ヘルニア

2010年03月02日

ヘルニア ホットパックのすすめ


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニア ホットパックのすすめ」をご覧ください。





toyoigaku at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月21日

ヘルニアの様々な症状


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニアの様々な症状」をご覧ください。




ヘルニアには様々な症状がありますが、大きなものは痛みと痺れの二つです。
この痛みと痺れは、頚椎の椎間板ヘルニアの場合には腕や手に症状が出ます。
この時、片側に出ることが多いのですが、稀に両方に出る場合もあります。

腰椎の椎間板ヘルニアの場合には、足に出ますが、腰痛そのものとして出ることもあります。
腰椎の場合は、腰周辺の痛みや下肢に痛みや痺れが出ますが、ひとつ考えなければならないことがあります。

というのは、もしヘルニアによって神経が圧迫されているのであれば、その神経に対応するところに症状が出るはずです。
神経に対応する場所は、神経学的にすでに分かっていますが、実際には対応していないのです。

これは大きな問題です。
つまり、多くの方が考えているように、本当に神経そのものが圧迫されているのかということについて、非常に疑問であるということを覚えておいてください。

toyoigaku at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ヘルニアの本当の原因


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニアの本当の原因」をご覧ください。




ヘルニアの本当の原因についてお話します。
ヘルニアの原因を一言で言ってしまえば、生活習慣です。
生活習慣による血流障害、つまり血液の流入量が非常に低下しているということが大きな問題で、改善すべき点ということになります。

レントゲン等によりヘルニアがあることを、気にしている方が大勢みえますが、写真における事実は、痛みとは特に関係がないといえます。

toyoigaku at 15:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

冷たいものはヘルニアになぜ悪い?


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「冷たいものはヘルニアになぜ悪い?」をご覧ください。




ヘルニアに悪い食べ物の代表に冷たいものがあります。
実は、われわれの胃腸というのは、一種の筋肉なのです。胃腸にいきなり冷たいものが入ると、防御のために収縮が起きてしまいます。

人類はこれまで歴史上、冷たいものを食べたり飲んだりということをしてきませんでした。
したがって、口から冷たいものが入り、胃腸にまで達してしまうと、それを防御しようという働きが人間の体には起こります。
その防御のための正しい反応として、筋肉が硬くなります。

その硬くなる筋肉が腰にある大きな筋肉、大腰筋です。
冷たいものを例にとって、お話をしましたが、体に無理なことをしたり、不自然なものを取るということが、いかに体に悪いかということを分かっていただきたいと思います。

toyoigaku at 15:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

東洋医学と薬の付き合い方(ヘルニア)


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「東洋医学と薬の付き合い方(ヘルニア)」をご覧ください。




東洋医学の痛みの取り方は、体全体を改善していくことです。
つまり、今痛みが出ている体は、自然な状態とはいえないのです。
痛みは、体に様々な精神的ストレスがかかっていたり、取らない方が良い食べ物を取っていること、そして痛みが出るような生活習慣を行っていることによる結果です。

東洋医学ではこれらをなくしていくという考え方をします。
一つ一つは、致命的な結果をもたらすほどのことではなくても、積み重なっていくと痛みの原因となりますので、これらを改善する必要があります。
日々の努力や心掛けによって、今よりもずっと痛みが楽になります。
生活の質を良くすることによって、薬を減らしていくという考え方が大切だと思います。

toyoigaku at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

痛みと天気の関係(提灯あんこう理論)


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「痛みと天気の関係(提灯あんこう理論)」をご覧ください。




痛みと天候の間には、非常に密接な関係があります。
このことは今まで、ほとんどの病院や医師が否定してきましたが、医学会では実際に証明されていることです。
もしこれを否定されるとしたら、その医師、あるいは治療家が持っている情報が古いと考えていただいてけっこうです。

それくらい、最新の説ですが、患者さんからみれば当たり前のことです。
わたくしが担当している患者さんは、痛みの強い患者さんが多いのですが、彼らは天気予報の名人です。
気象予報士よりもはるかによく当たります。

「わたし、明日の天気わかるよ」と言われます。
わたくしは、洒落で“おばあちゃんの神経痛天気予報”をそのうちに開催したいと思っているくらいです。
これから天気が下り坂になるという時には、体が痛くなりますが、なぜそのようなことが起こるのかというと、これは気圧と関係していると考えられています。

どういうことかというと、提灯あんこうを例に考えていただくと分かりやすいと思います。
提灯あんこうというのは、海の非常に深いところに生息しています。
この時には大きな水圧がかかっていて、それほど大きくなかった提灯あんこうも、もし釣りをして釣り上げられると、段々と水圧が下がってきます。

