アトピー性皮膚炎

2009年11月11日

アトピー治療のポイント


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピー治療のポイント」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎の治療のポイントについてお話しします。
私の友人で東京の町中に住んでいる人が、医師から「空気の綺麗な所に行きなさい」と言われました。
空気の綺麗な所は、水も綺麗でストレスもあまりかかりません。

このように、環境を良くする事は一つのポイントです。
ただ、東京の町中に住んでおられる方が、北海道や沖縄に移住するという事は、あまり現実的ではありません。

また、北海道や沖縄に住んで、アトピー性皮膚炎が治っても、東京の町中に帰ってくると、以前と同じ状態になると考えられます。
私は、東京のような町中に暮らしていても、アトピー性皮膚炎を「発症しなくなるような体の強さ」を身につけていただく事が大切だと考えています。

toyoigaku at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

アトピー治療の盲点


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピー治療の盲点」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎治療の盲点、これは、非常に多くの社会的問題点を持っています。
現体制でのアトピー性皮膚炎の治療の現場は、皮膚科だと思いますが、皮膚科の先生方は、古いデータを基本にされています。

副作用が強いステロイド薬は、使用しているうちに効かなくなり、量が増えます。
薬の盲点は、薬に慣れていない人達を、薬漬けにする要素があるという事です。
アトピー性皮膚炎は、現代文明病だという事が分かってきています。

現代の工業的生活は、リスクが高い状態にあります。
肌が敏感な人が、アトピー性皮膚炎になりやすいというデータがありますので、先進文明の弊害に、もう一度目を向ける事が大切ではないでしょうか。

toyoigaku at 16:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月09日

アトピーの本当の理由と原因


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピーの本当の理由と原因」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎の原因と言われている、免疫のIgEは、副次的な問題だと考えています。
生活習慣病のリウマチと、アトピー性皮膚炎は類似関係にあります。
この2つの病気は、ステロイド、免疫抑制剤などの薬の共通性が上げられます。

これらの薬は、最初の段階で炎症を抑えるのに、非常に効果があるという事が理解できると思います。
本当の理由は、生活習慣、子供のころの生活環境、これが非常に大きな問題があったという事です。

toyoigaku at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

アトピーの症状


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピーの症状」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎の症状は、様々です。
目に見える症状としては、皮膚が赤くなり、ざらざらして厚くなります。
痒いので、かきむしってしまいます。

かきむしらない場合も白い粉を噴きます。
目にも見えるため、顔に発症すると、女性の場合は非常に困る、といった症状があります。

toyoigaku at 17:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

アトピーになりにくい年齢


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピーになりにくい年齢」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎になりにくい年齢は、一概に説明するのは難しいでしょう。
アトピー性皮膚炎は、幼少期・中高生の年齢までは、よく起こります。
年齢が上がるにつれて、病気の分布が減っていきますので、免疫過剰になる時期には、非常に多くの方が罹患します。

年をとればとるほど、アトピー性皮膚炎を発症する人数は減ります。
ただ、間違えないでいただきたいのですが、今発症している人たちが5歳、10歳、20歳、30歳台で時間が経って50〜70歳台になれば、アトピー性皮膚炎が治るかと言いますと、単純にはいきません。

旧・環境庁の推定では、今アトピー性皮膚炎を発症していらっしゃる方は、年をとって60〜70歳台になっても自然には減らないだろうといわれています。
なぜかと言いますと、本当の原因として、若い頃に摂取した化学物質や食品添加物が蓄積して発症すると考えられているからです。

つまり、現在60〜70台の方々は、化学物質や、食品添加物をそれほど摂取していらっしゃらないので、アレルギーやアトピー性皮膚炎の症状が出ないという話だとご理解ください。

toyoigaku at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

アトピーになりにくい条件


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピーになりにくい条件」をご覧ください。




幼少期に、周囲からの圧力を受けたり、過剰な期待を受けて育った方や、食品添加物や化学物質を摂取している方はアトピー性皮膚炎を発症しやすいと言われています。

あるいは、胎児にまで遡って、母体を通して食品添加物や化学物質を摂取している方も同様だと言われています。
つまり、このような条件に当てはまらない方は、アトピー性皮膚炎を発症しにくいという事ができます。

toyoigaku at 17:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

アトピーが発症しやすい年齢と性別


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピーが発症しやすい年齢と性別」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎を発症しやすい年齢と性別ですが、性別は特に関係ないようです。
ただ、年齢に関しては、5歳までに、7〜8割の方が発症しており、幼少期のアトピー性皮膚炎が非常に多い事がお分かりになられると思います。

toyoigaku at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月08日

アトピーが発症しやすい体質と遺伝


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピーが発症しやすい体質と遺伝」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎になりやすい方は、胃腸が弱い体質の方です。
遺伝的には、アトピー性皮膚炎を発症した方の家族に遺伝する事が多くあります。
あるいは他のアレルギー・喘息等も、アレルギー体質の遺伝によって引き起こされると考えられております。

toyoigaku at 15:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

アトピーが発症しやすい性格の特徴


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピーが発症しやすい性格の特徴」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎を発症しやすい性格の方は、どちらかというと内向的な方です。
また、アトピー性皮膚炎には姿勢も関係しますので、お話ししておきます。

