慢性関節リウマチ完治療法 切らずに治しましょ

2013年09月06日

「リウマチ卒業生に学ぶ9レッスン」 発刊予定のお知らせ


昨日、ついに99%完成した出版原稿を三恵社の
木全(きまた)社長に引き渡すことができました。

タイトルと副題は
「リウマチ卒業生に学ぶ9レッスン」
〜すべての関節痛は犲L力瓩鮓譴襦
 中村司・著
になります。

5/22には95%ほど完成していたのですが、汗
監修・加筆などで、さらに3ヶ月半かかりました。

全体の文字数は15万字をかなり超えているそうで、
おそらく200ページくらいになるのではないか、
と言われました。

販売開始は11月頃を予定しています。

私の手元から離れて腰が抜けるほど、ホッとしました。。。


   取り急ぎ、ご報告まで
                         中村 司



  【 推薦の言葉 】 『リウマチ感謝!』著者  渡邊千春
  【 推薦の言葉 】  医師 松田史彦  松田医院院長

http://blog.livedoor.jp/toyoigaku/archives/52990451.html

toyoigaku at 12:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

【 推薦の言葉 】 「リウマチ卒業生に学ぶ9レッスン」  中村司・著


  【 推薦の言葉 】 『リウマチ感謝!』著者  渡邊千春

「『リウマチを完治させて、同じ病気の人たちに勇気を与えたるで〜』 って、
その気持ち、とっても素晴らしい! 
そういう人たちの中から治る人が出てくると確信しています」

これは、わたしがリウマチを治そうと決意し、インターネット上で日記を
書きはじめたころに、中村司先生からコメント欄に贈っていただいた言葉です。

自力で起き上がれず、歩行もままならないほどの全身のはげしい痛みに耐え、
ほかに治られた方がいるのかどうかもまったく分からない中、
孤独なチャレンジを続けていた当時のわたしにとって、この言葉はどれほど
大きな力になったことでしょう!

その先生の予言どおり、わたしの病状はわずか数カ月で奇跡的な回復をみせはじめ、
さらに半年後には完全にリウマチを治すことができました。

この劇的な快復ぶりを知った先生から二度目の連絡があったのは、
わたしがほとんど完治したころです。
「どうやって治ったのか、何をして快復されたのか、ぜひ電話でインタビューさせてほしい」
とのことでした。

お医者さまをはじめ、世の中のあらゆる医療関係者・治療家の先生方が、
爛螢Ε泪舛麓らない瓩箸いα按鵑里發函△匹舛蕕というと「いかに病状を悪化させないか」
ということに重点を置きがちな中で、中村先生はまったく違っていました。

爛螢Ε泪舛麓る瓩箸いα按鵑里發函◆屬茲なった患者さん」「治った患者さん」から
何かを学ぼうと一生懸命でした。
わたしの話にも必死で耳を傾け、完治へ至る真理を追究する姿勢に感銘を受けました。

そしてその姿勢は、あれから七年以上たった今もまったく変わっていません。

この本は、その中村先生とリウマチという病気との長い関わりから生まれた、
リウマチ完治のためのバイブルです。
先生自身のリウマチ克服体験も含め、治らない方ではなく
治っていく方に焦点を当てることで、いったい何がリウマチ完治の犒萃蠡猫
となるのかを、わかりやすく説明されています。

今、リウマチの症状でお悩みの皆さまに、ぜひこの素晴らしい本を手にとり、
ご自身の治療に役立てていただきたいと強く願ってやみません。


  【 推薦の言葉 】 医師 松田史彦  松田医院院長

リウマチの本なのに人生を深く考えさせられる、真にグッとくる独創的な本である。
リウマチ患者にこれほど愛を与える本が今まであったであろうか。

「リウマチ」、「人生」、「愛」この言葉の組み合わせに違和感を覚える方もいるかもしれない。
それは、残念ながら従来の常識に囚われているからである。

この本は、従来のリウマチ治療のハウツー本とはまったく異なる視点でかかれている。
著者の中村司氏のリウマチ患者に対する深い愛が、この本を作らせたといっても過言ではない。

リウマチを完治した元患者さんを取材し治療法を探っていくという、コロンブスの卵的な発想から
この試みはスタートした。
その過程で中村氏自身がリウマチになり、心の持ち方と生活を変えることで完治させるという
出来事で、この試みは完成されたと言ってよい。

リウマチを完治させるために恐れや怒りを捨て去り、愛をもつことがいかに大事か、
これを読めば本当の意味で理解できるであろう。
しかも、ただ単にリウマチ治療のメンタル、スピリチャルな面だけを語った本ではない。

