June 22, 2005

 真 夏 に 暖 房 −大 変 な こ と に な り ま す よー

 恰 幅 の よ い 中 年 男 性 。 接 待 が 多 く 帰 宅 は 深 夜 。 最 近 か ら だ が 怠 い の に 、休 日 も 接 待 ゴ ル フ 。 そ こ で ギ ッ ク リ 腰 を お こ し 1 0 日 間 入 院 。 血 圧 が 多 少 高 い 以 外 、検 査 は 正 常 。 腰 も か ら だ も 大 分 楽 に な っ た の で 退 院 。 し ば ら く す る と 、再 び 倦 怠 感 出 現 。 そ こ で 疲 れ に 効 く 漢 方 で も 貰 お う か と 、近 く の 医 院 を 受 診 し た 。

 「 補 中 益 気 湯 が 宜 し い で し ょ う 。 慢 性 疲 労 症 候 群 に も 使 わ れ る ん で す よ 」 と の こ と 。 早 速 服 用 を 開 始 す る 。 真 面 目 に 服 用 す る も 良 く な ら な い 。 仕 事 が 立 て 込 ん だ せ い か 、イ ラ イ ラ や 頭 が ボ ー っ と す る よ う に な っ た 。 「 も っ と 効 く ( 高 価 な ) 漢 方 薬 じ ゃ な け り ゃ ダ メ か 」 と 高 麗 人 参 を 飲 み 始 め た 。 ジ ム に も 通 う こ と に し た 。 そ の ト レ ー ニ ン グ 中 、鼻 血 を 出 し て 倒 れ た 。 血 圧 が 2 5 0 も あ っ た 。 幸 い な こ と に 麻 痺 は 免 れ た。

 よ く あ る 話 で あ る 。 補 中 益 気 湯 や 朝 鮮 人 参 は、 気 を 補 う 薬 ( 補気薬 ) で あ る 。 補 中 益 気 湯 には 当帰 ( 補血薬 ) も 含 ま れ て い る 。 脂 ぎ っ た 肥 満 体 の 中 年 男 性 。 本 当 に 気 が 不 足 し て い た の で あ ろ う か? 

 接 待 で カ ロ リ ー は 過 剰、 運 動 は 不 足、 ス ト レ ス は 蓄 積 。 過 剰 な エ ネ ル ギ ー ( 気 ) が、 抑 圧 さ れ た 状 態 で あ る ( 気 鬱 ・ 気 滞 ) 。 ガ ス 抜 き す べ き と こ ろ を、 ガ ス を 補 充 し た の で あ る 。 遂 に 爆 発 し て し ま っ た 。 誤 治 で あ る 。

 気 が 過 剰 ( 火 ) に な る と 気 は 上 昇 す る 。 炎 が 燃 え 上 が る の と 同 じ で あ る 。 「 火 」 が 心 に 衝 突 す る と、 狭 心 痛 や 不 整 脈 が 誘 発 さ れ る 。 脳 に ぶ つ か る と、 は げ し い 眩 暈 や 昏 倒 が 生 じ る 。 場 合に よ っ て は 生 命 を 脅 か す 。
 
  気 の 鬱 滞 は ス ム ー ズ に 流 れ る よう に し ( 疏泄 )、 「火」 は 消 火( 清 熱 ・ 瀉 火 ) し な け れ ば な ら な い 。エ キ ス 製 剤 し か な け れ ば、 疏 泄 作 用 の ある 大 柴 胡 湯 や 四 逆 散 に、 清 熱 解 毒 薬 で あ る 黄 連 解 毒 湯 を 合 方( 合 わ せ て 服 用 ) す る こ と に な ろ う か。

 ス ト レ ス ・ 飽 食 の 時 代 で は、 倦 怠 感 は 気 の 鬱 滞 ・ 過 剰 に よ る 場 合 が 圧 倒 的 に 多 い 。 気 虚 に よ る こ と は 少 な い 。 慢 性 疲 労 症 候 群 も 気 滞 が 根 本 原 因 と 思 わ れ る 。火 に 油 を 注 ぐ こ と の な い よ う に し た い 。


Posted by tozai4949 at 14:29│TrackBack(0)ヘルス/ビューティ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tozai4949/26028428