tapitapiの足骨折日記

人生2度目の足骨折!受傷から完治までの苦難の道のりをつづります。 受傷からリハビリの課程で、いろいろな方の『骨折ブログ』で 情報を得たり力づけられたりしました。 同じように骨折され不安の中にいる方々の何かのお役に立てればと思い、 ブログを立ち上げました。

骨折8ヵ月以降

桜の花が満開です。

 去年の桜が満開の頃、不思議な事が起こりました。

我が家の神棚には、伊勢神宮の内宮と外宮の神札。
それから伊雑の宮と地元の神明社のお札が祀ってあります。

榊にお水に塩と米が、そして伊勢神宮で毎年お正月に購入する干支の土鈴(五十鈴)が供えてあります
五十鈴は、伊勢神宮森を流れる川、五十鈴川の土を使って作られています。

10年以上前、強い霊能力のある知人が時折我が家に遊びに来ていました。
前世が見えたり、ご先祖さまの言葉を伝えたり、浮遊霊や生霊が見えたりといった摩訶不思議な能力を有してました。

見た目と生活はごく普通の小学生の娘さんがいる30代後半の女性です。
早世した私の母が今も私をいつも見守っている事や私に伝えたい言葉、そして亡父の様子など、身内しか知らない事実なども次々言い当てました。

私の前世の事も教えてくれました。
これはまた機会があれば、よもやま話として書くかもしれません。

それでです。
その彼女が、「この伊勢神宮の土鈴には、すごい神気がある」
「だから嫌な気配がした時には、塩を撒いたりするよりもこの土鈴を鳴らすといいよ」と教えてくれました。
image

それ以来、毎朝の神棚への挨拶と手を合わせる際には、伊勢の土鈴を横八文字というか無限∞に動かしながシャリン・シャリンと鳴らしていました。

前置きが長くなりました。
4月のある朝、いつものようにおまいりしていました。
すると突然土鈴の底が割れて、中の鈴が飛び出したのです!

見事に底だけパックリ割れていました。
もう、ビックリ!というかビビりまくり!。

何年も同じように行ってきて割れたのは初めてです。
五十鈴は正月にその年の干支の鈴が販売されるので新しい物です。

ドキドキしながらも、『ただの偶然、ただの偶然、振り過ぎただけ、何でもない、何も起こらない』と自分に言い聞かせ、飛び出した鈴を中に戻して、割れた底を接着剤で貼り付けました。

その10日後。
4月14日。
熊本の大地震発生。

「あっ!これだ。地震が起こる=底が割れる
五十鈴が割れたのは、この熊本地震を予知していたのかも・・??

でも、ここは九州からは遠く離れた東海地方だしなぁ。うむむっ。
私に知らせてくれても募金するぐらいしかお役にも立てないし。

そんな事を考えながらも日々の生活の中で忘れつつあった4月29日。
『骨折、それは突然の出来事だった』

納得です。
『足元に注意せよ!』
あの時、伊勢神宮の土鈴の底が割れたのは、これだったのかと。

ただの思い込みかもしれないけど、ご先祖さまか氏神様か天照大神さまか分からないけれど、骨折する事を注意してくれてたような気がしました。

 にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村
骨・関節・筋肉の病気 ブログランキングへ

その後

まず『顔のイボを取る』の巻

二回に渡って、近所の皮膚科で液体窒素で焼いてもらいましたが、まだふくらみが残っています。
そして、心配していた色素沈着ですが、不安的中。
二回目から12日目ですが、うっすらとしたシミのようになってしまいました。
さて、どうしたもんか・・。

保険がきかなくても、レーザーのある皮膚科で処置してもらえば良かったかもと若干後悔中。 
レーザーならシミみたいな跡が残らないみたいです。

続いて『わたくし、ダイエットします』の巻

間食を止めて、炭水化物を少し減らしながら、毎日のウォーキングで様子見。
体重は変わらないけど、いくぶん下半身が締まってきたようで、何とか無理して履けたワイドパンツが、かなり楽に履けるようになりました。