リウマチに関する医学的な洞察や理論もすばらしく、特にカルシウム代謝異常や最新の栄養学
からの食事療法、温熱療法に関する部分など、著者の長年にわたる深い研究から語られる
内容は、まさに秀逸である。

「リウマチは人生からの贈り物」こう感じることができたとき、あなたは完全なる治癒に向かって、
まっしぐらに進んでいくであろう。

toyoigaku at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年04月26日

中村司 名古屋セミナー

  【 名古屋セミナー 】 

【名古屋】  2012/06/09 (土)

13時20分〜14時20分 「心と体を楽にする温め方、5つの鍵」  (60分)
          【定員】  先着20名

14時30分〜15時30分 「自分でできる、腰痛・肩こりをなくす法」(60分)
          ひとりKIK体操・仙骨位置修正体操など
          【定員】  先着20名

15時45分〜16時45分 「KIK療法練習会」 (60分)
          【定員】10名様限定 直接指導します  
          練習会のみ参加は8千円 
        ※上記セミナー参加者は5千円の追加になります

「自分でできる、腰痛・肩こりをなくす法」セミナーでは、
「小さいけれど、痛みに効き目バツグン」のある秘密道具をプレゼントします♪

      セミナー/練習会の申込みはこちら

【会場】 金山ワシントンホテルプラザ  第3会議室
   愛知県 名古屋市中区 金山4-6-25

   
「KIK療法練習会」で必要な物

体操着などできるだけ動きやすい服装がよいです。
女性の場合、スカートでないほうがいいでしょう。
マットを敷きますが、硬い机の上で練習しますので
大判タオルもあるとありがたいです。 
「KIK療法 練習会」は、中村司が直接指導いたします。
(10名限定)
プロ治療師だけでなく、家庭で実践したい方も
ご参加ください。



toyoigaku at 08:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年04月22日

中村司の新刊本

こんにちは。 難病請負人 中村司です。

時々お問い合わせいただくのですが、、、
本の出版が、かなり遅れています。
お待ちいただいている皆さんには、大変申し訳ありません。。。

438b53aa.jpg


完成度を上げるためとのことでしたが、編集者側から
時折、かなり詳しい説明を求められ、苦しんでいます。 (苦笑)

というのも、私が患者さんと接して感じた事実を
今までだれも医学的に説明してくれた人がいないためで、、
中村としては「宇宙の神秘を解き明かす」くらいの気持ちで
深めていかなければならないというハードなチャレンジがありました。

「ここをつつくと医学界から猛反発が予想される」という不当な
理由によって、出版計画が挫折した苦い経験がありますが、
今回は「読者本位のまっとうな理由」で遅れていますので
ご安心いただければ幸いです。

ここで原稿を見せられないのが残念なくらい (笑)
とにかく、内容は興味深く、面白いと思います。

なぜリウマチ家系に色白の美人が多いのか?
病気が遺伝しているわけではない。
丸顔の人の秘密、なぜ丸顔になるのか?
なぜ、色白になるのか?     など・・・

今まで、医学の世界で全く語られていない独自の切り口で
説明しています。


なかなか販売にこぎつけず、申し訳ないのですが、、、
どうぞお楽しみに♪

        (そろそろ編集長の最終OKがほしいこの頃です。。。涙)



toyoigaku at 00:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年04月24日

リウマチ 難病請負人 中村司の最も早い治療法

完治療法に関する動画:
リウマチ 難病請負人 中村司の最も早い治療法」をご覧下さい。







toyoigaku at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年04月01日

リウマチ感謝!東京セミナー  リウマチ・膠原病完治


同士のリウマチ感謝!さんが5月23日(土)に東京セミナーを開催されますのでリウマチ膠原病でお悩みの方はぜひご参加ください。

                           難病請負人 中村司


   

                           2009/4/16

 

こんにちは! リウマチ感謝!です♪

 

  

お待たせしました♪ ヾ(* ̄▽ ̄*)

 

5月23日(土)の東京セミナーの詳細が決定しました!

 

 

大阪セミナーに参加された方から、セミナー以来

「体調が良くなった!」「前向きになれた!」などの声を
多数頂いています。

 

そして、なんとなんと、セミナー後に治癒力がぐんぐん上昇!

包丁も持てないほどの痛みから解放された方が出現しました!

 

近々、リウマチ卒業に至るまでの体験談を書いてくださる

ことになっていますので、楽しみにしていてください♪

 

 

3月の大阪セミナーが大好評だったので、リウマチ完治体験談を
発表された
ゆたりさんにお願いして、なんと東京にも同行して
いただけることになりました!

