January 30, 2008

【 歯 】 が 痛 い ヨ ー ッ! え っ 「 漢 方 」 が 効 く の? ( 付 : 有 機 リ ン 中 毒 )

歯 周 病 ( 歯 槽 膿 漏 、 歯 肉 炎 ) に 排 膿 散 及 湯 が 、か な り の 確 率 で 奏 功 す る 。 そ れ で は 歯 痛 に 対 す る 漢 方 薬 は 。 胃 熱 ( 火 ) が 上 炎 し 、歯 肉 を 燻 蒸 し 炎 症 が 生 じ 痛 む 場 合 は 、三 黄 瀉 心 湯 や 涼 膈 散 な ど で 胃 熱 を 清( 消 ) す れ ば 症 状 が 治 ま る 。 陰 の 不 足 ( 陰 虚 ) に よ り 二 次 的 に エ ネ ル ギ ー 産 生 が 高 ま り 、虚 熱 ( 火 ) が 生 じ 歯 肉 に 傷 害 を 与 え る 場 合 は 、甘 露 飲 な ど で 陰 を 補 い 虚 熱 を 清 す れ ば 宜 し い 。 苓 桂 味 甘 湯 は 気 が 上 衝 し 歯 肉 ( 顔 ) を 衝 く た め 痛 む 場 合 に 用 い る 。

 と こ ろ で 、漢 方 に お け る 痛 み の 原 則 は 、「 不 通 則 痛 、通 則 不 痛 」 で あ っ た 。 気 血 の 通 行 が 停 滞 す れ ば 疼 痛 が 生 じ 、通 行 が 再 開 す れ ば 疼 痛 は 治 ま る 、こ と に な る 。 気 血 の 運 行 が 炎 症 に 巻 き 込 ま れ る と 、気 血 が 不 通 と な り 疼 痛 が 発 症 す る 。 炎 症 ( 火 ・ 熱 ) が な く て も 、気 血 の 不 足 や 鬱 滞 や 冷 え な ど で は 、通 行 が 停 滞 す る た め 疼 痛 が 発 症 す る 。 当 帰 四 逆 加 呉 茱 萸 生 姜 湯 は 、冷 え に よ り 血 行 が 停 滞 す る も の を 改 善 す る 。

 中 年 の 女 性 。 2 週 間 前 か ら 1 0 年 以 上 も 前 に 治 療 し た 歯 に 違 和 感 を 覚 え る 。 3 日 前 に 急 に 疼 痛 が 出 現 し 持 続 。 食 事 で 噛 む の が や っ と で あ る が 、麻 酔 で シ ョ ッ ク に な っ た こ と が あ る た め 、歯 医 者 に は 行 き た く な い 。 友 人 か ら 歯 槽 膿 漏 が 漢 方 薬 ( 排 膿 散 及 湯 ) で 治 っ た と 聞 い て 、受 診 。 歯 肉 に明 ら か な 炎 症 所 見 は 見 ら れ な い 。 食 欲 は ある 。 疲 れ も な く 仕 事 は で き る 。 熱 や 悪 寒 は な い 。 冷 え 性 で 冬 は 湯 た ん ぽ と ホ ッ カ イ ロ を 使 う 。

 血 圧 正 常 。 脈 は 6 0 で 、細 渋 で や や 不 整 ( 本 人 自 覚 ) 。 舌 は 偏 淡 で 潤 、少 苔 。 胃 内 停 水 、胃 下 垂 を 認 め る 。 桂 枝 湯 エ キ ス 7 . 5 g を 1 週 間 分 投 与 し た 。 後 日 談 で は 、桂 枝 湯 を 1 包 服 用 し た と こ ろ 痛 み が 消 え 3 日 分 服 用 し て 治 っ た 、 と の こ と 。 本 例 で は 、冷 え 症 で 胃 内 停 水 が あ り 、口 腔 内 の 病 変 で あ る た め 桂 枝 湯 を 使 用 し た 。

 冷 え だ け を 考 え る と 、桂 枝 湯 加 減 で あ る 当 帰 四 逆 加 呉 茱 萸 生 姜 湯 も 考 慮 さ れ る が 、胃 内 停 水 が あ る と 当 帰 が 胃 の 負 担 と な る 方 を し ば し ば 経 験 す る 。 当 帰 芍 薬 散 と 異 な り 茯 苓 や 白 朮 が 含 ま れ て い な い た め で あ ろ う 。 桂 枝 湯 は 胃 に も や さ し く 安 心 し て 使 え る ( 胃 に 湿 熱 が な い 場 合 ) 。 さ ら に 、江 部 洋 一 郎 先 生 は 、粘 膜 は 「 裸 の 肌 」 で あ る と 述 べ て い る 。 「 経 方 医 学 」で は n a k e d  s k i n の 病 変 に は 桂 枝 湯 が 有 効 と な る 。

 「 舌 の 疼 痛 」 や 「 歯 痛 」 に 有 効 と さ れ る 黄 耆 桂 枝 五 物 湯 も 、桂 枝 湯 加 減 で あ る 。 ア レ ル ギ ー 性 鼻 炎 に は 柴 胡 桂 枝 湯 ( 小 柴 胡 湯 + 桂 枝 湯 ) が し ば し ば 著 効 す る 。 ‘ 口 ・ 鼻 ・ 咽 ’ 粘 膜 病 変 に は 、桂 枝 湯 お よ び そ の デ リ バ テ ィ ブ も お 忘 れ な ー く 。

 ★ 「 瞳 孔 に 関 す る 緊 急 質 問 」 : ヒ ト が 亡 く な れ ば 瞳 孔 は 散 大 し 、対 光 反 射 は 消 失 す る 。 そ れ で は 、 【 瞳 孔 が 縮 小 】 ( シ ャ ー プ ペ ン シ ル の 先 の よ う に ピ ン ポ イ ン ト に ) し て い る 場 合 は 、な に を 考 え る べ き か ?   農 薬 や 殺 虫 剤 ( 中 国 製 ギ ョ ウ ザ が 汚 染 さ れ て い た メ タ ミ ド ホ ス も 含 む ) に よ る 「 中 毒 死 」 ( 多 く は 自 殺 ) を 疑 わ な け ら ば な ら な い 。

  「 有 機 リ ン 中毒 」 で は ア セ チ ル コ リ ン を 分 解 す る 酵 素 の 働 き が 阻 害 さ れ る た め 、ア セ チ ル コ リ ン に よ る 神 経 伝 達 が 異 常 に 促 進 さ れ 、多 彩 な 症 状 ( 縮 瞳筋 攣 縮 が 二 大 徴 候 ) が 出 現 す る 。 神 経 と 筋 肉 の 接 合 部 位 ( 神 経 筋 接 合 部 ) で は 「 重 症 筋 無 力 症 」 と 正 反 対 の 状 態 と な る 。 サ リ ン も 有 機 リ ン 中 毒 で あ る 。 治 療 は ( 瞳 孔 が 散 大 す る ま で !? ) 硫 酸 ア ト ロ ピ ン を 頻 回 に 投 与 ( 注 射 ) す る
  こ の 事 件 を 機 に フ ー ド テ ロ に 対 す る マ ニ ュ ア ル 化 が 必 要 と な っ た 。


Posted by tozai4949 at 18:18│TrackBack(0)ヘルス/ビューティ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tozai4949/51376091