October 29, 2006

男 性 更 年 期 障 害 に 大 柴 胡 湯 + 黄 連 解 毒 湯

40 代 後 半 の 単 身 赴 任 の 男 性 。 2 週 間 ほ ど 前、 長 距 離 列 車 の 中 で 症 状 が 出 現 。 頭 が ボ ー っ と し 次 第 に 気 分 が 不 快 な っ た 。 乗 り 物 酔 い の 感 じ で 頭 が 重 い 。 そ れ で も な ん と か 帰 宅 。 そ の 後、 車 に 乗 る と 同 様 の 気 分 に 襲 わ れ る 。 目 が か す ん で 運 転 が で き な い 。 身 体 が ほ て て、 カ ゼ を 引 い て い る よ う に も 感 じ る 。 食 欲、 眠 り は よ い 。 顔 色 紅 潮 し 血 圧 142/100 。 脈 は 8 0で 滑 弦、 尺 は 弱 。 舌 は 淡 紅 で 白 苔 あ り 。肝 鬱 化 火 と 考 え、 大 柴 胡 湯 エ キ ス 7.5、 黄 連 解 毒 湯 エ キ ス 7.5 を 投 与 。 2 週 間 後、 頭 重 感 が 軽 く な り 気 分 が よ く な っ て き た 。 血圧 120/90 。 前 方 を 処 方。 2 週 間 後、 ほ と ん ど よ く な っ た が、 運 転 を す る と 時 々 の ぼ せ る 感 じ が す る 。 そ の 後 同 方 服 用 で 症 状 が 安 定 し て い る 。

ス ト レ ス は 肝 の 疏 泄 を 阻 害 す る た め、 「 気 」 の 流 れ が 停 滞 ( 鬱 滞 ) す る 。 気 ( エ ネ ル ギ ー ) が 鬱 滞 す る と、 火 に 転 化 ( 化 火 ) す る 。 火 は 風 を 巻 き 起 こ し 上 昇 す る 。 人 体 に も 自 然 界 の 法 則 を 当 て は め る の が 漢 方 で あ る 。 火 が 頭 を 襲 う と、 の ぼ せ ・ 頭 痛 ・ 耳 鳴 り ・ 目 ま い や フ ラ ツ キ ・ 集 中 力 低 下 な ど が 生 じ る 。 更 年 期 障 害 で も 同 様 の 症 状 が み ら れ る 。 男 性 で も 40 代 後 半 と も な る と、 男 性 ホ ル モ ン 減 少 に よ る 兆 候 が 現 わ れ る 。 バ イ タ リ テ ィ を 鼓 舞 す る テ ス ト ス テ ロ ン の 減 少 は、 気 の 流 れ を 停 滞 さ せ 男 性 更 年 期 障 害 を 引 き 起 こ す 。 大 柴 胡 湯 は 肝 の 疏 泄 を 高 め、 黄 連 解 毒 湯 に は 火 を 消 す 働 き が あ る 。

更 年 期 や こ こ ろ の 病 で み ら れ る 多 く の 症 状 は、 肝 の 疏 泄 低 下 に 起 因 す る の か も し れ な い 。 漢 方 に は 肝 の 疏 泄 を 高 め る く す り が 完 備 して い る 。 古 代 に お い て も 現 代 と お な じ よ う に 人 間 関 係 の 軋 轢 ( スト レ ス ) に よ る 体 調 不 良 を 訴 え る 患 者 が 多 か っ た の で あ ろ 。 漢 方 薬 は 副 作 用 な く 自 律 神 経 の 失 調 を 改 善 す る に 長 け て い る 。 西 洋 医 学 で 難 儀 す る 病 状 に も 漢 方 薬 が 効 果 を 発 揮 す る 所 以 で あ る 。

Posted by tozai4949 at 11:11│TrackBack(0)ヘルス/ビューティ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tozai4949/50625379