1月開催の女子スポーツの全国大会といえば、春高バレーは外せません。
これはよく知られている話ではあるのですが、元々は「全国高等学校バレーボール選抜優勝大会」という名称で3月に開催されていましたが、3年生の参加に配慮して2011年から1月開催に変更されました。
その関係で「全国高等学校バレーボール選抜優勝大会」は2010年限りで廃止、従来の冬のインターハイのバレーボール大会が「全日本バレーボール高等学校選手権大会」と改称され、「春高バレー」の愛称が引き継がれたという経緯があります。
3月で春とはこれいかに、という感じもしますが、旧暦で1~3月は春ですから、まあいいのでしょう。

春高バレー出場校のユニフォームは、例年ほとんどが mizuno asics DESCENTE の3強で占められており、多様化傾向のある高校女子サッカーとは対照的です。
シューズはさらに寡占傾向が強く、DESCENTEがわずかに見られるほかは asics か mizuno といった状況です。
これは日本バレーボール協会の「JVA公認推薦用具」の制度があるためで、ウェアは14社、シューズは3社が指定されているためです。

ここから本題です。
今回は、今年の春高バレー出場校を中心に、mizuno のユニフォーム採用校の画像を掲載します。
該当するチームがそれなりの数になりますので、今回は東日本(愛知県以東)の出場校に絞りました。

旭川実業
旭川実業 20211117 春高



















札幌大谷
札幌大谷 2022 春高 202201060000172-w1300_0

















米沢中央
米沢中央 2022 春高

















高崎健康福祉大附属高崎
高崎健康福祉大高崎 2022 春高


















細田学園
細田学園 2022 春高.jpg














八王子実践
八王子実践 2019春高



















三浦学苑(画像は2018年。現行ユニと同デザイン)
三浦学苑 2019(2018-11)春高





















大和南(神奈川)
大和南(神奈川) 2022 春高























都市大塩尻
都市大塩尻 2021 春高























岡崎学園
岡崎学園 2022 春高 20220105-00010001-getsuv-000-2-view

















今シーズンの人気モデルはゲームシャツV2JQ8F0300、ゲームパンツV2JQ002200の組合せ。
下画像はノースリーブタイプ。大会ではキャップスリーブが主流でした。

今回掲載のチームでは、都市大塩尻(パンツは別モデル)、岡崎学園が採用しています。

V2JQ8A-F03