私は、ブラックバス釣りは考えて狙って釣ることに楽しみがあると考えています。
考えて狙って釣るとは『意図して、再現性のある釣りをする』ことです。

以下の点、感じることはないでしょうか?
・インターネット/SNS/Youtube等で情報収集をしているのに、思ったように釣れない
・自分がそれっぽくルアーを動かしていると小バスが釣れ、なぜか後ろの初心者に大型がかかる
・見えバスにルアーを投げると、着水前に逃げられる
・普段は釣れるのに、大会になると釣れない
・せっかく買った魚探を活かせている気がしない
・同じ日に出ている人と自分の釣果に、何故そこまで差が出るのかわからない


①ある道具・釣り方が一般に広く認知されると、その釣り方をする人が増えます。
②すると、その釣り方で釣られてしまう魚は淘汰され、釣られにくい魚が生き残り、子孫を残します。
③釣られにくい魚が増えてくると、熟練アングラーは何とか釣ろうと独自の技術を考えます。
④年月が経ち、その技術を一般化した道具が市場に出てきます。
⑤ ①に戻る

道具の進化」「魚の進化」「釣り人の技術の進化
その繰り返しで、バス釣りは年々進化し続けています。

これほどまでに進化したバス釣りで、ガイドに来ていただいた方が次回おひとりでも狙って釣れる手助けをできるように…
Professorガイドでは『理系のバス釣り』にて、ゲストさまをサポートさせていただきます。


エリア選択、ボートポジション、キャスト位置、ルアーの動かし方、糸の結び方、フッキング、ファイト中のロッドワーク
少しづつの変化の蓄積で、釣果は劇的に変わります。

貴重な休日に少しでも手を煩わせず楽しんでいただけるよう、サポートさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

20190906_02
20190915_02
20190813_02
20190524_02
20181028_02
20180901_06

★Professor製品のお取扱店舗
「Professor 製品」 お取扱店舗一覧

★相模湖Professorガイド
Professor ガイド