2005年08月26日

2005年度白馬長期野営3日目

栂池ヒュッテ〜栂池自然園散策
栂池2栂池4栂池6  
Posted by toyonaka_jsc at 23:59Comments(0)TrackBack(0)2005年度白馬長期野営

2005年08月03日

2005年度白馬長期野営に出発

8月1日午後8時、クラブハウス前から無事出発しました。説明さあ車内  
Posted by toyonaka_jsc at 06:31Comments(0)TrackBack(0)2005年度白馬長期野営

2005年07月17日

ハイキング3

e86a7c15.jpg祇園祭の京都を避けて、六甲山に登ってきました。
酷暑の中、一人の脱落者もなく目的地の有馬温泉へ到着、汗だくの体をたっぷりの有馬の湯で流し、皆あーさっぱり!  
Posted by toyonaka_jsc at 00:03Comments(0)TrackBack(0)報告

2005年05月10日

新入団員歓迎合宿

5月6日から8日にかけて、新入団員歓迎合宿が笠置→南山城→伊賀上野というルートで行われました。伊賀上野伊賀上野2伊賀上野1  

2005年03月01日

平成16年度 スキー合宿

平成16年度 スキー合宿

級別のグループごとでハイポーズ!


アルプス平ゲレンデ山頂のケルン前にて




級別のグループごとでハイポーズ




ゲレンデ滑走中






百人一首に挑戦!


フリータイムのひととき





  
Posted by toyonaka_jsc at 02:23Comments(0)TrackBack(0)アルバム

2004年11月09日

感想・ご意見をどうぞ!

感想・ご意見は、こちらのページでどうぞ!  

ご質問はこちら!

入団前、入団後のあらゆるご質問は、こちらでどうぞ!
メールでのお問合せは、info@toyonaka-jsc.com まで  
Posted by toyonaka_jsc at 01:08Comments(1)

2004年11月07日

HPに関するアンケート集計報告

先日募集しました「HPに関するアンケート」には多くの保護者の方より回答を賜りました。お忙しいなか貴重なご意見ありがとうございました。おおまかですが集計ができましたのでご報告いたします。アンケートの結果につきましては、今後の運営委員会でよりよいHPのあり方について検討し改善していきたいと思っています。

(後援会副会長:中川淑恵)

スポ少・ホームページに関するアンケート集計結果(返答13件)
スポ少のHP  http://www.toyonaka-jsc.com/        2004・11・5現在
*コンテンツ .曄璽燹奮詰廖豊▲好歉のご案内 スポ少のあゆみ に中市スポ少の組織 ヌ邀鯵萋哀好歉の組織 Ε▲襯丱燹焚菫)1963〜2003

◆ HPを見た印象はいかがですか?
・文字が小さくて読みづらい      (4)
・文章が多すぎる。写真にコメントをつけるとか、見やすい配置にしてほしい。
・子どもの写真が多くあっていいと思う。(4)
・堅い印象              (2)

・子どもの写真にもっとはじけるような笑顔がほしい。みんな真面目で大人しそう。
・初めて見る人にはやはり笑顔いっぱいの写真が効果的だと思います。 (2)      
・団員が活動の内容を見られるのはいいが、このHPを見て入団するまでにはまだまだだと思います。
・団員を募集していることがわからない。「団員募集!」をトップにもってくるくらいのインパクトがいるのでは?
・具体的に書かれていて良いと思います。ただ組織図が初めての方にはわかりづらいかも?

◆HPにほかにどんなページがあったらいいと思いますか?

・子ども達の声・絵や感想文      (3)
・団員たちのプロフィールなど(プライバシー保護にひっかかるかも知れないが、写真入りで) があればいい。 (3)
・親や団員の疑問・質問などを書き込めるページ  (3)
・リーダーや各学年ごとの団員の人数、男女内訳などのデータ     
・年間活動の流れが表のようになっているとわかりやすいと思う。
・パスワードを入力してログインする団員連絡用のコンテンツ(出欠確認等)
・「入団するには?」のページ。メールで申し込みや問い合わせができるページ。
   
◆何でこの団を知りましたか?
・学校で配布されたパンフレット   (8)
・知人・友人の紹介          (3)
・広報とよなかの記事をみて     (1)
・親が入団していた。         (1)


