完治療法 中村司の自己紹介

2009年09月07日

「心身は治る」 中村司 PV第3弾 〜愛はずっと君を包んでる〜


こんにちは、難病請負人 中村司 です。


「心身は治る」 中村司 PV第3弾 〜愛はずっと君を包んでる〜
をご覧ください。







toyoigaku at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年05月03日

【参加用】 難病治療師育成プログラム 専門コース

 
【参加用】  難病治療師育成プログラム 専門コース


                    主催 (財) 日本東洋医学財団



治療師育成プログラムに興味をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。

 

難病請負人となり、多くの患者さんを救うであろうあなたのために、() 日本東洋医学財団が持つ難病治療に対する知識をすべて詰め込みました!



これを学べば、あなたの持っている現代医学の常識がくつがえされるはずです。


2種類あるプログラムのうち、中村司弟子プログラム(【専門スタンダード】)の詳細は後半をご覧ください。
 

 



     【難病治療師育成プログラム 専門コース 初級】


   以下3種類の基本的なDVD・CDをセットでお送りいたします。



1.難病から解放する基本治療法【DVD1枚+専用テキスト】15800


2.中村司開発のKIK療法    【DVD1枚+専用テキスト】 12000


3.「超」整形外科医  坂井学先生との対談【CD2枚+専用テキスト】
  
                         
by 中村司×坂井学医師    12800 円



              計40,600円相当



  ※ 専門コース初級にはセミナー割引制度はありません。
    2009年度の定員は50名



以上が【難病治療師育成プログラム 専門コース 初級】です。


この初級プログラムは、 29,800円 で提供させていただきます。






本気の方、弟子を目指す方へ・・・


     【難病治療師育成プログラム 専門 スタンダード】



以下DVD・CD20枚を特別セットにしてお送りいたします。

これらを学んだうえで、セミナーにて中村司から直接指導を受けることができます。



  【専門スタンダード】
  2009年度の定員は10名です。定員に達し次第、募集を締め切ります。


続きを読む

toyoigaku at 08:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年01月06日

難病請負人 中村司 メイキング・ビデオ


完治療法
の動画:「難病請負人 中村司 メイキング・ビデオ」
をご覧下さい。







toyoigaku at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年01月05日

難病請負人 中村司 (もうちょい大画面編)


完治療法
 中村司の動画:
難病請負人 中村司 (もうちょい大画面編)」をご覧ください。







toyoigaku at 16:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年01月02日

難病請負人 中村司    (コマ送り小画面編)


完治療法
 中村司の動画:
難病請負人 中村司 (コマ送り小画面編)」をご覧下さい。







toyoigaku at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月28日

★ 訪問者別 サイトマップ   


病気を治したい方、ご家族の方

難病請負人 中村司の治療に興味のある方

治療家・医療関係者の方 医学的見解

東京・大阪・名古屋セミナーで会いましょう

江戸時代の医学書や書物に興味のある方

便利グッズや治療法CDを購入したい方

  ↑ あなたの興味あるページへお入りください。


「日本一の難病請負人」中村司のページへようこそ。

星の数ほどあるネット情報の中から中村司の記事を読んでいただき、誠にありがとうございます。

時間をかけて書いた私の努力も報われました。(笑)


ここにたどり着いたあなたはとても幸運な方です。

 どんな意味なのかは読み進めればわかるでしょう。



今、10秒ほどお時間はありますか?

もし時間があれば、このページをお気に入りに入れていただくと今後とても便利ですよ。


よく知っているはずの患者さんですら

「読んでいて途中で迷子になった」

と言われるほど多くの記事を書いていますので、あなたが道に迷ってもここに戻れば安心です。

また読み進めることができるでしょう。

それでは、好奇心と探究心の旅にいってらっしゃ〜い。




初診を希望される方は必ず登録↓しておいてくださいね。


  "難病請負人" 中村 司が病気で悩むあなたへ贈る

【5日でわかる、痛みと難病克服の秘訣】全5回無料メールセミナー



   日本一の "難病請負人" だけが知っている

    【痛みと難病を克服する25の秘訣】 を、

      あなたも知りたくありませんか?



しかも無料で、自宅にいながらあなたの好きな時間に学べます。

あなたの人生を変える、中村司による渾身のプログラム。

     治療会の前にここで学習しておいてください♪


              詳細 ←こちら






     難病請負人☆中村司 公式サイト



(^∇^)皆様より 「中村司さんはこんな人です」




これからどんどん改造していきます。

続きを読む

toyoigaku at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年08月23日

無料メールセミナー  関節リウマチ 変形性股関節症 変形性膝関節症パーキンソン病 


ニュース!

この無料メール講座は以下の病気を完治に向かうために書かれたものです。

関節リウマチ 変形性股関節症 変形性膝関節症 関節リウマチ パーキンソン病 白内障など目の病気 中耳炎など耳の病気 頭痛 偏頭痛 肥満 心臓病 糖尿病 前立腺がん 呼吸器病(花粉症 ゼンソク 気管支炎) 副鼻腔炎 乳幼児突然死症候群(SLDS) 甲状腺機能低下症 潰瘍性大腸炎 大腸がん 胃かいよう  十二指腸かいよう 便秘 盲腸炎 大腸炎 潰瘍性大腸炎 大腸ガン 大腸ポリープ 肥満 糖尿病 心臓病 静脈瘤 胆石 通風 腎臓結石 脳卒中 高血圧 多発性硬化症 悪性貧血 乳ガン 心臓病 癌各種 糖尿病 骨粗しょう症 子宮がん 卵巣がん 膣がん 乳がん などなど・・・




"難病請負人" 中村 司が病気で悩むあなたへ贈る

【5日でわかる、痛みと難病克服の秘訣】

全5回  無料メールセミナー



日本一の "難病請負人" だけが知っている

【痛みと難病を克服する25の秘訣】 を、

あなたも知りたくありませんか?




はい!