・・が、がしかし、このところの外食と宴会続きで、元に戻った感じ。
アカン。意志が弱い。
昨夜の送別会では、飲み放題でチューハイやカシスオレンジに梅酒と甘い酒を5杯も飲んでしまった。 
手術まで残り一か月、一からまた始めます。

このブログを始めたのが、去年の8月。
骨折して難儀されてる方たちに少しでも役立つ情報を届けたくて始めました。
ただ、骨折という二ッチな情報なので、対象人数が少ないだろうとPVとかはあまり期待していませんでした。

確か最初の月は半月で500PV(ページビュー:読んでくださるページ数)ほどだった気がします。
そこから不思議なほど順調に右肩上がり。

訪問してくださる方も増え、読んでくださる記事数も増え。
もうこれが最高記録。これが限界でしょう。
と毎月思うのですが、翌月はまたそれを超える嬉しい誤算続きです。

今月は月間PVが、ついに20,000に達しそうな勢いです。
一日に900PVを超える日も出てきました。
私のブログに沢山の方々に訪問していただいて、素人の好き勝手書いてる拙い文章をいっぱい読んでいただいて、本当に感謝しています。
ありがとうございます。

骨折する人がいなくなって、骨折ブログの必要性が無くなるのが、本当は一番理想ですね。
抜釘手術が終わって、回復の道筋がたつまでは書き続けるつもりです。
今後とも「tapitapiの足骨折日記」をよろしくお願いします。
気が向いたら見に来てくださいね。



  にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村
骨・関節・筋肉の病気 ブログランキングへ

「春なのにコスモスみたい~

本日は春分の日。春のお彼岸です。
ポカポカ、春の日差しが暖かくて良い日ですね。

お墓参りに行ってきました。 
車で15分程のお寺にお墓があります。 
臨済宗の由緒あるお寺ですがここの檀家です。

17歳の時に母親が病死した為、ご仏壇を整える事、お寺とのお付き合い等を私が行ってきました。
父親は母を亡くした事で、悔恨が深いのか仏壇の扉を閉めてしまうような人でした。

商売が忙しいとかこつけて、お盆の支度やおっさまを迎えるお施餓鬼などを 高校生の私に押し付けたのです。
姉は母が亡くなってすぐにお嫁に出て家に居ませんでした。

お施餓鬼の支度なんて、どうしたら良いのかまったく分かりません。
でも何とか体裁を整えておっさまを迎えました。
セーラー服を来た女子高生が一人でお施餓鬼を行う様に、おっさまも驚かれていました。
母親の亡くなった月命日には必ず墓参りして、墓の前で母に話しかけてました。

あれから長い年月が流れましたが、墓参りすると心が落ち着きます。
今日は、住職さんが卒塔婆を渡してくれたので、しばし雑談。
もう長いお付き合いなので、ダイエットの話をして笑い合ってました。 

帰りにトレンドのカットオフジーンズを購入しました。
小花の刺繍が可愛いピンクのストールとレースのチュニックは、最近見つけた『cawaii』という通販で一目惚れでポチしたもの。
あっという間に売り切れちゃう人気サイトです。
2017-03-20-13-52-012017-03-20-13-56-25

あとはスリッポン。
白のレザーの良いのないかなぁ。




  にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村
骨・関節・筋肉の病気 ブログランキングへ

宣言します!
「わたくし、ダイエットします」

春ファッションでボーイフレンドデニムが欲しくって、ユニクロ他あちこちで物色。
でもよく考えたら、数年前に購入したジーンズは同じタイプだったような・・。

早速、衣替えを兼ねてジーンズや春夏用のパンツを衣装ケースから引っ張り出してみました。

『やったー!あるじゃん』
ボーイフレンドデニムに白やキャメルのパンツにグリーンやピンクのパンツetc。
出てくるは、出てくるは、 様々なパンツ類。

買わなくって良かったぁ。 
やっぱり、やたらに買っちゃ駄目だよね~。
手持ちの服を調べなきゃ。

去年の夏は、骨折後間もなかったので、ゆるくて楽が洋服選びのコンセプト。
ジョガーパンツやウエストゴムの楽々パンツばかり多用してました。

去年は、ボーイフレンドデニムも白やキャメルのパンツも履いた覚えがないけど、今年こそは普通におしゃれを楽しまなくちゃ♪

ルンルン気分でご試着ターイム♪

・・・・・//// が、がしかし、入らない。
お尻で止まってそこから上に上がらない。
必死こいて、持ち上げてもウエストのかぎホックやボタンがしまらない(゚д゚)!