◆ 入団させた理由
.ャンプやスキーなど、野外活動の経験をさせたかった。(5)
・親が子供会で行ったキャンプで楽しかった思い出があり、同じような経験をさせたかった。など            
⊇弔里弔覆りができる。               (4)
・親以外の他人に指導されることが貴重だと思った。
・どちらかというと消極的な子で、家でゲームをすることが多かったので、縦社会と自然体験をさせたかった。       
・長男で、年長の子どもと接する機会がなかったので。など       

親ばなれさせ、社会性を育ててやりたかった。     (4)
・末っ子で甘えん坊なので、親離れさせたかった。
・土・日や夏休み、本人がエネルギーを持て余してる感じだったので活動の場を求めて。
・内弁慶で、自分ひとりでなにもできない子だったので(親も子離れできないので)。
など
せ劼匹發自分で入りたいと言った。          (2)

◆入団させてどうでしたか?
☆よかった点 (〜ができるようになった、など具体的に)
〇ち物の用意、パッキングが上手にできるようになった。(5)
・学校の修学旅行などの準備が易々と1人でできる。宿泊に対する不安もなくなった。
・時間を守って自分で準備して出かけられるようになった。

敬語が使いこなせるようになった。(4)
・他の学校の友達やいろんな世代の人達と接触できる。
・社交的になった。人付き合いがうまくなって学校の友達にも幅がでてきた。

・集団生活を通して責任感が出てきた。とくに班長になってからの成長ぶりには目をみはるものがある。 (2)
・集団で活動するという点が、ためになっていると思います。

・食事の用意に興味を持つようになった。
・おにぎりが上手に作れるようになった。
・野菜がずいぶん食べられるようになった。
・ 最近はおやつにケーキを焼いたりしています。手際のよさや、後片付けの早さはずいぶんうまくなりました。(男子)

・ 少々の雨にめげなくなった。
・ 活動から帰って疲れていても、座る前に後かたづけができるようになった。
・忘れ物があってもなんとかなるという度胸がついて、どこでも誰とでもうまくやっていける自信が出てきました。

・長い活動で家にいない間、親もガミガミいわなくてすむ。
・はじめは親も子も不安でたまらないのですが、一年に2回、長期野営とスキー合宿、お互いに距離を置くことがいい意味でリフレッシュになります。

・小さい頃から歩くのが苦手で、遊園地など楽しいはずの場所へ連れていっても「しんどい」と座り込んでしまうような子どもでしたが、入団後は長距離・長時間歩けるようになりました。
・たくましくなった。一週間以上のキャンプに行っても最近は文句を言わなくなった。
2〜3日風呂へ入らなくても生活できるということ、何でも食べる、ということを知ってほしい。
・自然災害などでこういう生活を余儀なくされたとき、他の子どもたちよりは強いと思います。
・スキーが上手になった。
・25m泳ぐのがやっとだったのに入団1年目の水泳指導で人並みに泳げるようになった。
・兄弟二人ともスイミングスクールには一度も行かせていませんが、泳ぎはスポ少でしこんでいただきました。(感謝!)学校で泳ぐ程度は十分こなせているようです。

・積極性が出てきた。なんでもやってみようという意識が出てきました。
習ってもいないピアノでのクラスの合唱コンクールの伴奏を引き受けてきました。
早朝、昼休み、放課後と学校のピアノを借りて練習していた。本番で少しまちがえたようだったが・・・この度胸はスタンツのおかげかな。

・電話や来客の応対がいいので、ほめられます。     (3)
・職員室の出入りで、しっかり挨拶をするので、先生にほめられました。 これらはすべて真実です。スポ少に感謝です。






☆悪かった点(ここが疑問、ここがわかりにくい等、具体的に)

・今はだいたいわかるが、入団当初は知りあいもなくなにを誰に聞いたらいいのかもわからなかった。新入団の方が経験者の方に気軽に相談できる環境であればいいと思う。(3)

・入団当初は活動の服装や持ち物がよくわからなかった。(2)
団服なのか、体操服なのか?
ナイトハイクの水は何に使うのか?「お茶」と書いてないが飲み物は出るのか?など