私の知り合いの治療家は、「アトピー性皮膚炎を治すには、姿勢を修正すれば良い」と言われるほどです。

アトピー性皮膚炎と姿勢は、非常に関係がありますので、私が提唱する「重心軸」をしっかり作っていただくと、アトピー性皮膚炎の改善に、役立つのではないでしょうか。

toyoigaku at 15:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

アトピーが発症しやすい食生活


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピーが発症しやすい食生活」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎になりやすい食生活として、代表的なものでは、ラーメンなどがあげられます。
アトピー性皮膚炎の方は、胃腸が弱いという事と関係しています。

関節と皮膚と粘膜は、胃腸の働きと関係しています。
アトピー性皮膚炎の方は、胃腸の働きを良くするという事が課題です。

toyoigaku at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

アトピーの兄弟の病気


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピーの兄弟の病気」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎に似た病気として、私達が発見している病気に、リウマチ・膠原病・潰瘍性大腸炎・クローン病・円形脱毛症などがあります。
リウマチ・膠原病・潰瘍性大腸炎・クローン病は、薬剤として、ステロイド系の薬が使われ、症状がとりあえず止まります。
これらの病気は、治し方がよく似ています。

自分の中の不調和が、環境や自分の中の因子によって発生する症状です。
病気自体は、似ていますが、自分自身の遺伝的特性や体の特性、反応が出た部分によって、症状が違います。
このように似た病気があるという事、またそれらの治し方が似ているという事を考慮に入れておいてください。

toyoigaku at 14:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

東洋医学と薬の付き合い方(アトピー性皮膚炎)


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「東洋医学と薬の付き合い方(アトピー性皮膚炎)」をご覧ください。




今まで多くの方が、東洋医学の方法を使ってアトピー性皮膚炎の改善にチャレンジされました。
しかし、漢方薬や鍼灸治療に頼り切って、自分自身での主体的な治療が行われていませんでした。
日々の心がけで楽になるにも関わらず、先生に頼りきりになると回復が遅れます。

東洋医学の考え方は、健康と病気の間のグレーゾーンである「未病」を治すという事です。
東洋医学では、体に無理なく負担をかけずに、長期的に回復力を強くするという考え方で治療を行います。

そのため、アトピー性皮膚炎のような病気には、適した治療法です。
まず期間を設定してください。
そして、この期間で治す、あるいはこの期間で症状を楽にすると決めてください。

その上で、改善の為に自分が納得できる事を行いましょう。
そして日々の心がけをした上で、漢方薬に頼ったり、鍼灸の先生に治療の手助けを依頼するという事が、多くの治療院で行われるなら、その治療は正しい治療だと言えるでしょう。

toyoigaku at 14:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月06日

地域によるアトピーの症状の違い


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「地域によるアトピーの症状の違い」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎は、環境によって、症状が大きく変わる事が知られています。
アトピー性皮膚炎は、環境に起因し、環境に対するアレルギー反応が強いという事が、最近の医学でも言われています。

アトピー性皮膚炎は、アフリカやエジプトの奥地などで生活すると治ります。
アフリカやエジプトの奥地などには、アトピー性皮膚炎になる方はいらっしゃいませんでした。
アトピー性皮膚炎を発症される方は、アフリカやエジプトなどにおいても、都市部から始まっています。

私は、アトピー性皮膚炎は西洋文明が引き起こした病気だと考えています。
これは、環境省や研究機関の最近のデータから分かってきましたが、それは当然の事で、今さら驚くような事ではありません。

つまり、極論ですが、あなたの病気は都会で生活するより、田舎で生活した方が良く、さらに奥地(未開の地)で生活される方がいいでしょう。
その環境を、アトピー性皮膚炎を発症された方に対して作ってしまおうという事が、私の考え方に近いかも知れません。

toyoigaku at 15:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

西洋医学の薬について(アトピー性皮膚炎)


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「西洋医学のについて(アトピー性皮膚炎)」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎に用いられる西洋医学の薬には、多数の問題点があります。
例えば免疫抑制剤については、あらゆる感染症にかかりやすい危険性があることを認識する必要があります。

実際に私の友人がHIVに感染していることから明白です。
また、それにより自分の人生を破壊してしまうリスクもあります。
そのような事態は、できるだけ避けたいところです。

