5/10(金)は、ガイドで相模湖に出ました。

ゲストはOさま。
リザーバーの魚食性バスの行動と、ミドストテクニックを知りたいとのリクエストです。

魚食性の魚は回遊性が強く、相模湖の回遊型のバスは、特定の条件を基準に考えれば通過点はかなり絞り込めます。
この日は濁りが強めだったのですが、回遊予想地点で張っていると、多くの良型を見ることができました。
今回のガイドでは、その浮いている魚を見て釣ることに時間を使いました。

浮いている大型は恐ろしいショートバイトで、バスの口にルアーが入ってから瞬間的に吐き出す光景や、ロッドに荷重がかかっているのにすっぽ抜ける事態が、多発しました。
サイトでは5本食わせて、何と0キャッチ。

結局釣り上げられたのは、ブラインドミドストでした。
20190510_01
縦割り(ダウンショット)

ガイド的には課題があった一日でしたが、Oさまのリザーバー攻略のきっかけになれば幸いです。



★Professor製品のお取扱店舗
「Professor 製品」 お取扱店舗一覧

★相模湖Professorガイド
Professor ガイド

★木崎湖スモールマウスガイド
ユウキガイドサービス

★神流湖JFGガイド
JFG(ジュンフィッシングガイドサービス)