とよないのブログ

とよす内科クリニックのスタッフブログです。

「マイミクさん」って覚えてる?

蒸し暑くなってきた上に、曇りや雨が増えてきました。これはまさか“梅雨”がすぐそこまで来ているんでしょうか…。

衣替えや布団の片付けが済んだけど、ちょっと着るものに困ったりします。明け方が思いの外冷えたり。風邪引かないように気を付けたいものですが、上手くいかない温度調節です。
ストールがあると電車の中でも使えるので1枚持って出掛けるようにしてます。

「片付け」のワードを入力中にふと昔書いたブログのことを思い出しました。ここのブログではありません…。その名も『mixi』。
掃除や片付けの最中ってついつい漫画を読んだり、昔の手帳見たりしちゃいます(高校時代プリクラ全盛期だったものでプリクラ手帳とかw)。それと同様の思い出倉庫です。
ここでの一番の問題は「ログインできるか」です。長年放置してるので、ログインするのにメアドとパスワードが必要です!
記憶とは儚くもあり不確かなものだったりしますが、なんのその。案外あっけなくログイン出来るものです。が!

仕様が変更されていて、どうやって見るのかさっぱりですw
これはあれですか?アプリを入れろということですかね…

しかし、あの頃描いていた絵が変色せずそのまま残っていたりするのは、紙とは違った感動があります。仲間との交流なんかも同じです。「コミュ」とかなんとかあったなぁ…。オフ会と言うものに初めて参加したのもmixiでですね。
バイト仲間と日記コメントしあったり。足跡機能ってものもあって、自分のページに来てくれた人に挨拶したり(足跡付けたら挨拶しなきゃいけないルールとかある人がいたりw)。
タイトルの「マイミクさん」とは、mixi上での自分の友達の事を言います。友達申請して、受理されないとマイミクにはなれないと言う当時としては画期的なSNSでした。

これは片付ける必要はないですね。
むしろ新たに日記でも書いてみようかと思ったり…
ページ持ってる人がいたら一度ログインしてみたらどーでしょうか?
なんか恥ずかしいけど楽しいですよw

image

GWのひまつぶし

例年より暑いゴールデンウィークです。
風が気持ちいいので、出掛けるのは楽しいですね。とくに出掛けない私は映画見たり漫画読んだりゲームしたりと…

まずは4/28から公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。
今回は全編IMAXカメラで撮影しているそうで、「そしたら行くのは品川しかない!」とのことで品川のIMAX。
【感想】
作戦中にキレたら計画台無しでみんなに迷惑がかかっちゃう。
次回はキャプテン・マーベルが来てくれるので大丈夫だろう…予想。


そしてGWは劇混み予想の『名探偵コナン/0の執行人』。
人気作品でもレイトショーは落ち着いて観られるから好きです。
【感想】
今回も無茶苦茶ですwいつもそこを期待してます。中間に話がゴチャつきますが、相棒やサスペンス好きなら乗り越えられます。
安室さんは最高です!


ゲームはまず『ライフ イズ ストレンジ』。
プレイヤーは女子高生マックスになって時間を巻き戻したりします。自分のまわりの出来事をやり直したり、別な選択をしたりして話を進めます。
【感想】
何通りかエンディングがあるけど、とりあえず私は街を救いたいと思う。休み明けまでには巨大竜巻が間近に迫ったアルカディア・ベイを救ってきます!


いつもやってるけど『スプラトゥーン2』。
色塗りゲームです。とにかくエイム(AIM : 狙い、照準合わせ)が命。
【感想】
私はもっぱらイクラ集めのバイトですw
仲間と協力して今日も鮭からイクラをもぎ取ります!


漫画も何冊か…
『ロマンスの騎士』著者 : 武富 智 。
中世の騎士が現世に甦ってフェンシングをしたらどーなる?
やる気のない現代の学生・木葉野くんの中に前世の記憶が甦った!生死を懸けた「決闘」がルーツの競技・フェンシングの出会い、 目指すは自身を殺した仇との再戦。
【感想】
とにかく絵が可愛い!競技は知ってるけどルールまではよく知らなかったフェンシング。面白い上に分かりやすい。試合が出来るようになるのを楽しみにしてます。


『ダンス・ダンス・ ダンスール』著者 : ジョージ朝倉
幼い頃にバレエに魅了されるも、父の死をきっかけにバレエへの夢を諦め、格闘技・ジークンドーを習う。が、彼の前に母親がバレエスタジオを経営する都に、バレエへの興味を見抜かれ、一緒にやろうよと誘われる。
【感想】
色っぽい絵柄が特徴だけど、中身は熱いスポーツ漫画!バレエは格闘技並だと聞いたことあります…。それだけ鍛えてるってことですよね。優雅な舞台の裏では人間ドラマがあるんですね。潤平くんは元々才能もあったってところはさすが主人公っす。