しかも無料で、自宅にいながらあなたの好きな時間に学べます。

あなたの人生を変える、中村司による渾身のプログラム。

【5日でわかる、痛みと難病克服の秘訣】

全5回無料メールセミナーの登場です。


 もんど写真 中 サムネイルしつこいようですが、こういった病気を対象として書きましたので真剣な方のみ最後までお読みください。

対象: 関節リウマチ 変形性股関節症 変形性膝関節症パーキンソン病 白内障など目の病気 中耳炎など耳の病気 頭痛(偏頭痛) 肥満 心臓病 糖尿病 前立腺がん 呼吸器病(花粉症 ゼンソク 気管支炎) 副鼻腔炎 乳幼児突然死症候群(SLDS) 甲状腺機能低下症 潰瘍性大腸炎 大腸がん 胃かいよう  十二指腸かいよう 便秘 盲腸炎 大腸炎 潰瘍性大腸炎 大腸ガン 大腸ポリープ 肥満 糖尿病 心臓病 静脈瘤 胆石 通風 腎臓結石 脳卒中 高血圧 多発性硬化症 悪性貧血 乳ガン 心臓病 癌各種 糖尿病 骨粗しょう症 子宮がん 卵巣がん 膣がん 乳がん  などなど・・・


中村司はリウマチによる祖母の寝たきり27年間など

多くの患者さんの痛みや苦しみに付き添ってきました。

日本では、難病に対して有効な治療法がないため

努力がほとんど報われず、悔しい想いをしてきました。


あきらめず世界中の優れた研究データを探し続け、研究

したところ、かなりの成果を認めるようになったのです。



特にリウマチ、関節の痛みなど素晴らしい前進をみました。

これは今まで苦労していた私も、本当に驚くべきことでした


【5日でわかる、痛みと難病克服の秘訣】 全5回無料メール

セミナーを受講するとあなたの人生が大きく変わってしまう

ことでしょう。 

完治した患者さんたちは「先生に会って人生が変わりました」

「病気の真実を知って本当に良かった」
と証言してくれています。



もちろん、中村司はネットを通じ、あなたの人生も輝かせ、

向上させることを約束します。




【5日後のあなたの姿】


1.【世界トップレベルの医学者たちが検討し到達した"医学上の真実" 2つ】を知るのであなたは今後、心が迷わない。

2.【良い病院 悪い病院の見分け方】がわかるのでヤブ医者に遭わなくて済む。

3.【今の医学に警鐘を鳴らすニセ医学】を理解できると、ニセ科学に惑わされない。

4.【現代医学の常識をはるかに超える゛「超」整形外科"】 を知るので現代医学のウソを見破れる。

5.【巨額の医療費を使っても国民が健康にならない理由】がわかるので、とても安く健康になれる。

6.【「3時間待ちの3分診療」から逃れる方法】がわかり、信頼できる主治医が見つかる。

7.【最高の主治医】がどこにいるのか知るのでいつも安心。

8.【医学・医療は日々進歩しているはずなのに・・】というトリックがわかり、免疫力がグンと伸びる。

9.【本人に全く自覚がない病気】の原因はこれだ!・・・意識するだけで難病は消え去っていきます。

10.【改善の前兆で現れる、見かけ上の悪化(数値や画像)】の理論がわかるので、正しい治療を判別できる。

11.【抗生物質を飲むと風邪が治る、と信じるあなたに注意報 !】
・・・日本人がいまだ医学天動説を信じている典型的な証拠。

12.【なぜ、市民病院は腹腔鏡手術をしなかったのか?】がわかると安易な○○は避けられる。

13.【あなたが悩んでいるこれらの病気をなぜ "つまらない" といえるのか?】がわかれば、全ての病気を超えられる。



【主な目次】


【「難病請負人ってなに?」】

【"難病請負人"が駆使する30以上の治療法】

【「日本は医学的な鎖国状態かもしれない・・・」と感じる理由】

【世界のだれも知らない「○○が○○状態になったら改善しているバロメータ」】

【病気をお持ちの皆さんへ 中村司からの激励メッセージ
     あきらめる必要はない!! 今日から変えてみよう】

【遠赤外線の有効な活用法 体験談】

【重症筋無力症、関節リウマチになって★★★が飛ばなくなった例〜 

食べ物と消化・吸収の悪化」が数ヶ月後に悲惨な結果をもたらす】

【「貧乏は●の病気である」という説は本当なのか?】



     ★ ★ 読者からの質問 ★ ★ 

【どこが,一番よくて、何が最適なんでしょう?】 

【〜 東洋医学(鍼灸など)の治療による「有効率」 打率は何割か!? 〜】

★ 中村 司の質疑応答集 Q&A ★






【無料メールセミナー受講者限定プレゼント】


「キレイなお肌を手に入れる」 eブックシリーズ

(アンチエイジング講師  前田あおい著)

先着100名 5冊全て無料プレゼント

(「あなたの周りにある危険なもの」を教えてくれます)


毒は私たちの身の回りにあふれており、とても危険なもの。

多くの病名でこれらの毒の蓄積が遠因となっています。

中村司の得意分野でなく、どうしようか迷っていたのですが、

友人の前田あおいさんに依頼したところ、快く中村司の読者

先着100名限定でプレゼントしてくださることになりました。

病気の方には4番の「経皮毒 編」が特にお勧め。





【日本の医学が決して語らない、

本当の医学体系による証拠】



「現在の知識を十分に活かせば、がんの

70%。 心臓病の60%は減らせる。」

アメリカ国立がん研究所(NCI)予防部長 グリーンウォルド博士 

1986年 アメリカ上院で証言




世界三大長寿地域の1つフンザ(パキスタン北部地域)について

「フンザにはがんも心臓病もない。

ところが先進国にはいっぱいだ。

しかし、ガンも心臓病もその他の病気も

今世紀初め頃のアメリカでは珍しい病気

だった」
アメリカ パーシィ上院議員の発言より






 
" 難病だけを治療する日本一の

「難病請負人」 中村司による

「東洋医学のツボのツボ」 "




「こんな奇跡が簡単に起きました!!」という事例を紹介


祖父の腎臓癌を3大療法なしに完治

死の寸前だった犬が復活して走り回る

原因不明の神経マヒが一日半で動き始めた

難病の最高峰とされるリウマチが治っていく

2ヵ月半で15キロ減

などなど・・・




中村司が経験した画期的な治療法が、紹介されています。




【お申込み方法】


とても簡単なので下記AとBを確認し、今すぐ入力してください。

e-ブック5冊全てを先着100名限定でプレゼント

(以下のページにて名前、正確なメールアドレスなど)

    
患者さん・ご家族などは こちら


ご登録2〜3分で、第1回無料メールセミナーが配信されます。

誤入力が多発しています。

誤ったメールアドレスでは配信されませんので正しいアドレスを

コピーして入れると安心です。 (全て半角英数)


 E-Mail の正しい入力例・間違った入力例:

○ abcd1234@yahoo.co.jp (すべて半角英数字

× abcd1234@yahoo.ne.jp (yahooはco.jp のみ可

× abcd1234@yahoo.co.jp (1234@が全角でNG)




A.【セラピスト・治療家・勉強中の方々へ】


ドクターや治療家の先生、医療従事者の方たちは特別に

医療従事者のための【失敗しない、痛みと難病治療法】

全7回 無料メールセミナーのほうを今すぐお申込みください。 

セラピスト・治療家向けはこちら

e-ブック5冊全てを先着100名限定でプレゼント


※内容はほぼ同じですが、システム上、上記2つの

プログラムは、どちらか片方しか参加できません。


入力をお間違えなきよう。



B. 【プライバシーポリシー】


中村司はあなたのプライバシーを最大限尊重します。

迷惑メールも大嫌いなので、中村司の送信以外に利用しません。


追伸)

「こんなことを無料で教えていいのか!?」というくらい濃い内容

ですので、中村司の教材を購入予定の方、既に購入済みの方は

登録されることを強くお勧めします。
続きを読む

toyoigaku at 05:38|PermalinkTrackBack(0)clip!

