tapitapiの足骨折日記

人生2度目の足骨折!受傷から完治までの苦難の道のりをつづります。 受傷からリハビリの課程で、いろいろな方の『骨折ブログ』で 情報を得たり力づけられたりしました。 同じように骨折され不安の中にいる方々の何かのお役に立てればと思い、 ブログを立ち上げました。

骨折4ヶ月~

2016年9月19日

敬老の日です。
ハスラーでドライブがてら、高速乗って浜松志戸呂イオンにお出かけ

ハスラーは快調に走ります。
坂道だと辛そうだけど、100キロくらいは普通に出ます。

購入してから、街乗りしかしてなかったので、思いっきりエンジンを回してあげた。
ハスラーは軽自動車だけど「Sエネチャージ」って言って、ようするにハイブリッドらしい。
エンジンを、しっかり回して距離も走らないと充電しないしバッテリーがへたっちゃう。(車の事はよう分かりません)

今日は、たくさん走ってハスラーちゃん、大喜び

洋服を買いました。
骨折以来、洋服購入のコンセプトは「体に優しくて楽なこと!」

綿100%のTシャツとスカンツ。
リハビリ時はジャージのハーフパンツ。
靴はスケチャーズのGo Walk
こればっかり。

スケチャーズのGo Walkは最高です。
これは骨折前からご愛用。
こんなに歩きやすくて履き心地の良い靴は他にありません。(私個人の感想です)

柔らかく足の動きにフィットするので、リハビリ時の歩行訓練やバー内の踏込み運動にも最適です。

とても軽いのに、地面への衝撃もやわらげてくれて、骨折足にも負担がないです。
BlogPaint


ただ、フィットしてるので足がパンパンに腫れている時は、履けませんでした。
仕方なくクロックスでしたね。

クロックスは歩くだけならいいけど、リハビリ運動にはまったく不向きです。
裸足でいいですか?とか言いながら脱いでバー内の訓練をしてました。

足もかなり回復してきて、秋も近づいているのでおしゃれ心が復活。

人間って不思議な生き物ですね。
骨折してから三ヶ月くらいは、足の事で頭がいっぱい。
おしゃれなんてまったく興味なかったのに。

ちょうど秋物のバーゲンもやってて、広~~い店内をグルグル回りました。
足が痛くてもなんのその。

ZARAのオンラインストアで狙った服があって現物を見たけどちょっとイメージが違った。
やっぱりネットでは微妙な色合いとかが分からないのよね。

他の店で秋冬用の黒のスカンツと、長袖のオレンジのカットソーと白のカットソーを購入。
明るい色を身に着けたくなりました。

たくさん歩いてリハビリにもなったし、楽しかったぁ。

   
骨・関節・筋肉の病気 ブログランキングへ  にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村

今日は、リハビリ日。
本当によく通いました。

数えてみたら34日間です。
リハビリスタートしたのは5月23日です。

毎回1330円。
月一回はリハビリ計画表作成と診察で2230円~。
レントゲンを撮った日はそこから一気に高くなります。
それからメチコバールという神経回復を助けるビタミン剤も処方されてます。

病院の領収書を足し算してみたら、骨折してからトータルで、なんと27万円。
運転許可が出るまでのタクシー代足したら、もっとですね。
二つの医療保険に入ってるけど、アフラックは手術と入院のみで通院は保証されてません。

共済保険から1日3000円通院保障が出ます。
まだどこも請求してないけど、受傷から180日以内の通院が補償対象だから、10月末が期日になりますね。

保険で儲けようとは思わないけど、出費分が賄えたら嬉しいな。
もし医療保険に入ってなかったら、全部実費です。
入ってて良かったぁ。
ちょっと保険の話

リハビリでは、筋肉が細いのでもっと筋トレをしてくださいと言われました。
苦手なのよね~。筋トレって。他の事は頑張れるけど、どうも筋肉系の動きは根気がない。
でも苦手でもやらなきゃです。

家で突然、走ってみようと思い立ち、タッタッタッと小走りしてみたら、普通に出来ました。
普通の生活にまた一歩近づきました。

 
骨・関節・筋肉の病気 ブログランキングへ  にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村

2016年9月2日

今日はリハビリが先でその後で診察を受けました。
リハビリの時、お二人の担当PTさんが登場するこのブログの話をしたら笑ってた。
K先生は、まだ治療終了は出ないと思いますよと言って、普通に次回のリハビリ予約も入れたけど・・・。

予想通りでした。
治療終了宣言は出ませんでした。

カルテをジッと見て、次に名古屋の病院に行く日を確認した後。
まだしっかりやっていきましょうね。
10月末、名古屋の病院に半年検診に行った時に抜釘手術の話が出るかもしれないね。
それから神経麻痺の事もよく聞いてきて教えてくださいと言いました。

それを聞いていて分かりました。
確かに、まだ可動域制限はありますが、日常生活でそれほど支障があるほどではありません。
だからそれだけでは無い気がします。

以前私が抜釘手術をこの病院でお願いしたいと言ったことがありました。
その時先生は整形外科医のルールがあるので出来れば向こうでやって欲しいとの話でした。
整形外科医のルール

私の中では、ここで手術してもらう事はもう諦めています。
でも先生は律儀にその成り行きを見守らなければと考えているのではないでしょうか。
そして神経麻痺の事もとても気にしてくれてます。

それら全て、10月末の名古屋の病院での判断を聞いてからでないと治療終了は出来ないと。 

以上は私の勝手な想像です。
私の前に診察室に入った患者さんは、リハビリ終了宣言をされてました。 

患者さんはまだ出来ればやりたいと願い出てましたが、優しく却下されているのが中待合で順番を待っている私にも聞こえてきました。

あぁ、次は私が同じように言われるだろうと心の準備をしていたのです。
むやみにリハビリを伸ばす事はしないはずです。
必要性があるからでしょう。 

医者なんだから当たり前だと言うかもしれないけど、私には当たり前とは思えません。 

紹介状をもらって任された責任をきちんと果たそうとされているのが、本当にありがたい事だと感じました。

10月末までリハビリは確実に続きそうです。 

手術から4ヶ月が経ちました。 
  BlogPaint BlogPaint
にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村
骨・関節・筋肉の病気 ブログランキングへ

↑このページのトップヘ