『ライカンスロープ冒険保険』著者 : 西 義之
剣と魔法の世界の物語。 闇を切り拓くため、人々は「冒険」を求めた。 しかし冒険には様々なリスクが伴う。 そんな冒険者たちを「保険」を使ってサポートする者たちがいる。 彼らこそが「ライカンスロープ冒険保険」
【感想】
ダンジョンものが流行ってますが、これはダンジョンに入るための「保険」を扱ってて面白いです。
この漫画はとにかくコミックスが本屋に売ってない問題に苦労しました(専門店ならあるんだろうけど)…。取り寄せをお願いするよりはネットで買う方が早いと実感。本屋さんはなくなって欲しくないんですけど、つい利用しやすいネットを頼っちゃいます。

image

イーストウッド映画の試写へ行く

晴れた日中はポカポカですが、朝と夜はまだまだ冷えます…
更に花粉症症状も出てきたから困ったらものです。
平昌オリンピックも無事に閉幕し、パラリンピックも楽しみです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
[事実は小説より奇なり]…現実の世界で実際に起こる出来事は、空想によって書かれた小説よりもかえって不思議であるという意味のことわざ。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

今回タイトルにもある映画試写の話ですが、クリント・イーストウッド監督の『15時17分、パリ行き』に行きました。

image


ある3人の若者が高速鉄道の車内でテロに合ったらどーするのか、という話です。
(2015年8月21日に高速鉄道タリス内で発生したタリス銃乱射事件)

この映画のなにがすごいのと言うと実話だと言うことと、主演3人は事件の当事者ということ。
俳優ではないいわゆる素人ですが、そんなこと一切感じません!普通の俳優さんっすよw
イーストウッド監督の凄さが本当によくわかります。出演者が自然な演技を出来るくらいにすごくいい雰囲気の撮影現場なんだろうと想像します。確かに、どの映画を観ても役者が生き生きしてるんですよね…。その人のいいところを上手く引き出すんだろうなぁ。
『硫黄島からの手紙』でも日本人俳優を素敵に撮ってくれましたし、本当に監督としても素晴らしい人です。
俳優としてもカッコいいですしね(「ダーティハリー」って感じがありますが、私は「スペースカウボーイ」と「アルカトラズからの脱出」が大好きです!)

‐‐‐ いま現実に起こっていることにどう立ち向かうか ‐‐‐
子供の頃から問題児扱いをされていた3人、上手くいかないと思っていた日常を過ごす主役の一人スペンサーの転機
神様はイジワルだけど、ちゃんとそばで護ってくれてる

まさに[事実は小説より奇なり]ということかと
人間ドラマであって娯楽映画とは違うかと思いますが、観て損はありません
音楽も素敵です

image

浦和レッズ、ACL優勝!!

 こんにちは。docです。
 僕は浦和出身であることもあり、Jリーグ発足時から浦和レッズのファンでした。

 学生の頃はテレビ中継があれば必ず見ていましたし、チケットが取れたときは山形から駒場へ足を運んだりもしていました。Official Suporters Clubに自分のクラブも登録していました。

06

 でも最近はテレビの試合もほとんど見ておらず、年に1度くらいは埼玉スタジアムへ子どもを連れて応援に行きますが選手の名前もほとんど知りません(^^;。

33

 そんな中でレッズがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝に進んだというニュースを見て居ても立ってもいられなくなりました。

 遅ればせながらREX CLUB(レッズのファンクラブ)も無料会員からレギュラー会員になり、優先販売に備えました。結局、優先販売も無料会員の販売も一般販売も全て取れませんでしたが、その後レギュラー会員向けの追加販売で何とかチケットが取ることができました。

34

 この11月25日(土)は娘と二人で埼玉スタジアムへ向かいました。
 取れた席は遠く離れていましたが、隣の方が一人で応援であったため席を交換してくれました。快く譲ってくれてありがとう!試合が始まる前から二人で大喜びでした。

 決勝戦なだけあって試合前にセレモニーがあります。

44

 やや退屈なものでしたが、そのためではありませんがセレモニー途中からゴール裏からレッズサポーターの威風堂々(オー オ オ オー オ オ・・・)の掛け声が始まります。進行を妨げてる気もしないでもないですが^^; 、そのままセレモニーは続き、そしてレッズの選手が入場。



 それにあわせてコレオグラフィーがスタジアムに浮かび上がりました。僕はコレオに参加するのははじめてです。バックロアー最後列で希少な黄色の画用紙を掲げました^^。
(この動画はYouTubeからお借りしました。とてもいい動画ありがとうございます!)

18

 そして We are REDSのコール。地響きのように鳴り響きます。

(この動画もYouTubeからお借りしました。とてもいい動画ありがとうございます!)