西洋医学の薬は、対症療法がほとんどで完治を目的としていません。
また意外なことに西洋医学の薬には、それほど長くの歴史がないのです。
今の西洋医学を形成している、薬(石油製剤)が生まれたのはせいぜい百数十年前です。

それ以前は、西洋医学ではハーブを使用しており、ハーブ以外の薬はありませんでした。
このハーブは、日本でいうと漢方薬にあたります。
したがって、現在の西洋医学で使われる薬は、新しいものといえ、副作用や薬害などの安全性にかなり疑問が残ると指摘されています。

これが、薬のデメリットであり、リスクが高い部分です。
もし、副作用のない自然療法的な方法で回復できるなら、それがベストといえますし、私もそのような指導法で多くの方に喜んでいただいております。

できればそのような考え方で、これから3年後から5年後には、アトピー性皮膚炎に悩まされる事なく、楽しい人生を歩んでいただきたいと考えております。

toyoigaku at 15:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

初期のアトピーの場合も効果ある?


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「初期のアトピーの場合も効果ある?」をご覧ください。




初期のアトピー性皮膚炎の方は、ぜひ「アトピーを超える基本治療セット」をご利用ください。
症状が強くない状態でも放置しておくと、症状が強くなり、薬の量も増えます。
その時に、薬をやめようとすると、副作用が起きます。

薬は対症療法ですので、痒みを抑えるだけです。
薬では、アトピー性皮膚炎は、完治しないという事です。

薬による治療を続ける事で、リバウンドが強く出てしまいますので、初期の段階で、きちんとした東洋医学的な対処法を行っていただく事で、症状が改善していきますので、できるだけ早く実行してください。

toyoigaku at 15:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

最も早くアトピーの苦痛から解放される方法


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「最も早くアトピーの苦痛から解放される方法」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎の早期治療においては、短期的目標と中長期的目標の2つに分けてください。
短期的な目標は、乾燥しない肌を作る必要があります。

ここでは、粘膜が乾燥しない事を重視します。
そのために、モーリン公美子さんに依頼して、特殊な水・オイルの情報、体内の毒素を排出する方法を、テキストにまとめていただきました。

それを学んでいただく事で、あなたの皮膚の痒みや、痛みにより、夜眠れない苦痛などを、出来るだけ早く緩和する事ができるようになると考えております。

toyoigaku at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

血流を改善するのはなぜ大切か(アトピー性皮膚炎)


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「血流を改善するのはなぜ大切か(アトピー性皮膚炎)」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎を解決するには、血流を改善する必要があります。
まず一つは、細胞の新陳代謝を良くする為です。
新陳代謝を良くして、現在、荒れている皮膚(古い皮膚)をはがし、新しい皮膚に置き換える必要があります。

ただ、この時に痒みが若干増える可能性があります。
私は、「排泄関係については、不快症状を転換する」という考え方を取ります。
痛みや痒みは、典型的な不快症状です。

この症状は、汗をかく、あるいは、尿や便の排泄を良くするといった、より楽な「不快症状」に置き換えられます。
そのような努力をする事で、問題が早く解決するはずです。

toyoigaku at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月04日

一般的見解と中村司式治療の違い(アトピー性皮膚炎)


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「一般的見解と中村司式治療の違い(アトピー性皮膚炎)」をご覧ください。


一般的な治療は、ある意味で10年前、20年前の治療です。
アトピー性皮膚炎は、原因不明の病気であるという捉え方が一般的です。
その場合、痒みや皮膚の荒れを抑える、対症療法に頼らざるを得ません。

私たちはアトピー性皮膚炎は、環境によってもたらされた、人間の正しい反応であると考えています。
ところが、痒みや皮膚の荒れが出ている方は、非常につらい状況ですので、この症状が病気そのものだと考えがちです。

しかし実際、良く検討すればアトピーは人体にとって「正しい反応」だと分かります。
我々が環境から受け取った悪い物を、皮膚から外に出そうとする正しい反応の一種ですので、この過剰反応をなくすことが大切であると考えています。

toyoigaku at 16:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

一般的に言われるアトピーの原因


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「一般的に言われるアトピーの原因」をご覧ください。




以前、アトピー性皮膚炎は原因不明と言われていました。
アトピーの語源は不特定(全身的などこに出るかわからない)を意味します。
体の症状が、いろいろな場所に出る原因不明のものとされていました。

現在は、いろいろなデータが世界中から集められるようになりました。
そのデータから、発展途上国よりも先進国の方がアトピー性皮膚炎を発症する確率が高い事が分かっています。

環境問題とアトピー性皮膚炎がリンクしているのではと、アレルギーの問題を含めて大きな議論を巻き起こしています。

toyoigaku at 16:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ラーメンはアトピーになぜ悪い?


