想いのまま(玲子)のブログ

風景に魅せられ、そして花

花の美術館サンヨーミュージアムの花を見てきましたが
正面の菜の花が早春の雰囲気を見せており
見事な黄色の絨毯状態でした。

自然の姿の白鳥飛来です
東庄町の白鳥は毎年のようにここで羽を休めています。
今年も飛来してきましたので春の風物詩をアップいたします。
宜しかったらご覧ください

こちらをクリック してください

00001




今日は
スイセンロードに早春の花水仙を見てきました
南房総の内房鋸南町では花畑でストックなど咲き始めていましたが
間もなく最盛期を迎えることでしょう
ストックの花です。
IMGP3952
IMGP3956
IMGP3958

s-IMGP3526
亀山湖では紅葉が見事に秋の彩を
見せていました。
ボート遊覧で亀山湖の紅葉を撮りましたが風が強くて
寒かったですね!!
ボートが揺れるのでピント合わせにチョット苦労しましたけれど
何とかみられるようですのでよろしかったらご覧ください
近くに道の駅などもできて観光バスも多くいつもの亀山湖とは
違う様子でした!
亀岩の滝に訪れる観光の方が多いのでしょう。
下のURLをクリックして下さい

http://omoinomama.sakura.ne.jp/www/1612kameyama/01.htm

見事な亀山湖の紅葉が見られます

泉自然公園の紅葉が始まりました。
見事な錦秋の様子を見せています
この公園は千葉市民の憩いの場所です。

群馬に紅葉狩りに行って来ました。

谷川岳と奈良俣ダムの紅葉をホームページに張り付けました。

写真をクリックするとトップページへゆきますので「
そちらからお入りください。
000

秋のバラが最盛期ですとの情報を見て

谷津バラ園に行ってきました

青空の下で見事に咲き誇っていましたので

よろしかったらご覧ください

IMGP1642
IMGP1661
IMGP1700
IMGP1703
IMGP1721

亀岩の洞窟の写真40枚をデジブックにアップしました。

この洞窟があるのはJR久留里線上総亀山駅から車で約10分の「清水渓流広場」。
車なら東京湾アクアラインを利用し都心から約1時間で行ける。
滝を作る岩が亀の甲羅のように見えたことから、亀岩の洞窟と名付けられた。
01
03
06
10
13
17

紫陽花で有名な多古の日本寺のスライドショーの作成をしました。
この寺は檀倫と言って長い歴史を重ねてきています。お坊様を育成のための
学校でした
今では紫陽花の名所として知られておりこの季節には紫陽花を愛でるために
多くの方が訪れます。
珍しい品種の紫陽花が多く杉木立の中で綺麗に咲き誇っていました
01
02
03
04
05


千葉の市民に慕われている
大賀蓮が開花しました。
2千年の眠りから覚めて毎年6月中旬に咲き始めます。
今年も千葉公園の蓮池で綺麗なピンクの花を見ました。
まもなくはすまつりが開催されますが 蓮の花は午前中にみられたらいいと思います

写真をクリックするとデジブックスライドショーへ飛びます。
s-01


浅草を散策してきました。
いつもと変わらぬ浅草でしたが以前と少し変わった!!
スカイツリーが浅草寺の境内を歩いていると
見えるのですが新旧が仲良く景色の中に溶けあって
なかなかいい雰囲気を見せていました

数日前の浅草ですが
外国の観光客が大勢でした!日本も観光国になりました!
日本人が海外旅行をするように日本も海外旅行の魅力のある国に
なったのでしょうか?
着物姿のお嬢さんに懐かしい感じを持ちました。

↓ をクリックしてみてください浅草に飛びます。

http://omoinomamani.photo-web.cc/1606asakusa/01.htm

太平洋に面する山武市は海と山に囲まれた自然豊かなところです

成田空港からの飛行ルートなので搭乗している人もタンボアートを見ることが出来るかもしれません

今年のテーマは浦島太郎ですが昨年は鶴の恩返しでした
世代や国籍を超えて多くの人が楽しんでいます。

皆さまこんにちは。
ウインドウズ10に変えましたのでテスト送信いたします。
お騒がせです。 
IMGP5331
 

ご近所の方が水彩画を持って見えて、この絵を返しましょうか??と言われました

しかし差し上げたものを戴くわけにはとお断りして、画像をスキャンさせていただきました。
水彩画なので少し鮮明さに欠けますが、なんとか見られるようです。

写真をクリックしてご覧ください。

05

成田国際空港の離着陸をさくらの山公園で撮影しました。

この日はさくらの開花と時期的に良くて素晴らしいコラボが見られました。

国際空港なのでカラフルな飛行機が素晴らしかったです。

旭市北部(干潟)一帯に「干潟八万石」の完成記念として伊勢皇大神宮より御分霊をうつしして干潟の総鎮守産土神としておまつりした神宮です

ここで行われる神楽は、江戸中期の宝歴6年(1756年)から続き毎年、五穀豊穣を祈願します

 昭和40年に千葉県無形民俗文化財に指定されました。

>

このページのトップヘ