2007年08月03日

中村司コレクション 7 幕末特集 吉田松陰 新井白石 農業全書 貝原益軒 日本王代一覧

中村司の書庫 景粛宮には現代の本だけでなく、室町時代、江戸時代からの印刷物、講義録も収蔵されています。


医学書、仏教書、歴史書、文学などです。

周りから「蔵書の内容を教えてほしい」という声を聞くので、すぐにアップできる分のみ公開することとしました。

前半部分では吉田松陰 新井白石など歴史上の人物の自筆を多く紹介しました。

今日は、目を楽しませてもらえれば、と思います。


         吉田 松陰


吉田松陰の自筆掛け軸
  

長州藩校・明倫館の兵学教授ののち、松下村塾(しょうかそんじゅく)を主宰し明治維新へ導いたとされる吉田松蔭。
伊藤博文、山県有朋、木戸孝允、高杉晋作など明治維新の功労者を輩出。

幼時の苗字は杉。養子となり、吉田矩方(のりかた)。
本姓は藤原。
号は松蔭の他「二十一回猛士」。通称は「寅次郎」


「二十一回」    (二十一回猛士)
 「藤寅」       (本姓の藤原寅次郎)
「吉田矩方」    (落款)

      を記す貴重な書



吉田松陰の書 21回 藤寅 全体 1

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田松陰の書 21回 藤寅 下

吉田松陰の書 21回 藤寅 サイン 落款

 

 

 

 

 





吉田松陰の自筆画 (4枚)


 松陰さんは墨画を好んで描いたようです。

吉田松陰の画賛 4枚 軸装 1

吉田松陰の画賛 4枚 軸装 3






 





 





幕末の長州藩士  高杉晋作・筆  号 「東行」

吉田松陰門下の秀才・高杉晋作。 
奇兵隊を指揮し、数に勝る幕府軍を圧倒する。
倒幕の足がかりを作るが肺結核にて27年8ヶ月の命を閉じる。

号「東行」は「西へ行く人を慕いて東行く我心をば神や知るらん」との歌に由来。

高杉晋作   書  肉筆 ★全体高杉晋作   書  肉筆 ★ サイン













第3代 総理大臣 山縣有朋・元帥  

号「含雪(がんせつ)」  長州藩出身 公爵
 
東京・目白にある椿山荘(ちんざんそう)の所有者であった。


山縣有朋 筆 ★ 二行書掛軸 鑑定 極箱 1山縣有朋 筆 ★ 二行書掛軸 サイン・落款・鑑定極箱































幕末の英雄 勝 海舟(かつかいしゅう)
 
一行書(左)  二行書(右)の 2作品

坂本龍馬の師匠でもある勝義邦(かつよしくに)

薩摩藩・西郷隆盛と会談し江戸城を無血開城へ導く

左は「海舟居士」と「勝義邦」の落款  号「海舟」
右は「海舟」と「物部義邦」の落款    号「海舟」



勝海舟 ★一行書 紙本肉筆 箱付 浦寡勝海舟 掛幅 落款 ★二行書 














勝海舟 掛幅 全体 ★二行書 紙本肉筆













 












 西郷 隆盛 (西郷隆永 号・南州) 

 4行書(左)  3行書(右)の 2作品

左・黄色 4行書 (「藤氏隆永」「南州」の落款)
              号・南州 なんしゅう

右・青色 3行書 (「藤氏隆盛」「南州」の落款)


 「総裁局顧問専任」として 実質の第2代宰相。
   (初代は木戸孝允、3代は大久保利通)

幕臣・勝海舟と会談し、江戸城を無血開城に導く。
新政府を主導するも、西南戦争を起こし、自害する。



西郷隆盛の本名は西郷隆永(たかなが)。

「隆盛」という名前はもともと西郷さんの父親の名前。
通称の吉之助(きちのすけ)で呼ばれることが多かったため、友人ですら本名を忘れていた。明治新政府より官位を贈られる際、手違いにより父親の名前「隆盛」とされてしまったことから、以後「隆盛」と名乗るようになった。

おおらかな西郷さんらしいエピソード。


西郷 隆盛 (西郷隆永 号・南州)  4行書西郷 隆盛 (号・南州) 3行書 絹本





 






















 本名「隆永」は珍しいため詳細な写真を追加しました
   ↓クリックすると大きくなります        
              西郷 隆盛 (西郷隆永 号・南州)  四行書 全体     






































            新井 白石


新井白石・自筆

 号 錦屏(きんぺい)山人(さんじん)

新井白石・自筆・五絶詩






新井白石 自筆 全体

 

 

 



新井白石・自筆「折たく柴の記」大槻玄沢旧所蔵

 新井白石「折たく柴の記」 隠岐守 落款入

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

          紫式部日記


「紫式部日記」  
杉田玄白・大槻玄沢 旧所蔵

皇子誕生・母子の平安を勅使を通し天皇へ奏上する藤原道長


伏見宮 貞敦親王(ふしみのみや・さだあつしんのう)自筆

伏見宮家 6代目当主。
中務卿、式部卿。永正元年(1504年)に親王宣下
室町時代・天文12年(1543年)筆

               + + +

伏見宮家(ふしみのみや)は、日本の宮家の一つ。四世襲親王家の一つ。菊の花を裏から見た様子を描いた裏菊を家紋とし、家紋同様、天皇家と表裏一体の存在であった。

北朝第3代 崇光天皇の皇子、栄仁親王(よしひと、なかひと)が始祖。明治維新後に創設された宮家は、ほとんど伏見宮家の系統である。現在の天皇家も伏見宮家の系統であり、伏見宮貞成親王の男系子孫である。

                                                    ウィキペディアより

「紫式部日記」
紫式部が一条天皇の中宮彰子に仕えていた寛弘5年(1008)から書き始め、1年半後の寛弘7年(1010)頃成立。宮廷生活の記録、特に彰子の皇子降誕など、華麗な宮廷行事が描かれている。

               + + +


画像上部に杉田玄白・大槻玄沢の落款(印)

 画像1                画像2
親王筆親王筆 (僧都)























画像1
             

・・・ながらぞ、たひらかにおはします御ありさま(有樣)、そう(奏)せさせ給(たま)ふ。ろく(祿)なども給(たま)ひける、そのこと(事)はみ(見)ず。御ほそ(臍)のお(緒)はとの(殿)の上、御ちつけ(乳附)は橘三位つき子、御めのと、もとよりさぶらひ、むつまじう心よいかたとて、大さゑもん(左衞門)のおもとつか(仕)うまつ・・・・