 

ゆたりさんの体験が本当に素晴らしく、リウマチ完治へのヒントが

たくさん詰まっていると感じましたので、ぜひ東京の皆様にも

生で聞いていただきたいと思い企画しました♪

 

基本的には、大阪の内容にのっとって進行する予定ですが、

その日のインスピレーションで思いついたことをお話しますので、

大阪と全く同じになるとは限りませんのでご了承ください。 
                             ( ̄∇ ̄*)ゞ

 

大阪で皆さんにお配りして喜んでいただけた、

「ゆたりさんのリウマチ克服体験の資料」も

参加者の皆さまにお渡しさせていただきます。

 

この資料は、ゆたりさんがお忙しい中、何度も何度も

校正を重ねてまとめてくださった貴重な資料です。

 

・初期の症状の状態

・心境の変化

・具体的な実践内容

・オススメの書籍

・どのように治っていたのか

 

などが詳しく書かれています。これをお持ち帰りいただける

だけでもセミナーに参加する価値があると思います。

 

ゆたりさんのご好意で配布させていただくものですので、

大切に感謝の気持ちをもってご利用いただければ嬉しいです♪

 

セミナー&懇親会のご参加を本日より

こちらのメルマガ読者の皆様から優先的に受付します♪

 

数日後にはブログ&公式サイトのほうでも受付開始しますので、

興味をもたれた方はお早めにお申し込みください♪

 

以下、詳細です! ρ( ̄∇ ̄o)

 

**********************

 

 

『徹底検証! リウマチ膠原病治る人はここが違う!』

 

 

リウマチ感謝!がこれまでに接してきた、

400名以上のリウマチ膠原病患者さんの中から、

 

治った人&もうすぐ治りそうな人&ぐんぐん良くなってる人の
事例を徹底研究!

 

 

リウマチが治っていく人はどんな方なのか?

一体何をしたら良くなったのか?

どんな風に良くなったのか?

 

を、具体例をあげながら詳しく解説します♪ 

 

 

今回もさらにスペシャルゲストとして、電話カウンセリングから

約半年でリウマチを完治された大阪のSさんこと「ゆたりさん」
にお越しいただき、
リウマチを治した体験をインタビュー形式で
語っていただきます。

 

 

続きを読む

toyoigaku at 03:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年12月16日

中村司へリウマチ、自然治癒、患者様の共通点に関するインタビュー


完治療法に関する動画:
「中村司へリウマチ、自然治癒、患者様の共通点に関するインタビュー」

をご覧ください。






toyoigaku at 10:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年12月04日

リウマチが完治した〜! 中村司


自然治癒力
を高める!

完治療法に関する動画:「リウマチ完治した〜! 中村司」
をご覧ください。



中 村)
こんにちは、中村司です。
今日は、リウマチが約2年で改善した多恵さんにお越しいただいています。
多恵さんの血液検査の資料を拝見しましたが、ほとんどCRP(炎症反応)が約0.1で基準を下回っています。
つまり、この数値ではリウマチとは判定されないわけですが、今の状況をみなさんに教えてください。

多恵さん)
一番状況が悪かった時は何もできませんでしたが、今では家事も普通にできます。
しゃがむ時に少し違和感がありますが、子育てもそれほど問題ではありません。

中 村)
正座も短い時間であれば、できるようになりましたね。

多恵さん)
はい、主人のワイシャツにアイロンをかけたり、子供を少しの間ひざに乗せる程度の事はできるようになりました。
以前は、500mlのペットボトルや、牛乳パックが持てず、口も空けられないような状況でした。
手首がまったく動きませんでしたので、ペットボトルのフタも空けられませんでした。

中 村)
病院からはリウマチの症状の改善についてかなり悲観的な事も言われたそうですね。
そんな多恵さんが、どのような事をしてリウマチの症状が改善されたのかを教えてください。

多恵さん)
はい、病院だけに通っていますと、前向きになれる情報が何も得られず落ち込むだけでした。
それが先生のところでは、ブログなどから勇気づけられる情報を得られます。
中村先生に初めてお会いしたとき、最初に食生活のアドバイスを受けました。
それについて自分ができる事を考え、ニンジンりんごジュースから始めました。

中 村)
私がお教えした事を、多恵さんはできる限り実行されました。
そのために検査数値が悪くなった時期もありましたが、その頃の体の具合はいかがでしたか。

多恵さん)
はい、検査数値が高い割には、以前よりも動けるという自覚がありました。
お医者様からは、リウマチの他に病気があるから検査数値が高いのではないかと疑われたほどでした。

中 村)
時々そういう方がいらっしゃいます。
多恵さんのように、きちんと症状が良くなるための方法を実行されれば、リウマチのような病気も自分で改善できるという証明になると思いましたので、お話を聞かせていただきました。
今日は、どうもありがとうございました。

