June 08, 2006

失 恋 と 甘 麦 大 棗 湯

お 好 み の 天 麩 羅 も 東 京 で な い と な か な か 味 わ え な い 。 揚 げ た て の 天 麩 羅 に は 塩 と レ モ ン 、 穴 子 や キ ス に は 大 根 お ろ し を の せ て つ ゆ( 汁 ) で い た だ く 。 お や 、 赤 い 大 根 お ろ し が あ る 。 東 京 オ ペ ラ シ テ ィ ( 初 台 ) に 出 店 す る 、 天 麩 羅 の 老 舗 「 つ な 八 」 で の こ と で あ る 。 こ れ を 穴 子 に の せ て ( お つ ゆ で ) い た だ く と 、 穴 子 の 油 っ ぽ さ が 抑 え ら れ 、 喉 ( の ど ) 越 し が ス ー ッ と し て 抵 抗 感 が な い 。 大 根 お ろ し と 甘 く 酸 味 の 効 い た ト マ ト と の コ ラ ボ レ ー シ ョ ン で あ っ た

「 学 会 」 は 学 問 上 の 闘 い の 場 で あ る 。 先 日 送 ら れ て き た 「 日 本 東 洋 医 学 会 」 の 講 演 要 旨集 を め く っ て い た ら 、 「 甘 麦 大 棗 湯 」 に 関 す る 発 表 が 目 に つ い た 。 1 つ は 「 心 に 効 く 甘 麦 大 棗 湯 の 奏 効 例 」 ( 仁 井 田 り ち 氏 ) で 、 も う 1 つ は 「 自 閉 症 児 の 衝 動 性 に 桃 核 承 気 湯 と 甘 麦 大 棗 湯 が 著 効 を 示 し た 一 例 」 ( 西 田 慎 二 氏 ら ) で あ る 。

甘 麦 大 棗 湯 は 『 金 匱 要 略 』 を 原 典 と し 、 「 婦 人 臓 躁 、喜 悲 傷 、欲 哭 、象 如 神 霊 所 作 、数 欠 伸 、甘 麦 大 棗 湯 主 之 」 と 記 載 さ れ て い る 。 「 婦 人 の 臓 躁 と い わ れ る 病 は 、 大 声 を 出 し て 泣 き た く な る よ う な 悲 し い 出 来 事 に 見 舞 わ れ 発 症 す る 。 何 か に 取 り 付 か れ て い る よ う な 言 動 が 現 わ れ ( 神 が か り ) 、 ア ク ビ も 頻 繁 に み ら れ る 。 甘 麦 大 棗 湯 が 投 与 す べ し 」 と い う 意 味 で あ る ( 通 常 の 解 釈 と は 異 な る? ) 。

そ れ で は 「 臓 躁 」 と は 、 い っ た い 如 何 な る 病 態 な の で あ ろ う か 。 あ る 種 の 感 情 が 「 こ こ ろ 」 を 占 拠 す る よ う に な っ た た め 、 「 神 」( 精 神 ) が そ の 一 点 ( 感 情 ) に 集 中 ( 収 束 ) す る よ う に な っ た 状 態 と 考 え ら れ る 。 例 え る と 恋 心 の よ う な も の で 、 彼 氏 ( 女 ) に 恋 焦 が れ 、 盲 目 的 と な る と 、 分 別 の つ か な い 状 況 に 陥 る ( 究 極 は 八 百 屋 お 七? ) 。 今 す ぐ あ の 人 に 会 い た い 。 浮 ( う わ ) つ い て い て 、 心 こ こ に あ ら ず の 状 態 で あ る 。 そ れ を 「 躁 」 と い う 。

仁 井 田 氏 は 「 怨 念 感 情 」 、 西 田 氏 は 「 衝 動 性 」 と い う 言 葉 を 用 い て 説 明 し て い る 。 著 者 は 『 感 情 の 奴隷 』 に 起 因 す る も の と 考 え る 。 恋 の 奴 隷 は 衝 動 的 で あ り 、 と き に 怨 念 も い だ く 。 「 こ こ ろ 」 の わ だ か ま り ( 感 情 ) を 上 手 く コ ン ト ロ ー ル す る こ と が で き な い 「 幼 児 性 」 と も い え る 。 ダ ダ を こ ね て 泣 き 叫 ん で い る こ ど も で あ る 。 「 駄 々 っ 子 」 だ 。 臓 躁 の 漢 方 的 な 病 態 は 、 「 心 肺 」 の 陰 虚 で あ る 。 百 合 や ">麦 門 冬 な ど を 加 え た 方 が 、「 本 治 」に は つ な が る か も し れ な い 。 『 金 匱 要 略 』 の 「 百 合 病 」 の 解 説 に も 、 「 如 有 神 霊 者 」 と い う 件 ( く だ り ) が あ る 。

甘 麦 大 棗 湯 は 、 小 麦 、 炙 甘 草 、な つ め で 甘 く て 飲 み や す い 。 小 麦 と 大 棗 は 心 肺 の 陰 を 補 う 。 炙 甘 草 は 胃 気 を 鼓 舞 し 、 肺 気 を 補 い 、 小 麦 ・ 大 棗 の 働 き を 高 め る 。 欠 伸 ( あ く び ) は 肺 気 ( 空 気 ) 不 足 の 兆 候 で あ る 。 普 段 か ら 神 ( こ こ ろ ) の 安 定 を は か り 、 邪 心 な 声 ( 感 情 ) に 盲 従 し て は い け な い 。 
  
PS: 小 麦 胚 芽 油 に 含 ま れ る オ ク タ コ サ ノ ー ル は 健 康 食 品 と し て 注 目 さ れ て い る 。 幼 児 性 を 打 破 す る の か も し れ な い 。 ひ ょ っ と す る と こ の オ ク タ コ サ ノ ー ル が 甘 麦 大 棗 湯 の 主 要 な 働 き を 担 っ て い る の か も し れ な い 。 今 後 の 研 究 に 期 待 し た い 。


Posted by tozai4949 at 19:19│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tozai4949/50483681