現代語訳

≪寛弘五年(1008)九月十一日、一条天皇の中宮(彰子)さまが無事、皇子(のち後一条天皇)を出産された。皇子誕生の祝いとして天皇から守り刀の「御剣(みつるぎ)」を賜わる。天皇の勅使に対し、殿(藤原道長)は、立った≫・・・・・まま、母子(彰子と皇子)ともにご平安でいられるご様子を奏上させられる。御楓刀(みはかし)の勅使には禄なども賜わったが、そのことを私(紫式部)は見ていない。若宮(皇子)の御臍(へそ)の緒をお切りする役は殿(藤原道長)の北の方、御乳付(おほんちつけ)の役は橘の三位(橘仲遠の娘・徳子)、御乳母(めのと)は、以前からこのお邸(藤原道長邸)にお仕えしていて、おなじみで気立てがよい人をということで、大左衛門(おおさえもん)のおもと(中宮女房で橘道時の娘)が奉仕・・・・≪する。≫


画像2

・・・そうず(僧都)、ほうむ(法務)そうず(僧都)など、さぶらひて、加持まゐり、院源そうず(僧都)、きのふ(昨日)書かせ給ひし御願書に、いみじき事ども書き加へて、讀みあげ續けたる言の葉のあはれに尊く、頼もしげなる事、限りなきに、殿のうちそへて、佛念じきこえ給ふ程の、頼もしく、さりともとは思ひながら、いみじうかなしきに、人々涙をえ乾しあへず、ゆゝしう、かうなことかたみに云ひながらぞ、えせきあへざりける。人げ多くこみては、いとど、御心地・・・・・
   
現代語訳

《寛弘五年(1008)九月十一の明け方ごろから、一条天皇の中宮(彰子)さまが産気づかれた。定澄》・・・僧都や法務(ほうむ)僧都などがおそばにおつきして、お加持申しあげる。院源(いんげん)僧都が、昨日、殿(藤原道長)がお書きになられたご安産の願文に、さらにたいそうな願いごとどもを書き加えて、朗々と読みあげ続けたその重々しい文言が、身にしみて尊く、また心強く思われることこのうえないのに、さらに殿が声を合わせて仏をお祈り申しあげるときは、頼もしく、いくら何でも、まさかご安産なさらないことはあるまい、とは思うものの、やはりひどく悲しいので、だれもみなあふれ出る涙をおしこめることもできず、「ほんにゆゆしいこと。こんなに泣くなんて」と、お互いにたしなめあいながらも、なお涙をとどめることができないのであった。
こんなに人の気配(けはい)多くたてこんでは、中宮さまのご気分もいっそう・・・《めいるだろうと考えて殿(藤原道長)は、女房たちを東面の間にお出しになられた。》


             天海・大僧正


「法華経」の「薬草喩(やくそうゆ)品(ほん)」 

     天海・大僧正の旧蔵  21枚目の断片


この「法華経」は江戸幕府を開いた徳川家康公のブレーンとして江戸の都市計画に尽力した天海・大僧正の旧蔵。
「法華経」大巻の最終に「天海蔵」の蔵印がある。
(108歳にて没後、朝廷より慈眼大師の称号を贈られる)

度重なる江戸の大火により散逸し、150年を経て蘭学医 杉田玄白・大槻玄沢の手に渡ったもの。

筆者は特定されていないが経蔵でなく、天海・大僧正が個人的に所有していたことから皇室関係者か武家の高位と推定される。

「法華経」の「薬草喩(やくそうゆ)品(ほん)」は、人間を薬草になぞらえており、人間は誰もが心の奥底に仏のいのち(仏性)を持つとの仏教の人間観を「薬草」という名であらわしているという。

天海大僧正 旧蔵の「法華経・薬草喩品」の断片は、21葉に分けられており、手前の20点目は、日本医師会の会長だった故・武見太郎氏(1975年 世界医師会会長。 武見敬三・厚生労働副大臣の父)が所蔵。

シーボルトと大槻玄沢は面識があり、日本医師会がシーボルトに関する記念展示を行った縁で、20点目が当時の日本医師会会長・武見太郎氏の下に寄せられたとされる。

最終21枚目の断片はさらに貴重とされ、裏面に杉田玄白の落款が押されている。

寄贈により、中村司蔵となる。

              +  +  +

続きの「受記品(じゅきほん)」の「受記」とは「仏陀が弟子に与えた預言」であり、「あなたももうすぐ仏になれますよ」という宣言の意味。

シーボルトは著書「江戸参府紀行」で、大槻玄沢(仙台藩医)と桂川甫周(かつらがわほしゅう 将軍家・奥医師)に言及している。

              +  +  +

この「法華経・薬草喩本」はアメリカの南カリフォルニア大学 薬学部などで展示。
裏面に杉田玄白の落款である「玄白」が押捺してあります。
極めて薄く肉眼では見えませんが、米国コロンビア大学において原本裏面の画像感度を上げて処理し、肉眼でも見える画像となりました。


☆「薬草喩本」 21点あるうちの末尾の箇所 1




 

 




 

☆「薬草喩本」 21点あるうちの末尾の箇所 3

 

 

 

 

 

 

 

             頼 山陽

頼山陽(らい さんよう) 墨画・自筆

江戸後期 広島の学者
歴史書「日本外史」や以下に挙げる「日本政記」を著す。
幕末の勤皇志士たちのバイブルとされた。

本名は襄(のぼる)  字は子成  通称 は久太郎

号に 三十六峰外史。 山陽外史

     以下は 「頼 襄」  (らい のぼる)と署名

 頼山陽 江戸後期 山の絵

 

 頼山陽 花押






 

「日本政記」  頼山陽(らい さんよう)著


増補日本政記 頼久太郎著 












  新刊雲上明鑑 下  

   近衛家、九条家など公家の一覧 文政10年 


新刊雲上明鑑 下1冊  江戸期公家武鑑 文政10 1 新刊雲上明鑑 下1冊  江戸期公家武鑑 文政10 2 







  




       江戸時代の地図



   幕末の日本地図と世界地図


日本地図















世界地図















       地理全志 巻一 安政五年


          地球図 と ユーラシア大陸図  


世界地図 安政5年地理全志 巻一 ユーラシア地図 安政五年



 


 



 

野村素軒(のむらそけん)  墨竹画 

 長州藩校・明倫館館長 長州藩士 貴族院議員
         明治の三筆とされる


野村素軒・長州藩士









日本王代一覧

江戸幕府の大老・酒井忠勝が林鵞峰に命じて編纂させた日本の歴史書

           予定

 

 

絵本萬国史略 

世界の地理と歴史 ゾウの絵 明治初期の啓蒙書

萬国史略 一・二 1

 

 

 

 

 

 

 

 

神皇正統記 (南朝 北畠親房) 

神皇正統記 北畠親房 見開き

 

 

 

 


倭史後編 巻一・二 

 栗山潜鋒 儒学者 水戸彰考館総裁


倭史後編 巻一・二 栗山潜鋒 儒学者 水戸彰考館総裁














農業全書十一 附録  天明七年

  養生訓で有名な貝原益軒が著す。 

農業全書十一 附録  貝原益軒  天明七年






 

