2008年06月11日

金5本番

ジュピターの翌日は金管5重奏の本番があった。プロでもないのに連日本番はツライ…。
とあるパーティー会場での演奏だったが、本番は本番。ザワザワした中であってもやっぱり緊張する。
しかし音出しの時点では悲惨だったコンディションも、本番には良くなり、何とか無事に演奏を終えることが出来た。

今回の金管5重奏は、トランペット2・ホルン1・トロンボーン1・チューバ1 という一般的な形だったが、演奏者が5人しかいないということは、オケや吹奏楽に比べて一人ひとりの音楽構成に対する責任が重くなる。
ようするに、きちんと吹かなければ聞くに耐えないような代物になるということだ。

そのかわりアンサンブルの楽しさは格別でもある。
私はその時のメンバーと一緒に吹くことが出来て、とても嬉しかった。
ちょうど一年前に始めたアンサンブル…良い仲間と出会えたことに感謝している。

トランペットを通じて繋がる人との縁…やっぱりそれが私の財産。


tpcat at 22:19│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