難病請負人 中村司です。
前回、「日本東洋医学財団で調査が終了した北投石(ほくとうせき)をお譲りします」と書いたところ、反響が大きく、2時間で予約が全て埋まってしまう事態になってしまったそうです。
5000人近くのメルマガ読者さんがいるため、予想を超える速さで中村も驚いてしまいました。
せっかく読んでいただいた方には、大変失礼いたしました。

【 財団管理の北投石 】  写真の2971グラム鉱石を測定   室温14℃
ガイガーカウンターによる 《放射線測定量》   3.51μSV/h (マイクロシーベルト)
0377

北投石の 《マイナスイオン発生量》  1671個/cm3 
0338_E1

その玉川温泉・北投石の特徴として、
1. 現在発掘が禁止されており、たいへん貴重 
2. おそらく一生購入することはないほどの大きさ
3. 3.51μSV/h(マイクロシーベルト)と放射線の数値が非常に高い
という要素があったかと思います。

やはり癌など難病の患者さんから 「お守り代わりに入手したい」 「病院のつらい放射線治療よりは、もっと自然な方法で」 「小さいものならお風呂にも入れてみたい」・・
といったお声を寄せられていますので、できるだけ希望に沿いたいと考え、現在倉庫に残っている最後の北投石をお譲りすることにしました。

※ ただ、申し訳ないのですが、おそらく今回が最後に販売可能な分の北投石になります。
  バドガシュタイン鉱石も調査が終わる予定がたちましたので、できるだけお譲りします。

また、「中村司だったらこういうセットがほしいな」と思った【 鉱石3種類 】もセットとしてまとめておきました。


 ※ 角閃石、二股温泉のラジウム鉱石は手元にある分を申し込み者へほぼ均等にお分けしますので重さは未定となります。ご了承ください。

        【 鉱石3種類セット 】

 1.バドガシュタイン鉱石 ・・・ 天然記念物に指定。中欧オーストリア 約100グラムほど

 2.遠野の角閃石 (かくせんせき)・・・青みどり色のケイ酸塩鉱物

 3.二股温泉のラジウム鉱石・・・北海道・おしゃまんべ町



【財団管理のバドガシュタイン鉱石】
 《 0.18μSV/h (マイクロシーベルト)  マイナスイオン発生量 1884個/cm3 》

 バドガシュタイン鉱石のマイナスイオン発生量は確かに多かった! (1884個以上/cm3)
0475

放射線測定量は0.18μSV/h (マイクロシーベルト)と意外に低めです
0382_E1

 バドガシュタイン鉱石は横から見るとサンドイッチ状の特徴が理解できます
0385

【 追記 】
バドガシュタイン鉱石は灰色ぎみの「淡い青緑」と白の層が絡み合っており、さらに銀色や透明のキラキラ光る粒子が入っていて、とても不思議である意味ヨーロッパらしい渋く華やかさのある風合いです。
病気治療というより、磨いて床の間に飾っておきたい鉱石といえばよいでしょうか。


【財団管理の角閃石】・・・青みどり色のケイ酸塩鉱物
 《 0.15μSV/h (マイクロシーベルト)   マイナスイオン発生量 1413個/cm3 》
0513_s0506_s

 3.二股温泉のラジウム鉱石・・・北海道・おしゃまんべ町
   温泉らしい多様な色の石  石灰華ドームは北海道の天然記念物
【財団管理の二股温泉ラジウム鉱石】 《 マイナスイオン発生量 1752個/cm3 》
0530



ところで、自然界に存在する鉱石の数値は不安定なものも多く、鉱石が発する遠赤外線、マイナスイオン、放射線量なども一定したものではありません。

なぜ組み合わせても面白いと思ったかというと、鉱石ごとにいくつかの特長と弱点があり、お互いが補完していく方法もあると思うからです。

私たちの普段の生活は0.08〜0.12マイクロシーベルト(μSV/h)位ですが手元にある北投石は3.0〜3.8マイクロシーベルトと放射線が強く、似ているとされるバドガシュタイン鉱石ではマイナスイオン発生量は1884個/cm3と多いものの、逆に放射線量は0.18μSV/hとかなり弱いのです。
また、意外な鉱石がマイナスイオン発生量が多かったりします。

