9/1(土)は、ガイドで相模湖に出ました。

ゲストはM様。
電車で相模湖に通われており、『今までの自分と違った釣りをしたい、ミドストに挑戦したい』とのことで、お申込みされました。

濁りがすっかり回復した、9/1現在の相模湖です。
20180901_01

まずはProfessorガイドで主軸にしている以下のテクニック・セッティングについて、桟橋にて入念にお伝えさせていただきました。

①縦割りミドスト
②サブサーフェス小魚
③ソアリン
④弱パワーフィネス

・リグ毎にどのノットが、作業コストに見合うリターンがあるか?
・ドラグは、どのレンジで設定すべきか?
・魚が喰ってからのフッキング、上げるまでの諸動作
など、見落としがちな基本事項もご説明させていただきました。

縦割りミドストについて、M様におおよそのルアーアクションを身につけていただいたあと、桟橋のビッグフィッシュゾーンで釣りをしていただくと…
20180901_02
43.5cm1230g
M様のミドストに、バスから合格サインがでました。
バイトの出方や掛かった魚のコンディションに、M様は衝撃を受けられたようでした。


この日はローライトコンディションの時間が長く、沖のミドストが炸裂!
20180901_03

30~40cmのダブルヒットの場面も!
20180901_04

私にもキロフィッシュが!
20180901_05

そして最後に、特定のゾーンを狙ったM様のミドストにクオリティフィッシュが!
20180901_06
42cm1250g

縦割りミドストのみで、2人で40アップ3本を含む、10本キャッチできました。
M様『最高の一日でした!』

M様ありがとうございました。
これからの相模湖は、水温低下の傾向とともに、次第に魚のレンジが下がっていき、ミドストがますます有効となります。
ぜひ、今後の釣行にお役立てくださいませ。




★Professor製品のお取扱店舗
「Professor 製品」 お取扱店舗一覧

★相模湖Professorガイド
「Professor ガイド」 ホームページ

★木崎湖スモールマウスガイド
「ユウキガイドサービス」 ホームページ


●お知らせ
Professorガイドでは、売上の一部を西日本で豪雨被害にあわれた方に、義捐金として寄付することにいたしました。