パーキンソン病

2010年03月02日

パーキンソン病 ホットパックのすすめ


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病 ホットパックのすすめ」をご覧ください。





toyoigaku at 10:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月29日

パーキンソン病の薬の減らし方について


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病の薬の減らし方について」をご覧ください。






最初から無理に、薬を減らす必要はありません。
生活の改善をするうちに、薬がよく効くようになります。
その効き目を見て、薬の量を徐々に減らしていく事が大切です。

toyoigaku at 19:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月27日

パーキンソン病の原因


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病の原因」をご覧ください。






パーキンソン病の原因は、現代医学では、中脳黒質に問題があるためとされています。
それは、神経の変性、ドーパミンが適切に分泌されないというものです。
しかしそれは、枝葉の問題であって、真の原因が潜んでいます。

現代医学では、重金属や化学物質が原因とも言われていますが、それは原因の一側面に過ぎず、奥に存在する背景まで見通す必要があると考えています。

toyoigaku at 16:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病と肝臓の関係


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病と肝臓の関係 」をご覧ください。






パーキンソン病と肝臓の病変や、肝機能の低下とは、大きな関係があります。
パーキンソン病の方に、職業と肝臓の病気について尋ねると、8割の人が何らかの関係がありました。

職業では、薬剤系や機械系の仕事をしている事、肝臓のトラブル、あるいは、肝機能が低下している事、これらが重なり合い、パーキンソン病の原因となっています。
そして便秘がちであるという事も大きなリスクになります。

toyoigaku at 16:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病は治る病気?


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病は治る病気? 」をご覧ください。






パーキンソン病が完治したという状態になるためには、おそらく体の再生に必要な7年という期間がかかると考えています。
中長期で考えれば体の改善は重要ですが、短期的に見れば今の症状が楽になることが必要だと思います。

例えば、Yさんはしばしば朝に体が動かなくなって救急車で運ばれたり、何度も入院をされましたが、しばらく私が勧める治療を続けるうちに、全く救急車を呼ぶ必要がなくなり、朝動けなくなることもほとんどなくなりました。

このように、生活の質を改善することが第一です。
この治療を1か月、3か月、半年という短期的な目標として行っていただく内に、皆さんの症状が緩和され、生活の質が上がってくると思います。

toyoigaku at 16:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月03日

パーキンソン病の振戦(震せん)を止めるには?


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病振戦(震せん)を止めるには?」をご覧ください。






振戦(震顫)は、案外簡単に改善できます。
例えば、手に振戦が起きる場合、手の血流を良くすると振戦が改善します。

手のツボに刺激を与え血流を良くするだけで振戦が改善する事は、実験でも確認しております。
15分程度で振戦を軽減できました。

振戦がある場合は、血流を改善してください。

toyoigaku at 13:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病 東洋医学と薬との付き合い方


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病 東洋医学と薬との付き合い方」をご覧ください。






東洋医学によって血流が良くなると、少しの薬でも効くようになります。
そして、徐々に薬を減らし、自分の体に合う薬の使い方をして、安心を感じていただきます。
その上で、薬を必要としない体を作っていきます。

toyoigaku at 13:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病 西洋医学と薬について


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病 西洋医学と薬について」をご覧ください。






西洋医学では、パーキンソン病の原因も根治法も分からない為、L-ドーパという薬が処方されます。
ただ、薬というものは、体が慣れてくると効かなくなってきます。

なぜパーキンソン病になったのか、その原因は、食生活、体質、職業や姿勢にあるという事を多くの患者さんを診て思います。
ですから、本来は生活の改善を目指すべきだと考えています。

toyoigaku at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月02日

パーキンソン病 一般的見解と中村司式治療の違い


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病 一般的見解と中村司式治療の違い」をご覧ください。




一般的なパーキンソン病の治療は、L-ドーパという薬で、とりあえず症状を消す方法が採られます。
これは、不明な原因に対処できないという西洋医学の考え方から来ています。

しかし、アメリカの富裕層にパーキンソン病の方が多い事、パーキンソン病の患者さんの首から上の血流が悪い事、頭がぶよぶよしているなどの特徴、パーキンソン病になりやすい職業があるなどのデータがあります。

中村司式治療では、これらを総合的に考えて、パーキンソン病の根本的な原因にアプローチする必要があると考えます。

toyoigaku at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

モハメド・アリでも有名なパーキンソン病


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「モハメド・アリでも有名なパーキンソン病」をご覧ください。






パーキンソン病は、モハメド・アリでも有名ですが、これはアメリカの富裕層に多い病気だと認識されています。
ではなぜ富裕層にパーキンソン病を発症する人が多いのかという事は、原因があり、私も既に分析しています。

toyoigaku at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病を格段に良くする方法はありますか?