そしてもし、急に水面から釣り上げてしまうと、急激な水圧の変化によって、おそらく破裂してしまうだろうと思われます。
つまり、提灯あんこう理論というのは、気圧の変化によってわれわれの体に起こる変化を説明するものです。

気圧の低いところに行くと、われわれの体は少し膨張します。
通常の気圧は1010hPaを少し超えるくらいですが、それよも低い気圧、例えば960hPaくらいになりますと膨張します。
その体が膨張した時に、神経なども同時に膨張しようとしますが、それが大きなストレスとなって痛みを感じるといわれています。

ですから、湿気が多い時や気圧が段々下がっていく時には、痛みが出やすいのです。

toyoigaku at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月19日

地域によるヘルニアの症状の違い


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「地域によるヘルニアの症状の違い」をご覧ください。




地域によるヘルニアの症状の違いについてお話します。
寒い地域と暑い地域では、やはり寒い地域の方が筋肉がこわばり、血流が悪くなります。
例えば、北海道と沖縄の人を比べると、沖縄の人の方がヘルニアになる確率は低いということがいえると思います。

toyoigaku at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

初期のヘルニアでも効果ある?


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「初期のヘルニアでも効果ある?」をご覧ください。




初期のヘルニアの方にも効果があるかということですが、初期であればあるほど回復は早くなります。
例えば、5年、10年とヘルニアで苦しまれた方が、そこから正しい生活習慣をされるようになっても、回復にはどうしても時間が必要です。

ところが、この1カ月で急に悪くなられた方が、正しい治療法に出会えたことは、非常に幸運です。
できるだけ早く実践していただいて、早く回復していただきたいと考えています。

toyoigaku at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

血流を改善するのはなぜ大切か


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「血流を改善するのはなぜ大切か」をご覧ください。




痛みを軽減させるために、血流を改善させることは、非常に大切なことです。
痛みというのは不快な症状です。
それを和らげるためには、体を温めるなどして、血流を改善させることが必要です。
血流が改善すれば、血液の回転スピードが速くなります。
回転スピードが速くなれば、体の修復能力が非常に上ります。

したがって、血液を多く流すことで、赤血球の中の栄養分が、われわれの体の中の毛細血管まで運ばれていきます。
それにより、痛みが消え、不快な症状もしだいに減っていきますので、ぜひとも血流を改善してください。

toyoigaku at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

一般的見解と中村式治療の違い(ヘルニア)


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「一般的見解と中村司式治療の違い(ヘルニア)」をご覧ください。


今までヘルニアの方が病院で受けてきた説明は、例えばレントゲンのような画像所見で、「この骨とこの骨の間の椎間板が潰れていて、髄核の突出があります」といったものだと思います。
この突出のことをヘルニアと呼びます。

しかし実際には、ある人が日常生活において、体にいい事をしているのか、悪い事をしているのか、それとも何もしていないのかということについては、全く分析されていません。
その時、内臓や周りの筋肉が、どのような方向に動いているのか、改善に向かっているのか、悪化しつつあるのかについても、一切検討されていません。

実際の調査で、60歳以上の方の腰を調べると、1/3の方にヘルニアの痕跡があるにも拘らず、ほとんどの方が痛みを覚えていらっしゃらないことが分かっています。
ところが、中には痛みを感じている方がいらっしゃいます。
こういう方は、むしろ少数派なのです。

ヘルニアと診断されたり、画像所見においてヘルニアが確認された方の中で、おそらく1/10か1/5の人しかヘルニアの痛みを感じていません。
つまり、約8割の方はヘルニアであっても痛みを生じていないのが現実です。
この8割の人の中に入ってしまえば、痛みは消滅するはずです。

こういった最も自然な治療法は、今の日本では提唱されていません。
わたくしは、全ての方が生活環境を改善すれば、この痛みが確実に減ると考えています。

toyoigaku at 16:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

一般的に言われるヘルニアの原因


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
「一般的に言われるヘルニアの原因」をご覧ください。




ヘルニアという言葉は「突出」を意味しています。
つまり、椎間板ヘルニアと言った場合には、髄核の突出を表しているわけです。
今の医学では、この突出が悪いことだと言われています。

腰椎のヘルニアの場合は、腰椎と腰椎の間の髄核が、圧力によりはみ出してしまっている状態ですが、このはみ出した部分が神経を圧迫すると現代医学では言っていますが、わたくしは実際にはこれは、正しくないと考えています。
わたくしは、この髄核の突出があっても、痛みは消せると考えています。

