August 03, 2005

黄 耆 ( オ ウ ギ ) と ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎

慢 性 腎 不 全 が 黄 耆 で よ く な る 。 「 漢 方 の 臨 床 」 の 最 新 号 に 灰 本 元 先 生 が 報 告 し て い る 。 透 析 か ら 離 脱 で き た 症 例 も 含 ま れ る 。 黄 耆 単 独 で も 治 療 薬 と し て の 可 能 性 が 示 唆 さ れ た 。 黄 耆 の 使 用 量 は 一 日 あ た り 、 15〜30 グ ラ ム で あ る 。

山 本 巌 先 生 が 補 中 益 気 湯 が ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 に 有 効 と 報 告 し て 久 し い 。 補 中 益 気 湯 エ キ ス 製 剤 を 通 常 量 の 3 倍 前 後 使 用 す る の で あ る 。 成 人 に 使 用 す る 場 合 は 黄 耆 の 量 が 10〜12 グ ラ ム と な る 。 や は り 大 量 と い え る 。

柴 胡 と 升 麻 の 量 は そ れ ぞ れ 6g、 3 g と な り 通 常 の 量 の 範 囲 内 で あ る 。柴 胡 と 升 麻 に は 気 を め ぐ ら せ 邪 気 を 発 散 さ せ る 働 き が あ る た め、 皮 膚 病 を 悪 化 さ せ る 危 険 性 が 存 在 す る 。し か し、 こ の 量 で は 臨 床 的 に 問 題 と な る こ と は な か ろ う 。

著 者 の 補 中 益 気 湯 エ キ ス 製 剤 大 量 投 与 の 経 験 で は、使 用 は 小 児 の み で あ る の だ が 有 効 で あ っ た 。 な か に は 著 効 例 も み ら れ た 。 大 人 に は 使 用 し て い な い 。 し か し 現 行 の 保 険 医 療 制 度 下 で は、 認 め ら れ た 用 量 以 上 の 投 与 は でき な い 。 こ こ 15 年 以 上 は 大 量 投 与 は 行 っ て い な い 。

小 児 の ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 に 対 す る 補 中 益 気 湯 の 効 果 は、 主 に 黄 耆 に よ る も の と 考 え ら れ る 。 そ れ も 大 量 に 投 与 し た こ と に よ る 。 し か し 黄 耆 を 大 人 の よ う な 症 状 の 激 し い 皮 膚 炎 に 大 量 に 用 い る こ と に は 二 の 足 を 踏 む 。

大 人 の 激 し い 皮 膚 炎 は実 証 で あ る こ と が 多 い た め、 気 を 補 い 気 を 上 昇 さ せ る 黄 耆 は、 火 ( 炎症 ) に 気 ( 燃 料 ) を 注 ぎ 扇 で 煽 る が 如 き 危 険 が あ る 。 し か し 腎 機 能 障 害 に は し ば し ば 大 量 の 黄 耆 が 用 い ら れ る 。 頻 度 は 少 な い が か ゆ み が 出 現 す る こ と が あ る 。

Posted by tozai4949 at 13:49│TrackBack(0)ヘルス/ビューティ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tozai4949/29556304