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病を格段に良くする方法はありますか?」をご覧ください。






症状を格段に良くする方法として、ひとつの例をお話しします。
パーキンソニズムの傾向がある方が、ろれつが回らなくて困っておられました。
この方には、ある方法を試していただいたところ、1日で改善しました。

実は、パーキンソン病そのものに問題があったのではなく、歯に問題があったのです。
大切な事は、出ている症状のポイントを押さえて、それを改善する事だと思います。
それによって、生活の質が改善されます。

toyoigaku at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病は改善できる


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病は改善できる」をご覧ください。






パーキンソン病は、基本的に治る病気だと考えます。
但し、正しい治療を開始してから7年かかると考えております。
この7年とは、身体の全ての細胞が入れ替わるために要する時間です。

しかし、7年も待つ事は根気が続かないでしょうから、まず今の症状を改善してください。
解毒・排毒の作用を強める事を含めて、改善する事が必要になります。

toyoigaku at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年09月30日

パーキンソン病の地域による症状の違い


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病の地域による症状の違い」をご覧ください。





パーキンソン病の地域による症状の違いですが、温かい地域の方は、症状がそれほど酷くないと思います。
ところが寒い地域の方は、寒さで筋肉の動きが悪くなりますので、症状もそれにつれて重くなりやすいと考えています。

toyoigaku at 16:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病の人の特徴


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病の人の特徴」をご覧ください。






パーキンソン病の人は、肩と背中が強ばっている事、頭にトラブルを抱えていらっしゃる事が特徴として挙げられます。
鍼を施した場合、頭から出血する方がいらっしゃいます。

それは、パーキンソン病、脳梗塞の後遺症、交通事故のひどい後遺症の3つの場合しかありません。
頭に、うっ血があるという事が、大きな問題です。
その原因は、首と肩の筋肉が強ばっているという事です。

toyoigaku at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病の人がうつ病になる原因


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病の人がうつ病になる原因」をご覧ください。






パーキンソン病の人がうつになる原因は、簡単な理由からでした。
腰が曲がり痛くなることが多いため、多くの人は姿勢が悪くなります。
姿勢が悪くなるとうつになります。

ではなぜ姿勢が悪くなると、うつになるのでしょうか。
それは、肺活量が少なくなるため、うつになるのです。

toyoigaku at 16:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病の振戦(震せん)の原因


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病振戦(震せん)の原因」をご覧ください。






振戦(震顫)の原因について、皆さんが考えていらっしゃる原因は間違いです。
病気本体と症状は分けて考えてください。
振戦は、病気ではありません。

振戦とは、私達の体が意図的に起こしている現象です。
生理学で似た現象では「震え産熱」という生理反応があります。
これは私達の体が寒さから身を守るために、発熱するために起こしているのですが、振戦もほぼ同じ状況で起こっています。

例えば、腕の血流が悪い時に、それを改善するために脳が震えを起こすようにプログラムして生命を保っているのです。
その生命維持プログラムによって、腕が震えていることがわかれば、振戦が病気でないことが理解できるでしょう。これが、パーキンソン病で言う「振戦」の原因になります。

toyoigaku at 16:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病の食生活による症状の違い


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病の食生活による症状の違い」をご覧ください。






食生活によって、パーキンソン病の症状は大きく変わります。
なぜ脳神経がダメージを受けたのかについて、アメリカでの実験データがあります。
つまり、パーキンソン病になりやすい食生活のデータが既にあるという事です。

toyoigaku at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年09月29日

パーキンソン病の症状を楽にする


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病の症状を楽にする」をご覧ください。






多くのパーキンソン病の方を診させていただいて思う事は、最初から完治を目指さなくてもいいという事です。
完治を目指しますと、治療法や原因が解明されていないという壁にぶつかります。

私は、まず症状を楽にしていただく事をお勧めします。
そして、副作用のある薬を減らしていく事です。

また、生活の質を良くして、パーキンソン病の辛さを、できるだけ軽減していただきたいと考えています。

toyoigaku at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病の症状


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病の症状」をご覧ください。






パーキンソン病の症状として、関節が固まって動きにくい、歩き始める時に足が動かしにくい、歩き始めると止まらなくなる(突進歩行)、丸薬まるめ運動(手で丸薬を丸めるような動きが起こる)など自分が意図していない動きが起こります。

toyoigaku at 16:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病の自然治癒


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病の自然治癒」をご覧ください。






パーキンソン病は、本来自然治癒しなければいけない病気だと考えています。
パーキンソン病を発症する人は、多くの問題を抱えています。

内臓の問題や食生活、姿勢などの問題、あるいはアメリカの富裕層に多い病気であるという事実。
これら全てが、パーキンソン病の自然治癒を妨げています。

パーキンソン病を発症する人は、他の病気の方たちに比べて、パーキンソン病になり易いという問題を抱えているために、パーキンソン病になってしまったと言えます。

toyoigaku at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病の治療に大切なこと


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病の治療に大切なこと」をご覧ください。






パーキンソン病の治療に大切なことは、肝臓と腎臓の強化です。
解毒や排毒作用が弱っている事によって、パーキンソン病を発症するという事実があります。
そのため、私は肝臓や腎臓の強化をお勧めします。

toyoigaku at 15:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病になりにくい年齢


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病になりにくい年齢」をご覧ください。






若い人はパーキンソン病になりにくいと言えます。
例えば、30代でパーキンソン病と診断されますと、若年性パーキンソン病というように、特殊な扱いをされます。

toyoigaku at 15:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病になりにくい体質


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病になりにくい体質 」をご覧ください。






肝臓や腎臓の機能が非常に強い体質の方は、パーキンソン病になりにくいと言えます。

toyoigaku at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病になりにくい性格


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病になりにくい性格 」をご覧ください。






パーキンソン病は、非常にまじめな方に発症しやすい傾向があります。
また、パーキンソン病になった後、うつ症状を併発しやすいという事も覚えておいてください。

toyoigaku at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

パーキンソン病が悪化しやすい時期


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
パーキンソン病が悪化しやすい時期」をご覧ください。






パーキンソン病の症状が悪化しやすい時期は、秋から冬にかけて、筋肉が硬くなる時期です。

toyoigaku at 00:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!