やはり金融工学を勉強するにあたってブラックショールズ式をきちんと勉強しておくことは必要だと思います。

でも入門書はだと本当にイメージしかわからないし、専門的な論文だと理解できないですね。

日本語だと中級レベルの本は少ないですね。

実務でいうと、ブルームバーグに変数をカチカチ入れるだけで計算できてしまうし、エクセルでも簡単にアウトプットは出てきてしまうのでBS式を根本から理解することは必要ありません。

でも折角勉強する機会があるので、きちんと計算過程を勉強してみたいですね。

といってもすぐには無理なのでレビューを兼ねて概念を復習しています。

デリバティブの中級の本で言うとこのジョン・ハルはバイブルです。
といっても高いので…会社にある本をデスクで少しずつ読んでいます。

とりあえずウィナー過程から伊藤のレンマまで読みました。
一回伊藤のレンマの学術論文読んでみたいですね。

早く母校の図書館が再開しないかな。。。。