2018年06月19日

2018.5.20
この日の前日に襟巻きの夏羽が出ているということで、
早朝に行ってきました。
しかし、旅立ったようで見ることができませんでしたが、
地元の海岸でヨロネンの夏羽が出ていると情報が入りました。
1DX19315



















現地に着くと、トうネンの夏羽が50羽くらい群れていて、
その中にヨロネンを見つけることができました。
綺麗な夏羽は初めてでした。
情報をくれた人に感謝です。
1DX19327-2


















伸びもしてくれました。
1DX19333

















メダイの夏羽もいました。
1DX19389


















トビが来て飛ばしましたが、また少し離れた所に降りました。
1DX19422











今度は近くに降りてくれて採餌をしていました。
ユスリカでしょうか?
1DX19481


2018年06月18日

2018.5.13
翌日のこの日は午前中に雨が降り出す予報でした。
雨が降ると家族サービスになっている家訓のため
雨が降り出す前に赤いシギの様子を見に行って来ました。
180513畝部08 

















前日と同じ場所にいました。
180513畝部12

















今にも降り出しそうな天気でした。
180513畝部16

















しばらく待っていても近くには来てくれませんでした。
180513畝部33

















パラパラ降ってきたのでその場を離れて他を探しにいきました。
180513畝部39

















コチが喧嘩をしていました。
180513畝部42

















けん制していました。
180513畝部43

















ケリが抱卵していました。
180513畝部44

















撮っていたら雨が振り出したので帰宅しました。
180513畝部46

2018年06月17日

2018.5.12
赤いシギの飛びものが撮れました。
180512畝部78

















これは偶然でした。
180512畝部79












シャッターを切ったらたまたまピンが来ていました。
180512畝部84


















胸グロと一緒に飛びました。
180512畝部85


















これも珍しくピンが来ていました。
180512畝部86


















連射してこれだけ合ったのは初めてかも?
180512畝部89

















腕が良くなったのかな?
180512畝部90 

2018年06月16日

2018.5.12
久しぶりに出会えてちょっと興奮してしまいました。
180512畝部31


















胸の黒いチドリと一緒にいました。
180512畝部39

















赤いシギはなかなか近くに来てくれないので
このチドリをとって待つことにしました。
180512畝部53



















綺麗な夏羽になっている個体もいました。
180512畝部58


















左から2番目の個体が綺麗でした。
180512畝部65

















この個体です。
180512畝部67
















英名でGolden Ploverといい、正しく金色のチドリです。180512畝部71

2018年06月15日

2018.5.12
この日の昼からフの字の最後の調査を行いました。
ここの巣箱は何回か産卵していますが、
ヒナが巣立ちするのは初めてです。
180512滝脇35


















毎年失敗していたので、ヒナが孵ってしばらく経ってから
見に行ったのが功を奏したようです。
180512滝脇37 

















帰りに観察の森に寄ったら、
レンジャーの方から赤いシギを見たと教えてもらいました。
画像を見ると赤いシギはサルハマでした。
180512畝部10
















急いで赤いシギを見たという場所をお聞きして行ってみました。
180512畝部16

















いた場所とは少し離れたところで赤いシギを見つけました。
180512畝部18

















久しぶりに赤いシギに出会えました。
レンジャーに感謝です。
ありがとうございました。
 180512畝部20

2018年06月14日

2018.5.12
飛んで来てはオスがDFを見せてくれました。
180512滝脇15

















DFをやる近くで繁殖しているとも言われますが、
見ているとどこでもやっているような感じがします。
180512滝脇16

















でもDFには何かの意味があると思います。
180512滝脇17

















何回見てもわかりません。
わからないことが魅力の一つなのかもしれません。
180512滝脇23

















だから毎年ハチのクマを見ているのかも・・・。
180512滝脇25

















今年もまだまだ始まったばかりです。
180512滝脇27

















なんとか極めてみたいと思っています。
180512滝脇31 

2018年06月13日

2018.5.12
この日はハチのクマ探しで山に行きました。
3個体飛びましたが、
どこで繁殖しているのかは分かりませんでした。
180512加茂川1

















オスが2個体とメスが1個体でした。
180512滝脇01

















ハチ探し初日だったので、まずはどこのあたりによく出てくるか?
を見極めなければいけませんが、まずまずの成果でした。
180512滝脇03

















定点しているとツバメが近くまで来て止まってくれます。
180512滝脇08

















カラスも近くを飛び回ってくれたので無理矢理撮ってみました。
ピンは来ていたのでですが、顔が写っていませんでした(><)
180512滝脇12



















ハチのクマが出て来てDFしてくれました。
180512滝脇06


2018年06月12日

2018.5.6
連休最終日はハチと大ルリだけで終わりとなりました。
180506本宮山12

















仕方がないことですが、最後の足掻きで先日に行った神社に
知り合いを連れて行きました。
180506本宮山18

















野生の生きものは、「また」はないものですが、
この日は同じ穴から顔を出していました。
180506宮崎2



















知り合いは初めてのご対面で喜んでくれました。
180506宮崎3
























良かったです。

2018年06月11日

2018.5.6
連休最終日は知り合いと山に行ってきました。
今期初めてハチを見ることができました。
180506本宮山02

















渡りでしょうか?
オスとメスが各1羽が出て同じコースで渡っていきました。
180506本宮山03

















クマさん狙いだったのですが、一度も出ることなく引き上げました。
帰る途中に大ルリが鳴いていました。
180506本宮山04


















もう少し近ければ最高でしたが、撮れただけでも良かったです。
180506本宮山06



































別のところにも止まってくれました。
180506本宮山09 



















2018年06月10日

2018.5.5
交尾をした後は巣に戻って産座を作っていました。
1DX18531


















この後、別のペアーが産卵をしました。
産卵シーンはこちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=67oIDQTI-Vk&t=5s

もう一度交尾しないか止まっていたら、
アシ原の中から水鶏が出てきました。
1DX18559



















まだ渡らずにいたのに驚きました。
1DX18590




















このまま居残って繁殖してくれるとうれしいのですが・・・。
1DX18593


















見ていたらこちらに歩いてきました。
1DX18598
















歩いた後が黒くなっています。
1DX18618

















このまま巣立ちまで順調にいってほしいと願っていたのですが、
この後の雨で卵は流されてしまったようです。
1DX18623