アメリカに詳しいデータがありますが、どのような病気があるかに関係なく、60歳以上の方たちの体をMRIで検査したところ、およそ1/3の方にヘルニアの痕がありました。
しかし、ヘルニアの形状があったにも拘らず、実際にはその痛みを感じていない人がほとんどでした。

ヘルニアの痕がみられた1/3の方が、全て痛みを訴えていたわけではないということから考えて、ほとんどの方たちはヘルニアであっても痛みを感じたことがないことが分かったのです。
これは現代医学の常識から考えると、非常におかしなことです。
つまり、ヘルニアがあることと痛みを感じることは、次元の違う問題であると認識する必要があります。

toyoigaku at 16:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月18日

ヘルニア治療の盲点


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニア治療の盲点」をご覧ください。




ヘルニア治療の盲点についてお話します。
これは現在、西洋医学は非常に検査技術が進んでいて、例えばレントゲンやMRIなどの画像技術が進んでいるという特徴があります。

人間の体のその部分の機能や働きは、ほとんど考慮されていないということに問題があります。
最大の問題点は、血液がどのくらいの流れているのか、血流がいいのか悪いのかを検討してみなければ、痛みの本当の原因は分からないということに、気づいていないことです。

実は、ヘルニアがあるから痛いという単純な考え方は、既にベテランの整形外科では間違いだと言っています。
それは勘違いに過ぎないということです。
その方が説明がしやすいから、患者さんに画像を見せて「この部分が悪いから、ここが痛いんです」と言っているに過ぎないのです。

そういったことをわたくしも、整形外科医を長年されていらっしゃった坂井学医師から聞いていますし、多くの先生がそのような認識でいらっしゃると考えています。

toyoigaku at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ヘルニアは治る病気?


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニアは治る病気?」をご覧ください。




ヘルニアは治る病気かということについてお話します。
わたくしがよく言うのは、ヘルニアというのは、ただ単に髄核が突出しただけだということです。
腰椎が上下から圧迫されて中の髄核が突出している状態で、そのこと自体は、特に問題はありません。

実際には、痛みや神経症状が出ていることが非常に大きな問題なのであって、髄核の突出があっても痛みが取れて、手足がうまく動けばいいのではないかと考えるべきでしょう。
ヘルニアそのものと症状とは違うということを理解し、切り離して考え治療をすれば、ヘルニアで困るということはなくなると思います。

toyoigaku at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月17日

ヘルニア症状に関する正しい解釈


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニア症状に関する正しい解釈」をご覧ください。




ヘルニア症状に関する正しい解釈についてお話します。
ヘルニア自体は、基本的に何の問題もありません。
画像所見として、レントゲン等の画像を見せられて、ここにヘルニアがありますと言われますが、ヘルニアがあることと、痛みを感じていることを直接関連付けることに、あまり意味はありません。

腰痛プラス画像所見が揃った場合に、ヘルニアといわれる状態であると考えてください。
つまり、腰痛を消してしまうと、ヘルニアがあるにも拘らず、今の症状が消えてしまいます。
要するに、単なる腰痛とほぼ同じということができます。

このように考えていただければ、決してヘルニアが治ったり、ヘルニアの突出した部分を手術で切らなければならないということにはなりません。
つまり、現代医学で言われているように、ヘルニアが原因で神経を障害したり、痛みが起こっているのであれば、手術でヘルニア部分を削ることで今の症状は消えるはずです。

ところが、手術を受けても症状が消えない方があまりにも多いのです。
ということは、ヘルニアであることと、今の腰痛症状や痺れは、ほぼ関係がないと言えると思います。

toyoigaku at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ヘルニアは改善できる


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニアは改善できる」をご覧ください。




ヘルニアの症状の改善についてお話します。
この問題を考えるにあたって、一つ理解をしておいていただきたいことがあります。
それは、ヘルニアであることと、症状が出ることとは別の問題であるということです。

ヘルニアの症状は、AとBという二つの条件が揃うと出てきます。
Aは、MRIやレントゲンのような画像所見として、ヘルニアが見られるということです。
しかし、この画像所見と痛みや痺れが出ていることとは切り離して考えるべきです。

では何故、痛みや痺れがでているのかというと、画像所見があることにプラスして血流の障害があるからです。
この血流の障害がBです。
血流を良くすれば、痛みは改善するということが多くの方の経験から分かっています。