 

 

遠西医方名物考

遠西医方名物考 蘭学・宇田川榛斎  文政7年(1824)







江戸時代を代表する蘭学者・宇田川榛斎(うだがわしんさい)の名著。文政7年(1824年)
絵入りの蘭学書は珍しい。 「サルビアの図」(右画像)



医方大成論和語 岡本一抱(近松門左衛門の実弟) 

医方大成論和語 巻五・六 岡本一抱 近松門左衛門の実弟 元禄









 



令義解(りょうぎのげ) 
 右大臣・清原夏野が編纂

大宝律令(701年)以来の官位と職制が明らかにされている

鍼博士の記述など「東洋医学の朝廷での位置づけ」

典薬寮に在籍する医師、医博士、針師、針博士、按摩師について記述された貴重な書。
近いうちに解読して発表する予定。

令義解 天皇 文章博士 右大臣清原夏野 鍼師 1

 

 

 



 

針灸書『十四経絡発揮諺解』 巻之三


針灸書『十四経絡発揮諺解』 巻之三   1






 

灸法口訣指南 二

灸法口訣指南 2  東洋医学 表紙

 

灸法口訣指南 2  東洋医学 中身

 

 

 

 






<和蘭 用薬便覧> 医学 薬学資料


<和蘭 用薬便覧>医学書 薬学資料













 

続きを読む

toyoigaku at 03:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月13日

中村司コレクション 5  江戸時代の日本地図、世界地図

中村司コレクション 5
 

          江戸時代の医学書など

中村司の書庫には現代の本だけでなく、室町時代、江戸時代からの印刷物、講義録も収蔵されています。

医学書、仏教書、歴史書、文学などです。

周りから「蔵書の内容を教えてほしい」という声を聞くので、すぐにアップできる分のみ公開することとしました。

今日は、目を楽しませてもらえれば、と思います。




最初にご紹介する2つ、「世界萬国の図」と 森川保之による「日本地図」は幕末の素晴らしい美術品でしょう。特にカリフォルニアが島になっていたりと、現在とは大きく異なるアメリカ大陸の地図にユーモアを感じます。



江戸時代後期の世界地図   「世界萬国の図」

 世界地図

 

 










江戸時代の日本地図
   森川保之

日本地図
森川保之は江戸時代後期、幕末の絵師。

天保六年(1835)、信濃国(しなののくに。現在の長野県)大絵図を描いている森川保之による日本地図。

 
http://www.gsi.go.jp/MAP/KOTIZU/h271.html

江戸時代、鎖国下の日本において日本地図を国外に持ち出すことは幕府によって固く禁じられていました。国禁を冒した代表例として「シーボルト事件」があり、連座した当事者は幕府高官であっても極刑に処され、家柄は改易(お取り潰し)になりました。

そのようなこともあってか、江戸時代の日本地図はとても少ないですし、世界地図を庶民が目にすることもほとんどなかったのではないでしょうか。



ちなみに、、幕末を含めた江戸時代の日本地図と世界地図をネット上で見つけたのでご紹介いたします。

一番かわいいメルカトール氏の日本地図(1606年頃)
http://www.gsi.go.jp/MAP/KOTIZU/h228.html


1658年頃、作者:レランド、オッテンス
http://www.gsi.go.jp/MAP/KOTIZU/h229.html

伊能忠敬の正確な九州南部の地図
http://www.gsi.go.jp/MAP/KOTIZU/h278.html

文久元年(1861) 世界地図
http://www.gsi.go.jp/MAP/KOTIZU/h213.html

寛政8年(1796) 世界地図
http://www.gsi.go.jp/MAP/KOTIZU/h215.html

アジア全図
http://www.gsi.go.jp/MAP/KOTIZU/h232.html





 一條家(一条家) 文書  (江戸時代中期)

一條家(一条家)は公家で摂関家(五摂家)の1つ

五摂家は藤原道長の直系として摂政・関白職を独占。


 

「譲り渡し家屋の事」 安永6年 (1777)

一條様 御家領内(岡崎村)における家屋敷譲渡証文


  右から2行目冒頭に「一條様」と見える。


一條家 古文書
 

 
「一條家(摂関家)と岡崎村の建物譲渡証文」
            享和元年(1801) 


京都岡崎村
現在の京都大学あたり。
「一條殿地方役人」、多くの庄屋、年寄、百姓が署名・押印する貴重な資料。 

  

一條家 古文書2



 頼山陽 「日本外史」 (らいさんよう/にほんがいし) 

 大槻磐渓
(おおつきばんけい)による自筆書写
 江戸後期

福澤諭吉の師・緒方洪庵(おがたこうあん)の旧所蔵による落款

       
右上「適々斎」は、「緒方洪庵」の号・所蔵印。

緒方洪庵の開いた「適塾」
(てきじゅく)大阪大学医学部の前身。
弟子である若き福澤諭吉は適塾の塾頭でした。



《源頼朝・佐々木高綱に「宇治川の先陣」を求める部分》

ここにおいて、池月を得て以て先登(せんとう)せんと請ふ。頼朝日く、「乞(こ)ふ者多けれども、吾れ与(あた)へざるなり。顧(おも)ふに範頼ら、戦克(か)つ能(あた)はずんば、吾れ且(まさ)に親(みずか)ら往(ゆ)かんとす。これ吾が乗(じよう)なり」と。乃ち磨墨を賜(たま)ふ。諸将士皆発す。明日、佐佐木高綱(たかつな)、近江より来り謁(えつ)す。頼朝問うて曰く、「聞く、汝は近江に在りと。盍(なん)ぞ直(ただち)に軍に従つて京に入らざるか」と。高綱対へて曰く、「臣(しん)如(も)し軍に従はゞ、敢(あえ)て生(せい)を期(き)せず。一たび君に見(まみ)えて訣別(けつべつ)し、且(か)つ指揮を奉ぜんと欲し、馳(は)すること三日にして乃ち達す。臣、唯々一馬のみ。罷(つか)れて用ふべからず。故(ゆえ)に期(き)に後(おく)れてここに在り」と。頼朝喜び、因つてこれに謂(い)つて日く、「汝能(よ)く我がために宇治に先登(せんとう)するか」と。曰く、「能(よ)くせん。臣は河の上(ほとり)に居り、その浅深(せんしん)を識(し)れるなり」と。ここにおいて、遂に池月を出してこれに賜ふ。高綱感喜(かんき)し、謝して日く、君、高綱未だ戦はず・・・・