「なんてコッタイ! こりゃあかーーん!」

ショックです
こんなに太っていたとは。
以前のパンツが一つも履けないなんて。

骨折して、手術して、病院食で、その後の厳しいリハビリで、ゲッソリ痩せました。
たぶん4キロほど落ちてた。

こりゃラッキーとその後ガンガン食べまくり、運動量は落ち、それなのに体重計にまったく乗ってませんでした。
完全になめてた

今、久々に体重計に乗ったら・・・「ぎゃー!うっそでしょう?」

人間ってこんなに短期間でこんなに体重が増えるんだ。
たった数ヶ月で・・・・・・・・・・・・こんなに。
人間の体って神秘だ。

馬鹿たれ~。感心している場合か。

という訳で、ここに宣言します。
抜釘手術の4月27日までの『約1ヵ月で2キロ痩せます』

手術前の絶飲絶食と術後の辛さで、たぶんまた体重は落ちるでしょうから、あまり無理はしません。
手術を乗り切る体力もいるし。

方法は考えます。
またご報告させていただきます。
 
骨・関節・筋肉の病気 ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村

久々に地元の整形外科に診察に行きました。

去年の11月以来です。
その後も継続的に神経麻痺のサプリ『メチコバール』を処方してもらってます。
いつも薬だけ頂いていたのですが、抜釘手術も決まったし、報告がてら受診する事に。

名前を呼ばれて中待合室にいたら、懐かしいあの優しい先生の声。
 久し振り過ぎて、ちょっとドキドキします。

診察では、その後どうですか?と聞かれ、神経麻痺の具合と抜釘手術が決まった事を報告。
「そうですか、抜釘が決まりましたか。それは良かったですね。これでスッキリしますね」と先生。

神経麻痺は少し感覚が戻ってきたような気がする、何も感じなかった部分が痺れとして感じるようになってきていると伝えました。
この辺は自分の感覚なので、正確に捉えるのも、伝えるのも難しい部分です。

「骨折後10カ月の今の段階で、そういう風にご自身で回復を感じれるなら大丈夫ですよ。きっと良くなっていきます」と嬉しい言葉をいただけました。

抜釘手術後に、再度神経麻痺になる可能性と、リハビリについても伺いました。
「もし、仮に麻痺が出たとしてもそれは一過性です。2週間もすれば治ります」
「抜釘手術後のリハビリは必要ないと思いますが、もし歩きにくいとか不具合が出たらいつでも来てください」との話でした。

帰りのお会計待ちの時に、階段の昇り降りのリハビリ指導をする理学療法士のK先生の声が遠くに聞こえました。
私を担当してくれたお二人の内の一人です。

切り返しのするどい末っ子さん。
車椅子で最初にリハビリ室に行った時から、毎日のようにここのリハビリ室に通いました。

K先生やY先生と取り組んだ汗と涙のリハビリと、冗談ばっかり言って笑った日々が、一気によみがえり胸に押し寄せました。

「リハビリ室にお上がりください」と名前を呼ばれ階段を上がっていく患者さんを見た時、『あぁ、私はもう名前を呼ばれることはない』

『私はもうここを卒業したんだ』と懐かしさと寂しさが入り混じった不思議な感慨におそわれました。

今の私を見て骨折者だと思う人はいないでしょう。
靴下をめくり、そっと足首の傷跡に触れ、病院をあとにしました。


  にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村
骨・関節・筋肉の病気 ブログランキングへ

↑このページのトップヘ