無事に越冬した花ハスとスイレン

花ハス

 
IMG_7122b


スイレン

<12月14日>
秋に掘り上げた当時は、 コロラドが最も元気な姿をしていた。
しかし、冬になって葉が減り心持たない。
真冬のスイレンは、日当たりの良い場所に置き、透明のポリの波板で覆う程度の管理とした。
IMG_6745aIMG_6741a

IMG_6742a

2月下旬になると、芽が出てきた。

<3月中旬>
やや太い茎のような株のような部分を無理やり4株程度に切り分けた。
一部のスイレンを除き葉は無くなり、ひげの様な根も無くなっている。
IMG_7008bIMG_7011a
腐った葉や茎の匂いが気になり始めた。或は、細かい藻が容器や鉢に付着して緑色になってきた。
<5月1日>
暖かくなって急速に元気になって、株によるバラつきはあるが葉は大きくなり数も増えた。
緩効性の化成肥料を根元に埋め込む。
IMG_7111bIMG_7116b

 冬の間、水田は干上がりハスは完全枯れた状態で春を待った。ハスは春先に6粒前後の種から育てたのにも関わらず繁殖力が旺盛な為に、畳6畳ほどの広さに繁殖した。そこで2条程を残してトラクターで耕し、春を待つつもりでいた。
 ところが4月中旬に、某お寺の境内の花ハスの鉢を見たところ、鉢の中に掘り上げて根だけになったハスを見かけた。 早速、我が花ハスを掘り上げてタライに入れて水を張って様子をみた。

スイレン、花ハスの初めての冬支度作戦

12月14日
<花ハス>
写真のように枯れている。 試しに掘り上げてみると、深さ20cm程度のところで根が縦横無尽に延び、所々に小さなレンコンのような株がある。
・推測
花ハスの繁殖は根とタネの2通りがあり、広い場所に植えると限りなく根を延ばして繁殖する。逆に、根の行き場のなくなった付近で花を咲かせ種を残す傾向がありそうだ。
3月頃には雑草とともに蓮も芽を出す筈。この状態では除草剤を散布できない。
・雑草対策と繁殖
5月に入ると田植えのために給水されるので、その前に大きく成長した蓮の芽・株を掘り上げて別の場所に仮植えする。不要となった残りの芽・株は除草剤で雑草と一緒に退治し、更にトラクターで耕す。給水されたら植え戻す作戦である。品種毎に狭い区画に植える。

IMG_6753a

<スイレン>
スイレンは冬に枯れるが水は必要とされている。
しかし、スイレンを栽培した我が水田は、10月末になると稲刈りのために農業用水の給水が止められ干上がってしまう。
そこで、干上がる前に株を掘り上げて自宅に持ち帰り、水槽で越冬させることにした。
12月になると多くは枯れるが元気なスイレンもある。

スイレンも蓮のように根を広げると思い、仕切りをして広いスペースに植えた。しかし、スイレンは春先に株分けして増やすことを知ったので、来年は狭いスペースに植える予定。

                    コロラドは元気                 他の品種は休眠に近い
IMG_6745aIMG_6741a

天王小学校・天王校区民合同運動会は、 安全優先だ!

<2015>
9月26日 前日は雨で中止。今日は予備日 朝 雨模様の中を強行スタート。今年は、マスゲームに於ける危険防止の指導がされているので注目した。

・・・安全優先・・・これでいーんだ!
IMG_6353aIMG_6369a

IMG_6386a
IMG_6394a

IMG_6403a
IMG_6406a

IMG_6408aIMG_6416b

<2011>

9月24日
 台風15号が通り過ぎた秋空の下で、小学校と地域町内の合同運動会が開催されました。
 小学校と校区体育振興会、子供会、婦人会、PTA、寿会で運営されている運動会は、未就学児童、保護者、卒業生とイクジイーも加わって盛り上がっていました。
 特に、マスゲーム(組み体操)では、東日本大震災の津波を再現した演技は復興を願う気持ちが伝わり感激しました。 体育館で猛特訓したそうです。
 スライドショーでお楽しみ下さい。 → 豊川市立天王小学校・天王校区民合同運動会
IMG_12991

IMG_13034

IMG_13041

IMG_13066



楽天市場
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