 夢のような試合が始まります。試合は0対0のまま前半を折り返します。

 後半の中盤まではいつ点を入れられてもおかしくないくらいに押し込まれます。ニュースのダイジェストでは触れられていませんが、そこそこパスミスが目立ちます。
 ところで、褒められたことではありませんが、レッズサポーターは相手に色々なことでブーイングをします。相手にとっては脅威でもあり理不尽でもあるでしょう。娘は隣のレッズサポーターがなんでブーイングしているか分からず、僕に聞いてきます。
 まぁえこひいきだよと流していましたが、スコアレスドローでは負けてしまうアルヒラルの選手達は焦ってきたのか段々と汚いプレーが増えてきます。イエローカードもたくさん出てついにはレッドカードが出た頃には僕もついブーイングをしてしまいました(^^;

43

 終盤にさしかかり、レッズは0対0で逃げ切る作戦でもよかったのでしょうが、数的優位になって最後はレッズが攻め立て、後半43分シルバのシュートで貴重なゴールを入れます。

41

 スタジアムの盛り上がりは最高潮となり、僕も娘も周りの人達とハイタッチしまくって大喜びでした。このスタジアムの興奮を娘に見せることができてよかった。


30

 ロスタイム4分を危なげなくやり過ごし (いや応援している間はずっと祈るようだったけど)、レッズ10年ぶりのACL優勝となりました!!

31

 セレモニー終了後もレッズサポーターは全く帰らず、グラウンドの選手達と共に長く長く余韻に浸っていました。(向こうに見えるアルヒラルサポーターの応援席は皆帰ってます(^^;))

 レッズのサポーターは最高です。選手の力はもちろんすごいのですが、このレッズサポーターの応援が少しは優勝に貢献しているのでは、と思います。非常におこがましいですが。

01

 その後埼スタの前で恒例のアフターゲームレッズバーで祝杯をあげました。
 (浦和駅に出向いてサポーターが集まる「力(りき)」にも行きたかったけど)

34

 楽しくしていたら家までの終電に間に合わなかったのもレッズ優勝だからよしとしましょう^^。

無人島でBBQ

こんにちは。スタッフです
連休はどのように過ごしましたか?
我が家は、長野へキャンプの予定でしたが、悪天候のために予定を変更して、日帰りのバーベキューへ行ってきました。
場所は東京湾唯一の無人島「猿島」です。

780407F7-D058-474F-96F3-80A95044C3CF
横須賀の三笠桟橋から船に乗って10分ほどで到着します。

5F156220-1F4F-43D5-8A99-FBBF8ED99DAE
ようこそ「猿島」へ
猿島は、BBQ、魚釣り、磯遊び、歴史遺産巡り、夏は海水浴が出来る無人島です! 
BBQの機材は全てレンタル出来るので手ぶらで行くことができます。
私たちは今回食材は持ち込みましたが、食材もお願いする事が出来るようですよ。
6E6B2E9C-E1FE-4FD3-A4BC-858CA0FF885F

D716650F-6E53-4804-AAA1-C01B4C64407D
海を眺めながらのバーベキュー!!

9F91F459-9E1D-4B00-8A3A-B800F759EC9D
海も綺麗です!

4E74A830-B2F7-42E2-AADE-2E9164C36407
猿島はかつて砲台がある要塞の島だったそうです。
ビーチから山の方へ歩いて行けば、要塞エリアですので
島を散策することもできます。
要塞エリアは、「天空のラピュタ」の世界とおなじ!とファンの中では言われているようです。
また、仮面ライダーのショッカーの基地の撮影場所もあるそうです。
今回は時間がなかったので、そこまでは行けず残念でしたが

また島の反対側の磯まで行くと、魚釣りもできます。
息子たちは、可愛いベラを釣ってきました。
食べることができなさそうだったためにリリースしましたが・・・
ちなみに魚釣りの道具もレンタルできます。
91460DD4-63BF-44EF-AF7E-1C3210034227
 
 都心からも割と近く、一日中楽しめる楽しい場所でしたのでお出かけに オススメです。



おまけ

桟橋の近くの公園からは、潜水艦や海上自衛隊の護衛艦「いずも」を間近に見ることができました。
本物の潜水艦を見たのは初めてでしたので、少し興奮した私でした

E433EC63-18F6-4E44-8E9D-17B59DF97FAC

3D30EFE7-7856-43EB-9B18-BE66078CF46A
 
記事検索

大きな地図で見る

  とよす内科クリニック
  内科・消化器内科・内視鏡内科

  〒135-0061
  東京都江東区豊洲4-2-2
  豊南堂ビル2階
  03-5144-5155
  http://toyonai.jp/


★Link★

とよす内科クリニック
  toyonai.jp/

とよない院長ブログ
  blog.livedoor.jp/doc_toyonai/
プロフィール

とよない

とよないデス。
とよす内科クリニックのスタッフブログです。
クリニックスタッフのちょっとした日常のブログですが、みなさんに親しみをもってもらえると嬉しいです!

QRコード
QRコード