多恵さん)
ありがとうございました。



toyoigaku at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年08月15日

リウマチが完治した患者さん(多恵さん)など


まずは変形性股関節症の痛みがほぼ完治した女性患者 鈴木さん(愛知県)の体験談をご覧ください。





toyoigaku at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年08月21日

病気になってから静電気が飛ばなくなった 食べ物と消化・吸収の悪化」が数ヶ月後に悲惨な結果をもたらす

862fee79.jpg

こんにちは。中村司です。

今日治療した患者さんの中に、関節リウマチの方、重症筋無力症の方がいました。

お二人への説明の中にとても貴重な考え方があったのでご紹介いたします。


「最も効果の高い治療法はどうすれば良いのですか?」

数年前、私の友人(治療家)が「名人」と言われる先生に、酒を注ぎながら質問をしました。 これは、治療家だけでなく、多くの患者さんもとても興味ある内容かと思います。


普段は教えてくれない名人も、酒の席でリラックスしていたのかポロッと教えてくれたそうです。

「患者の体に手をかざすと、その手にピリッと来る。そこに鍼などで刺激を加えるのだ」


みなさん、どうでしょうか。

東洋医学のツボの概念とちょっと違うので戸惑うかもしれませんが、これは、その先生の言う通りであり、手の感覚が鋭い先生ならよくわかる話だと思います。


私も昔からそのようにやっていますし、悪いところに勝手に(自動的に)手が行くものです。

というか ・・ 申し訳ないけど、当然です。

「いちいちその程度の公然の秘密、もったいぶるな!""」  (すんません。。)というくらいのレベルでしょうか、、



今日の関節リウマチ、重症筋無力症のお2人に共通していたこと。

病気になってから静電気が飛ばなくなった点

「病気になる前は何を触っても、静電気バチバチ人間だったんですけどね」というのも共通。


どうしてか?

きっと静電気を放出しない体質に変わり、病気になったと考えられます。

今日は関節リウマチ、重症筋無力症という病名だけだけでなく肩の周辺にピリピリ感を感じました。

多くの症例で確認しているのですが、この「ピリッと来る」感覚は患者さんの体の悪い部分、滞っている患部に感じています。

これを解決する方法がいくつかあり、携帯電話から離れる、鍼をうつこと、塩で払う方法、新聞紙でバサバサする方法、北向きで寝る、土の上を歩く(裸足がベスト)などが良いでしょう。

私も去年知ったのですが、鍼をすると帯電していた静電気がよく抜けていきます。痛みに対して鍼が有効である大きな理由の一つともいえるでしょう。



ところで関節リウマチの患者さんは数回の治療で症状がかなり落ち着いているようです。

家族の方からは「関節リウマチでこんなに動けるようになったのは奇跡だ!」と言われているそうです。

ただ今日は、関節リウマチの膝の痛みがあったようなので、その痛みを瞬間的に減らして差し上げました。


悪名高い不治の病「関節リウマチの痛み」が全部なくなってしまっては、私も患者さんもつまらないものです。

少しあるくらいでちょうどいいのではないか、そんなのんきなことを考えていました。

これは中村
理論で「痛みは感情を伴った記憶である」との見解があるのでその連鎖を断ち切ってあげただけのことです。

痛みは本来、神経(電線)を走る「単なる電気信号」であり、警報の音量・ボリュームは主に脳で調節されています。

「脳内解釈」を変えればかなり楽になることでしょう。




次に、関節悪化の原因について。

私は「関節リウマチを始め、全ての関節悪化の原因は胃腸の悪化にある

食べ物の劣化、胃腸の悪化、この2つを原因として全ての病気が起きる。
続きを読む

toyoigaku at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月08日

関節リウマチ 完治を目指す、治るための治療法DVD

関節リウマチ治療を病院だけに頼るのはやめよう!
祖母2人のリウマチ生活をバネに難病請負人、中村司が関節リウマチが治った患者さんと検討した、薬や病院に頼らず関節リウマチを改善する治療法を知りたい人へのメッセージ。
 
※関節リウマチの改善や完治を目指す意欲の高い人のために、関節リウマチを楽にするためのあらゆる方法を収録しました

「2つの条件をクリアすれば、関節リウマチは基本的に治る病気」と考えていますが、
なんの努力もしない方、他人任せの方では全く効果がありません。 
そのようなお考えの方は、妄想と誤解を生むので絶対に読まないで下さい
 
 
 

あなたの治療方針、間違っていませんか?

