4月に入って、なでしこジャパン候補選考の合宿が始まりました。
この時期の合宿では、新シーズンのトレーニングウェアのヴァリエーションが見られるという楽しみがあります(夏場だと、プラシャツとハーフパンツまたはクオーターパンツの組合せにほぼ限られてしまいます)。

なでしこ候補合宿20220404-01



















2022年モデルは、久しぶりに明るいブルーが採用されました。ジャージやピステでネイビーなどの濃色系でないカラーを使用したのは2015年以来ではないかと思います(プラシャツでは2017年に採用例があります)。
2022年はCONDIVO22シリーズが採用されています。昨シーズンのCONDIVO21シリーズは3本線のベースにカモフラ柄風のプリントがほどこされていて、実は個性的なデザインだったのですが、今シーズンのモデルは切り替えの入り方などが全体におとなしくなった印象です。


なでしこ候補合宿20220404-03





















なでしこ候補合宿 20220405 清水梨紗




















なでしこ候補合宿20220404-04





















なでしこ候補合宿20220405-01





















なでしこ候補合宿20220408-03























なでしこ候補合宿20220405-02






















通常は、年末頃にJFAモデル新作トレーニングウェアの一般販売が始まるのですが、2021シーズンはやや遅れて春先になり、今シーズンは現在もまだ始まっていません。
JFAモデルと市販モデルとでは型番が異なるのですが、現状では前者の型番がわかりませんので、以下、市販モデルのもので表示します。

HA6271 CONDIVO22 トレーニングトップ

HA6271 CONDIVO22 トレーニングトップ



















2022モデルの特徴は、3本線がメッシュ地のラインテープになっていること。

HA6271 CONDIVO22 トレーニングトップ-0



















これを除けば、基本的にはCONDIVO21シリーズに近いデザインです。

切り替えは実は無地ではなく、サッカーボールを連想させるシャドウ柄のデザインが施されています。

HA6271 CONDIVO22 トレーニングトップ-a





















HC5559 CONDIVO22 トレーニングパンツ

HC5559 アディダス CONDIVO22 トレーニングパンツ-1





















近年の定番であるテーパードパンツのスタイルです。
膝から下はかなりタイトな着用感。

HC5559 アディダス CONDIVO22 トレーニングパンツ-3




















やはり3本線はメッシュ地のラインテープ仕様。一番後ろ側のラインに沿うように裾ジップが付いています。ただし、このジップの付き方に不良があり、縫製時にジップの本体周囲の布を巻き込むような形になって、3本線の一番後ろ側の1本が均等な幅ではないものもあります。仕上がりに若干の個体差があるようなので、これはショップで実物を見て購入した方が良いでしょうね。

HC5559 アディダス CONDIVO22 トレーニングパンツ-7




















HA6285 CONDIVO22 ジャージー 半袖
着用感はCONDIVO21シリーズとほとんどかわらないはずなのですが、3本線がメッシュ地ラインテープ仕様であるため、肌に触れる部分は多少感覚が異なります。
HA6285 CONDIVO22 ジャージー 半袖-1




















HA6285 CONDIVO22 ジャージー 半袖-7





















H21259 CONDIVO22 トレーニングショーツ
H21259 CONDIVO22 トレーニングショーツ-1





















H21259 CONDIVO22 トレーニングショーツ-2




















HD2305 CONDIVO22 PRO トップ

GK用モデルはトップスがグレーです。
HD2305 CONDIVO22 PRO トップ(グレー)



















HD2305 CONDIVO22 PRO トップ(グレー)-9























ここまで、3本線がメッシュ地ラインテープ仕様になっていましたが、CONDIVO22シリーズでも、かつてのTIRO19シリーズのジャージのように1本ずつ縫い付けになっているモデルも存在します。

HB0005 CONDIVO22 トラックジャケット

HB0005 CONDIVO22 トラックジャケット-1



















同モデルの色違い(HA6249)の細部写真で3本線の付き方を見てみます。
HA6249 CONDIVO22 トラックジャケット-5



















HA6241 CONDIVO22 トラックパンツ

HA6241 CONDIVO22 トラックパンツ-1




















このモデルの面白いところは、サイドのシーム線が3本線の一番前よりのラインに合わせてあり、そこに裾ジップが取りつけられている点です。
つまり、裾ジップがかなり前寄りにあるのです(これはジャージとしてはかなり珍しい)。

HA6241 CONDIVO22 トラックパンツ-2




















このパンツも膝から下がかなりタイトな着用感ですが、普通にはくと裾ジップが正面近くにきてしまうことがあります。そうなってからだと、向きを修正するのがかなり大変です。

HA6241 CONDIVO22 トラックパンツ-5






















HA3694 CONDIVO22 PRO パンツ
今回の画像の中では確認できなかったモデルですが、これも3本線がメッシュ地ラインテープ仕様。
シルエットはほとんどランニングタイツや TECH FIT シリーズのインナーと言っても良く、着用感もタイツに近い印象です。 

HA3694 CONDIVO22 PRO パンツ(ブラック)-1
























さて、今シーズンのJFAモデルトレーニングウェアの中で謎なのは、次の画像で猶本光選手の着用しているピステです。


なでしこ候補合宿20220406-04猶本光



















CONDIVO22シリーズのラインナップではプルオーバータイプのウーブンジャケットは見られません。
左肩のジップクロージャー、シルエットやシーム線などの特徴から、CONDIVO21シリーズのキャリーオーバーではないかと思われます。

GE5414 CONDIVO 21 ハイブリッドトップ
前・後身頃の裏地にアルミ地が使用されていて保温性はきわめて高いのが特徴。

GE5414 CONDIVO 21 ハイブリッド トップ


























市販モデルでは、ブルーは発売されていないようですので、色違いの画像を掲載します。

GE5414 CONDIVO 21 ハイブリッド トップ-2 (2)



























2021JFAモデル(型番EX5982)は、ベースカラーがレッドでした。

EX5982(a)




























目立たないながらも、CONDIVO21シリーズの特徴であるカモフラ風柄がプリントされています。
個人的には、ブルーの2022JFAモデルの一般販売を期待しています。

なでしこジャパン候補合宿や強化合宿でもトレーニングウェア画像で、ウェアの細部までよくわかるものもいろいろ見つけていますので、いずれ過去モデルの画像特集を組んでみたいと思います。