・入団当初、長期キャンプの食事班の意味や、なにをするのかよくわからなかった。

・子どもが相変わらずぐずぐずしているので集団活動についていけているのか疑問です。何を聞いても答えないのでわかりません。

・中学になって部活動との両立が難しいこと、が一番気がかりです。本人が決めることですが、団員ができるだけやめないようにと思います。


◆ 失敗談やチラッときいた子どもの本音など、
面白いエピソードがあったらお書き下さい。

・榎原先生が団の歌を指導される様子を物まねして見せてくれます。
・活動を休みたい時、その理由を考えている様子が面白い。法事や参観もそうそうないしね〜(笑)。
・スポ少で一番辛いこと=食事が多いこと。「どんなにお腹がへっていても大量のご飯を見るととたんに気が重くなる」そうです。食べないといけない、残したら上級団員が食べることになり迷惑をかける、と考えるのがしんどいようです。

・雨の中のハイキング、富士登山、寒さと台風にたたられたキャンプなど、入団した年の辛い体験を経て「私、スポ少に入ってから何かしんどいことがあっても自分のためになる、と思えるようになったわ。」と言うようになった。母:「そうや、そのために入れたんや〜」とは言いませんでしたが(笑)。

「班別活動」のときスポ少の体操服を着ていき、間違いに気づいて着替えに帰り、みんなを待たせてしまった。
・集合時間を一時間間違えて悠々と出かけ、リーダーから「まだ来ていません」と家に電話がかかってきました。こちらは平謝りでしたが、みんな文句も言わず待っていてくれたそうです。そうやってみんなに迷惑をかけたりかけられたりしながら時間を守る、連絡をきちんとする、など社会的なことを学習していくのですね。

・どこででもトイレに行けて、どこででも寝れる。これが自慢。

・活動でのトラブルを「もうこりごりや〜」といって楽しそうに話してくれます。いいことはあまり話しませんが・・・しんどいけど惹かれるものがあるようです。
               
・〜「肝だめし」より怖かったキャンプの夜のできごと〜
ひとりでトイレに行ったところ懐中電灯の電池が切れてしまい暗闇で迷子になった。あせるばかりでこけたり木にぶつかったりしながらやっとの思いでテントに戻り眠りについた。このことは自分だけの秘密にしておくつもりだったが、翌朝「おまえどないしたんや?」という声で起こされ、我が身を見たら服がドロドロで、夜中の迷子事件がバレてしまったらしい。

・去年班長になって年下の団員の面倒を見ることができるかどうか、心配していました。
いつだったかキャンプのとき、長袖の衣類を多めに持っていったので、理由を聞いたころ、「団員が長袖を持ってこなかったり忘れた時のために、持っていっている。」という返事でした。「自分も以前、持っていかなくって、班長に借りた、班長はいつも2〜3枚余分に持ってきていた。」とのこと。少し成長したな。


高校生になった兄が弟にいつも「おれはどんなしんどいときも続けたぞ」と偉そうに言っています。そういう兄も「しんどい」「やめたい」とよく泣いていました。ただ、兄はそうは言っても仕方なく行く子だったのですが、弟は本当に行きません。こういう場合指導者やリーダーに相談してみるのも良いですよ。自分達も団員のときそういうときがあったのので、気持ちをとてもわかってくれています。子どもが「やめたい」「休みたい」と言ったときその言葉を鵜呑みにして簡単に「じゃ、やめなさい」というのではなく、なんとか背中を押して送り出してみましょう。あんなに泣きながら家を出たのにケロっとした顔で帰って来たりして、こちらが拍子抜けするくらいです。兄にいつも偉そうに言われている弟も上級団員になり、後輩に偉そうな口をきいているようです。こんな風にして成長していくのかなぁと思います。スポ少は、本当に経験豊かで子どもの気持ちがわかるスタッフばかりです。安心してお任せしています。
  
Posted by toyonaka_jsc at 21:59Comments(0)

2004年10月31日

初めての書き込みです

家族カ−ニバルのレポ−ト読みました!
本当に晴天に恵まれ良かったですね。ここ最近ず-と寒い中のバ−ベキュ−でしたものね。場所が変わって、何も無いところでの開催ということで、リ−ダ-、班長さん他関係者様のご苦労は大変だったと思います。本当に頭が下がります・・・いつも感謝しております。
こうしてレポ−トを交換しあえれば、普段の活動の様子がわかったり、心配事を聞いてもらったりできていいんじゃないかなぁ-って思います。  
Posted by toyonaka_jsc at 21:37Comments(2)