まずは、血流を良くしていただくきたいと思います。
そして、血流を良くしていただくと、条件の一つであるBが消えますので、感じる痛みの強さが全く変わってきます。
血流を良くする方法は、比較的簡単ですから、ぜひ試してください。

toyoigaku at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ヘルニアの薬の減らし方


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニアの薬の減らし方」をご覧ください。




ヘルニアの薬の減らし方についてお話します。
ヘルニアの薬は、痛みや痺れが減ることで、徐々に減らすことができます。

そのためには、体を芯から温めます。
体が温かくなれば、筋肉が緩んで血流が良くなります。
血流が良くなれば、痛みが楽になります。

このようなサイクルを繰り返すことによって、徐々に薬を飲む必要がなくなってくると考えています。

toyoigaku at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ヘルニアの薬


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニアの薬」をご覧ください。




ヘルニアの薬についてお話します。
ヘルニアの薬として処方されるのは、おそらく殆どが痛み止めではないかと思われます。
痛み止めの薬というのは、腰痛やヘルニア自体を治すものではありません。

この痛み止めを使用することには、一つ問題があります。
それは、交感神経を優位にしてしまい、本来、われわれの体に必要な副交感神経優位にはしてくれないということです。
つまり、逆の働きをしてしまいます。

緊張させることや、血流を阻害することによって、痛みを一時的に軽減させているということになりますので、この痛み止めの薬を継続的に使い続けると、後々改善させようとした時に、リバウンドをしたり、それまでに溜まってしまった借金を返さなければいけなくなります。

ですから、できるだけ痛み止め等の薬は、使用しない方が賢明だと考えます。

toyoigaku at 14:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ヘルニアの代表的な症状


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニアの代表的な症状」をご覧ください。




ヘルニアの代表的な症状についてお話します。
ヘルニアの代表的な症状には、大きく分けて二つあります。
一つは痛み、もう一つは痺れです。

例えば、頚椎にヘルニアがある方の場合は、手に症状が現れます。
これは、片方の手に症状が出る場合もあれば、両方に出る場合も稀にあります。
腰椎にヘルニアがある方の場合は、足に痛みや痺れが放散するような感じで現れます。

toyoigaku at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月13日

ヘルニアの早期治療方法


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニアの早期治療方法」をご覧ください。




ヘルニアの早期治療方法についてお話します。
例えば、3日でなんとか痛みをとりたいという方や、1週間後にゴルフがあるからそれまでになんとかしたいという方が時々みえますが、これはとにかく、血流を良くするという一点に絞った方がいいと思います。

この血流を良くするための方法として、東洋医学系にはいろいろな考え方があります。
まずは鍼灸を使っていただく方法、そしてご自宅では遠赤外線の医療器具を使っていただく方法などがあります。
この遠赤外線は体の中の方まで温めて、血流を良くする方法です。

それ以外にも、減圧する療法があります。
これは、どういう療法かといいますと、ヘルニアというのは骨と骨の間が狭くなっている状態ですから、それを少し広げるというものです。
とにかく、可動域を広げ、動きを良くすればいいわけです。

動きを良くすれば、その周辺の血液の流れも良くなりますし、筋肉のこわばりもとれます。
つまり、椎間板がつぶれていたり、ヘルニアがあるということは、痛みとは特に関係ありません。
大切なのは、周辺の血流を良くすること、そのために遠赤外線の医療器具や鍼灸などの東洋医学をうまく利用していただきたいと思います。



toyoigaku at 16:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ヘルニアの正しい治療による改善の目安


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニアの正しい治療による改善の目安」をご覧ください。




ヘルニアの正しい治療による改善の目安についてお話します。
これは単純に、ヘルニアの場合には、わりと早く痛みが減っていくということが分かっています。

この時に、気をつけていただきたいのが、血流を良くする場合には、好転反応が出ることを考えなければいけないということです。
好転反応の出方は、それほど症状が重くない場合や痛みだけの場合は、比較的ゆるやかです。

ところが、筋肉がとてもこわばっていて、血液の流れが非常に悪い場合には、血液が正常に流れ始めると、溝掃除をするのと同じで、今まで止まっていたものが動き出します。
これによって痛みがぶり返すことがあります。
しかし、これは一時的なものですから、全体的に流れが良くなれば解消していきます。

そして、もうひとつ言っておきたいことがあります。
それは今まで、体に悪い生活習慣をされていたと思いますので、これを改善していただきたいということです。
この両輪が必要だと、わたくしは考えています。

toyoigaku at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ヘルニアの人の特徴


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニアの人の特徴」をご覧ください。




ヘルニアの人の体の特徴についてお話します。
ヘルニアの方の体を触診をさせていただくと、その原因となっている部分の筋肉が非常にこわばっているのが分かります。
つまりその部分は、筋肉がこわばっているために痛みが出ていると考えた方がいいと思います。