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「ラーメンはアトピーになぜ悪い?」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎を発症されている方にとって、ラーメンを食べる事は負担になります。
私の知り合いで、アトピー性皮膚炎を発症している方は、ラーメンを食べると、毎回、下痢になると言います。

ラーメンの中に入っている「かんすい」というものが、腸壁に糊のように貼り付き、悪影響を与えます。
あるいは、甘い物を食べるとアトピー性皮膚炎がひどくなる場合もあります。

私が食生活を改善するように勧めても、実行されない方もいらっしゃいます。
そのような方は、薬を塗っても、運動をしても治るはずがありません。
身の周りの環境を良くしない限り、アトピー性皮膚炎は治りません。

例えば、湖に汚いゴミを放り込んでいたら、その湖が綺麗になる事はありません。
住民の方々が、湖のゴミを取り出し、掃除をしない限り問題は解決しません。

ラーメンや甘い物を食べる事が、自分の体に大きな負担をかけるという事を考えていただければ、食べ物や外的環境との関係が、よくお分かりになると思います。

toyoigaku at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ホットパックでアトピー症状改善


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「ホットパックでアトピー症状改善」をご覧ください。




遠赤外線ホットパックを、どのようにアトピー性皮膚炎に使えば良いでしょうか。
アトピー性皮膚炎になる方のほとんどが、体が冷えています。
体温が高い方は、病気になりにくいという特徴があります。

したがって、病気を治すためには、体を温める必要があります。アトピー性皮膚炎の方は、体が冷えるような食生活や生活環境にあるという事が分かっています。
それを改善するため、体が冷えるような習慣を徹底的に改める必要があります。

症状を楽にする為には、薬に頼らず、長期的に体の改善をし、新陳代謝を高めることです。
また、痛み・痒みなどの不快症状を尿や便の排出に置き換え、体内の毒素を徹底的に体外に排出する事が必要です。

このようにして治った例を、実際に多く見ておりますので、そのような方向性で努力をしていただきたいと考えます。

toyoigaku at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

アトピー治療の短期と中長期の目標


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピー治療の短期と中長期の目標」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎は、中長期的な目標と短期的目標を分けなければなりません。
私が観察している範囲では、アトピー性皮膚炎が改善していく方は、それまで10年、20年とアトピー性皮膚炎で悩まれていても、約1年半から2年ほどで、症状が解消しました。

アトピー性皮膚炎の症状が早く解消した理由は、彼らが自分でよく考え、継続的な努力をしたからです。
しかし現在、痒みを抱えていらっしゃる方にとって、1年半という期間は長く感じられるでしょう。

今日その方法を行ったら、明日には効果を感じたいという方が多数いらっしゃいます。
また短期的に効果がわからないと、その方法が信じられず、飽きてしまいます。
今までかきむしっていた痒みが弱い痒みに変わるように、症状が短期的に楽になる事が必要だと思います。

そのために、モーリン公美子さんが教えてくれた痒みを楽にする方法を実行してください。
今まで10や9あった痒みを、5、4あるいは3に落としていただく事で、アトピー性皮膚炎を改善する方法が信じられるようになるでしょう。

こうして始めは少しだけ生活を変えていただき、1年半、2年経った頃には、あなたが、素晴らしい人生を目指していけるようになっていただきたい、と考えております。

toyoigaku at 16:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月01日

アトピーを楽にする


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピーを楽にする」をご覧ください。



症状を楽にするには、まず保湿です。
そして、体表の余分な電磁気的エネルギー(静電気)を、除去する事が必要です。
その最中に、皮膚が一時的に悪化したように見える事がありますが、実際はそうではありません。

家を改修する時には、解体して不要な部分を廃棄物として捨てるようなもので、皮膚でも入れ替えを行う最中は、一時的に悪化したように見えるのです。
このようにして、体内の毒素などを体外に排出する必要があります。

この最中に、不快な痒みなどを少なくするように、オイルなどを使うと、痒みが緩和されるというデータがあります。
こうした症状を楽にするテクニックを使って、改善していただきたいと考えています。

toyoigaku at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

アトピーは治る病気?


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピーは治る病気?」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎は治る病気だと考えています。
現在、アトピー性皮膚炎の本来の原因がかなり分かってきました。

これは環境問題などがありますが、これらに配慮する事によって良くなった方が非常に増えいているという現実があります。

toyoigaku at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

アトピーは改善できる


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
アトピーは改善できる」をご覧ください。




アトピー性皮膚炎の症状は、改善する事ができます。
アトピー性皮膚炎では、皮膚のバリア機能が低下していると言われています。
バリア機能を補助するテクニックは、ある程度確立されています。
それを利用する事で、まずは痒みに対処する事が必要だと考えます。

toyoigaku at 18:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!