『教授』の釣り日記

ブラックバス・ルアーブランド『The Professor Fishing Service』代表、石川晶平のブログです。
相模湖でガイドもやっています。
相模湖・津久井湖・丹沢湖の近況、新製品などについて紹介していきます。

9/24(日)は柴田カップに参加しました!

和気あいあいとする中、まったりスタート。

直近、ローライトコンディションが続いていたため、『沖のディープ5~9mで手堅くかつウェイトも狙って3本で3キロ!』を目指していました。
しかし、この日はディープに入るもタイミングが合わず、釣れても小さい魚のみ…

キーパー1本とノンキー2本で終了してしまいました。
20170924_01
またしても悔しさがにじみ出ています~


鯰プロのKOYAMA氏は貫録の魚を釣られていました!
20170924_02
さすが元バスプロ、おそるべし…


そして、ネタバレになりますが、なんと優勝は何度かご紹介させていただいているマサさんでした!
浮きもののスイムベイトでもキャッチされた模様です…
してやられました(笑)

近々、ブログが更新されることでしょう
釣れますか? - 相模湖周辺生息のバサーブログ -

要注目です。


ではまた更新します。




■Professor製品のお取扱店舗
「Professor 製品」 お取扱店舗一覧

■相模湖Professorガイド
「Professor ガイド」 ホームページ

9/23(土)はガイドで相模湖に出ました。

ゲストはS様。
普段は野池などのオカッパリをメインにされているそうです。
はるばる長野県から相模湖までお越しいただきました!

今回は野池・オカッパリでも適用可能な戦略とテクニックをメインにガイドをさせていただきました。

『先行者がいる場合のプレッシャーの外し方』や『同じスポットを攻める場合のリグの投げる順番、通し方』『ルアーサイズの選び方』などの戦略面。
そして、『カバーの中層の攻め方』や『バスが嫌いづらいルアーコントロール』などの技術的な側面を桟橋で十分にお伝えさせていただいてから出船です!


まずはカバーの中層にてキャッチ
20170923_01
中層で食わせると魚のバイトがダイレクトに出るため、かなり興奮します(笑)


また、地形変化の釣りでもグッドコンディションをキャッチ!
20170923_02
相模湖の魚はサイズの割に強烈なファイトをします。
小魚が主食のバスが多いため、エサをとるために卓越した遊泳力を持っています。

その他、キャッチには至らなかったものの、サイトでもルアーアクションによる魚の反応の違いをその目で確認していただきました。


20170923_03
ビッグフィッシュは私に釣れてしまったものの、5時間のショートコースとしてはかなり充実した釣果となりました!

S様の普段の釣りに落とし込んでいただければ幸いです。



■追伸
ガイドの準備中にソアリン1.8inのノーシンカーとキャロライナにて連発!
20170923_04
20170923_05
相模湖での出しどころを模索中です!




■Professor製品のお取扱店舗
「Professor 製品」 お取扱店舗一覧

■相模湖Professorガイド
「Professor ガイド」 ホームページ

9/18(月)はガイドで相模湖に出ました。
ゲストはT様、いつもありがとうございます。

台風の通過後ということでちょっと心配だったのですが、エリアによっては台風の影響が少ないところもあり、台風前と同じように攻めていける場所をメインにまわりました。


早めの時間帯にサブサーフェス系にて、クオリティフィッシュをキャッチ!
20170918_01
39cm1090g
普段は沖の中層でベイトを飽食している魚なのでしょう
腹パンです(笑)


その他、ミドストなど中層の釣りをメインに一日楽しめました。
20170918_05
20170918_04
20170918_03
沖の中層でベイトフィッシュを喰いまくっている魚なので、どれもコンディション抜群!
ファイトも半端ないですね~


20170918_06
20170918_07
平均サイズが32~38cmと、かなり恵まれた釣果になりました。


20170918_08
T様ありがとうございました。
またお時間がとれるときに、ぜひ相模湖を楽しんでください!



■Professor製品のお取扱店舗
「Professor 製品」 お取扱店舗一覧

■相模湖Professorガイド
「Professor ガイド」 ホームページ

このページのトップヘ