 

 

「今日からできる!!  97%の人が知らない

 

     関節リウマチを超える治療法

 

「関節リウマチと病院で診断されて数年

 最近、病院の治療方針に不安を感じる。
 
 あちこち痛いし、すごく歩きにくいし・・
 
 寝たきりになるかもしれない、と心配で仕方ない。
 
 
関節リウマチって死ぬまで治らないのでしょう?
 
これからやっと人生楽しくなるところだったのに。 
 
原因不明の難病にかかった私ってかわいそう・・ 
 
 

まずはリウマチが完治した女性患者 多恵さん(愛知県)の体験談をご覧ください。


ある日、知り合いAさんから電話がかかってます。
            
受話器を取ると、Aさんは落ち込み、今にも泣きそうな声だったりします。とにかく不安なのです。
 
数年前、調子が良くなく、あちこちの病院で検査を繰り返し、関節リウマチという正式な病名をいただいたとのこと。
 
 
「関節リウマチ」は、決して楽な病気でありません。
 
うちの祖母は2人とも関節リウマチで、看病は大変でした。父方の祖母は自力で立てず27年も寝たきりでしたし、母方の祖母も長く痛みに苦しめられました。
 
原因としてウィルス説が有力とされますが、現代医学において「関節リウマチの原因は不明」とされています。
 
痛い、動けない、薬がいっぱいという評判の悪い病気の代表格。
 
 
  関節リウマチの症状も・・
 
・関節や骨の破壊が進行していく
 
・多くの関節で痛み、腫れる
 
・朝や冬の寒さがきつい、動けない
 
・歩行障害が強いと寝たきりの不安 
            など、なんでもあり。
 
 
関節リウマチになると、とりあえず、病院にかかってみます。
 
最初はわりと薬は効くことが多いみたい。
そうです、痛み止めは効くのです。(ただし、最初のうち)
 
 
が、数年たつと強い薬を使っても効果が少なくなってくる人が多いようです。
 
ここからは大変ですよね。 
 
 
 
Aさん:「この痛み、なんとかしたい。寝たきりも不安。なんとかして・・」と時に涙を流しながら、切実に言われます。
 
 
もう亡くなられた患者さんでしたが、初めて会った時、ずっと涙を流している方がいました。少しの声を絞り出すだけでも激しい痛みが出るといいます。体は少しも動かせません。
薬の副作用で糖尿病を併発し、足の皮膚は大きな穴が開き、骨が見えていました。とても気の毒なことです。
 
 
うちの祖母は2人とも関節リウマチだったから他人事ではありません。そうなる前になんとかしてあげたいと心の底から思います。
 
 
 
中村:「ステロイド剤、痛み止め、胃薬では本質的な治療法にならないのはご存知ですよね?
 
私のは薬を飲まずに治す方法ですけど、それで構いませんか?」と聞いてみます。
 
 
 
OKしていただいた時のみ、アドバイスします。
           そのやりとりを紹介します。
 
 
 
中村:『関節リウマチは日本ではどこに行っても、だれに聞いても <治りません> <仕方ない> <無理です> と言われますよね。
 
でも、私の周りでは薬も飲まずに治ってしまう人がけっこういます。そういった治療法を試してみたらどうですか?
 
少なくとも薬なしに痛みを減らすことは大して難しくないですよ。』
 
 
Aさん:「そんな治療法があったら夢みたいです。
   でも、ホントにそんな治療方法あるんですか?」
 
 
やはり、希望の光の中にも、疑う気持ちが少し残るのでしょう。
 
 
中村:
「私は病気の治し方を一番知っている人から学んできました。
そこでわかったのは「リウマチは基本的に治る病気である」という事実です。
もちろん、日本でトップの先生からも勉強していますが、日本で一番関節リウマチの治し方を詳しい人はだれか知ってますか? 」
 
 
 
Aさん:「えーっと、やっぱりお医者さんですよね・・」
 
 
中村:「医者ではありませんよ。「治すのは難しい」と思っている先生が治すことは不可能に近いはずです。
 
 関節リウマチの治し方を知っているのは・・
 
関節リウマチが「治った先輩たち」です。
 
完治に近い彼らの話を検討すると「今までと全く違う、効果の高い医療」が見えてくるんですよ。
先日も患者さんの数値が正常値まで回復し、主治医のドクターから驚きと提携依頼の電話をいただきました。
 
 


Aさん:「完治した人がいるって時々聞きます。 
     でも、それって難しくないんでしょうか?  
 
 すごく努力が必要だったり、健康食品みたいにお金が高かったりするんじゃないですか?
 