2004年10月17日

家族カーニバル

さる2004/10/16(土)、素晴らしい秋晴れのもと団員と保護者が一緒にする活動「家族カーニバル」が催されました。例年服部緑地でのバーベキューが恒例となっていましたが、年々場所とりが難しくなっているそうで抽選にはずれてしまったとのこと。そこで今年は「いるかキャンプ」などで団がよく利用しているグリーンスポーツセンターで行われました。まずはきちんと整列して団旗の掲揚。そのあと久保田団長の挨拶「このところ活動というとまた雨では?また台風では・・?とトラウマになっている団員も多いと思いますが、今日は保護者の皆さんの日頃の行いがよほどよかったのでしょう?抜けるような青空に恵まれました。」そういえば去年の富士山、今年の足摺岬とも長期野営といえば台風襲撃で、大変でしたね。でも子ども達は驚くほどたくましくなって帰ってきました。
「家族カーニバル」のメインはみんなで食べるバーベキューです。アウトドア好きなお父さんたちは、がぜん張り切っていましたが「準備はすべて団員がします。日頃どんな風に活動しているか見てもらいたいので親は手出ししないこと。」と言われてしまいました。危なっかしいながらも馴れた手つきで野菜を切っていく団員たち。きちんと整理され、使い込まれた活動ツールを見るのも親には初めてで、興味津々です。家では何もしない子どもがてきぱきと動き、先輩に敬語を使って話しているのを見ると、なんだか不思議な気がします。いつも一緒に活動している班別に円座になって美味しいバーベキューをいただきました。子どもにいつも電話で連絡をくれる中学生の班長さんとも、お会いするのは今日が初めてでした。お世話になっています、ありがとう。この日私達が座った十数個はあるベンチは前日高校生のリーダーたちがひとつひとつ組み立ててくれたのですって。今朝も7時に集合して設営やら買い出しやら準備してくださったそうです。普段から指導者やリーダーは、活動日の前に最低3回は集まって下見やら打ち合わせをしてくれているそうです。みんな仕事や学校があるのに・・本当に頭が下がります。
食後は、子ども達が後かたづけをしてくれている間、親は一カ所に集まってかんたんな親睦会をしました。スポ少は親が活動のお手伝いをする必要がないため、親の負担が少なくて助かっているのですが、その分親同士が知りあう機会も少ないのです。久保田団長をかこんでいろんなお子さんのいろんなエピソードが聞けて参考になりました。「普段学校で横のつながりしか知らない子ども達が、タテ社会を経験して大きく成長します。入団して1〜2年でやめてしまってはこの良さはわかりません。馴れるまでは辛いと思いますが、どうか親が励まして背中を押してやってほしい。中学生になり班長を経験するとどの子も大きく変わります。班長になって、できればリーダーにまでなってくれたら、と思います。」先輩のお母さんのアドバイスが心に残りました。
親睦会のあとは、子ども達と保護者全員で、ジャンケンゲームなどをして体を動かしました。再び整列し団旗をおろして行事終了。
「家族カーニバル」で、子ども達が日頃スポ少でどんな活動をしているか、家とは違う姿を垣間見ることができて本当によかったです。家族カーニバル1家族カーニバル2家族カーニバル3







家族カーニバル4家族カーニバル5家族カーニバル6






家族カーニバル7  
Posted by toyonaka_jsc at 20:59Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月03日

2004年度 高知県足摺長期野営

高知県足摺(平成16年度)  土佐清水市竜串、爪白キャンプ場でのキャンプ。水泳を中心とした活動。景色写真
台風で有名な足摺岬、かつおのタタキを作った子どもはめったにいない!  長期野営2004 [new!] ←ここから





























ドイツとの国際交流  「日独同時交流」
今年度は久永リーダー(高2)が派遣されました。
 「日独同時交流」は日本本部が行っている国際交流です。今年度で31回目を迎えます。各都道府県から選抜された16歳〜21歳のリーダーや指導者など約100名が夏休みに3週間、ドイツに派遣されます。本団からは、今までに24名が派遣され、ドイツの家庭に民泊しながら交流活動をしてきました。
 また、同じ期間、ドイツからも「スポーツ・ユーゲント」の青年たちが日本を訪れます。数年に一度の割合で、本団も受け入れています。



