12月14日
<花ハス>
写真のように枯れている。 試しに掘り上げてみると、深さ20cm程度のところで根が縦横無尽に延び、所々に小さなレンコンのような株がある。
・推測
花ハスの繁殖は根とタネの2通りがあり、広い場所に植えると限りなく根を延ばして繁殖する。逆に、根の行き場のなくなった付近で花を咲かせ種を残す傾向がありそうだ。
3月頃には雑草とともに蓮も芽を出す筈。この状態では除草剤を散布できない。
・雑草対策と繁殖
5月に入ると田植えのために給水されるので、その前に大きく成長した蓮の芽・株を掘り上げて別の場所に仮植えする。不要となった残りの芽・株は除草剤で雑草と一緒に退治し、更にトラクターで耕す。給水されたら植え戻す作戦である。品種毎に狭い区画に植える。

IMG_6753a

<スイレン>
スイレンは冬に枯れるが水は必要とされている。
しかし、スイレンを栽培した我が水田は、10月末になると稲刈りのために農業用水の給水が止められ干上がってしまう。
そこで、干上がる前に株を掘り上げて自宅に持ち帰り、水槽で越冬させることにした。
12月になると多くは枯れるが元気なスイレンもある。

スイレンも蓮のように根を広げると思い、仕切りをして広いスペースに植えた。しかし、スイレンは春先に株分けして増やすことを知ったので、来年は狭いスペースに植える予定。

                    コロラドは元気                 他の品種は休眠に近い
IMG_6745aIMG_6741a