とくにマイナスイオン発生量は同じ鉱石でも計測位置や時間によって一定しない傾向にあります。
数字の幅の広さに感心してしまう時もあります。
偶然、手元にあった角閃石がわりと良い数字を出していたので一緒に混ぜてもいいのではないか、と考えたしだいです。


今回の調査でいろいろな迷信について根拠を疑われることも見つかりました。

例えば、一部の鉱石販売者の中には「放射線量とマイナスイオン発生量は比例関係にある」かのような表記が見られますが、少なくとも私たちの調査ではそのような比例関係・相関関係は認められなかったことを付け加えたいと思います。


今回は、お譲りできる小さいものを「可能な限り全部」という趣旨でお分けいたしますので必要な方はご注文ください。

                               中村 司



中村司セレクト  【 鉱石3種類セット 】   


バドガシュタイン鉱石 100グラム程度・・・ 天然記念物に指定。中欧オーストリア
0382_E1_s0385_s
0475_s

遠野の角閃石 (かくせんせき)  説明は上記
二股温泉のラジウム鉱石     説明は上記



 北投石(ほくとうせき) ・・・天然記念物指定のためほとんど販売されない
       秋田県・玉川温泉/日本と台湾の2カ国のみに存在
  《放射線》3.51μSV/h(マイクロシーベルト)   《マイナスイオン発生量》1671個/cm3 

0377_s     0338_s

北投石(2) 60〜70グラム   【 3個限定 】← 販売終了
北投石(3) 70〜80グラム   【 4個限定 】← 販売終了
北投石(4) 80〜100グラム  【 2個限定 】← 販売終了
北投石(5) 110〜120グラム 【 2個限定 】← 販売終了
北投石(6) 175グラム  【 1個限定 】← 販売終了
北投石(7) 251グラム  【 1個限定 】← 販売終了



※ 参考として、法令に規定された放射線を浴びる量についてのプリントを同封いたします。
ラジウム鉱石を一般的にはお風呂に沈めて入浴剤のように使うようですが、放射線量が強いのであまりお勧めいたしません。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

【 前回メルマガの要旨 】

日本東洋医学財団では遠赤外線やマイナスイオンの出る鉱石の研究をしています。
いわゆる岩盤浴の材料になる石が多いのですが、これらをどのように利用したら効率よく患者さんが健康になれるのかを検討しています。

たとえばガン患者さんが湯治に殺到することで知られる秋田県・玉川温泉の北投石(ほくとうせき)。
放射線を発するラジウム鉱石ということで有名ですね。
玉川温泉の実地測定でも計測場所によって大きく違うものの、3.0〜3.8マイクロシーベルト/h(μSV/h)程度の放射線量があるとされているようです。

放射線量(μSV/h)を測るための放射線測定器、マイナスイオン測定器、サーモメーターなどを買いそろえ、台湾・ヨーロッパなど現地へ行き10種類くらいの鉱石を分析・研究してみて意外なことがわかりました。

一般的な認識とはかなりのズレが生じている部分があることです。
ただ、、、かなりの抗議が殺到しそうなので、真実はあまり大きな声でいえないのですが。。。

日本東洋医学財団で入手し、分析したのは

北投石(ほくとうせき) ・・・ 天然記念物に指定。秋田県・玉川温泉と台湾の2カ国のみに存在

バドガシュタイン鉱石 ・・・ 天然記念物に指定。オーストリアでは国民健康保険を使用できる

ゲルマニウム鉱石

二股温泉などの各種ラジウム鉱石などなど・・・・

これらの分析が進みつつあります。


中でも天然記念物に指定されている2つ、、、、

テレビでも放映される、ガン患者さんの湯治で知られる秋田県・玉川温泉の北投石(ほくとうせき)、世界的に有名とされるバドガシュタイン鉱石など一般にはあまり出回らないため特殊なルートで大量に入手したのですが、、、

残念ながら私のような「現在健康な人間にはあまり有益でない」ことがわかってきました。

ただ、ガンの患者さんから「玉川温泉に湯治にいくのが夢♪」というお話も聞きますので病院でのつらい放射線治療の代わりに北投石を利用したい方がいらっしゃるという事情も理解しています。