  

ごあんない:保護者から

豊中市野外活動スポーツ少年団のご案内

めったにできない貴重な体験をして、
めったにいない子どもになろう!! イラスト

夏休みには長期間のキャンプ(野営)
例年、8月に入ったらすぐに約10日間のキャンプに出かけます。本団では「長期野営」と呼んでいます。

主な活動地
 ○高知県足摺(平成16年度)  土佐清水市竜串、爪白キャンプ場でのキャンプ。水泳を中心とした活動。景色写真
  台風で有名な足摺岬、かつおのタタキを作った子どもはめったにいない!   長期野営2004 [new!] ←ここから

 ○富士山本栖湖 (平成15年度)……富士登山。本栖湖青少年センターでのキャンプ。日本一の山に挑戦しました。
 日本で一番高い山、頂上まで登った子どもはめったにいない!          景色写真

 ○岡山県牛窓  (平成14年度)……牛窓の前島でのキャンプ。水泳を中心とした活動。
 人の数よりタヌキの数のほうが多い島、野生のタヌキとかけっこした子どもはめったにいない! 活動の写真               

 
 ○長野県白馬  (平成13年度)……白馬岳登山。五竜とおみゲレンデにてキャンプ。
  万年雪をたたえる日本アルプス、夏の雪を踏みしめ登った子どもはめったにいない!景色写真



10日間は長いからこそ価値がある・・・
 高い山を登山したり、海で泳いだりします。大阪では体験できない自然の中で生活することを目的にしています。10日間は長いように感じる方もいますが、家庭を離れ「自分のことは自分でする」「みんなと協力して生活する」ことの大切さを学ぶためには、これくらいの期間が必要になります。イラスト

晴れの日ばかりとは限らない
旅館や民宿に泊まることもありますが、ほとんどはテント生活です。時には雨に降られたりすることもありますが、これも良い体験です。洗濯も自分でします。写真

 一日2食  昼間に果物などを食べますが、食事は基本的に一日2食です。野外での食事は準備等時間がかかるので、一日3食では本来の活動が進まないからです。指導者やリーダーたちの炊事班がおいしい食事を作ります。プログラムの一つとして、団員たちが自炊をすることもあります。 夜はキャンプファイアーをしたり、星空を楽しんだりしています。写真またはイラスト


キャンプの「イロハ」をじっくりと・・・
夏の「長期野営」をめざして、4月から7月まではキャンプの練習  何ごとも基本が大切
 4月に「新入団員」を迎え、新しく班編成をします。班長を中心に班全員で協力して、テントのたて方や自炊の方法、キャンプソングの練習など、キャンプでの基本的な技術やきまりをマスターしていきます。「長期野営」で登山をする年には「ハイキング」、水泳の年には「水泳練習」を積み重ねて行きます。

毎年ぐんぐん上達!でも最初はコケ方から・・
 冬休みには「スキー合宿」  アルプス平のケルンまで登れ!
 本団ができた頃から冬休みに「スキー合宿」を行ってきました。現在は信州の「五竜とおみスキー場」を活動場所にしています。(12月24日〜30日) スキー写真
 一番上のゲレンデは「アルプス平ゲレンデ」。スキーをはずして雪の中を登ること約10分。ケルンから望む後立山連峰は、天気なら最高の景色です。(但し、初級はちょっと無理)スキー写真
 スキー靴のはき方、板のつけ方、ストックの持ち方、歩き方、こけ方など基本的なことから練習していきます。青空の下で真っ白な雪の上を滑ると、気分は最高です。

他の団のみんなと友だちになろう!  市本部・府本部主催の活動や研修  交流大会の写真
 現在、豊中市にはスポーツ少年団が8団あります。日頃は、それぞれの団活動を行っていますが、年に5回、市本部主催の活動があります。(市本部交歓合宿・市本部水泳大会・体力テスト会・とよなか少年駅伝競走大会・市本部スポ−ツ交流会)
 豊能地区では「豊能地区交流大会」が開かれ、豊能地区のスポーツ少年団が集まって交流活動をします。
 大阪府本部では「ジュニア・リ−ダ−スク−ル」が開催されています。将来のリーダーになるための研修です。本団では中学生団員が主に参加しています。また、種目別の大会もあります。本団は「野外活動の部」に参加しています。

