BIG FIVEのブログ part2

埼玉県比企郡嵐山町にあるBIG FIVE 〜Hardcore training gym〜

埼玉県比企郡嵐山町
BIG FIVE 〜Hardcore Training Gym〜
https://www.big5gym.com

埼玉県大里郡寄居町
男衾(おぶすま)ボディビルジム
https://www.big5gym.com/obusuma-bodybuilding-gym

マシンやさんグループ埼玉
https://bigfive-strongdepot.com

運営しております。

経営者として思うこと
トレーナーとして思うこと
ジムからの宣伝・告知
トレーニングに関すること
たまに、プライベートなことを
織り交ぜて更新していきたいと思います。

再スタートなので
Part2にしました。







トレーニング中のマスクについて

トレーニング中のマスク着用について

先ずは、厚生省のHPをご参照ください。

S__7651334

BIG FIVEでは、
厚生労働省のHPを参考に
マスクの着用は任意としております。

寒い冬ですが、換気は行っておりますし
混雑している状況でもありません。

とは言え、任意ですので
マスクをされている方もいらっしゃいます。
外している方もいらっしゃいます。
各々、考え方・感じ方・常識・職場の雰囲気・既往歴等
異なることでしょう。

感染を避けるために
休会された方、退会された方もいらっしゃいます。
 
繰り返しになりますが
事情や考え方、環境は一括りに出来ません。

その上で、任意という選択肢を取っております。

どちらが良いとか悪いとかの論争はしたくありません。

各々の判断で構いません。

マスクを外してトレーニングすること
マスクをしながらトレーニングすること
どちらも肯定も否定もしておりませんので
皆様の判断で、できる環境下で
一生懸命トレーニングに励みましょう。




 

トレーニングと怪我について 1

トレーニングをされていると
どこかしら痛いという方がいらっしゃいます。

何回かに分けて
トレーニングと怪我・痛みについて記事を掲載したいと思います。

まず、第一の大原則です。

トレーニングでは怪我をしない  

細かく書いていきますが
そもそも、トレーニング自体は怪我をするものでもありません。
考え方によっては、トレーニングで怪我を改善していくことも可能です。

ハードにトレーニングしていたら
怪我はつきものだとか
現実問題、どこかしら痛くなるものだとか
古傷だったり慢性的な痛みは仕方ないと
考えている方
すぐに考え方を見直した方が良いと思います。

言い方を変えると
 
痛みが悪化していくトレーニング動作もどきは

トレーニングではありません。



関節や腱に痛みがあるものは

トレーニングではありません。


トレーニングは、

筋力が向上したり
 
筋肥大したり

身体の機能を高めたりするものです。

よくあるのが、
わかっているけれども
トレーニングを休めないという事です。

お気持ちは分かりますけど、
その前に上記をしっかり理解して欲しいのです。

わかっているけれども・・・

もう一度、上記を読み返していただきたいのですが
トレーニングは、痛みを改善することはあっても
悪化させるものではないのです。

ですから、痛みを悪化させるトレーニングもどきを止めるべきなんです。

痛みのある動作は、トレーニングではないし
痛みを悪化させるのもトレーニングではありません。

トレーニングをやめてくださいとか休んで下さいと言っているのではなく
トレーニングもどきをやめて
しっかりとトレーニングを行えば良いのです。

逆に痛みのある時は
良いトレーニング動作を習得するチャンスです。
腱や関節が痛くない動作を探ることが
発達する良い動作につながります。

例えば、デッドリフトで腰が痛いという方がいたとします。
はっきり言うと、それはデッドリフトではありません。

腰背部に負担があるからと言う前に
背中の筋腹に刺激があるのがデッドリフトです。
 
それが出来ないのであれば
その動作を習得するべきです。
あるいは効果を見出せないのなら
代替種目でも良いのかもしれません。

動作の見直し方は、何パターンもあります。
・フォームの見直し
・疲労度の見直し
・腹圧の見直し
・スピードの見直し
・可動域の見直し
・集中度の見直し
・関節を動かす優先順位の見直し
・適正重量・適正回数の見直し
・主動筋と補助筋の見直し
・固定筋と動作筋の見直し 
と挙げればキリがないのです。

痛みのある動作=トレーニングもどきは
何かしらが間違っていて
上記のような項目から
適正な動きに直していく必要があります
(トレーニングに変えていくこと)

ジムで痛みのない動作、トレーニングを提案することは可能ですが
その前に、トレーニング=腱や関節に痛みのない動作
であることを根本から理解していただけたらと思います。

そして最終的には
自分自身で、トレーニング動作ができるように辿り着けるように
自分自身で自分自身をコーチング・マネージメント出来るように
なっていただけたら嬉しいです。


 次回は、ぎっくり腰からのトレーニング復帰について
アップしたいと思います。

 S__34078731
 


Reスタートです

こんにちは。
BIG FIVEの杉田です。

一度方向転換したブログでしたが
気持ちを新たに再スタートしたいと思います。

ここの所、トレーナーとしての活動も
大人しくなっておりましたが
隠居にはまだ早く
もう一踏ん張り
現場で頑張ろうとの気持ちです。

少し言葉を発することに
怯えていたこともありました。

言葉に責任を強く持ちすぎていたのかもしれません。

現場でも、煩わしくならない程度に
良い提案もして行けたらと思います。

発信したいことも増えてきました。

引き続き、よろしくお願いいたします。

S__28090394


殴られて目が覚めました(笑)

 
月別アーカイブ
楽天市場
記事検索
プロフィール

tr_taichi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