August 22, 2008

“温める” と 治らない!?

米国に勝った!悲願の金悲願の“金”(2008,8,21) 「公 的 機 関」 の 特 定 の 個 人・団 体 へ の 便 宜 供 与 は、禁 止 さ れ て い る。 私 企 業 といえども 特 定 の 顧 客 を 優 遇 すれば、社会の 目 は厳しい。 公 平 さ が 求 め ら れ て い る ので あ る 。 “ 東 洋 医 学 寄 附 講 座 ” を ご 存 知 だろうか。 製 薬 会 社 が 特 定 の 大 学 (病 院) に 提 供 し て い る も の で あ る 。

 “ す べ て ” の 大 学 病 院 が 企 業 に と っ て は 大 事 な “ 顧 客 ” で あ る。 ス ト ラ テ ィ ジ ー と し て は 如 何 な も の か 。 特 定 の 大 学 が 「 フ ロ ン テ ィ ア な 研 究 を し て い る 」 の で あ れ ば 、話 は 別 だ が 。 公 平 さ の 問 題 以 外 にも 「 寄 附 講 座 」 か ら 発 表 さ れ る 、 そ の “ 製 薬 会 社 ” の 製 品 に 関 す る データ に、 “ バ イ ア ス ” が か か る 。 デ ー タ に 対 す る “信 頼 性” が 薄 れ て し ま う 。  

 8 月 1 9 日 の た け し の 「 家 庭 の 医 学 」 で 、漢 方 の 特 集 が 放 送 さ れ て い た 。 漢 方 専 門 医 が 冷 え 性 の 患 者 に 、 “ 当 帰 四 逆 加 呉 茱 萸 生 姜 湯 ” を 投 与 し て い た 。 ク ラ イ ア ント は 著 者 に は 本 剤 の 適 用 と な る “ 血 虚 寒 凝 ” に は 観 え な か っ た が 、「 多 少 は 良 い よ う で す 」 と の こ と で あ っ た 。 当 帰 四 逆 加 呉 茱 萸 生 姜 湯 は 全 身 の “ 血 行 ” を 促 進 す る た め 、冷 え 性 が 改 善 す る 。 温 め る 薬 を 投 与 す れ ば 温 ま る 。 “ 冷 え 性 ” で な く て も 温 か く 感 じ る 。 何 を 言 い た い の だ 。 

  冬 に 厚 着 を し な い と、冷 え る。カ ロ リ ー が 不 足 す る と、冷 え る 。 火 の な い 隙間 だ ら け の 住 ま い で は、冷 え る 。 し か し “ 衣 食 住 ” 足 り た 日 本 で は、こ れ ら と は 無 縁 の 生 活 と な っ た。 「 冷 房 の か け 過 ぎ や 冷 た い 飲 料 水 の 過 飲 な ど が 、今 日で は “ 冷 え ” の 原 因 と な っ て い る 」。 皮 肉 な 話 で あ る 。 現 代 日 本 は 「 ス ト レ ス 」 社 会 で あ る 。 ス ト レ ス で は 「 交 感 神 経 」 が 緊 張 状 態 を 強 い ら れ る 。 交 感 神 経 が 緊 張 (亢 進) す る と エ ネ ル ギ ー (熱) 代 謝 が 活 発 に な り、“熱” の 産 生 が 高 ま る

 ス ト レ ス 社 会 で は 自 律 神 経 ( 交 感 神 経 ・ 副 交 感 神 経 ) の バ ラ ン ス が 崩 れ や す く な る た め 、自 律 神 経 失 調 症 ( こ こ ろ の 病 ) を 発 症 し や す い 。 こ こ ろ の 病 で は、体 内 の “ 熱 産 生 ” が 亢 進 し て い る 場 合 が 多 い。 熱 産 生 の “ 亢 進 ” が 日 常 化 す る と 漢 方 で い う “ 陰 血 不 足 ” も 引 き 起 こ さ れ る 。 今 ま で ブ ロ グ で 紹 介 し て き た よ う に 、“ こ こ ろ ” の 不 調 を 訴 え る ク ラ イ ア ン ト に は “ 陰 血 ” を 補 給 し た り 、“ 清 熱 剤 ” を 投 与 す る 場 合 が 多 い 。 こ の よ う な ケ ー ス で は 「 温 め れ ば 悪 化 」 す る 、の で あ る

 今 年 の 夏 は 異 常 な “ 暑 さ ” で あ っ た 。 暑 け れ ば 神 経 が 高 ぶ っ て 眠 れ な い よ う に 、「 熱 産 生 」 の 異 常 な 亢 進 は 心 身 を 蝕 む 。む ろ ん 、冷 え は 温 め な け れ ば な ら な い 。 し か し 、交 感 神 経 が 緊 張 し て い る 状 態 で も、“ 冷 え ” を 感 じ る 。 「 交 感 神 経 」 の 緊 張 は 末 梢 の 「 動 脈 ・ 静 脈 」 の “ 収 縮 ” を も た ら す た め 、手 足 の 皮 膚 の 「 血 流 量 」 が 低 下 す る た め で あ る 。 「 傷 寒 論 」 の “ 四 逆 散 ” の 条 文 に 「 少 陰 病 、四 逆 、・・・・・ 、四 逆 散 主 之 」 と あ る のが 、そ の こ と を 表 す 。

 ま と め る と 、1) 飽 食・ス ト レ ス の 時 代 で は、体 内 が “ 熱 化 ” し て い る 場 合 が 多 い。 2) 手 足 が “ 冷 え ” を 感 じ て も、体 内 が “ 冷 え ” て い る と は 限 ら な い ( 偽 冷 え ) 。 本 質 を 見 極 め て 治 療 を 行 わ な い と 、大 き な 過 ち を 犯 す こ と に な る 。 す な わ ち 、 「 温 め る と 治 る 」 は 一 部 の 「 病 態 」 に は 当 て は ま っ て も 、す べ て に 通 用 す る も の で は な い。 「 温 め て も 治 ら な い 」 、 い や “ 悪 化 ” す る こ と だ っ て 多 い の で あ る
   

Posted by tozai4949 at 11:11│TrackBack(0)ヘルス/ビューティ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tozai4949/51602062