現代語訳


そこで、梶原景季(かじわらかげすえ)は遠慮もなく進み出て、池月をいただき、「宇治川の一番乗り(宇治川の先陣)」をしたい旨を請うた。頼朝はいうのに、「池月を欲しがる者はずいぶんあるのだが、これだけは遣らないことにしている。ほかでもない、範頼らがもし戦って勝つことができなかった際には、自分はみずから出陣しようと思っている。この池月はそのときの乗料なのである」と。そこで磨墨の方を与えた。こうして将士たちはみな出発した。その翌日、佐々木高綱が近江からやってきて、頼朝にお目通りした。頼朝が問うていうのに、「その方は近江にいると聞いているが、なぜすぐそこから軍に従って京都へ攻めてゆかないのか」と。高綱はこたえていうのに、「臣は軍に従っていくさをします以上は、けっして生きて帰ろうなどとは思いません。それゆえ、ひと目わが君にお目通りしてお暇乞いをし、そのうえで指図をお願いしようと思ったのです。三日間というもの駆け通しでやっとまいりました。臣はたった一頭の馬だけしか持っておりません。疲れきって役に立たなくなってしまいました。それゆえ出陣の期日にも遅れて、ここにまごまごしている次第です」と。頼朝はこれを聞いて喜び、そこで高綱に向かっていうのに、「その方はわたしのために、宇治川の一番乗りをして見せてくれ」と。高綱はいった、「そうしてご覧に入れます。臣は宇治川のほとりに住まっていますので、どのへんが深いか浅いか、よく知っています」と。そこで頼朝はすぐさま池月を出して、高綱に与えた。高綱は大いに感激して喜び、恩を謝していうには、「高綱が戦わ」・・・≪ずにすんだとお聞きになりました。≫


「神名記 上 」  江戸時代後期

東海道 及び 三重・埼玉・千葉の神社の名前と由来

続きを読む

toyoigaku at 15:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年08月05日

中村司コレクション4 貝原益軒本居宣長豊臣勲功記曲直瀬道三

中村司コレクション 4
 
          江戸時代の医学書など

中村司の書庫 景粛宮には現代の本だけでなく、室町時代、江戸時代からの印刷物、講義録も収蔵されています。

医学書、仏教書、歴史書、文学などです。

周りから「蔵書の内容を教えてほしい」という声を聞くので、すぐにアップできる分のみ公開することとしました。

今日は、目を楽しませてもらえれば、と思います。

                 ※写真が消えてしまったため修復中です。


           医学書

 貝原益軒  (かいはら えきけん 筑前 福岡藩医)

 【無病 長生養生之法 並 天寿捕元丹来由効能書
  
(
ムビョウ チョウセイ ヨウジョウノホウ ナラビニ テンジュ ホゲンタン ユライ   コウノウガキ)

京都大学附属図書館所蔵 富士川文庫目録 ムと同じもの


貝原益軒  (かいはらえきけん 福岡藩医)

江戸時代 前・中期の儒者。「養生訓(ようじょうくん)」の著者としてあまりに有名。
福岡藩医官・貝原寛斎の四男。
名は篤信、字は子誠、通称を助三郎、のち久兵衛、別号に損軒・柔斎。
父や兄・存斎に医学・漢学を学ぶ。
のち福岡藩医となり京都に遊学。
学問は初め陽明学を好み、のち朱子学を、晩年にはその朱子学も批判するに至った。
探究極めて幅広く、子女の教育法を説いた「和俗童子訓」等著書も多い。正徳4年(1714)歿、85才。



近代医学の父 伊東玄朴(いとう げんぼく) による 
            江戸期の蘭学書 (西洋医学書)  

    医療正始
[いりょうせいし]」
 3・13・15巻 3冊

医療正始 附医院類案

【著者】ビショップ(ビスコフ) 著  伊東玄朴 訳
【成立】天保6
(1835)年 〜 安政5(1858)


東北大学 附属図書館と同じもの

幕末に長崎でシーボルトに師事し、蘭方医として初めて将軍の奥医師となった伊東玄朴は、日本で最初に種痘[しゅとう]を導入した。
玄朴自身が翻訳した蘭書 医療正始(いりょうせいし)は特に有名。

「医療正始」第3巻には江戸時代の関節リウマチの症例が詳しく載っています。早めに公表したいため、「リウマチ感謝」さんにお譲りし解読作業をお願いしました。



阿蘭陀流外科書 (オランダ流外科書) 巻之四 
          寛文10年
(1670年)

成立が鎖国直後の1670年と古いこと、同一と思われる文書が東京大学や京都大学の関係文書に見あたらないことからかなりの貴重書かもしれない。

九州大学 附属図書館 医学分館 参照





「万外集要」 (マンガイシュウヨウ) 東洋医学  

別名 万外集 山本玄仙 著  元和5年(1619年)刊



徳川家康公が亡くなった直後、江戸時代初期の東洋医学関係書籍。中国から伝来した外科医学について解説している。


京都大学附属図書館所蔵 富士川文庫目録 マと同じもの






「古今幼科摘要」  小児科についての東洋医学  

下津寿泉 著   宝永6年刊 (1709年)


  名古屋市立大学 大神文庫
と同じもの


古今幼科摘要 2





和蘭内景 医範提綱 巻之三(3巻3冊) 幕末期西洋医学


医範提綱 (オランダないけい いはんていこう)

【角書】和蘭内景 
(オランダないけい)
【別書名】西説医範提綱釈義(せいせついはんていこうしゃくぎ)


宇田川榛斎
(うだがわしんさい)
訳(著) 諏訪俊 編

    文化2序、同刊 (弘化2年 再刻)

以下、
中村学園大学HPの解説要約


医範提綱(文化2年、1805年)は宇田川榛斎(うだがわしんさい・玄真/げんしん)が書いた簡潔な解剖学の本(本文3巻および図)。宇田川榛斎(玄真)は多くのオランダの解剖学書を読み、30冊におよぶ「遠西医範」を書いた。しかし、これは出版されず、「医範提綱」はその概要を要約したもの。解剖学、生理学、病理学の知識を網羅し杉田玄白による「解体新書」、大槻玄沢の「重訂解体新書」より多くの医師によって読まれた。また膵、腺など現在使われている解剖用語の多くはこの本で使われたとされる。

宇田川家の人々は蘭学の発展に大きく貢献した。宇田川玄随(槐園)(1755〜1797)は津山藩(岡山県)の医師で漢方医であったが、将軍家・奥医師桂川甫周(かつらがわほしゅう)の示唆で大槻玄沢(おおつきげんたく)の門に入り、蘭語を学んだ。それまで西洋医学のうちでは外科学のみが知られていたが、彼はオランダの内科書「西説内科撰要」を翻訳し、内科学を紹介した。その養子である宇田川榛斎(玄真)(1769〜1834)も大槻玄沢に学び、「西説内科撰要」を改訂し、「医範提綱」を出版した。その養子である宇田川榕庵(うだがわようあん 1798〜1846)も同じく医師であるが、化学・植物学・動物学・薬学に造詣が深く、かつ識見に富んだ。日本最初の化学の体系的な本である「舎密開宗」(せいみかいそう)はその代表作。

医範提綱52の解剖図譜(1808年)は日本最初の銅版の解剖図。

 