 
中村:人任せにしない、という点では勉強していただかないといけませんが、慣れるととても楽しいですよ。
 
 自宅でできる部分が多いから、健康食品などの余分な出費や通院回数が減らせるんじゃないかな」
 
 
Aさん:「関節リウマチになった途端、周りから薬や健康食品をいろいろ勧められるんですが、先生のその方法を信じてやってみればいいってことですか?」

中村:
「順番が逆です。最初から信じてはいけないです。
やってみて効果があったらその時点で信じたらいいと思います」
 
医者や病院が患者さんの一生を破壊や苦痛に導くのは極めて簡単です。治療方法の選択を誤るだけで、悲惨な結果を招きます。
 
人の人生は言うまでもなく尊いものです。
あなたの人生を左右する医療は、慎重に慎重を重ねなければなりません。
 
したがって高い-安いの金額や偉い-偉くないの権威や資格の有無でなく、治療効果の有る-無しを自分自身でチェックしないと大変ですよ。
 
 
Aさん:
「なぜ近所の病院で良い治療が受けられないのですか?」
 
中村:「う〜ん。表現がむつかしく返答に困る質問ですけど、西洋医学は人体を機械の部品のように考えていますよね。
これは、とんでもない間違いです。すべての臓器、器官は協調しており、調和が崩れた状態を「病気」というわけです。
ここに目を向けなければなりません。
 
また、慶応義塾大学・医学部の近藤誠講師の言葉を借りると「日本の医療は先進国で最低レベル」とのことです。
 
国民にも博士号や大学などの権威主義が浸透していること、横並び意識が強いことがあります。また、官僚主導の巨大ビジネスであり商業主義だからではないでしょうか。
 
ある先生は「病人転がし」と批判してるほどです。これは「治さないことが飯のタネ」という意味らしいです。
 
また、護送船団の発想が強いですよね。
私の治療方針を知り合いの先生に説明したところ、「そんな治療をしてる先生は近所にだれもいない」と反発されました。そんなことばかり言っているから優秀な頭脳がみんな日本から脱出し、アメリカあたりに逃げてしまうのです。
 
「近所にいる-いない」は全く関係ありません
 
医療者の責任は「完治を目指し、地球上で最も効果の高い(と推定される)ベストの治療法をとる」ことです。
 
中国の関節リウマチの治療データもすばらしく、有効率は高いもので96.7%あります。 
 
     低いものでも84.6%です。
 
これらを学ぶには当然、外国を回ったり、資料を収集したり、とかなりの投資が必要となります。私もかなりの私財をつぎ込みました。おかげで貯金は消滅しました。
 
企業秘密といえる治療法なので、さすがに他の先生に教えるのをためらってしまいます。
続きを読む

toyoigaku at 03:58|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2007年03月05日

アトピーや関節リウマチに免疫抑制剤は果たしていいのか?

アトピーや関節リウマチに免疫抑制剤は果たしていいのか?と疑問に思う方へのメッセージ


工事中


toyoigaku at 08:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年04月14日

東京での出張治療のお知らせ 

■□   ■ ■  東京での出張治療のお知らせ 



86e91944.JPG

 

 


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

東京での出張治療のお知らせ


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
このお知らせは終了いたしました。
ぜひ、モーリンさんの東京リーディングのお知らせをご覧ください。

------------------------

「中村司先生はじめまして。

昨年先生のページを見つけ保存してました。

先生の治療は無理でも、何か参考になるものがないかと時々見ていました。

今回久しぶりに開きましたら、遠方の者でも診察していただける「特別枠」のことを知り、早速ですがメールさせていただきました」



とのことで、住所を見たらなんと!!   福島県!! 



岐阜は、名古屋から電車で20分ですから、東北からの来院はとても気の毒なことです。

たぶん新幹線は乗り継ぎしなきゃいけません。

以前も福島県から「行きたい」という要望があったので、飛行機に乗って私が伺ったことがあります。



「うーん。やっぱり福島は縁があるのかな」と思ったものの「東京で会えばいいんじゃないかな」というラインに落ち着きました。


終了しました

続きを読む

toyoigaku at 11:49|PermalinkComments(2)clip!

2005年04月18日

私は潰瘍性大腸炎ですけど、難病も治るってこと???

 
 
難病治るってこと??? 私は潰瘍性大腸炎ですけど、なんかいい方法あるってことかな???」という質問をいただきました。


  ところが、、ふだん見ないページに書かれていて、完全に見落としていました。 

                  ゴメンね m(_ _)m




過度の期待を避けるために、最初に言っておきます。

中村司は、
潰瘍性大腸炎を担当したことは一度もありません。 

しか〜し、「潰瘍性大腸炎」ってよく耳にする病名です。 
 
「東洋医学の分類で潰瘍性大腸炎は、それほど難しくない病気」とされていることを聞いています。 
 
 あまり心配することもないんじゃないか、、とすら思います。

「難病と言われてるのに、アプローチを変えるだけですごく良くなる

  こんな話はよくあります。
 
      別にフシギではありません。 いつものことです。
 
 偉そうにしている今の医学がバカらしく見えるでしょ!? 