北投石(ほくとうせき)、バドガシュタイン鉱石は1グラム5千円以上とか1キロ20〜30万円が販売相場といわれる非常に高価な鉱石ですが、日本東洋医学財団で北投石の岩盤調査を終えつつあるので、そういった方に対して、北投石のほうだけはお安く譲ることができます。 


※ 今回お譲りした財団管理の最も大きい北投石は2486グラムなので、その販売相場では1個50万円以上の販売価格になってしまいます。


江戸時代から民間によって勝手に採掘されていた北投石ですが、現在は天然記念物に指定され、採掘が禁止されてダイヤのように希少価値がでてきただけ(効果に見合わない価格)なので、業者さんが販売している100万円を超えるバドガシュタイン鉱石のベッドなどを見ると「正常ではなく、異常な商売」だと考えてしまいます。

(財団ではバドガシュタイン鉱石も大量に保管しているのですが、まだ分析が終わっていないのでもう少し時間が必要となります。
またお金儲けの材料にされたくないので業者さんはご遠慮ください)


【日本東洋医学財団で保管している北投石について】

提供者のガイガーカウンター密着測定で100マイクロシーベルト(μSV/h)ほどの強力な北投石もあるのですが、財団管理の大半は玉川温泉の近くの神社で某業者さんが「最高数値」としている3.8マイクロシーベルト/hと同等程度です。

マイナスイオン測定器ではマイナスイオン発生量が1500〜1800個/cm3ほど。

※ 参考として、法令に規定された放射線を浴びる量についてのプリントを同封いたします。 

ラジウム鉱石を一般的にはお風呂に沈めて入浴剤のように使うようですので、詳しい利用法についてはネットで検索されるとよいでしょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

難病請負人 公式ページ  http://706nanbyo.com/

 (財) 日本東洋医学財団サイト http://104igaku.com/


toyoigaku at 08:35|PermalinkTrackBack(0)clip!

2004年10月27日

非行に走る子供たちに共通する、ある特徴とは・・


. いきなり意味深なタイトルでゴメンなさい。 ビックリするブログを見つけたのでちょっとご紹介します。(とても怖いです) 暮しの赤信号≪山田博士いのち研究所≫      アメリカの非行少年、ほとんどの子の甲状腺が壊れていました  アメリカの非行少年を調べた報告があります。ほとんどの子が喉(のど)の奥にある甲状腺(こうじょうせん)が壊れていました。ここはカルシウムを作ったり、骨を作るのに大切な役割を持っているところ。ここが壊されるとカルシウム不足のため、イライラが募り暴走します。この甲状腺、環境ホルモンで破壊されることも最近分かりました。  なのに街では、スチレンや缶などの使い捨て容器のコンビニ食やファストフードが満開。日本という国が、彼女たちを壊したのです。   ◆  少年院の少年が、過去食べてきたもの  盛岡(もりおか)少年院の少年たちは、いままでどんなものを食べてきたのだろう。続きを読む

toyoigaku at 03:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2004年10月21日

なぜ、○民病院は腹腔鏡手術をしなかったのか?

. 患者さんからこんな話を聞くことがあります。

「○年前の○民病院の手術の時、腹腔鏡(ふくくうきょう)手術を希望してたのに、メスで広く切られた。。腹腔鏡手術なら小さい穴を開けるだけで手術するから身体の負担も少ないし、こんなに長い傷跡が残ることもなかった・・・」

これは難しいんです。

微妙な問題でベストな解決は難しいんですが、少しだけ検討させてください。  

   〜 なぜ、○民病院は腹腔鏡手術をしなかったのか? 〜

(○民病院に、オペの方法とか熱心に研究しているドクターが多いことは私はよく承知しています。)  

 

 ★ 時代はすごい勢いで変動しています。とくにオペなんかは。★

続きを読む

toyoigaku at 02:57|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2004年10月20日

儲かる?サプリメントビジネス

. 儲かる?サプリメントビジネス(タイトルもろパクリ) ブログで話すサプリの事というブログはなかなか斬新です。 サプリメント業界の大きな問題点の実例として「健康食品の製造販売をした人」のお話が書いてあります。薬害の多いサプリメントの現実などとっても参考になります。

toyoigaku at 02:45|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2004年10月19日

モーラスは効く、らしい。

. モーラス大好きな薬剤師さんが書かれた記事です。

欲しい薬を自ら指定するところがある意味プロ根性なのかも・・。

実は、私も久光製薬さんは大好きです。  (個人的に)

続きを読む

toyoigaku at 02:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2004年10月08日

「抗生物質を飲むと風邪が治る」と信じているあなたに注意報 !