宇田川榕庵宇田川玄真の養子・うだがわようあん1798〜1846)
宇田川家 3代

江戸時代、宇田川家3代にわたる業績は、西洋科学を、広い分野にわたって日本に伝えたというもの。
宇田川榕庵は美濃(岐阜)大垣藩医・江沢養樹の長男で、宇田川玄真の養子となり日本の近代科学の確立に多大な貢献を果たした。

シーボルトは、来日して3年後に、江戸で宇田川榕庵と対面し、彼の語学力と科学知識の豊富さに驚く。別れるとき榕庵はシーボルトに日本の植物葉をたくさん贈り、シーボルトは植物学の原書と顕微鏡を贈る。早稲田大学図書館所蔵貴重資料「伝・宇田川榕庵使用顕微鏡」が、このとき贈られたものと推定される。
 宇田川榕庵は、1837年(天保8年)に日本で初めての化学書「舎密開宗(せいみかいそう)」を江戸で刊行。榕庵が訳した「細胞」「水素」「窒素」「酸素」などの訳語は、今もそのまま利用されている。またコーヒーを日本に紹介した。

杉田玄白たちが考えた用語「軟骨」「神経」「門脈」、後に宇田川玄真や大槻玄沢たちによる「膵臓」などの用語が、今でも使われている。

 

 産科発蒙 (さんかはつもう) 3

            江戸時代の産科の文献     

片倉鶴陵 相州築井人 賀川玄迪門下  江戸後期


  国立・国会図書館 
と同じもの


 【病因指南】  元禄8(1695)年 

        江戸期の名医・岡本抱一



  『万病回春病因指南』 巻之六・七の合本。


●岡本抱一

江戸前〜中期の医者。越前国生まれ。

実兄は江戸文学を代表する近松門左衛門とされる。
織田長頼(大和 宇陀松山藩主)の侍医・平井自安の養子になる。
後世家別派(曲直瀬道三の系統)の味岡三伯に入門し、医学を学ぶ。
古医書の平易な注釈書を数多く残した。

京都大学附属図書館所蔵 富士川文庫セレクト
     「病因指南」と同じ

江戸初期医学書「新刊万病回春」巻7







「察病亀鑑」  (サツビョウキカン)     巻之中

扶歌蘭度
(独)ヒュッヘランド著  (蘭) ハーゲマン訳
 青木坦(浩斎) 重訳

青木坦(別名/周弼 シウヒツ)訳 安政4年(1857)

文豪ゲ−テの友人でもあったドイツのベルリン大学内科教授 ヒュッヘランド (1762〜1836)の診断学書のオランダ語訳を、青木坦(1803〜1863)が重訳したもの。青木坦は山口県大島の村医の子であったが、宇田川榛斎(うだがわしんさい)の弟子となって蘭方医学を学び、さらに萩藩医として萩の洋学に寄与した。

ヒュッヘランドについては、緒方洪庵が訳した『扶氏経験遺訓』(1857年)が有名であり、とくに医戒は今日でもよく引用される。


滋賀医科大学 附属図書館記載

 


  眼目明鑑
 (ガンモクメイカン)
 4巻 
 
          眼科 医学書   
杏林庵 医生 著

        元禄2年(1689) 宝永4年(1707)か 不明

    眼科の病気の場合、必ず「目に近い頭部に鍼をすること。
    その詳しい方法」
「病名ごとのツボに灸をすること」
    述べられており、大変興味深い。

「目録」 
雑治内療/雑治外療/枢要/洗薬/塗薬/吸裁/蒸薬/
    澄薬/腐膜法/通治/眼虫採*/悪血写下法/五眼見分/
         五臓尅障/陰陽眼論/寒熱弁義
 


 「養生法」  松本良順 (まつもとりょうじゅん) 著
           山内豊城 校閲 註

    元治元年(1864)  コレラ、肺病、痔疾など
 
松本良順はポンペとともに長崎大学医学部の創設者。
順天堂大学病院(医院)も松本良順ゆかりの病院である。
緒方洪庵の後任として東京大学医学部の前身 「西洋医学所」頭取。

1866年幕府軍は長州藩との戦いに敗北し、良順は大阪城で病む14代将軍・徳川家茂公を治療し臨終を見取る。幕臣、将軍侍医として江戸幕府の海陸軍軍医制を編成し、総取締となった。明治には山県有朋の要請により明治新政府の陸軍軍医部を編成し、初代の軍医総監となる。

古来より江戸時代まで医学の中心は「漢方中心の東洋医学」であり、幕府にも大きな勢力を持っていたため、西洋医学(蘭学)はきわめて少数であった
しかし西洋医学は高度な外科体系を持つため、西洋医学を日本に広めようとしたのが松本良順である。
栄養が少なく、伝染病が流行しやすい時代に海水浴、牛乳を飲むことを奨励したのも松本良順であった。
 
なお、幕末に長崎でシーボルトに師事し、蘭方医として初めて将軍の奥医師となった伊東玄朴は「近代医学の父」と呼ばれる。
     (※このページの上から2番目の項目を参照)
 

    「痘科鍵」  
トウカケン 上・下  


巽嘘萬攵 著 (中国人医家 )   享保15年(1730)

滋賀医科大学 蔵書
より古く東北大学 蔵書と同じものか。

 

 

              文学・歴史書
 

「源氏物語 諸巻年立・上下巻」 と 「源氏物語系図」

           永正7年 (1510年・室町時代) 

 源氏物語 年立判は桃花未葉、系図判は桃花宋央


京都大学附属図書館所蔵 谷村文庫と同じか


天文19年(1550年) 桃華宋央奥書本
合綴: 源氏物語諸巻年立(関白・太政大臣 一条兼良 著)との関係は調査中

永正7年「源氏物語諸巻年立・上下巻、系図」永正7年「源氏物語諸巻年立・上下巻、系図」2








「古今和歌集」(こきんわかしゅう) 講義録


第十一代将軍 徳川家斉公の長女「淑(ひで)姫」の自筆。
「淑姫」は、尾張藩主・徳川斉朝公の正室。
右上「月池」の号が桂川甫周(将軍家侍医)の落款。

明和元年(1764)11月、12月に萩藩の江戸邸に仕えていた吉岡ともひ子という女性が賀茂真淵(かものまぶち)から聞いた「古今和歌集」の講義を書き留めました。
吉岡ともひ子は、その後、野村長平に嫁ぎ、出版されることもなく夫婦共に没します。