そのこわばりは、頚椎の椎間板ヘルニアの方の場合、首に硬い部分があることが、ご自分で触診していただいても確認できます。
ご自分で触診される場合は、頚椎の椎間板ヘルニアの方は、一番高い中指を使って首をチェックしてみてください。

腰椎の椎間板ヘルニアの方は、指の腹で腰を押さえてみると、問題の部分に筋肉の硬直があることが分かると思います。
この硬直が痛みの原因であると、正しく認識していただきたいと思います。

toyoigaku at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ヘルニアの自然治癒


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニアの自然治癒」をご覧ください。




ヘルニアの自然治癒についてお話します。
実は本来、ヘルニアというのは自然治癒すべきと言いますか、知らず知らずのうちに自然治癒をしているものなのです。

アメリカで60歳台の方達のレントゲンを撮ったところ、1/3の方にヘルニアの痕跡が見られたといいます。
しかし、その中でヘルニアの痛みを訴えている方は、ごく少数しかいませんでした。

つまり、おそらくはヘルニアが見られた方の中で、痛みを生じていた人は2割以下であったと思われます。
痛みを感じていなかった人が8割もいたのです。では、痛みを感じなかった8割の人と、痛みを感じた2割の人とでは、何が違うのかということです。

それについては、おおよその見当がついています。
結局は血流の強さ、血流スピードの速さです。
血流のスピードを改善し、体の修復を早めて、不要な痛みを感じない体を作ることを自然治癒と考えていただいくことが、一番いいのではないかと考えています。

toyoigaku at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ヘルニアの治療期間


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニアの治療期間」をご覧ください。




ヘルニアの治療期間についてお話します。
まず強い痛みをとるための目安は、1週間でとれる方もいらっしゃいますし、3カ月かかる方もいらっしゃいますが、だんだん血流が良くなることによって、痛みが減っていくように感じています。

ですから、これらの数字を目安にしていただけるといいと考えています。
しかし、体全体を良くするためには、少なくとも11カ月はかかるのではないかと思います。
これは新陳代謝により、内臓や筋肉などが入れ替わるのに必要な期間です。

ただし私は、今、問題となっている血流量の少なさが改善するには、11カ月もかからないと思っています。
最長で11カ月くらいかかると考えていただければいいでしょう。

toyoigaku at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月12日

ヘルニアの治療のポイント


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニアの治療のポイント」をご覧ください。




ヘルニアの治療のポイントとして考えなければならないことは、ヘルニアであることと症状が出ることは全く別次元の問題であるということです。

ヘルニアはヘルニアとして、そのまま放置してください。
これはもしかすると、一生消えることはないかも知れません。
しかし、ヘルニアの症状は、早期に正しい治療をすれば消えていくと思います。
これがまず、第一点です。

そして、精神的なことにも気をつけてください。
精神的なことというのは、実は人間は怒りを溜め込むことによって、自分の体の中に痛みを発生させてしまうのです。

例えば夫婦関係でいえば、お互いに言いたいことを言い合える関係であればいいのですが、どうしても一方が我慢しなければいけないということになると、怒りのはけ口が外に向かえず、内側に向かってしまいます。
そして筋肉の中の最も大きなものである腰の筋肉に作用して、痛みを発生させるということは十分に考えられます。

最後に、痛みを引き起こした生活環境を変えることも必要です。

toyoigaku at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ヘルニアの根本的治療法


こんにちは、難病請負人 中村司 です。

完治療法に関する動画:
ヘルニアの根本的治療法」をご覧ください。




ヘルニアの根本的治療法について私は、精神的な部分の改善と、今現在腰痛に悩んでいるという問題の解決策として、血液の流れを改善することが、長期的に見て一番の根本的な治療だと思います。
そして、ヘルニア自体の髄核の突出が残っていても問題はありません。

これは、もしかすると10年後に消えているかも知れませんし、50年経っても残っているかも知れません。
しかし、突出が残っていたとしても、あるいは椎間板が完全に消失してしまっている方もたくさんみえますが、消失していたとしても、そのこと自体は問題ありません。

椎間板が消失していても、またはヘルニアのように突出していても、痛みが出なければそれでいいと考えた方がいいでしょう。
つまり、ヘルニア自体や椎間板がつぶれていることと、今の症状、痛みとは直接の相関関係にはないのです。

toyoigaku at 14:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!