風邪を早く治すには・・

「抗生物質を飲むと風邪が治る」と信じているあなたに警告します。 

           (カゼは、注射を打っても治りません)   

        +  +  +  

  おととい、「テレビタックル」で「風邪の時に抗生物質を出す医者は、悪い医者」という発言がありましたね。  (まぁ、そうとばかりもいえませんが・・)

 

「抗生物質で熱が下がる」というのは「正義の抗生物質マンによって悪のバイ菌マンが退治されて、カゼが治っちゃう」的な、なんとなく信じてしまうヒーロー・イメージなのかも知れません。

1. 風邪を治す薬というのは西洋医学にはない。  

 (もし作ったらノーベル賞をもらえる、と聞いたことがあります)  

2. 抗生物質は、二次的な症状の抑制を目的としたものであり、本体の風邪の治療とはとりあえず関係ないらしい。

 

(以前に厚生労働省は、病院に対して「誤った利用を慎むように」との通達を出しています。これは一般の方にはかなりショックなことでしょう。)

----------------------------------------------------  

★ そのキモチはわかるんよ。でも、違うのよ〜

続きを読む

toyoigaku at 04:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

臨死体験で「お花畑」

(今日は日曜なので堅い話はやめときますね。 「世の中こういうこともあるんだ」シリーズ 〜 その1 ということで。) 医療に関わっているとフシギな経験をしたり、他の人の不思議な体験を聞いたりします。 その中で「臨死体験をした」という人が患者さんで2人いました。どちらも60代後半の女性で、死にかけた際にいわゆる「お花畑」を見たとのこと。 (もちろんマトモな方たちです)

続きを読む

toyoigaku at 03:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年09月26日

臨死体験で「お花畑」

(今日は日曜なので堅い話はやめときますね。 「世の中こういうこともあるんだ」シリーズ 〜 その1 ということで。)


 

医療に関わっているとフシギな経験をしたり、他の人の不思議な体験を聞いたりします。

 その中で「臨死体験をした」という人が患者さんで2人いました。

どちらも60代後半の女性で、死にかけた際にいわゆる「お花畑」を見たとのこと。 (もちろんマトモな方たちです)

 M尾さんは危篤状態の時、自分の緊急手術の様子を上の方から見ていて、後からその内容をドクターに確認したという。。 (その正確さにお医者さんがビックリしていたって)

また前方から「眩しい光」が差し込んで来て幸せな気分だったって。ハッキリ憶えているみたい。

 M藤さんは金色のお花畑で、足が地につかず、フワフワしてたみたい。

で、金の菜の花が咲いていて、さすがに金だけあって、風に吹かれると「シャリシャリ」と音がするのが印象的だったと言っていました。少し離れたところに古いお城のような、砦(とりで)のようなのが見えたって。

 

どちらの人も「生きていれば自分にもなんか出来ることがあるはずだ」って思ったらしい。「でも何をすればいいのかはっきりわからないんだけど・・」っていってた。

 

あと、一つ、オチなんですが、「お花畑の先がどうなってるかは見てないから知らないからね。」と語ってました。 そりゃ、そうだ。 (納得)

 

実は、病院関係の、ベテラン看護婦とかはこういうことをいろいろ知ってるようで詳しいみたい。「知り合いが死ぬ前に夢に現れた」とか言ってる。  

 

〜 病院には「よく出る」というウワサがあるんです。

何がでるって決まってるじゃないですか。例のアレ、ですよ!  

このシリーズはまた近いうちに・・。 〜 私もこういう臨死体験があるのはきいていたけど、当時自分が担当していたたった20人くらいの患者さんのうち、2人も同じようなことを話されたのでとっても驚いたんです。 みんな口にしないだけで、ほんとは確率として高いのかもしれないですね。 お年寄りは仲良くなるといろんなことを教えてくれます。            

続きを読む

toyoigaku at 01:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!