講義録を書き留めてからしばらく後、大名家の子女の間で賀茂真淵による「古今和歌集」の講義録が話題となり、御輿入れの際の教養の一つとして珍重されるようになりました。

この「古今和歌集」自筆写本をしたためた淑姫(ひでひめ 1789-1817)は、第十一代将軍 徳川家斉公の長女で、尾張藩主・徳川斉朝公の正室。

なお、淑姫が「古今和歌集」を写したのは1800年から1808年の間と推定されています。
 
自筆の「古今和歌集」を入れた箱には桂川甫周(1751―1809)による「淑姫御筆」の記載と桂川甫周の落款「月池」が捺されています。
 
桂川甫周(かつらがわほしゅう)は、徳川家の侍医として最高の「法眼」の地位にあり、将軍家に出入りを許されており、「古今和歌集」も何らかの理由で、「淑姫」から甫周が賜ったものと推定されています。


         読み下し文

・・・を後になほしつらんとおぼゆ
宇治のはし姫の事たしかなる書に見えず、橋姫物語と云あとなしごとは取用うべからず、歌の心もくはし女に説なさんぞやすく聞えたるべし、されど歌にはいにしへよりたしかならぬかたり事をもよみたるが見ゆれば今もそのたぐひとして難なかるべし、くはし女をはしき妻はしき子らなどはよめれどはしびめと云し例もなく又しひてはしづま也しをはしびめにうつしなせし也といはんもいかゞおぼゆ、いにしへよりたしかならぬかたりごとをも歌によむは柘枝の仙女浦島子竹取の翁がたぐひ多かりけり
又、濱ひめたつ姫も所につきて神をさへ申す所也(なり)、ここは橋本なる神の名によせて宇治なるおもひ妻か子とに云(いふ)か



「古今和歌集」(こきんわかしゅう) 江戸時代 後期

              
 紀貫之(きのつらゆき)など六歌仙

    第一巻   
第十巻    掲載予定
  

  草菴和歌集 (そうあんわかしゅう)
        元禄8年 9月 (1695年)



本居宣長 (もとおりのりなが) 「玉鉾百首」

「古事記」の研究を通じて,儒教や仏教で説く道はただ人智による理屈にすぎず,「古事記」などの日本の古典にこそ真の道が備わっているとして,その国学思想を古道として説き,自らこれを用いて講義したといわれる「直毘霊」(明和8年成立)わが国成立の道を100の和歌であらわした「玉鉾百首」(天明7年刊)ともに本居宣長の古道の代表作として知られている。



『絵本 豊臣勲功記 四編巻之二』 江戸 八功舎

絵は、/長の比叡山焼き討ち ⊃長の強運金剛相模善住房砲火を遁れる 織田家の三子岐阜に於いて元服 ぐ帽攻め日根野が智計、磯野丹波守をあざむく ッ歟羹甜Mをつくして日根野兄弟を説く 斎藤龍奥前波吉継妾ふ恋着 Я闇筏鳩兪田毛谷の輩を伴い織田の陣へ降参 脇坂の悍勇片桐加藤福島の三傑と戦う


熊本大学・細川家旧記
http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/eisei/right03.html
と同じか


絵本 豊臣勲功記 四編巻之四』 江戸 八功舎

絵は、〕箴襪寮鐺加藤清正岩成好通を活捉 高槻攻中川瀬兵衛誓和田伊賀守討捉 0騨椹三郎佐衛門奥廃覚故郷へ帰去 そ┻抜崋圓鬚發辰篤根野兄弟の心を惑す ソ┻斑劼鯀らせて日根野兄弟を欺く ζ根野瞋浅井新七郎を碩る Ы┻繁杜を前波倚授る大嶽廓堡をおとす陷得 ┸長の憤激正魅を打つ朝倉を追毆

 

続きを読む

toyoigaku at 08:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年10月29日

□■ 「あなたの任務」ってなによ? ■□

先日、「あなたの生きる意味は何ですか」という記事からリンクをいただきました。真剣に考えている方から意見をいただけるのはとてもありがたいことです。

だれしも、人生を真面目に考える人ほど世の中に圧迫感を覚えたり、理不尽に思う時期ってありますよね。でもね、「その個性を生かしてなんか世の中の役に立つことができないかな」とも思うんです。 (人生をのた打ち回ることで立派な業績を残した方はいっぱいいます)  

 

      □■ 「あなたの任務」ってなによ? ■□

 

ところで、、「あなたの生きる目的は何ですか?」と言われたら現在、こう応えます。

 

「日本や地域で私にしか出来ないこと、私しかやらないことをひたすらやっています」

「人生や身体は有限だけど、社会的価値と希少性の高い仕事をすれば困っている人の役にたてるし、周りからすごく感謝されて自分もハッピーな生活を送れる。これは無限の可能性がある」

 

このことを多くの人に伝えたいです。

続きを読む

toyoigaku at 06:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年10月08日

県委託事業「東洋医学から診たパーキンソン病治療の講演会」

中村司は難病だけを治療する「なんびょう請負人」。(岐阜県岐阜市) 自律神経や免疫力のため、整体療法、骨盤調整、井穴刺絡療法(刺絡治療)、鍼灸療法を使う。「切らずに治す」「自律神経を整えて免疫を高める」ための療法を駆使。 リウマチ、パーキンソン病、脳卒中、変形性股関節症、脊柱管狭窄症、交通事故後遺症の6つのみ指定。(守備範囲が日本一狭いことが自慢。なんでも「日本一」は良いものです。「浅く広く」はやりません。)          +  +  +  ★ そういえば今年、岐阜新聞社が取材に来てくれたんです。 県委託事業の一環として今年度の「難病連・ふれあい教室」の講師として招かれました。 そこで「東洋医学から診たパーキンソン病治療の講演会」とのタイトルでお話しさせていただきました。一年に一度しかない、とっても権威ある講演でかなり緊張しました。というのはここしばらく招かれてるのは「医学部の有名な教授」とかばかりですから。  (しかも今回は「県委託事業に指定」され、さらに格上げされたんです。  その重さを知っていたので正直いってビビリました。) 翌日の岐阜新聞に掲載されていましたので下にご紹介します。

続きを読む

toyoigaku at 05:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

中村 司 (つかさ) のプロフィール

================================================= 「切らずに治す!」「免疫力を高める!」   なんびょう請負業 中村 司             福祉事業NPO法人 WINC 理事 =================================================  東海理学治療センター 顧問  オリエンタルロード 共同代表  鍼師  (国家資格) 厚生労働大臣 灸師  (国家資格) 厚生労働大臣 指圧師 (国家資格) 厚生労働大臣  保険医療機関番号 01−03063 労災保険指定    21301241 難病を専門分野とし、リウマチ、パーキンソン病、変形性股関節症など難病の患者さんを多く担当する。モットーは「切らずに治す」。

続きを読む

toyoigaku at 03:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

「広報ぎふ(9月15日号)」に掲載

私、中村司が理事(有名無実?)を務める、高齢者・障害者の福祉事業を目的とするNPO法人WINC(ウインク)が、岐阜市役所が発行している「広報ぎふ(2004.9月15日号)」の一面トップ(上半分)に掲載されました。岐阜市より「市民活動助成事業」の助成金をいただいた件で、活動も大きく紹介されています。

続きを読む

toyoigaku at 03:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!