ドイツとの国際交流  「日独同時交流」
今年度は久永リーダー(高2)が派遣されました。         「ドイツ体験記」(現在レポート制作中) ←ここから
 「日独同時交流」は日本本部が行っている国際交流です。今年度で31回目を迎えます。各都道府県から選抜された16歳〜21歳のリーダーや指導者など約100名が夏休みに3週間、ドイツに派遣されます。本団からは、今までに24名が派遣され、ドイツの家庭に民泊しながら交流活動をしてきました。
 また、同じ期間、ドイツからも「スポーツ・ユーゲント」の青年たちが日本を訪れます。数年に一度の割合で、本団も受け入れています。
リーダー・指導者の家庭に宿泊し、団員たちとも交流活動をしています。    2002のドイツ民泊写真

(保護者 NAKAGAWA)
  
Posted by toyonaka_jsc at 17:39Comments(0)TrackBack(0)ご案内

2004年09月09日

ホームページができました!

豊中市野外活動スポーツ少年団ホームページができました!

http://www.toyonaka-jsc.com/

このブログサイトでは、1963年からの、活動を写真で紹介しています。
コメントや、トラックバックを受け付けていますのでぜひご参加ください。

ホームページの内容でなにか気がついたことがありましたら、お知らせください。
スグに!修正します。

mailto:info@toyonaka-jsc.com
制作:Ivy SOHO  
Posted by toyonaka_jsc at 20:50Comments(0)TrackBack(0)

