November 24, 2008

アレルギー性鼻炎 と “蓄膿症”

新宿高島屋 「 医 師 は 常 識 が 欠 落 し た 人 が 多 い 」 。 麻 生 総 理 の 発 言 が 波 紋 を 投 げ か け て い る 。 マ ス コ ミ は こ ぞ っ て 批 判 の 論 調 で あ る 。 し か し 、 患 者 や そ の 家 族 か ら は 、総 理 と 同 様 の 声 が 以 前 か ら 多 く 聞 か れ る 。 残 念 な が ら 他 人 の 尻 馬 に 乗 る の が 日 本 の マ ス コ ミ で あ る 。
 
 医 療 は 医 師 を 頂 点 と し た ヒ エ ラ ル ヒ ー で あ る た め 、能 力 の 有 無 に 係 わ ら ず “ お 山 の 大 将 ” と な り 得 る 。 そ こ に 専 門 職 と し て の “ 無 謬 性 ” が 求 め ら れ る た め 、専 門 用 語 を 駆 使 し “ や り 過 ご す ” こ と に な る 。 そ れ が 習 慣 化 し て く る と 、世 間 か ら 乖 離 し た 人 格 が 醸 成 さ れ 得 る 。 医 師 は 医 療 と い う “ 別 世 界 ” の 住 人 な の で あ る 。 世 間 か ら み れ ば 変 人 と 映 る の で あ ろ う か 。

 い ま だ に 多 く の 医 師 に は 競 争 原 理 が 働 か な い 。 点 数 ( お 金 ) に な ら な い こ と に は 関 心 が な い た め 、 “ サ ー ビ ス ” と い う 観 点 に 乏 し い 。 日 常 診 察 は 一 方 向 性 に な り が ち な た め 、 世 間 的 な 双 方 向 性 と い う も の が 不 得 意 と な る 。 医 療 の 常 識 は 世 間 の 非 常 識 で あ る 。 “ 質 ” を 担 保 し な い 医 療 制 度 に も 問 題 は あ る 、の だ が 。

 ★ ア レ ル ギ ー 性 鼻 炎 が 慢 性 化 し て 、 な か な か 治 り 難 く な っ て い る 場 合 が あ る 。 ク シ ャ ミ や 鼻 水 は 治 っ て い る の だ が 、鼻 閉 に 苦 し め ら れ て い る  。 か め ば 黄 緑 色 の 鼻 汁 が 出 て く る の だ が 、ま た す ぐ に 鼻 が 通 じ な く な る 。 多 少 鼻 の 周 り が 熱 っ ぽ く 、 重 苦 し く 感 じ ら れ る 。 後 鼻 漏 も み ら れ 、咳 や 痰 に も 悩 ま さ れ る 。

 副 鼻 腔 炎 ( 蓄 膿 症 ) を 併 発 し て い る ケ ー ス と 思 わ れ る 。 顔 面 骨 内 の 鼻 腔 と 通 じ る 空 洞 ( 副 鼻 腔 ) に 炎 症 が 生 じ 、化 膿 し た 分 泌 物 が 蓄 積 さ れ て い る の で あ る 。 “ 膿 ” が 排 泄 さ れ 難 い 構 造 で あ る た め 、抗 生 物 質 の 効 き が 悪 く な り 、現 代 医 学 で も 治 り が た い 。 翻 っ て 漢 方 で は 得 意 と す る 分 野 で あ る 。

 以 前 、気 が 鬱 滞 し て 発 症 す る 「 ア レ ル ギ ー 性 鼻 炎 」 に 、小 柴 胡 湯桂 枝 湯 の 合 方 で あ る 柴 胡 桂 枝 湯 が 有 効 で あ る と 述 べ た 。 蓄 膿 症 に も 柴 胡 剤 が 有 効 で あ る 。 柴 胡 は 三 焦 水 道 の 運 行 を 推 進 す る 。 三 焦 水 道 は 気 ( エ ネ ル ギ ー ) や 津 液 ( 水 ) が 流 通 す る 。 現 代 医 学 的 に は 、真 皮 や 間 質 組 織 の リ ン パ 液 ( 体 液 ) や 血 液 中 の 液 体 成 分 、の ス ト リ ー ムを 指 す と 考 え ら れ る 。

 こ の こ と は 『 傷 寒 論 』 の 小 柴 胡 湯 証 の 条 文 か ら も 窺 わ れ る 。 ( 第 9 7 条 ) 「 血 弱 気 尽 ,腠 理 開 ,邪 気 因 入 ,与 正 気 相 搏 ,結 於 脅 下 ,正 邪 分 争 ,往 来 寒 熱 ,休 作 有 時 ,嘿 嘿 不 欲 飲 食 ,蔵 府 相 連 ,其 痛 必 下 ,邪 高 痛 下 ,故 使 嘔 也 ,小 柴 胡 湯 主 之 。 服 柴 胡 湯 已 ,渇 者 属 陽 明 ,以 法 治 之 」 。 ( 第 2 3 0 条 ) 「 陽 明 病 ,脅 下 鞕 満 ,不 大 便 而 嘔 ,舌 上 白 苔 者 ,可 与 小 柴 胡 湯 。 上 焦 得 通 ,津 液 得 下 ,胃 気 因 和 ,身 濈 然 汗 出 而 解 」 。 全 身 の 臓 腑 は 互 い に 三 焦 を 通 し て 繋 が っ て い る 。

 三 焦 水 道 は 発 生 学 的 に 中 胚 葉 由 来 で あ る 。 膀 胱 の 多 く の 部 分 は 内 胚 葉 由 来 で あ る が 、 腎 か ら 尿 管 ・ そ し て 膀 胱 三 角 ま で は 、中 胚 葉 由 来 で あ る 。 副 鼻 腔 ( 骨 )も 同 じ で あ る 。 柴 胡 剤 は 間 葉 系 組 織 と 相 性 が 高 い も の と 考 え ら れ る 。 し か し 、柴 胡 剤 だ け で は 副 鼻 腔 炎 に 対 し て は 十 分 と は 言 え な い 。  排 膿 を 促 進 す る 薬 剤 が 必 要 と な る 。 女 性 で は 柴 胡 桂 枝 湯排 膿 散 及 湯 が 奏 功 す る 。 男 性 で は 柴 胡 桂 枝 湯 に 代 わ っ て 大 柴 胡 湯 を 使 用 す る こ と が 多 い 。 

 三 焦 は 副 鼻 腔 と 相 性 が 高 い だ け で な く 、傷 寒 論 が 述 べ る よ う に 広 く 臓 腑 組 織 と 連 絡 を 密 に す る 。 柴 胡 剤 は 三 焦 の 流 れ を 疏 暢 通 利 し 、全 身 の 組 織 臓 器 の 代 謝 を 活 発 に す る 。 蓄 膿 症 に 限 ら ず 、臨 床 の 場 で 頻 用 さ れ る 最 も 重 要 な 処 方 の ひ と つ で あ る の は 、こ の た め で あ る 。  


Posted by tozai4949 at 16:00│TrackBack(0)ヘルス/ビューティ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tozai4949/51689297