ソアリン縦割りの製造法(ハサミver)を公開します。
カッターナイフver、コチラ
20181006_01
★準備するもの
ソアリンシャッドⅡ
※写真は2.3in

ハサミ
⇒刃の部分が薄めで、目測を誤りにくいもの推奨。私はコーナンのハサミを使ってます。

ライター
⇒火の温度の低い部分を使うため、ターボでないほうがいいです。

バケツ
⇒ライターであぶった後の冷却に使います。口の面積は広めのほうがいいです。

キッチンタオル
⇒水っ気等を拭き取る用



①カットするとき滑らないように、表面のオイルを拭き取ります。
20181006_02


②頭側下面の半分の位置に狙いを定めます。
20181006_03


③シッポまでバッサリとカットします。
※シッポのカットが最も重要です。左右から強く抑えて、ぶれないように注意してください。
20181006_04
このとき、無理に1回で切ろうとせずに、2回で切るほうが失敗が少ないです。
リブの後ろあたりの位置で、いったんハサミを入れなおすのがオススメです。

ハサミでカットすると、シッポが外側に向かって反ることが多いです。
20181006_05
これをライターであぶって、まっすぐに補正します。


④内側の断面に、ボディ中心側からシッポに向けて、火の温度の低い部分を当てていきます。
赤矢印参照、コツは温めすぎないことです
20181006_06

すると、まっすぐに補正されます。
20181006_07


⑤バケツに、水平に入れて冷却します。
※垂直に入れると、テールが潰れて使い物にならなくなります。
20181006_08


⑥ヘッド部分をあぶって滑らかにします。
20181006_09


完成!
20181006_12
ボディ側面は、お好みで斜めカット加工してください。


量産時の図…
20181006_13
縦割りは、マスバリチョン掛けダウンショット推奨です。
是非、お試しください m(_ _)m



★Professor製品のお取扱店舗
「Professor 製品」 お取扱店舗一覧

★相模湖Professorガイド
「Professor ガイド」 ホームページ

★木崎湖スモールマウスガイド
「ユウキガイドサービス」 ホームページ