 (^○^) では、鍼灸治療での有効率のデータはあるのか? 


検索したら、アッという間に出てきました。 1秒です。

ヤフーとかで「潰瘍性大腸炎 鍼灸で簡単に探せます。 
                          サルでもできます。


 あやのさん、上のほうを拾っておいたので読んでみてね♪



http://www.shinkyu.com/daityoenn.html

http://www.sanpei89in.com/study/uc.html

http://www5a.biglobe.ne.jp/~fureai89/i/ichuidaicho00-3.htm

http://www5a.biglobe.ne.jp/~fureai89/i/ichuidaicho1.htm
 
 
続きを読む

toyoigaku at 00:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年02月12日

「ウソツキ」「インチキ野郎」と呼ばれた!! (日本での関節リウマチ治療の現状)

 
先日、私が書いた「関節リウマチのブログ」に、匿名で「ウソツキ」「インチキ野郎」などと書き込みがありました。
 


 
うぅっ ( ^ ^ ; )  あんたの病気が治らないのは中村のせいじゃないぞ。



斬新な記事を書いた場合、かなりの批判を受けることは最初から織り込み済みですが、非難するメールが最近少なくて期待はずれだったんです。 (Mっ気あるから寂しかった、、な〜んて、ね)


なので、、今回、批判メールをもらったということは存在くらいは多少認めてもらっているのかな、、などと考えてみることにしました。

楽天のトップにも「日本医●会あたりから内容証明つきのクレームが殺到するほど発言力が強大になる日を夢見て」と宣言しています。 この方針でいいんです。 (ナミカゼ立てるのが役目なんです。ツライけど)


そういえば以前、獣医師さんから「そこまで言っていいのですか?」という意見をいただたことあるんだよね。

なので「私の意見はこうです」と返信しておいたんです。そしたら納得してくれただけでなく、後でわざわざこっちへのリンクをはってくれました。(とても嬉しかったです)




■ 遠慮なく言わせてください  ■ 


「医者にまかせておけばいいんだ。お前ごときがツベコベ言うな!!」!!」

「関節リウマチという難病に対して、東洋医学なんて効果あるはずがない。鍼やお灸ってのは肩こりや腰痛の痛い時にやるものだ」

「あら〜、お金儲けが目的じゃないの?」

「日々がんばってくれているお医者様に失礼だろ!!」


な〜んて思い込んでる人は勘違いか、渋谷のセンター街でチョンマゲするくらい時代遅れかもしれませんよ。
(言いすぎかも。悪口ゴメンね)


ただ、もはや迷信の一種なのではないか、と。



★ 治療の目的って何でしょうか?
 
 
1つだけじゃないですよ。 QOL(生活の質)の向上だって必要だし。
 
そう言えば賢明なあなたはわかってくれますよね。


続きを読む

toyoigaku at 05:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2004年12月07日

■ 穏やかな 三途の川の 渡し人 ■

.        ■ 穏やかな 三途の川の 渡し人 ■   


                    (575調でお願いします)

中村 司は難病だけを治療する「なんびょう請負人」。(岐阜県岐阜市) 「切らずに治す」「自律神経を整えて免疫を高める」がモットー。自律神経や免疫力のため、整体療法、骨盤調整、井穴刺絡療法(刺絡治療)、鍼灸療法を駆使。リウマチ、パーキンソン病、脳卒中、変形性股関節症、脊柱管狭窄症、交通事故後遺症の6つのみ指定。

守備範囲が日本一狭いことが自慢。なんでも「日本一」は良いものです。「浅く広く」はやらないのがポリシー。

            +  +  +  

■ 関節リウマチ、パーキンソン病、脳卒中という難病をご存じですか? 

先日、わたしが担当していた若いリウマチ患者 Sさん(54歳・女性)が亡くなりました。 (ToT)  わたしの専門分野はリウマチやパーキンソン病などのいわゆる難病ばかりで、高齢の方が多いため、どうしても最終的には死を避けられません。 

今年も何人かの死の報を受け取ることとなりました。

いくら慣れても、精神的に厳しい、のは事実です。患者さんが亡くなるとやっぱり複雑な心境になります。 

(ヘコんだことも1度や2度ではありません。震度7級のショックも経験済)  でも、家族の方は私の治療に対して、メチャクチャ感謝してくれるんです!!  家族がいちばん精神的につらい状態の時に。。     

■ 治療家たちのアホなコメント を公開!! 