2003年04月01日

2003年度


2003/H15.4.1 第7代団長に久保田哲夫が就任。

2003/H15.8.2〜10 長期野営で9回目の富士登山。本栖湖センターでキャンプ中に台風到来。テント生活断念。



平成15年度 スキー合宿1


平成15年度 スキー合宿2


平成15年度 スキー合宿3


平成15年度 スキー合宿4


平成15年度 スキー合宿5


平成15年度 スキー合宿6


平成15年度 スキー合宿7


平成15年度 入団式1


平成15年度 入団式2


平成15年度 入団式3


平成15年度 入団式4


平成15年度 入団式5


平成15年度 入団式6


平成15年度 家族カーニバル1


平成15年度 家族カーニバル2


平成15年度 家族カーニバル3


平成15年度 家族カーニバル4


平成15年度 家族カーニバル5


平成15年度 家族カーニバル6


平成15年度 家族カーニバル7


平成15年度 家族カーニバル8


平成15年度 富士長期1


平成15年度 富士長期2


平成15年度 富士長期3


平成15年度 富士長期4


平成15年度 富士長期5


平成15年度 富士長期6


平成15年度 富士長期7


平成15年度 富士長期8


平成15年度 富士長期9


平成15年度 富士長期10


平成15年度 富士長期11


平成15年度 富士長期12


平成15年度 新入団員歓迎合宿1


平成15年度 新入団員歓迎合宿2


平成15年度 新入団員歓迎合宿3


平成15年度 新入団員歓迎合宿4


平成15年度 新入団員歓迎合宿5


  
Posted by toyonaka_jsc at 00:00Comments(0)TrackBack(0)アルバム

2002年04月01日

2002年度


2002/H14 大阪府スポーツ少年団創設40周年記念行事に参加。

平成14年度 スキー合宿1


平成14年度 スキー合宿2


平成14年度 スキー合宿3


平成14年度 スキー合宿4


平成14年度 入団式1


平成14年度 入団式2


平成14年度 入団式3


平成14年度 年度末反省会1


平成14年度 年度末反省会2


平成14年度 年度末反省会3


平成14年度 年度末反省会4


平成14年度 年度末反省会5


平成14年度 新年互例会1


平成14年度 新年互例会2


平成14年度 新年互例会3


平成14年度 新年互例会4


平成14年度 牛窓長期1


平成14年度 牛窓長期2


平成14年度 牛窓長期3


平成14年度 牛窓長期4


平成14年度 牛窓長期5


平成14年度 牛窓長期6


平成14年度 牛窓長期7


平成14年度 牛窓長期8


平成14年度 牛窓長期9


平成14年度 牛窓長期10


平成14年度 牛窓長期11


平成14年度 班別ハイキング1


平成14年度 班別ハイキング2


平成14年度 班別ハイキング3


平成14年度 班別ハイキング4


  
Posted by toyonaka_jsc at 00:00Comments(0)TrackBack(0)アルバム

2001年04月01日

2001年度


平成13年度 白馬長期2


平成13年度 白馬長期3


平成13年度 白馬長期4


平成13年度 白馬長期5

  
Posted by toyonaka_jsc at 00:00Comments(0)TrackBack(0)アルバム

2000年04月01日

2000年度


2000/H12.10.28 家族カーニバルを服部緑地公園で開催。



平成12年度 スキー合宿1


平成12年度 スキー合宿2


平成12年度 スキー合宿3


平成12年度 スキー合宿4


平成12年度 入団式1


平成12年度 入団式2


平成12年度 入団式3


平成12年度 入団式4


平成12年度 入団式5


平成12年度 足摺長期1


平成12年度 足摺長期2


平成12年度 足摺長期3


平成12年度 足摺長期4


平成12年度 足摺長期5


平成12年度 足摺長期6


平成12年度 足摺長期7


平成12年度 足摺長期8


平成12年度 足摺長期9


平成12年度 足摺長期10


平成12年度 足摺長期11


  
Posted by toyonaka_jsc at 00:00Comments(0)TrackBack(0)アルバム

1999年04月01日

1999年度


1999/H11.7.25〜29 近畿スポーツ少年大会が大阪府立青少年野外活動センターにて開催。
指導者・リーダーが運営に協力。

平成11年 家族カーニバル・能勢1


平成11年 家族カーニバル・能勢2


平成11年 家族カーニバル・能勢3


平成11年 家族カーニバル・能勢4


平成11年 富士山・本栖湖長期野営1


平成11年 富士山・本栖湖長期野営2


平成11年 富士山・本栖湖長期野営3


平成11年 富士山・本栖湖長期野営4


平成11年 富士山・本栖湖長期野営5


平成11年 富士山・本栖湖長期野営6


平成11年 富士山・本栖湖長期野営7


平成11年 富士山・本栖湖長期野営8


  
Posted by toyonaka_jsc at 00:00Comments(0)TrackBack(0)アルバム

1998年04月01日

1998年度


1998/H10.8.3〜12 岡山県牛窓町前島にて長期野営を実施。事前に水泳練習に励む。

平成10年 岡山県・牛窓長期野営1


平成10年 岡山県・牛窓長期野営2


平成10年 岡山県・牛窓長期野営3


平成10年 岡山県・牛窓長期野営4


平成10年 岡山県・牛窓長期野営5


平成10年 岡山県・牛窓長期野営6


平成10年 岡山県・牛窓長期野営7


平成10年 岡山県・牛窓長期野営8


平成10年 岡山県・牛窓長期野営9


平成10年 岡山県・牛窓長期野営11


平成10年 岡山県・牛窓長期野営12


平成10年 岡山県・牛窓長期野営13


平成10年 岡山県・牛窓長期野営14


平成10年 岡山県・牛窓長期野営15


平成10年 班長任命式1


平成10年 班長任命式2


  
Posted by toyonaka_jsc at 00:00Comments(0)TrackBack(0)アルバム

1997年04月01日

1997年度


1997/H09.7.30 日独同時交流受入。服部緑地プールにて団員と交歓行事。
1997/H09.10.26 なみはや国体開会式が千里体育館で開催。選手団のプラカードを持って入場。

平成9年 信州・白馬長期野営1


平成9年 信州・白馬長期野営2


平成9年 信州・白馬長期野営3


平成9年 信州・白馬長期野営4


平成9年 信州・白馬長期野営5


平成9年 信州・白馬長期野営6


平成9年 信州・白馬長期野営7


平成9年 信州・白馬長期野営9


平成9年 信州・白馬長期野営10



  
Posted by toyonaka_jsc at 00:00Comments(0)TrackBack(0)アルバム