         (オイオイ。暴露はマズイんじゃないっスか。。)  ■

続きを読む

toyoigaku at 03:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2004年11月30日

患者よ、真実を知れ!! すぐに手術したら大変だよ。関節リウマチはけっこう歩けるようになるから。

cc8a25a6.dat

関節リウマチをやっつけろ!!

シリーズ 〜その2〜

 


 

「患者よ、真実を知れ!!

すぐに手術したら大変だよ。 関節リウマチはけっこう歩けるようになるから」

中村 司 (岐阜県岐阜市)

 

前編は 関節リウマチをやっつけろ!!  〜その1〜

 

現在、日本では関節リウマチのため、年間5万人が人工関節などの手術を受けているそうです。(96年9月だけで5561件)

 

慶應義塾大学医学部の近藤講師によると

「日本のように院内感染の多い国で人工関節のオペを受けるのはリスクが高くかなりの勇気が必要である」

「鎮痛剤も対症療法のため、根本的に治療しない。薬以外の方法で痛みをやわらげることができるならできるだけ薬を使わないほうがいい」

とされています。

このことを理解したうえで私、中村と患者 ○藤さんさんとのやり取りを見ていただきたいと思います。

=  =  =  =  =  =  =

★早朝、リウマチ患者 ○藤さん(女性54歳)から

早速のSOSの電話です。 ★

= ↓ =  = ↓ =  = ↓ =

続きを読む

toyoigaku at 18:48|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2004年10月23日

関節リウマチをやっつけろ!!  〜その1〜 関節リウマチ検査と関節リウマチ症状

 関節リウマチ(別名リューマチ/リゥマチ)をやっつけろ!!    

 

関節リウマチ (リューマチ リゥマチなど別名) という病気をご存じでしょうか?

 

関節リウマチは、癌などのように命を奪う病気ではありません。でも、その内容を知る私たち医療者や先輩の患者さんから見れば「大変な病気になられたものだな・・」ととても気の毒になる病気、いわゆる難病です。

例えば手が痛くなって不安になり、診察を受ける際に患者さんがまず言う言葉は「先生、手が痛いんですがまさか関節リウマチじゃないですよね?」というセリフが多いです。(それくらい恐れられている病名です。)

ここでお医者さんが「大丈夫。関節リウマチじゃないですよ」と言ってくれたらホッとしますがそうでなければ大変です。

 =  =  =  =  =  =  =  =  

  ★  Q. 関節リウマチってどんな病気 ?  ★   

            実際の患者さんのコメントです。   

  〜 いろんな症状がありますが傾向はつかめます 〜  

= ↓ =  = ↓ =  = ↓ =  = ↓ =  

続きを読む

toyoigaku at 04:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年10月16日

関節リウマチをやっつけろ!! 〜その機

関節リウマチ(別名リューマチ/リゥマチ)

         をやっつけろ!! 

中村司は難病だけを治療する「なんびょう請負人」(岐阜県岐阜市)

 自律神経や免疫力のため、整体療法、骨盤調整、井穴刺絡療法(刺絡治療)、鍼灸療法を使う。「切らずに治す」「自律神経を整えて免疫を高める」ための療法を駆使。 関節リウマチ、パーキンソン病、脳卒中、変形性股関節症、脊柱管狭窄症、交通事故後遺症の6つのみ指定。

治療のヒットゾーンが「日本一」狭い長距離打者。今日も6ゾーンの場外アーチを狙ってフルスイング中。

 

関節リウマチ (関節リューマチ リゥマチなど別名) という病気をご存じでしょうか?

関節リウマチは、癌などのように命を奪う病気ではありません。でも、その内容を知る私たち医療者や先輩の患者さんから見れば「大変な病気になられたものだな・・」ととても気の毒になる病気、いわゆる難病です。

例えば手が痛くなって不安になり、診察を受ける際に患者さんがまず言う言葉は「先生、手が痛いんですがまさか関節リウマチじゃないですよね?」というセリフが多いです。(それくらい恐れられる病名です。)

ここでお医者さんが「大丈夫。関節リウマチじゃないですよ」と言ってくれたらホッとしますが、そうでなければ大変です。

 =  =  =  =  =  =  =  =  

  ★ Q. 関節リウマチってどんな病気 ?

      実際の患者さんのコメントです。 

 いろんな症状がありますが関節リウマチの傾向はつかめます。

 

 = ↓ =  = ↓ =  = ↓ =  = ↓ =  

   

続きを読む

toyoigaku at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!